Xperia 10 IVやOPPO Reno7 A、AQUOS wish2をはじめとする2022年春モデル頃から発売される「安くてそれなりに性能が良いスマホ」に使われる事が多いCPU(SoC)チップ Qualcomm Snapdragon 695 5G を搭載したスマホのまとめ・比較の詳細を解説、実際の使用感とレビュー,さらに値下げ情報も随時更新でお届けします。

Qualcomm Snapdragon 695 5Gチップは2021年冬に発表されたスマホ/モバイルデバイス用のパーツであり、主に日本では2022年春以降に発売されるスマートフォンに使われています。

(ソニーのスタンダードモデル Xperia 10 IV実機)

Snapdragon 695 5Gのパーツナンバー(型番)は「SM6375」です。メーカーによってはチップ名である「Snapdragon 695 5G」と記載する場合とパーツナンバーを記載する場合がありますが、どちらも同じものです。

Snapdragon 695 5Gはその名称のとおり、5G通信に対応したスマホに使われており、主にミドルスペック(低性能と高性能の中間)帯のスマートフォンに採用されています。

ハイエンド(10万円~):Snapdragon 8 Gen 1
ミドルスペック(4~6万円):Snapdragon 695 5G
エントリーモデル(2~3万円):Snapdragon 480 5G

(*価格はざっくりとした目安。上記より高い/安いモデルもあります)

ハイエンドモデルほど価格が高くはなく、エントリーモデルよりも高性能・多機能で「最新機能にこだわらず、実用として十分な性能のスマホ」を求めているユーザーは、Snapdragon 695 5G搭載機種から選ぶと満足度が高いはずです。

Snapdragon 695 5Gのスペック/仕様

スマートフォンのSoCは、そのチップの特性・仕様によって対応できる性能・機能が決まってきます。Snapdragon 695 5Gの”チップ”としてスペックは以下のとおりです。

Snapdragon 695 5G/項目 主な仕様
パーツナンバー
SM6375
CPU 最大 2.2GHz/Octa-core CPU/64-bit
AI Engine Adreno™ 619 GPU 
 Kryo™ 660 CPU
Hexagon™ 686 Processor
5Gモデム Snapdragon™ X51 5G Modem-RF System
下り最大通信速度 5G/ 2.5Gbps
4G/ 800Mbps
上り最大通信速度 5G/ 1.5Gbps
4G/ 210Mbps
CPU Adreno™ 619 GPU
プロセス 6nm
ディスプレイ 最大FHD+/120Hz

*より詳しい仕様・実際のスマホでの対応はメーカーHPなどを参照ください。

Snapdragon 695 5G搭載スマホのスペック

Snapdragon 695 5Gを搭載したスマートフォンには、値段と性能のバランスが良い機種が豊富です。

同じCPUを積んだモデルは基本性能も似ているものが多いものの、メーカー・機種ごとのコンセプトによって性能に差がありますので、用途と好みに合わせて選んでみてください。

ディスプレイ
(解像度)
6.4インチ
AMOLED
(2400×1080)
生体認証 指紋認証/顔認証
サイズ 縦:160 mm
横:74 mm
厚さ:7.6 mm
重さ:175グラム
カメラ 4800万画素
+800万画素
+200万画素
バッテリー 4500mAh SIMスロット nano SIM/eSIM
充電速度 18W PD
おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695 5G
防水/防塵 IPX8/IP6X対応
RAM/ROM 6GB/128GB 価格
SIMフリー:44,800円
YM:43,200円
au: 43,720円
楽天:45,800円

*au向けモデル(OPG04)を参照しています。

OPPO Reno7 Aは2022年6月23日以降、au/UQ/ワイモバイル/楽天モバイル、および多数のMVNO・通販サイトで順次販売開始されます。

一般通販向け(SIMフリー)の場合、限定BOXとして無線イヤホン「Enco Buds」が同梱されるバージョンがあります(価格は同額)。

 

ディスプレイ
(解像度)
6.1インチ
IGZO OLED
(2432×1080)
生体認証 指紋認証
(本体横)

+顔認証
サイズ 縦:152 mm
横:70 mm
厚さ:8.0 mm
重さ:158グラム
カメラ 5030万画素
(1/1.55″センサー)
+800万画素(広角)
バッテリー 4570mAh SIMスロット nano SIM
充電速度 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695 5G
防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X対応
RAM/ROM 6GB/128GB 価格
d:未定
au/UQ:未定

