Pocket
LINEで送る

NTTドコモより2019年7月発売予定、6月28日より事前予約受付・7月12日より発売が始まった格安スマホ LG Style2(えるじーすたいるつー) L-01Lの機能レビュー・スペックやキャンペーン・お得に購入する方法を紹介します。

LG Style2 L-01Lは2018年夏に発売されたLG Style L-03Kの後継機であり、”Style”シリーズのスマホは国内ではドコモだけが扱うモデルとなっています。

2018年モデルでは”docomo with(ドコモウィズ)”という割引の対象となっていたLG Styleは、低価格モデルの中で最も大きな5.5インチサイズであることが一つのウリだったのですが、2019年モデルの第二世代 L-01Lはさらに画面が大きな6.0インチフルHD+パネルに進化しました。

LG Styleシリーズは最近流行のノッチ(凹)によるディスプレイの欠けはなく、素直に大きなスマホになりました。

L-03KとL-01Lを重ねると、縦横ともに大きくワイドなサイズに変更されていることが分かります。

そして、2019年モデルは昨年モデル(発売当時)に比べて1,200円だけですが価格が安くなりました(現在L-03Kは値下げされ、L-01Lと同額に設定されています)。

LG Style2 L-01Lの価格は4万円を切る、38,880円(2019年6月28日時点、税込。税別だと3.6万円)です。この価格は他社の最新ハイエンドモデルの半額以下となっており、2019年6月から始まったドコモの新料金プランで割引が無くなった今、新料金プランでお手軽に(あるいは旧プランを維持したままでも)機種変更出来るスマホの一つになりました。

しかしながら、”ただ安いだけのスマホ”ならばLG Style2 L-01Lよりも安いスマホはたくさんあります。L-01Lより全体的なパフォーマンスが優れたスマホもあります。

その中であえて LGの最新スマホを選ぶメリットがあるとすれば、管理人が実際にLG Styleの初代・第二世代の両方を触ってみて感じた特徴は「L-01LはYoutube・動画サイト視聴に適した機能がたくさんある」という点です。

L-01L開封の儀

ドコモLG Style 2 L-01Lの同梱品などを解説します。

 

と言っても、L-01Lの製品については価格優先で作られているためか、それほど面白いものはありません。箱はスマホ1台が収まるサイズのごくごく普通の紙製の箱です。

L-03Kと同じく黒のクリーニングクロスが入っています。スマホはビニールのフィルムで保護されています。

付属品としては「テレビアンテナケーブル L01」のほか、試供品としてSIM取り出しツール(ピン)と簡単なスタートガイドが入っているだけでした。

LG Style 2 L-01Lを使うためには充電用のアダプタとケーブル(USB Type-C対応)が別途必要となります。iPhoneや古いmicro USB対応のケーブルしか持っていない場合は別途「ACアダプタ07(ドコモ純正-急速充電対応)」などをセット購入することをオススメします。

オンラインショップで買った場合、SIMカードは台紙に固定されているか、SIMカードの交換が必要ない場合は同梱されません。付属のSIMスロット取り出しツールを使ってホルダーを取り出し、セットしてから使い始めます。

動画向け機能その1.:最安の6インチフルHD+搭載機

かつて”6インチ以上の大画面スマホ”と言えば極限られた一部の特殊なモデルでしかありえなかったサイズですが、2019年時点では多くのスマホが6インチを超え、6.0インチ程度ならば標準的と言っても良いくらいのサイズとなっています。

片手で持った場合には、やや横に広く感じます。


(6.5インチのXperia1, iPhone XS Max)

2019年モデルで言えば、

・ソニー Xperia 1 6.5インチ
・ファーウェイ P30 Pro 6.5インチ
・サムスン Galaxy S10+ 6.4インチ

・シャープ AQUOS R3 6.2インチ
・サムスン Galaxy S10 6.1インチ

となっており、ハイスペックモデルのすべてが6インチを超えています。

一方、2019年夏モデルの低価格モデルシリーズでは、LG Style2が最も大きなディスプレイパネルとなります。

・LG Style 2 6.0インチ
・Google Pixel 3a 5.6インチ
・富士通 arrows Be3 F-02L 5.6インチ
・Xperia Ace SO-02L 5.0インチ

つまり、ドコモの2019年夏モデルの中で6インチを超えているのはLG Style2のみであり、次に大きなGalaxy S10(SC-03L)と比べると価格も半額以下という、L-01Kは”安くて超大画面”という条件を満たせるユニークな機種であると言えます。

ノッチがなく、画面比率も特殊なものではありませんので、一般的なサイズのYoutube動画を画面いっぱいに表示できます(動画のサイズ/撮影比率によっては余白が表示されることもあります)。

動画向け機能その2.:3900mAhの超大容量電池

LG Style2では旧モデルの電池容量に比べておよそ30%も大きな3900mAhの超大容量バッテリーを採用しました。旧モデルは2890mAhの容量で「大容量の電池」を謳っていたのですが・・・1年の進化は非常に大きなものとなっています。

2019年6月時点ではまだLG Style2の電池の持ちは測定中となっていますが、朝から夜までスマホをよく使うユーザーでもたっぷり1日使い続けられる程度には電池がよく持つはずです。

ディスプレイサイズに続き、この電池容量も2019年夏モデルのドコモ格安スマホシリーズでは最大です。

・LG Style 2  3,900mAh
・Google Pixel 3a  3,000mAh
・富士通 arrows Be3 F-02L 2,780mAh
・Xperia Ace SO-02L  2,700mAh

LG Style2だけ飛び抜けて容量が大きくなっています。

スマホの場合は処理性能が高いCPUを搭載していると、超高速処理をするために電池を消耗してしまうこともあります。その点LG Style 2は正直言ってあまり処理性能は高くない(1年前の旧モデルと同じSDM 450を引き続き搭載)ため、無駄に電池を喰いすぎることも無いでしょう。

(実際の電池の持ち具合についてはL-01L発売後にレポートを追加予定です)

動画向け機能その3.:Quad DACで音質向上

Youtubeや音楽ストリーミングサービスで音楽を楽しみたい場合には、LGのスマホシリーズでは定番となっている「Hi-Fi Quad DAC」(ハイファイ-クアッドダック)機能が役に立ちます。

DAC(デジタル-アナログコンバーター)が4つ並列で音源の変換を行うことで、途中で入り込むノイズを軽減することが出来ます。これはハイレゾ音源だけではなく(L-01Lはハイレゾに対応しています)Youtubeなどの動画サイト・アプリ経由の再生でも効果があるため、デジタル音源の歪みを減らした高音質なミュージックをLGのQuad DAC対応スマホなら楽しむことが出来ます。

動画向け機能その4.:防水&防塵、MIL規格の頑丈さ

Youtubeをいつでも、どこでも楽しみたいユーザーはスマホを常に持ち歩き、屋内・屋外問わず使う頻度が高いと思いますが、そこで心配なのはスマホの頑丈さです。いくら安いスマホでもすぐに壊れてしまっては安物買いの銭失いになりかねません。

L-01Lは水回りでも安心な防水防塵性能(IPX5/8、IP6X)に対応しています。今どきのスマホは防水防塵は当たり前といっても良いくらいの機能ですが、L-01Lもしっかりと対応しています。

また、米国国防総省制定MIL調達規格(MIL-STD-810G)にも13項目で対応しており、高温・低温・多湿などの厳しい環境・落下などに対しても通常のスマホより頑丈に作られています。

L-01Lが対応するMIL規格では

・低圧動作、高温動作、高温保管、低温動作、低温保管、温度衝撃、塩水噴霧、風雨、湿度、粉塵、浸漬、振動、衝撃

といった13のテストに耐えられる頑丈さがチェックされています(それぞれの条件で動作を保証するものではないため、取扱には十分に注意してください)。

LG Style2はそれほど高額なスマホではありませんので、必要以上に大切に扱うというよりは(もちろん大切に扱うほうが良いですけれど)多少の傷や劣化・消耗をあまり気にせず、気兼ねなく使いまくれるモデルだと言えます。

☆「ドコモ公式 LG Style2 L-01Lの価格・スペックをみる」/ 2019年7月12日発売

動画向け機能その5:「エコプレイ」

LG Style2 L-01Lには、Youtubeで音声のみを楽しみたい場合に使える「エコプレイ」という特殊なモード設定が存在します。

エコプレイモードを使うと、通常Youtubeではプレミアム有料会員しか使えないバックグラウンド生成(ディスプレイを消灯した状態での再生継続)のようなことを擬似的に行うことが出来ます。

通常のYoutubeアプリでは、当然ながら動画再生時には画面が付いた状態で見ることになります。

この状態で画面上からスワイプしてクイック設定メニューから「エコプレイ」のアイコンをタッチすると・・・

ディスプレイパネルが最も暗い状態に変化し、動画(コンテンツ)再生中はそのままパネルが点灯している状態と同じ動作を継続します。画面を暗くすることで電力消費を抑え、無料でバックグラウンド再生っぽい効果を得られるのです(ただし広告などを消すことは出来ない・画面をタッチするとパネルは再点灯してしまうため、本当のYoutube Music Premiumメンバーのほうがやはり快適です)。

動画向け機能その6:Youtube Live機能

L-01Lのカメラには「Youtube Live」モードがあり、Youtubeのアカウントを登録していればカメラアプリから直接動画配信(インカメラでの動画配信)が可能となります。

Youtube Live機能を使うには、カメラを起動して画面上の「モード」をタッチ、表示されるモードメニューから「YouTube Live」を選ぶだけです。

LG L-01Lはカメラ機能に特化したモデルではないため、超高画質な写真やムービーが撮影出来るとは言えませんが、簡単な動画配信程度ならば今の時代はスマホのみでも可能となっています。

LG Style2をお得に買えるキャンペーン

ドコモのスマートフォンでは2019年6月以降、機種変更でも新規契約でも、端末価格に対して割引が一切使えない”分離プラン”が始まりました。

従来のスマホ購入時に適用されてきた”月々サポート”や”端末購入サポート”といったスマホの値引きはLG Style2 L-01Lを含むすべてのスマホで使うことが出来なくなっています。

(現在 docomo with割引を適用している回線に限り、旧プランを維持したままであればドコモウィズ値引きを継続出来ます。詳しくは「docomo 新料金プランで安く買う・docomo withのまま買う方法」を参照)

これからドコモのスマホを少しでも安く機種変更するには、ウェブ機種変更手続きを行うことで事務手数料と頭金を無料にする方法が使えます。店頭での機種変更では手数料として2-3千円、頭金として最大1万円程度のコストが機種代金とは別途請求されるため、L-01Lを安く入手したいのなら、dポイントがたくさん貯まる「dカード GOLD」を作った上で(L-01Lにポイント支払いも使えます)公式オンラインサイトでの予約・購入がオススメです。

さらに、LG Style 2 L-01Lの場合には、発売記念キャンペーンとしてメーカー主催のポイントプレゼント特典が用意されました。

2019年7月10日の事前購入手続き~2019年8月31日までの期間にL-01Lを機種変更・新規契約などで購入し、専用ページから応募したすべてのユーザーに3,000円相当のdポイントがプレゼントされます。貰えるポイントはドコモの公式サイトでスマホアクセサリーや本体の購入時に使ったり、dポイントクラブに加盟している多くの街のお店・ネットのお店で使うことが出来ます。

☆「ドコモ公式 LG Style2 L-01Lの価格・キャンペーンをみる

[スポンサード]
ドコモLG Style2実機レビュー L-01LはYoutube視聴に最適 その理由は”電池容量”と”音楽機能”
Pocket
LINEで送る

Tagged on: