Pocket
LINEで送る

このようなイメージがかつてはありましたが、ここ最近のスマホは若干停滞期であり、最新性能を求めない方なら2年以上同じスマホを使い続けても気にしない、という方もいるかも知れません。しかし、「スマホの性能」の問題ではなく、料金的な意味ではやっぱり「2年で買い替え」というスパンをオススメします。

ドコモに0円スマホはなくなりました 2019年6月、NTTドコモは基本料金プランを値下げする代わりに、従来適用されてきた「月々サポート」・「端末購入サポート」などの機種割引をすべて廃止しました。今後ドコモでは今までのような「実質0円」という販売方式は行われません。

*下記の情報は2019年6月のドコモ料金改定により、新しくドコモで機種購入をする場合には適用されない古い考え方になっています。すでにドコモでスマホ/携帯を購入済みの人には当てはまりますが、今後はドコモで安くスマホを取り替えていくには別の手法が必要となっています(参考記事:割引なし・値上げされたドコモiPhoneを安く買う方法はあるか?売却/クーポン/ポイント還元活用)。


携帯電話やスマホを購入すると、ドコモの場合では「月々サポート」と呼ばれる毎月の割引があります。ほとんどのユーザーはこの月々サポート(月サポ)を受けて利用し始めることになると思いますが、この月サポは購入後24回分となっており、それ以降は割引が無くなります。月サポの割引額は契約した回線の種類・プラン・機種によって異なりますが、モデルによっては毎月3000円~4000円近くの割引になっています。

一方、端末本体代金を分割支払いにしていた場合、同じく24回の分割払いが終わるのが2年後のタイミングです。そのため、2年を過ぎた時の支払い代金がそれ以前と変わっていないように感じても、実は支払額が増えていることもあります。

 【本体分割支払いの場合(例)
2年までの支払い  : 利用料金6000円+端末分割代金3000円-月々サポート3000円請求額6000円
2年を過ぎたあとの支払い:利用料金6000円 +端末分割代金0円(完済)-月々サポート0円請求額6000円

 この状態だと支払額が変わっていないので気付かないかもしれませんが・・・

 【本体を一括払いしていた場合(例)】
2年までの支払い  : 利用料金6000円-月々サポート3000円請求額3000円
2年を過ぎたあとの支払い:利用料金6000円-月々サポート0円=請求額6000円

先に本体代金を支払っていた(一括払い)場合、月サポが切れた途端に支払い代金が増えるという現象に遭遇するはずです。

このような状態になってしまった場合には、機種変更で月サポの付く端末への買い替えをおすすめします。この状態から下記のリストに掲載した「実質0円以下」の機種へ月サポが適用出来るプランで移行すれば、実質の料金は全く増えずにスマホを新しく出来るはずです。場合によっては料金は安くなる端末もあります。

2017年6月1日~ ずっと割引が続く docomo with(終了)

本記事を最初に作成した当時は「実質0円」で買えるスマートフォン・携帯電話が存在していたのですが、2016年春からの総務省による機種代金値下げ規制の煽りを受けて、0円を下回る機種が一部を除き無くなってしまいました。

しかし、2017年6月1日から発売開始となる2017年夏モデルの一部の機種を対象に、新たな機種購入をしなくてもずっと割引が続く「docomo with(ドコモ・ウィズ)」という新しい販売体系が適用される低価格スマートフォンの発売が開始されます。

2018年の時点ですでに300万回線以上がdocomo with割引を使っているとドコモは公表(2018年9月3日時点)しており、多くの節約志向の高いユーザーに人気があるとのことです。

docomo with対象機種を購入して利用を続けると、従来通りの月々サポートと同じように考えるのであれば2年未満のうちに本体実質価格は0円を下回ります(2017年6月発売のF-05J, SC-04Jの場合, 月額1,620円×適用回数を考慮)。

docomo withの新規受付は2019年5月31日までとなりました。お得にドコモスマホを契約したいのなら、新プランが始まる前に購入しておくことを推奨します。

2018-19年冬モデル人気No.1 激安AQUOS sense2

2018年12月に発売され、他の最新ハイエンドモデルをおさえてオンラインサイト上の月間売れ筋ランキングナンバーワンを獲得したのは、ドコモの長期ユーザーにも人気のAQUOS sense SH-01Kの後継機、AQUOS sense2 SH-01Lでした。

旧モデルに比べてベゼルを狭くすることでディスプレイの大型化(5インチ→5.5インチ)を図り、カメラ性能・省エネ性能が古城したのに価格はわずか1,296円しか変わらないという魅力的な価格・性能のため、大ヒットしています。

SH-01Lの販売価格は一括31,752円(2019年1月時点、税込み)であり、docomo with割引を考慮すると2年間で実質負担額はマイナス7千円以下となり、SH-01Lは2018-2019年冬春モデルで最安値となっています。

☆「ドコモ AQUOS sense2 SH-01L 価格・実機の使用評価はこちら

2018年3月からは、スマートフォンの操作・多機能を使いこなせないからガラケーから買い換えたくなかったというユーザー向けに、らくらくスマートフォン  me  F-03Kが追加されました。

F-03Kを2年間利用した場合、docomo with割引1500円×24ヶ月×消費税8%分=38,880円となり、実質負担額は0円となります。しかも、3年目以降もずっと割引が続きます。

F-03Kでもインターネット・アプリの利用は一般的なスマホと同じように使うことも可能ながら、初心者には携帯電話機種として重要な通話・メール機能にすぐにアクセスできる専用のホーム画面があります。

→現在は次世代機種 F-01Lもあります。F-01Lでは花の写真を撮るとAIが種類を判定して日記を付けられるアプリが入っています。

☆「らくらくスマートフォン F-01Lの実機レビューはこちら

2018年夏モデルとして、さらにdocomo with対象スマートフォンとして富士通より新モデル arrows Be F-04K、LGからもLG Style L-03Kという、2017年モデルに比べてスペック・機能が高めなのに価格を抑えたミドルレンジモデルが追加されました。

特に新型のarrows Be(2018年モデル)の場合は、従来ハイスペックモデルにて追加されたズーム・スクロールを簡単に行える指紋認証内蔵のExlider(エクスライダー)を搭載、一眼レフ技術を使って暗い環境・オートフォーカス速度をアップさせて段に綺麗な写真が撮れるカメラにアップグレードされています(より詳しい解説はこちら→[月額280円プランもOK ドコモウィズ 第2世代arrows Be F-04Kの進化点・比較まとめ])。

2018年冬モデルとして、従来機種よりも大幅に性能を引き上げることで長期ドコモユーザーにとって長く使いやすいスペックをもたせることにこだわった次世代機 Galaxy Feel2 SC-02LおよびAQUOS sense2 SH-01Lの販売が始まりました。

(左が2017年モデル、右が2018年モデルGalaxy Feel)

2017年モデルの初代Galaxy Feelもコンパクトで使い勝手が良かったのですが、2018年モデルでは流行の縦長ディスプレイをdocomo withスマホでも選べるようになり、最新鋭の高額機種を買うほどにはコダワリがないユーザーでも、軽く動画やゲームを楽しむ程度は誰でも満足できる水準が求められているということで、大画面化&処理能力向上が行われています。

☆「2018年モデル GalaxyFeel2 SC-02Lの実機レビューと評価

2018年9月1日より、docomo with割引の対象に初めてiPhone6s→2019年2月末にiPhone 7が追加されます。

2019年時点では型落ちしたモデルながら、他のdocomo withスマホに比べると処理性能が圧倒的に高く、人気のiPhoneがドコモ回線のまま激安維持も出来るようになります。新規でも機種変更でもお得に買えるiPhoneということで、初心者にも向いています。

docomo withの割引を月々サポートと同様に24ヶ月間適用した場合を考慮すれば実質3888円(24ヶ月分)、27ヶ月目で0円以下となり、価格面でも有利です。

docomo with回線を使った格安スマホ維持は2019年5月31日まで限定の契約テクニックとなってしまいましたので、docomo with受け付け廃止前に家族・子供のスマホデビューを検討しておきましょう。

☆「[ひとり利用のスマホ料金]2019年ドコモウィズiPhone 7 本体価格・初期費用や維持費を安くする方法

機種名発売日販売価格2年実質価格
docomo with iPhone 7
2019/02/2742,768円3,888円
SH-01L
2018/12/1431,752円-7,128円
SC-02L2018/11/0942,120円3,240円
iPhone 6s 32GB
2018/09/0142,768円3,888円
L-03K2018/06/2240,176円1,296円
arrows Be F-04K
2018/05/2533,696円-5,184円
らくらくスマートフォンme F-03K
2018/02/2838,880円0円
MONO MO-01K
2017/11/30 25,272円-13,608円
AQUOS sense SH-01K
2017/11/1030,456円-8,424円
SC-04J(販売終了)2017/06/1536,288円-2,592円
F-05J(販売終了)2017/06/0128,512円-10,368円
[2019.03.05更新] 2年実質価格:docomo with割引(8%消費税時,毎月1620円引き)を月々サポートと同じように、24ヶ月分として本体割引から引いた場合の負担額

2018年第2世代 Galaxy Feel2 SC-02L

2017年に登場し、初のdocomo with対応スマホとして人気があったGalaxy Feel(SC-04J)の後継機 Galaxy Feel2 SC-02Lが発売されました。

1年前のモデルに比べて画面サイズ・処理性能が圧倒的にアップしており、スマホでゲームや動画を楽しみたい人も格安で使える端末として大幅リニューアルされました。

画面が大きくなった影響でやや実利用可能時間は短くなりましたが、それでもドコモスマホ最長クラスの140時間を誇るコスパ&電池長持ちスマホになっています。

発熱も少なく、同じ機種を長く使い続けたいユーザー向けです。

☆「ドコモGalaxy Feel2(SC-02L)のExynos7885の性能・Antutuベンチマーク・発熱状況をチェック

スマートフォンに文字を大きく表示したいのなら、docomo withの対象機種で低価格ながら5.5インチのフルHD+ディスプレイを登載する、LG Style L-03Kも非常に安価に機種変更することが可能です。

上記の写真は人気のiPhone(4.7インチ)と画面サイズを比較したものです。上下の余白部分を細くすることで、本体いっぱいに画面を広げています。

5.5インチという画面のサイズの割にボディは小さく、軽量に作られているため持ち易さでもdocomo withスマホ随一です。

もちろん防水・防塵、おサイフケータイなどの機能にも対応しています。他社の最新ハイエンドモデルに比べると低価格スマホであるL-03Kの処理能力は低めとなっていますが、Twitterやインスタグラム、ポケモンGO程度の軽量なアプリの動作ならば十分快適に行えます。

他のdocomo with対象機種の中では少し価格が高いL-03Kは、そのぶん少しだけスペック・機能が良いスマホです。より詳しいL-03Kのレビュー・評価を見たい方は以下の記事を参照下さい。

☆「L-03Kレビュー ドコモウィズで「最も価格が高い実質1296円スマホ」LGStyleは買いなのか?」/ L-03Kは2019年夏モデルの発売にあわせて値下げされました


docomo withは対象外プランへの変更・対象外機種への機種購入を伴う契約変更を行わなければ、SIMフリースマートフォンやSIMロック解除済み他社端末にSIMカードを差し替えてもOKです。2年毎の買い替えに疲弊を感じるのであればドコモ・ウィズ適用機種への機種変更をオススメします。

☆「docomo with 対象機種とキャンペーン適用条件詳細」/ドコモウィズの受付は終了しました


【2016年2月1日】大幅に価格変更が行われました。総務省の規制により、0円以下の表記の機種はほぼ無くなりました。ここでは過去の簡単な情報のみを一覧にしていますので各機種の機能詳細・価格情報は公式の「ドコモオンラインショップ」を参照して下さい。

機種名定価実質負担機種発売日ディスプレイ重さバッテリー容量
AQUOS sense2 SH-01L31,752円-7,128円2018年12月14日5.5インチ155グラム2700mAh
arrows Be F-04K33,696円-5,184円2018年5月25日5.0インチ146グラム2580mAh
AQUOS sense SH-01K30,456円-8,424円2017年11月10日5.0インチ148グラム2700mAh
Galaxy Feel SC-04J36,288円-2,592円2017年6月15日4.7インチ149グラム3000mAh
MONO MO-01K25,272円-13,608円2017年11月30日5.0インチ153グラム2800mAh
らくらくスマホ me F-03K38,880円0円2018年2月28日4.5インチ138グラム2100mAh
iPad(第5世代)32GB57,024円一括0円2017年3月25日9.7インチ478グラム非公開
dtab Compact d-01J45,360円-22,023円2017年5月25日8.4インチ325グラム4980mAh
AQUOSケータイ SH-06G36,288円0円2015年6月26日3.4インチ123グラム1410mAh
ARROWSケータイ F-05G36,288円0円2015年6月19日3.4インチ129グラム1700mAh
arrows fit F-01H57,024円0円2015年10月7日5インチHD149グラム2330mAh
AQUOS EVER SH-04G54,432円0円2015年6月19日5インチHD139グラム2450mAh
ARROWS NX F-02G93,312円0円2014年11月19日5.2インチQWHD166グラム3500mAh
Xperia Z3 Compact SO-02G68,688円0円2014年11月12日4.6インチHD129グラム2600mAh
GALAXY S5 ACTIVE SC-02G93,312円0円2014年5月30日5.1インチFHD171グラム2800mAh
AQUOS PHONE EX SH-02F67,392円0円2014年1月24日4.5インチFHD120グラム2120mAh
Disney Mobile on docomo F-03F75,168円0円2013年12月13日4.7インチHD147グラム2600mAh
ARROWS Tab F-03G93,312円0円2014年11月8日10.5インチWQXGA433グラム7840mAh
iPad mini4 16GB62,856円0円2015年9月20日7.9インチ298.8グラム非公開
dtab d-01G32,400円-29,808円2015年2月26日8インチWXGA340グラム4650mAh
ARROWS NX F-04G93,312円0円2015年5月28日5.2インチWQHD155グラム3120mAh
DM-01G83,592円0円2015年5月29日5.2インチFHD149グラム2920mAh
らくらくスマートフォン3
F-06F
64,800円0円2014年7月26日4.5インチHD138グラム2100mAh
Wi-Fi STATION HW-02G
*モバイルルーター
18,144円0円2015年2月18日2.4インチ110グラム2400mAh
Wi-Fi STATION L-01G
*モバイルルーター
19,440円0円2015年3月25日3.0インチ186グラム4880mAh
Wi-Fi STATION HW-01L
*モバイルルーター
25,920円0円2019年3月8日2.4インチ150グラム3000mAh
dtab compact d-02H49,896円0円2016年1月20日8.0インチ345グラム4650mAh
dtab d-01H58,968円0円2015年12月17日10.1インチ498グラム6500mAh
arrows Be F-05J28,512円-10,368円2017年6月1日5.0インチ141グラム2580mAh
[更新履歴]2019.03.11 ルーター HW-01L追加
2018.12.14 docomo with機種の割引を2年分として、0円を下回る機種をリストに追加
2016.6 d-01H,d-02Hが0円になりました
2016.3.18 ルーターHW-02G,L-01Gが一括0円に値下げされました
2016.3.11:F-06Fが一括0円に値下げされました
2016.2.1 価格改定が行われました
2016.1.12:SH-06G,F-05Gが値下げされました
2015.12.04 SH-03G,F-01Hなど複数機種が値下げされました
2015.10.29 : dtabが値下げされました
2015.10.7:arrows fit F-01Hが発売されました(ただし、シェア特割への加入が必須)
2015.09.01:XperiaA4が値下げされました
2015.07.30: SH-04Gが値下げされました
2015.07.30: F-03Gが0円に到達しました

*割引は増えたり減ったりすることがありますので、公式サイトで最新情報をチェックしてください。
*2月26日以降、F-01H,SH-04G,DM-01Gは端末購入サポートの適用によって実質0円から、一括0円へと変わりました。
*2016年3月18日より、F-04Gが実質0円から一括0円へと変わりました。
*2018年3月20日より、iPad(第5世代)が一括0円になりました。
*2019年5月31日を以って新たに月々サポートを使うことが出来なくなります。

[追記] 2019年5月31日、月々サポート廃止が決定

NTTドコモは2019年新料金プランを2019年6月1日から開始することを発表し、同時に月々サポート・docomo with・端末購入サポートなどの新規受付を停止することも確定させました。

月々サポートが廃止されることで、ドコモでは0円で買える携帯電話・スマホが一切無くなる見込みです。基本料金自体はたしかに新プランのほうが多少安くなりますが、機種代金負担が2019年6月から激増してしまうので、割引の大きい機種を買うのなら2019年5月31日までに手続きを完了させてください。

月々サポート・一括割引の端末購入サポートが使える最後のチャンスとなる5月後半は契約が大変混雑する可能性があるため、早めの機種変更をオススメします。もし順番待ちなどが長くて当日契約出来なくても救済措置が取られないかもしれませんので・・・

親世代のユーザー特典「ハピチャン」(終了)

NTTドコモでは29歳以下のユーザーを対象として、特定の店舗・サービスで使える商品引換券・割引券(クーポン)特典の「ハピチャン」を提供しています。総務省により「携帯電話の0円販売禁止」を受けて、長期の利用者に対する苦肉の還元策=ハピチャンというわけです。

他社でも似たようなキャンペーンを実施していますが、ドコモで29歳以下のドコモスマホユーザーが対象となります。長期ドコモユーザーそのものは対象外となりますが、子供や孫世代のスマホ回線で使える可能性があります。

ドコモの一般的なスマートフォン・iPhone向けプランを契約している利用者が対象となり、スマホの画面にクーポンを表示させることで利用が出来ます。

2019年4月のハピチャン特典は、ローソンで貰えるおにぎりクーポン(2個)と、dTVの3ヶ月無料特典です。

☆「dTV」/最大3ヶ月分実質無料

詳しいハピチャンの使い方・対象は公式サイトのキャンペーンページをご確認ください。

☆「ドコモ-ハピチャン キャンペーンについて

2018年10~11月の期間は、dポイントが使えるようになったマツモトキヨシグループの対象店舗にて500円(税別)の値引きクーポンを発行できます。

機種変更手数料が無料化

NTTドコモは同社が運営する公式オンラインストア・ドコモオンラインショップを経由して注文する場合に限り、2018年9月1日より新規・のりかえ(MNP)・機種変更(取替・契約変更)のすべての契約種別において、契約事務手数料を撤廃することを発表しました。

ショップ契約よりも時間が節約できるだけでなく、料金も安くなるオンラインショップの利用方法を覚えて無駄な出費を減らすことが出来るようになりました。

店頭で契約すると何時間も待たされ、ややこしいプラン・契約説明を口頭で長々と伝えられえても把握しづらいと感じることもありますが、オンラインショップなら自分が納得できるまでプランを自由に選ぶことが出来るメリット・操作は簡単でスムーズに入力を行えば誰でも10~15分程度もあれば機種変更が出来ます。

まだオンラインショップを使ったことがなく、店頭で高額な手数料や頭金を支払って損をしている方は、以下の申し込み体験を参考にしてみてください。

【期間・機種限定情報】

2019年6月、ドコモのウェブサイトではオンライン手続き限定値引き・ポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。

期間限定で5,000円相当のポイントが高確率で当たるキャンペーンや、機種限定でポイントや特典が貰えるキャンペーンもあります。決算期の大混雑する携帯ショップに嫌気が差した方は、ウェブ手続きでお得に、待ち時間無しで機種変更をしましょう。

【抽選特典】:2019年6月1日~30日~ Special Days(抽選で5人に1人、3000ポイントが当たる)

【抽選特典】:2019年5月5日~15日~ Special Days(抽選で10人に1人、5000ポイントが当たる)
【先着特典】:2019年3月15日~ Xperiaスペシャル(対象のソニースマホを買うと特製ボールペンがもらえる)
【先着特典】:2019年3月18日~Galaxyスペシャル(SC-02Lを買うと急速充電器がもらえる)
【抽選特典】:2019年3月1日~3月31日 AQUOSスペシャル(対象のシャープスマホを買うと1万ポイントが当たる)

関連記事:ドコモ現行プラン在庫処分価格でお得に機種変更可能な最終チャンス 5月15日までの限定特典


【ここより下の情報は古くなっています。参考用に記載だけ残しておきますが、最新のキャンペーンとは異なりますので必ず公式サイトで内容をチェックして下さい】

2018年12月、ドコモの公式オンラインスマホ/携帯販売サイトが開設10周年を迎えたため、ドコモの長期ユーザーがお得になる特典を出しています。

ドコモ以外のユーザーや利用期間の浅いユーザーでもキャンペーン自体には参加できますが、キャンペーンの特典が貰えるかどうかは長くドコモを使い続けているユーザーほど有利です。

2019年1月31日まで対象の機種をウェブサイトから機種変更すると、dポイントクラブの会員ステージに応じて当選確率がアップします。

長期利用の条件別では、15年以上のユーザーなら10倍(プラチナ)・10年以上の長期利用者は8倍(4th)です。初めてドコモを使うユーザーさんにも当たらないわけではないのですが、当選確率が10倍も優遇されましたので、実質長期利用者用の特典と言っても過言では無いでしょう。

同期間中にはおそらく何十万円もする豪華プレゼントが当たる抽選キャンペーンもやっていますので、ドコモスマホを買うのなら2019年1月31日までの期間に余裕を持って手続きを行ってください。

☆「ドコモオンラインショップ 10周年記念キャンペーン・特典の参加はこちら


2016年2月1日~5月31日までの期間、特定の機種を対象に割引が増える「ドコモ 春のおとりかえ割」がスタートしました。iPhone6sやXperia Z5, AQUOS Compactなどの人気機種への機種変更に適用される値引きです。適用機種であれば「月々サポート」と同じ適用条件で割引が聞きますのでハードルが低いです。最大2万円ほどの大きな値引き施策なので、欲しい機種が安くなっていないか確かめて見てください。

なお、2015年7月からは過去半年以内に月サポを適用した機種を購入済みの場合、新たに買った端末へ月サポを適用することが出来ませんので、つい最近買い替え済みの方は注意して下さい。

ドコモで4年以上利用しているユーザーは2016年夏モデルスマートフォン5機種を対象に「感謝のきもちスマホ割」が適用できます(本割引は終了しました)。長期ユーザーのみ月サポが2年合計5184円アップします。

2017年最新情報

2017年4月時点のドコモ向け機種変更では、従来契約プランが小容量(データSパック・シェア5)の契約を行うと月々サポートが減額され、実質負担額が値上がる・家族まとめて割の割り引き対象外になるという仕様でしたが、それらの条件が緩和されています。これにより表記上の価格は0円に届かなくても、機種変更時の維持は以前の「実質0円」と同等レベルになることもありますので、お買い得な機種を選んで購入してみましょう。

☆「ドコモ 在庫限りのお買い得機種特集ページ

ドコモの長期ユーザー 月サポが終わったら機種変すべき「実質0円以下」のスマホ
Pocket
LINEで送る