Pocket
LINEで送る

2020年6月25日発売の新型LG Style 3 L-41Aは、これまでの「LG Style」シリーズから大幅にスペックアップ・機能性が豊富な注目のスマホを細かくチェックしていきます。

LG Style3はドコモではやや珍しい、「性能が高めなのに安めのスマホ」というポジションです。

ドコモのスマホでは”価格がとても高い(10万円クラス)なら性能や機能がトップレベルに優れている”のは当たり前、一方で”価格が安い機種は性能が低めでそれなりの性能”という機種であれば他の候補もありますが、「価格が安くてかなり使えるスマホが欲しい」というのであれば、2020年年モデル LG Style3 L-41Aは比較候補に挙げる価値があります。

管理人は旧モデルのLG Style2(L-01L)およびLG Style(L-03K)も利用した経験があります。


(初代 L-03Kの実機レビューはこちら)


(第二世代 L-01Lの実機レビューはこちら)

初代・第二世代のLG Styleシリーズも「格安スマホではちょっと性能が高め」という特徴は共通しているものの、2020年モデル L-41Aははっきり言って、旧モデルが霞むほどの仕様変更がありました。

ではどのような部分が旧機種と違うのか、他の低価格モデルより優れている部分/あるいは超ハイスペックモデルに比べて劣っている(価格相場と言わざるを得ない)部分があるのか、詳しくチェックしていきます。

LG Style3の長所1:スナドラ845搭載

LG Style3 L-41Aの最も珍しい特徴は「少し古いハイエンドクラス向けのCPUを積んでいる」ことです。

L-41AにはQualcomm Snapdragon 845というチップが採用されており、「Snapdragon 8シリーズ」は一般的に歴代の最高峰・各メーカーのフラッグシップモデルに搭載されるのが常です。

ざっくりとQualcomm Snapdragonのシリーズ別の性能とスマホ価格帯は、

・Snapdragon 800番台シリーズ:10万円近い最高のモデル
・Snapdragon 700番台シリーズ:3~7万円くらいのミドル~ハイモデル
・Snapdragon 600番台シリーズ:3~5万円くらいのミドルスペックモデル
・Snapdragon 400番台シリーズ:2~3万円くらいのエントリーモデル

このような規則があります(ただし同じ”600番台”であっても、その後の数字”630”や”660”・”670”などのシリーズでは性能に幅があることもあり、また古い700番台より新しい600番台のほうが性能が高い、ということもありえます)。

さらに、800番台のハイエンド向けチップのシリーズでは、ほぼ毎年新しい型番が、より高い性能を持ったチップとして投入されています。

例えば、過去数年の最高峰のチップは以下のような800番台の型番が付いています。

・2020年最高峰:Snapdragon 865
・2019年最高峰:Snapdragon 855
・2018年最高峰:Snapdragon 845
・2017年最高峰:Snapdragon 835

このように、LG Style3に使われているチップは2018年春~冬モデルあたりの最高峰性能をもったスマホに使われていたものと同じです。

ドコモから発売されるスマホでは一般的に、最新機種はその時の最新チップを採用した機種が多かったのですが、LG Style3はあえて最先端のSnapdragon 865ではなく、2世代古いチップを使うことでコストを下げているという特徴があります(同じように型落ちのチップを使った廉価スマホは他にも例はありますが、ドコモではレアなはず)。

Snapdraong 845が使われていたスマホとしては、Google Pixel 3/3 XL, Galaxy S9/S9+/Galaxy Note9, Xperia XZ2/XZ2 Compact/XZ2 Premium, Xperia XZ3, AQUOS R2などがあります。

関連記事:2018年春~ハイエンドスマホ用SoC Snapdragon845搭載機種を比較(SDM845)

一部モデルはまだ発売日から2年も経っておらず、発売から時間が経過して価格が安くなった頃に買ったよ、というユーザーなら2020年時点でもSDM845搭載機を使い続けている方も少なくないはずです。

つまり、およそ2年前に当時最高峰のハイエンド機種を買って「特に処理性能には不満がない」と感じているユーザーならば、格安スマホ価格帯になったLG Style 3 L-41Aに機種変更してもほとんど変わらないパフォーマンスを期待出来る、ということです。

例えば、スマホゲームの「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」の場合、3Dのアニメーションを使ったリッチモードでもスムーズにキャラクターが動きます。旧モデルでは最高画質にすると少し動きが鈍くなっていたため、SDM845の処理性能の高さが明確に感じられました。

もちろんもっと高いお金を出せば2年前相当のチップを使ったLG Style3より性能が高い機種はいくらでもあります。「高くても良いから最高峰のスマホが欲しい」というのであれば別機種を検討したほうが良いと思いますが、「ゲーム性能がそこそこあるなら安いほうが良い」というユーザーの微妙な希望に応えるのがLG Style 3のポジションだと言えます。

