Pocket
LINEで送る

もはや感染しないためには「徹底した自己防衛」しか出来ないくらいに感染者が全国各地へ広がりつつある、新型肺炎・コロナウイルスの予防対策として、屋外・人の多い場所へ出かける際にはマスクの着用が必須とも言える状況になりました。

感染予防としてリモートワークを推奨する企業もありますが、どうしても通勤・通学のために人の多い場所へ行かなければならない・買い物に出かけるだけでも、やはり相応にコロナウイルス感染のリスクはあり、何れにせよマスクの着用が望ましい状況でしょう。

マスクを着用することで最も日常的に影響が出るのは「iPhone・スマホの顔認証」かもしれません。

日本で最も人気のあるiPhoneシリーズでは、2017年に登場した「iPhone X」(あいふぉん てん)以降のモデルにおいて、生体認証機能に「Face ID」(ふぇいす あいでぃ)による顔認証を導入した一方で、指紋認証センサーがなくなりました。

「指紋認証センサーが無いなんて不便じゃないかな?」と発売当時は思われましたが、iPhoneの顔認証は非常に精度も高く、素早い認証が出来るため、使い慣れてしまえば「指紋認証と顔認証のどちらが良い/悪い」という感覚も無く、管理人の場合もこの2年でiPhone X→ iPhone 11 Proへ機種変更をして使い続け、すっかりFace IDに慣れました。

一方では、iPhone Xが発売された2017年当時にも話題になりましたが、iPhoneの顔認証はマスクやサングラスを着用するとロック解除にまず間違いなく失敗します。それだけFace IDの精度が高いことの裏返しであるとも言えますが、新型肺炎予防のために外出時にマスクを外せない状況になると、iPhoneを使いたいときに毎回パスコード・パスワードを要求されるのは不便です。

我慢してパスワードを入力しても良いのですが、生体認証に慣れきっていると短いコード入力すら本当に煩わしく感じます。

マスク着用によって顔認証が使えずイライラしているユーザーは、「スマホを使いたいためにマスクを外す/つけない」という選択をするよりは、マスクを付けたままでも使えるスマホへ買い換える・追加購入をすべきでしょう。

他社のスマホでは顔認証+指紋認証の両方が使えるモデルもありますが、iPhoneでは新機種は顔認証のみ、旧機種は指紋認証のみに対応するため、別の生体認証を使いたいのであれば機種変更をするしかありません。

新型肺炎・コロナウイルスの感染拡大はこれからまだまだ国内でも広がり、沈静化するまでかなりの長い期間が必要になる見込みです。

マスクで感染対策をする期間だけでも顔認証だけではなく指紋認証が使えるiPhone・スマホへ機種変更、またはサブスマホを持ちたいというユーザー向けに、ドコモで発売中の全モデルの生体認証の対応種類と機種変更(追加購入価格)の比較リストを作成しましたので、買い替え・追加購入の参考にどうぞ。

*下記は機種の代金のみを表示しています。一緒にスマホプランを変えたい場合・基本料金プランを含んだ維持費などを知りたい場合には、ドコモの公式料金シミュレーターをご利用ください。

iPhoneの生体認証対応・機種変更価格リスト

モデル 機種変更価格* 顔認証 指紋認証
iPhone 11 64GB:84,120円 ×
iPhone 11 Pro 64GB:123,720円 ×
iPhone 11 Pro Max 64GB:135,600円 ×
iPhone XR 64GB:72,240円 ×
iPhone 8 64GB:55,520円 ×
iPhone 7 【2/3値下げ】
32GB:32,560円
×

*ドコモの機種変更向け割引「SPECIAL特典」(1ポイント=1円相当の値引き)「SPECIAL割引」を適用した場合の負担額。各税込み、2020年2月17日時点。新規・乗り換え・FOMAからの契約変更時は別の割引が適用されます。割引の適用条件は各販売ページにてご確認ください。

iPhone 7は2016年に発売されたモデルであり、現行のiPhone 11シリーズから比べるともう3世代も前の機種となりました。しかし、iPhone7は初めて耐水性能・Suica対応をしたモデルでもあり、カメラや画面の大きさこそ最新機種に劣りますが、指紋認証(Touch ID)が使えるiPhoneとしてはiPhone 8よりも2万円も安く追加購入が出来るため、サブ機にはオススメです。

なお、iPhone 7についてはすでに在庫限りの処分価格セールに突入しており、カラーバリエーションに欠品が生じ始めています。公式オンラインでの購入で事務手数料無料・頭金無料でドコモ最安のiPhoneである iPhone 7 32GBモデルを入手したいのであれば、早めの注文をオススメします。

Android機種の生体認証対応リスト

iPhoneではなくAndroidスマートフォンからマスク着用時にも生体認証が使える機種を選ぶ場合、かなり多くの機種が現在でも指紋認証に対応していますが、指紋認証センサーの位置・方式が機種によって異なります。

iPhone 8以前のモデルに搭載された指紋認証センサーはディスプレイのすぐ下、ホームボタンにセンサーが内蔵されていましたが、Android機種の場合はさまざまな種類があります。

指紋認証センサーの位置によって好みが分かれる部分もあると思いますので、ここでは指紋認証センサーの位置も合わせてリスト化しておきます。

機種名 指紋認証センサーの位置 機種変更価格*
AQUOS zero2 SH-01M 画面内部 84,912円
Xperia 5 SO-01M 本体右横 84,912円
Galaxy S10 SC-03L 画面内部 87,288円
AQUOS sense3 SH-02M 前面下 [2/14値下げ]
22,220円
Xperia Ace SO-02L 本体右横 [2/14値下げ]
38,896円
Galaxy Note10+ SC-01M 画面内部 118,176円
P30 Pro HW-02L 画面内部 87,288円
LG Style2 L-01L 本体背面 35,016円
arrows Be3 F-02L 本体背面 31,056円
Pixel 3a 本体背面 43,728円

2020年2月17日時点で指紋認証に対応した最も機種変更が安いスマホは2月14日に値下げされたAQUOS sense3 SH-02Mとなっています。

AQUOS sense3は格安スマホですので、指紋認証センサーの反応速度はiPhoneに比べるとやや遅いという印象がありますが、あえて並べて比較でもしない限り、普通に使えます。

iPhone 7がストレージ容量32GB、電池容量が2000mAh程度(数値非公表)しか無いのに対して、2019年冬最新モデルのAQUOS sense3は64GB/電池容量4000mAhという、電池長持ちな高コスパモデルです。

「メイン機種で使っているのがiPhone」であるユーザーには、使い勝手・サービスの連携の観点からiPhone 7を選ぶことをオススメしますが、機種変更価格ではiPhone 7よりさらに1万円安いAQUOS sense 3は今、最も人気のあるAndroidスマホといっても過言ではありません。

もちろん他社の10万円前後のハイスペックモデルに比べるとゲーム性能・カメラ性能などは劣りますが、新型肺炎が沈静化するまでのサブ機・予備機として指紋認証センサーが使える電話を1台持っておきたいのなら、充電回数も少なくて済むAQUOS sense3が一押しです。

☆「ドコモ公式サイト AQUOS sense3 SH-02Mの割引価格・在庫をみる

[新型肺炎/コロナウイルス対策]マスク着用時にも使える指紋認証付きドコモスマホ・iPhone機種変価格比較
Pocket
LINEで送る