AQUOS sense7は2022年11月以降、ドコモからSH-53C/au・UQからSHG10として発売予定です。

AQUOS sense7の特長は、低価格モデルとしては高画質な5030万画素・1/1.55″インチのセンサーを積んだメインカメラです。旧モデルから望遠レンズを無くし、メインカメラの高画質化+大型センサー化で差別化を図ってきました。

6.1インチの程よいサイズ感・158グラムで軽量なボディかつ米国国防省の調達基準を満たす頑丈な作りで、長く安心して使えるスタンダードモデルです。

5Gにも対応しており、sub6 n3/n28/n41/n77/n78/n79の主要キャリアのバンドに対応しています。

ディスプレイ
(解像度)
6.4インチ
IGZO OLED
(2340×1080)
生体認証 指紋認証
(本体横)

+顔認証
サイズ 縦:160 mm
横:76 mm
厚さ:8.2 mm
重さ:172グラム
カメラ 5030万画素+
800万画素
バッテリー 5050mAh SIMスロット nano SIM/eSIM
充電速度 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695 5G
防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X対応
RAM/ROM 6GB/128GB 価格
SB:69,840円

AQUOS sense7 Plusはソフトバンクより2022年10月上旬以降に発売予定の大画面&大型バッテリー搭載モデルです。

低価格帯でありながらディスプレイリフレッシュレートは240Hz、色彩階調10億色・最大1300nitの明るく、キレイなパネルを採用しています。

ディスプレイの上下にステレオスピーカーを採用、カメラはsense7と同じ5030万画素+800万画素の超広角レンズのデュアルカメラ構成です。

AQUOS sense7 plusは2022年10月7日よりソフトバンクで発売されます。

ディスプレイ
(解像度)
5.7インチ
TFT
(1520×720)
生体認証 指紋認証
(本体横)

サイズ 縦:147 mm
横:71 mm
厚さ:8.9 mm
重さ:162グラム
カメラ 1300万画素
バッテリー 3730mAh SIMスロット nano SIM
充電速度 急速充電対応 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695 5G
防水/防塵 IPX5/IPX7/IP6X対応
RAM/ROM 4GB/64GB 価格
d:22,000円
YM:26,640円

*2022年6月5日時点。

AQUOS wish2(SH-51C)はNTTドコモより2022年6月下旬以降/ワイモバイルから2022年6月23日に発売されました。

Snapdragon 695 5G搭載モデルの中では性能がやや低めながら、圧倒的な安さが魅力です。

→実機入手しました。AQUOS wish2のベンチマーク/カメラ性能など実機レビューはこちら

ワイモバイルでは機種変更でも割引が適用され、本体価格は一括19,440円~(オンライン手続きで事務手数料無料)と超激安です。

ディスプレイ
(解像度)
6.1インチ
IGZO OLED
(2432×1080)
生体認証 指紋認証
(画面内蔵)

+顔認証
サイズ 縦:152 mm
横:70 mm
厚さ:7.9 mm
重さ:156グラム
カメラ 4800万画素
+800万画素(広角)
+800万画素(望遠)
バッテリー 4570mAh SIMスロット nano SIM/eSIM
充電速度 急速充電対応 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695G
防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X対応
RAM/ROM 4GB/64GB 価格
au: 40,470円
楽天:39,800円

AQUOS sense6sは2021年モデルの「AQUOS sense6」の新チップバージョンです。基本性能は旧型と殆ど変わりませんが、シリーズの特長である「1週間の電池持ち」など人気の機能を継承しています。

AQUOS sense6s(SHG07)はau・UQモバイルから発売済み、J:comでも取り扱いがあります。楽天モバイルでは2022年7月29日より発売します。

UQモバイルでは割引適用時価格 18,470円~と格安の5Gスマホとなっています。

ディスプレイ
(解像度)
6.0インチ
有機EL

(2520×1080)
生体認証 指紋認証
(本体横)
サイズ 縦:153 mm
横:67 mm
厚さ:8.3 mm
重さ:161グラム
カメラ 1200万画素
+800万画素(広角)
+800万画素(望遠)
バッテリー 5000mAh SIMスロット nano SIM/eSIM
(ドコモ版はnano SIM)
充電速度 急速充電対応 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695G
防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X対応
RAM/ROM 6GB/128GB 価格
d: 64,152円
au:69,985円
SB:74,880円
楽:59,800円
その他MVNO各種

Xperia 10 IVは2022年7月8日以降、順次発売です。

本機種はバッテリー容量は5000mAhと大型ながら横幅が細め、軽めのバランスに優れたスマートフォンです。

☆「Xperia 10 IV実機レビュー SO-52C

Xperia 10 IVはSnapdragon 695 5G搭載機としては比較的多機能で、キャリアでの定価は高めです。

ドコモモデルはSO-52C/auモデルはSOV07/ソフトバンクモデル、楽天とMVNO向けSIMフリー「XQ-CC44」もあります。

ディスプレイ
(解像度)
6.8インチ
IPS
(2460×1080)
生体認証 指紋認証
+顔認証
サイズ 縦:171 mm
横:76.8 mm
厚さ:9.1 mm
重さ:206グラム
カメラ 5000万画素
+800万画素(広角)
+200万画素(マクロ)
バッテリー 5000mAh SIMスロット nano SIM/eSIM
充電速度 15W TurboPower おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695G
防水/防塵 IP68対応
RAM/ROM 6GB/128GB 価格
39,800円

moto g52jは2022年6月3日より発売したSIMフリーモデルです。

ボディは大型ながら、Snapdragon 695 5G搭載機種として破格の価格設定です。

2022年6月4日時点、楽天市場ではいきなり20%ポイント還元(各種キャンペーンを併用すれば40%以上も到達可能)・1,000円値引きクーポンでお得に買えます。

☆「楽天公式スーパーDEALショップ – moto g52j

ディスプレイ
(解像度)
6.67インチ
AMOLED
(2400×1080)
生体認証 指紋認証
(本体横)

+顔認証
サイズ 縦:164.19 mm
横:76.1 mm
厚さ:8.12 mm
重さ:202グラム
カメラ 10800万画素
+800万画素(広角)
+200万画素(マクロ)
バッテリー 5000mAh SIMスロット nano SIM/eSIM
充電速度 67W急速充電 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695G
防水/防塵 IPX3/IP5X
RAM/ROM 6GB/128GB 価格
SIMフリー:44,800円
楽天:42,980円
IIJ:38,800円

(2022年6月5日時点の価格)

Redmi Note 11 Pro 5Gはミドルスペック価格帯ながらかなり高出力な充電に対応しており15分で約50%・フル充電もわずか42分です。

Redmi Note 11 Proは防水ではなく”防滴”(IPX3等級)である点に注意してください。

楽天モバイルでは最大20,000ポイント還元、IIJmioではMNP特価22,800円に設定されています(2022年6月時点)。

HTC Desire 22 Pro

ディスプレイ
(解像度)
6.6インチ
フルHD+
(2412×1080)
120Hz
生体認証 指紋認証
+顔認証
サイズ 縦:166.3 mm
横:76.9 mm
厚さ:9.4 mm
重さ:205.グラム
カメラ 6400万画素
+1300万画素(超広角)
+500万画素(深度センサー)
バッテリー 4520mAh SIMスロット nano SIM×2
充電速度 18W急速充電 おサイフケータイ 対応
CPU Snapdragon 695G
防水/防塵 IP67対応 
RAM/ROM 8GB/128GB 価格
64,900円

HTC Desire 22 Proは2022年10月1日より順次日本で発売されます(カラーによって一部発売日が異なる)。VR用のゴーグル「VIVE Flow」とのセット価格は114,900円と案内されています。

日本向けモデル以外のSnapdragon 695 5G搭載機種

*以下のモデルは2022年6月5日時点で国内向けモデルが発売されていない機種情報です。発売国・エリアによって搭載されるSoCが違う場合もあるため、購入時には注意してください。

・POCO X4 Pro
・realme 9 Pro
・OnePlus Nord CE Lite 5G
・motorola moto g82
・motorola moto G Stylus 5G (2022)
・Vivo iQOO Z6
・Honor Magic 4 Lite
・OPPO Reno7 Lite 5G
・Honor X30
・realme Q5

Snapdragon 695搭載機種でグローバルモデルの場合、およその価格目安は300ドル~500ドル前後の機種に採用されるケースが多いようです。

Snapdragon 695 5GのAntutuスコア目安

スマートフォンの処理性能をわかりやすくスコアリングするアプリ「Antutu Benchmark」のSnapdragon 695 5Gのテスト結果目安を解説します。

Snapdragon 695 5Gは前項で解説したとおり、「スマホ全体として中間レベル/ミドルスペック」の機種であるため、超高性能な処理性能を示すとは言えない水準です。

Snapdragon 695 5Gを搭載したスマホのAntutuスコアはおよそ35万~40万点前後になります(アプリバージョン 9.x系の場合。機種・測定環境によって若干の前後があります)。

Antutuベンチマークのスコアと搭載CPUの目安を比較表にしてみると、以下のような感じです。

Antutuスコア(ver.9.x) 搭載CPU/目安
90万点~100万点前後 Snapdragon 8 Gen 1
/2022年の最高峰機種
70万点~80万点前後 Snapdragon 888
/2021年のハイエンドクラス
60万点~70万点前後 Snapdragon 865
/2020年のハイエンドクラス
50万点~55万点前後 Snapdragon 855
/2019年のハイエンドクラス
35万点~40万点前後 Snapdragon 765 5G・
Snapdragon 695 5Gの水準

/2021-2022年のミドルクラス
30万点~35万点前後
Snapdragon 690 5G
/2021年のミドルクラス
25万点~30万点前後 Snapdragon 480
/2022年のエントリーモデルクラス

このように、Snapdragon 695 5Gの性能は3年位前のハイエンドモデルにはやや及ばず、エントリーモデルよりはワンランク上という評価です(あくまでベンチマークスコアでの比較です。スコアはモデルによって多少差があります)。1世代前のSnapdragon 690 5GやSnapdragon 765 5Gと同等~やや高いくらいの数値が出ます。

極端に高い処理性能を必要とするゲーム、およびあらゆるゲームアプリを快適に遊びたいのなら70~80万点クラス以上の高性能モデルが欲しいところですが、もちろん値段は高めです。

一方で昨今のCPUはエントリークラスでも軽快に動作する機種もあり、基本的なスマホ操作・カンタンなゲームアプリなら高い処理性能を必要としないため、Snapdragon 695 5G搭載機でも遊べるアプリはたくさんあります

ゲームに命をかけるようなユーザーにはSnapdragon 695 5G機種はオススメしません。それ以外の「たまにゲームで遊ぶ/シビアなタイミングゲームや滑らかさに拘らない」というライトゲームユーザーなら問題なく楽しめるはずです。

*各アプリの体感動作は、アプリのバージョン・スマホのソフト処理により異なります。同じSoC/同程度のベンチマーク結果でも体感が変わることがありますので、アプリ個々の動作状況は各メーカーにお問い合わせください。

Snapdragon 695搭載スマホで安いのは?

日本向けに発売されている・発売が予定されている各Snapdragon 695 5Gの値引き・セール・安売り情報をいくつかピックアップしておきます。

まず定価での比較をしてみましょう。

モデル 本体定価*
AQUOS wish2 (docomo)
22,000円
moto g52j 39,800円
AQUOS sense6s 40,470円
Reno7 A
44,800円
Redmi Note 11 Pro 5G 44,800円
Xperia 10 IV (SO-52C) 64,152円

*価格は公式サイトまたは主要量販店等の発売日時点の価格設定を参照しています。実際の価格はショップにより異なる可能性もあります。

2022年8月までに発売されたSnapdratgon 695搭載機で、最も定価が安いのはドコモ向けAQUOS wish2の22000円でした。割引前の定価で2.2万円は安すぎです。

☆「ドコモ AQUOS wish2 SH-51C 価格・スペックをみる

契約ありでの比較なら、ソフトバンクのXperia 10 IVが最強に安いです(2022年7月9日時点)。

・iPhone14Proシリーズ(2022/09発売)
独自キャシュバックあり
安い SE3や一括1円スマホも
詳しくはスマホ乗り換え.com WEB問い合わせはこちら

Snapdragon 695スマホ安売り情報

2022年夏以降、Snapdragon 695 5G搭載スマホが出揃ったタイミングで、各社値下げに踏み切っている機種が出てきました。定価時点でも安いスマホを更に安く買うチャンスです。

モデル 本体定価* セール価格
AQUOS wish2 (ワイモバ)
26,640円
定価21,960円に値下げ
→MNPなら一括1円
ワイモバイル公式HP」/事務手数料無料
moto g52j 39,800円  「ペイペイモール」にて複数ショップが33,800円に値下げ
AQUOS sense6s 40,470円  
Reno7 A
44,800円  Qoo10メガ割で32,000円
(2022年8月24日時点)
Redmi Note 11 Pro 5G 44,800円  Qoo10メガ割で34,000円
(2022年8月24日時点)
Xperia 10 IV (SB) 74,880円  「eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)
にて39,968円の在庫あり
(2022年8月24日時点)

*記事執筆時点の価格・セール情報に基づいています。最新の価格は販売サイト等を参照ください。

2022年モデルSnapdragon 695 5G性能は?搭載スマホ一覧-スペックとサービス/Antutuベンチマークスコア目安
Pocket
LINEで送る