LG Style3の長所2:防水防塵・おサイフケータイ対応

前項で紹介した「処理性能がそこそこ高くて安い」という特徴だけならば、昨今では海外ブランド・メーカーの格安スマホでもゲーム性能が優れているのに安い(ハイエンドに比べて半額以下)という機種も少なからずあります。

例えば、管理人も発売日に購入したXiaomi Redmi Note 9Sあたりがそうです。

Redmi Note 9Sの場合、本体価格2.5万円~という低価格ながら最新のミドルハイ向けチップSnapdragon 720Gを積んでいるため、従来の「2~3万円で買える平均的なスマホの性能」を大きく凌駕しています。

しかしながらXiami Note 9Sにも欠点・物足りない部分もいくつかあり、日本の携帯会社向けに作れた多くのスマホが対応する「防水/防塵/おサイフケータイ」機能はありません。

LG Style 3 L-41Aなら、防水・防塵・おサイフケータイ機能があります

これまで性能が高いドコモスマートフォンを使ってきた場合には、防水防塵・おサイフケータイは当たり前のように付いていたと思いますので、「機種変更しても防水防塵/おサイフケータイの便利機能は外せない」という場合は、単に「安くて処理性能が高いだけのスマホ」ではない、機能性も多めのLG Style 3 L-41Aのほうが向いています。

ただし、LG Style3もワンセグ(テレビ機能)とワイヤレス充電には対応していません。より詳しいLG Style3の性能・対応機能は公式サイトの表記を確認してください。

☆「ドコモ公式サイト:LG Style3 L-41Aの詳細

LG Style3の長所:大画面で軽めのボディ

昨今の「スマホの大画面化」の流行を受けて、LG Style3も旧モデルから少し画面が大きくなっています。しかし、LG Style3のボディサイズは程よい軽さ・持ち易さの範囲に収まっているといえます。

LG Style 3のディスプレイは6.1インチの有機ELパネルです。旧モデルのLG Style 2も6.0インチあったのですが、インカメラ部分を凹ませた(ノッチ)デザインを採用することで、むしろボディサイズは小さくなっています。

ディスプレイのフチ部分はわずかにラウンド形状になっており、指ざわりが良いデザインです。

背面にカメラ、その下に指紋認証センサーがついています。LG Style3のデザイン面に特別に珍しい仕様はなく、最新トレンド通りのスマホという印象です。

ここでは同じ6.1イント・ノッチデザインを採用しているiPhone 11とも数字を比べてみましょう。

項目 LG Style3
6.1インチ
LG Style2
6.0インチ
iPhone 11
6.1インチ
縦幅 152mm 158mm 150.9mm
横幅 72mm 76mm 75.7mm
厚さ 9.1mm 8.5mm 8.3mm
重さ 160グラム 182グラム 194グラム

このように、6インチ級のスマホとしてはLG Style3は軽い部類になります(もっと軽いスマホを所望するなら6.4インチで141グラムというAQUOS zero2もあるにはある)。

iPhone 11に比べて30グラム以上も軽く、iPhone 11/XRおよびiPhoneのPlusシリーズを使っていたユーザーなら持った瞬間に「思ったより軽い」と感じるはずです。

LG Style3は6.1インチの大画面パネルを使っていますので決して「小さいスマホ」とは言いませんが、大画面で文字や画が見やすい・操作しやすいサイズ感の範疇にあるという評価です。

LG Style3の長所4:価格とCPUパフォーマンス

前項までに「LG Style3は価格が安めで、処理性能は高め」という部分が最も特徴的であることを紹介しました。

といっても、実際にはドコモが販売するスマートフォンのうち、LG Style3よりも価格が安いスマホも複数あります。

「何よりも価格の安さを優先したい」というのであればLG Style3以外の選択肢も考えたほうが良いのですが、前項でも述べた通り「性能に対してコストパフォーマンスが優れているのか」という観点で比較してみましょう。

モデル 価格* 搭載CPU
Xperia Ace 49,896円 SDM630
LG Style3 L-41A 41,976円 SDM845
Xperia 10 II 41,976円 SDM665
LG style2 38,016円 SDM450
Galaxy A41 37,224円 Helio P65
arrows Be3 34,056円 SDM450
AQUOS sense3 31,680円 SDM630
arrows Be4 23,760円 SDM450
Galaxy A20 21,384円 Exynos 7884B

(*2020年6月23日時点、各税込み)

このように、2万円台~5万円以下で買えるドコモスマホもたくさんある中で、型落ちしているとはいえハイエンドモデル向けチップSDM800番台を積んでいるのはLG Style3のみです。

ドコモの格安スマホを管理人も何台も所有・利用してきましたが、やはり多くのスマホは「価格相応の処理性能」である点は否めません。

例えば2019年冬モデルのGalaxy A20と、AQUOS sense3では、Antutuベンチマークのスコアはそれぞれ11-12万点程度(ver8時)です。ゲームはまったく~ほとんど使わないというのであればSDM450~SDM630でもスームズに動かないわけではありませんが、ゲームを遊びたい人にとってはやや物足りない性能です(3Dゲームなどをプレイすると、遅延・動きにカクつきが見られることがある)。

そして、これら他の格安スマホの処理性能に比べて、LG Style3のSDM845は大半のゲームもサクサク動くレベルの高水準(旧モデルSDM450に比べてAntutuベンチマークのスコア基準なら2倍以上)にある、という点が珍しい特徴です。

LG Style3 L-41Aにて実際にAntutuベンチマークテストを行ったところ、総合スコアは32万点弱を記録しました(L-41AはRAM4GBであるため、Terracottaの測定項目非対応/数字無しとなっています)。

本体価格が安ければ、もちろん月々のスマホ支払額(基本料金+機種代金)も安くなります。

最新の5Gスマホは10万円を軽々と超える高級モデルが増えてしまいましたので、「ある程度の性能があれば安いスマホで良い」という考えにシフトしてきたユーザーは、LG Style3 L-41Aの料金プランをシミュレートしてみる価値があるはずです。

期間限定:オンライン購入でアマゾンギフト券特典あり

ドコモの公式オンラインサイトではLG Style3 L-41Aをさらにお得に購入できる期間限定キャンペーンを実施しています。

 

2020年6月22日~2020年7月31日までの期間中にドコモの公式ウェブサイトからLG Style 3を購入&期限までに応募・利用開始手続きをすると、もれなく3,000円分のアマゾンギフト券が貰えます。

購入期間:2020年6月22日(月曜)~2020年7月31日(金曜)
応募期間:2020年6月25日(木曜)~2020年8月10日(月曜)
利用開始手続き期限:2020年8月10日(月曜)

ギフト券受け取りはスマホの購入後、専用の応募フォームから手続きが必要です。LG  Style3を買ったのなら忘れないように早めの手順確認・応募をオススメします(ウェブでのドコモ機種変手順はこちらを参照)。

☆「ドコモ公式サイトでLG Style3 L-41Aの価格・キャンペーンをみる

[スポンサード]

L-41Aのハイエンドモデルに比べて物足りないと感じた点

続いて、毎年何十台も低スペックモデルからハイエンドモデルまでスマホの利用リポートを行っているマニアの視点から、LG Style3 L-41Aを使ってみて感じた「他機種に比べて優れているとは言い難い部分」を紹介しましょう。

以下のポイントを物足りなく感じるかどうかは人ぞれぞれの基準があると思いますので、購入時の参考にしてみてください。

【カメラはハイエンドモデルには及ばない】

LG Style3はミドルスペック機種としては史上最高クラスの4800万画素カメラを積んでいます。明るい場所であれば十分にキレイな写真が撮れますが、暗い場所での撮影時にはナイトビューを使っても上位機種に比べてノイズが多めです。

広角カメラも500万画素であるため、解像度はやや低めと言わざるを得ません。スマホの画面上で写真を見ているぶんには十分ながら、パソコンの大きなディスプレイに表示させると粗い画像になりがちです。

また、ズーム(望遠)用の専用レンズを搭載していないため、最大でもデジタル8倍ズームどまりです。高倍率時には手ブレ補正が弱く、やや手ブレしやすい印象を受けました。

カメラにすごくこだわりがある/最先端モデルのような写真・ムービーを撮りたいという方はLG Style3のカメラには物足りなさを感じる可能性があります。

一方で「スタンダードモデルのスマホカメラ」として評価するのなら、広角カメラがある/4800万画素の高画素数カメラ/夜景モード/AIによる自動設定/マニュアルモードも搭載されているため、他のエントリースマホや古いスマホよりは断然カメラ機能は向上しているとも言えます。

通常のカメラモード
広角モード

同じ場所から撮影しても、このようにワイドカメラの効果で広いエリアを1枚の写真に収めることが可能です。

【バッテリー・電池容量はそこそこ】

LG Style 3には3500mAhのバッテリーが搭載されています。決して電池容量が小さいというほどのバッテリーサイズではないながら、性能が高めのCPUを積んでいる影響もあり、実利用可能時間はやや短めの約100時間です(ドコモが想定する一般的な利用頻度で使える時間の目安)。

旧モデルのL-01Lは約135時間、初代 L-03Kは95時間でした。電池容量もL-01Lは3900mAhでしたので、軽量化に伴い減少しているという事実があります。

スマホに対して電池が良く持つことを最優先させたいのなら、実利用可能時間180時間という驚異の電池性能を持つAQUOS sense3のような機種もあります。

前述のようにAQUOS sense3に比べてLG Style 3のほうが断然ゲーム処理性能は高くなっているので、どちらを優先するべきか、各人で判断してみてください。

☆「ドコモ公式サイトでLG Style3 L-41Aの機能・性能を比較する

[L-41A実機レビュー]ゲーム性能高めの格安スマホLG Style3 旧機種・他モデルとの違い比較
Pocket
LINEで送る

Tagged on: