Pocket
LINEで送る

NTTドコモが取り扱う2019年夏モデルで最も小さいスマホ機種となる(*重量はもう少し軽い機種もあり)、Xperia Ace(エクスペリア エース) SO-02Lが2019年6月1日より発売されることが決定しました。

2019年5月16日時点では、このXperia Aceが国内で買えるのはドコモだけとなっています。

Xperia Ace SO-02Lはこれまでのドコモが扱うXperiaスマホのシリーズとはやや異なり、最高峰の高性能モデルではなく、”お手頃価格で買いやすいミドルレンジ”として、機能や性能を少し控えめにした新機種となっています。

ドコモでの販売価格は45,000円(税別)であり、同じく夏モデルとして投入される最高峰モデル Xperia 1(SO-03L)の半額以下で買えるXperiaがどんな仕上がりになっているのかさっそく実機を入手して確認したので、スペックと価格のバランス・質感などを考慮して機種変更の候補になるかどうか検討する参考用にレビューをしていきたいと思います。

Xperia Ace SO-02L以外の全夏モデルの情報を先にチェックしたい方はこちら→ 「NTTドコモ 2019年夏 新商品ラインナップ

Xperia Ace SO-02Lの主な仕様

型番 SO-02L 電池容量 2,700mAh
発売日 2019年6月1日 電池の持ち 約125時間
価格 45,000円(税別) ワイヤレス充電 非対応
ディスプレイ 5.0インチ TFT
フルHD+
通信速度 下り:最大500Mbps
上り:最大75Mbps
サイズ 縦:140mm
横:67mm
厚さ:9.3mm
重さ:154グラム
カメラ メイン:12メガ,
サブ:8メガ
CPU SDM630 ハイレゾ 対応
RAM/ROM 4GB/64GB イヤホン 3.5mm対応
おさいふケータイ 対応 生体認証 指紋認証
(本体横)
防水/防塵 IPX5/8, IP6X テレビ ワンセグ非対応

より詳しいスペックリストは「NTTドコモ製品-Xperia Ace SO-02L」を参照下さい。

Xperia Ace SO-02Lはメーカーのフラッグシップモデルではないため、処理性能的には2~3世代前のハイエンドモデルにもやや劣る仕様になっています。

Xperia Ace SO-02L実機でのAntutuベンチマークスコアは89,324点でした(ver 7.2.2)。

搭載されているSoC Snapdragon 630は、他社のスマホでいうとZenFone4(カスタマイズモデル)、ZenFone 5Q, Android One X2(ワイモバイル)、 AQUOS sense Plus, mogo g6 Plusなどに採用されたものと同じです。

8.9万点というスコアは2019年時点のスマホの中では高い方ではなく、3Dゲームを快適に遊ぶにはやや辛い処理速度です。実際、Antutuベンチマークの3Dアニメーションにも若干のカクつきが見られます(ほとんどのゲームが全く動かないというわけではありません)。

一方で、数年前のXperiaコンパクトモデルではRAMが3GB・ROM 32GBという仕様であったのに対して、Xperia Ace SO-02LはRAM 4GB/ROM 64GBとなっており、ミドルスペックとしては十分な容量が搭載されています。

サウンドはハイレゾに対応し、特殊な変換プラグを必要とせず3.5φの有線イヤホンをそのまま使うことが出来ますので、コンパクトな筐体を活かして音楽プレイヤーとして活用したい方には向いています。

発売日時点でのOSはAndroid 9に対応しています。古いXperiaスマホではAndroid 9へ更新できないモデルもありますので、古いコンパクトXperiaでも特に性能面では問題を感じないが電池的・システム的に古さを感じるようになったユーザーの買い替え対象になるでしょう。

Xperia Aceと旧モデルの比較

以下、歴代に発売されてきたドコモのコンパクトXperiaシリーズの仕様比較リストです。

機種名Xperia AceXperia XZ2CXperia XZ1CXperia XCXperia Z5CXperia A4Xperia Z3CXperia A2Xperia Z1fXperia A
機種名Xperia AceXperia XZ2CXperia XZ1CXperia XCXperia Z5CXperia A4Xperia Z3CXperia A2Xperia Z1fXperia A
ドコモ型番SO-02LSO-05KSO-02KSO-02JSO-02HSO-04GSO-02GSO-04FSO-02FSO-04E
発売日2019.06.012018.062017.11.172016.11.022015.11.132015.06.182014.11.122014.06.192013.12.192013.05.17
画面サイズ5.0インチ5.0インチ4.6インチ4.6インチ4.6インチ4.6インチ4.6インチ4.3インチ4.3インチ4.6インチ
解像度1080×21601080×2160720×1280720×1280720×1280720×1280720×1280720×1280720×1280720×1280
重量154g168g143g135g138g129g129g138g140g141g
縦幅140mm135mm129mm129mm127mm128mm127mm128mm127mm131mm
横幅67mm65mm65mm65mm65mm66mm65mm65mm65mm67mm
厚さ9.3mm12.1mm9.3mm9.5mm8.9mm9.1mm8.6mm9.7mm9.4mm10.5mm
電池容量2700mAh2760mAh2700mAh2700mAh2700mAh2600mAh2600mAh2300mAh2300mAh2300mAh
利用可能時間125時時間120時間140時間95時間85.6時間78時間78.3時間70.3時間83.6時間51.2時間
CPUSDM630SDM845
スナドラ845
MSM8998
スナドラ835
MSM8956
スナドラ650
MSM8994
スナドラ810
MSM8974AC
スナドラ801
MSM8974AC
スナドラ801
MSM8974
スナドラ800
MSM8974
スナドラ800
APQ8064
スナドラS4 Pro
RAM4GB4GB4GB3GB2GB2GB2GB2GB2GB2GB
ROM64GB64GB32GB32GB32GB16GB16GB16GB16GB32GB
メインカメラ1200万画素1920万画素1920万画素2300万画素2300万画素2070万画素2070万画素2070万画素2070万画素1310万画素
サブカメラ800万画素500万画素800万画素500万画素510万画素220万画素220万画素220万画素220万画素31万画素
防水/防塵○/○○/○○/○○/○○/○○/○○/○○/○○/○○/○
指紋認証×××××
LTE速度500Mbps644Mbps644Mbps262.5Mbps262.5Mbps150Mbps150Mbps150Mbps150Mbps100Mbps
[2019.5.16更新] C=Compactの略です。また、各データ値は「およそ」の数値で個体ごとの誤差を含みます。本体の厚さは最も厚い部分の数値のみを記載しました。「LTE速度」は端末が対応する規格上の最大下り速度となり、利用エリア・混雑状況により実際のダウンロード速度とは差が出ます。

Xperia Aceの質感・評価

管理人はこれまでに最近のドコモXperiaシリーズをすべて実際に入手して使っています。過去のハイスペックモデルやコンパクトモデルと比べて、Xperia Aceがどんなポジションにあるモデルなのか、主観的な評価・感想を続いて書いてみたいと思います。

なお、個人的な好みの問題も含んでしまいますので、必ずしも万人が感じる評価と同じにはならないと思いますが、過去の最新Xperiaスマホを使ってきたユーザーがAceを使うとどう感じるか、という視点の参考にはなるかと思います。

まず、Xperia Aceのサイズ感については前項で旧モデルとのスペックリストの比較でも示した通り、2018年モデルのXperia XZ2 CompactよりもXperia Aceのほうが圧倒的に小さく、「Compact」の名を冠してもおかしくないモデルだと感じました。しかし現行のComactは”小型のハイエンドモデル”の系統になっているため、Aceともまたコンセプトが異なるモデルであるのでしょう。

(2019年モデル Xperia Ace SO-02L)

(2018年モデルの5.0インチSO-05K)

歴代のCompactモデルは長く「4.6インチ・HD解像度」の時代が続きましたが、2018年モデルからディスプレイの縦長化デザインが取り入れられ、上下の余白をへらすことで画面の大型化をしつつ、比較的小さな本体サイズを維持しています。Xperia AceはXperia XZ2 CompactよりもXperia XZ1 Compactなどの旧型と似たサイズ感ながら、大画面化・高精細なディスプレイパネルに変更されていると考えればよいでしょう。

音量ボタンのデザインも変わり、丸い小さなメタルボタンになっています。過去のXperiaにあったカメラ起動のショートカット物理ボタンはありません。

ディスプレイサイズとしては2019年ドコモ夏モデルスマホの中で最も小さい5.0インチとなり、縦の長さが他機種より短くなっています。

ディスプレイ部分にはノッチ(凹み)やホールはなく、普通にディスプレイ上にインカメラがありますので最近流行の「ボディ全部がディスプレイ」のようにはなっていないものの、18:9比率にすることで2世代以上前のXperia Compactより大きな画面を搭載することに成功しています。

 

本体のデザインもXperia XZ2 Compactはやや分厚めでラウンド形状を採用しましたが、Xperia Aceの背面パネルはフラットに戻っています(外周部は滑らかにカーブしています)。

なお、片手で十分操作がしやすいサイズながら大画面となったXperia XZ3から対応している「サイドセンス」もSO-02Lでも使えるようになっています。

カラーラインナップにはパープルがありますが、これはXperia 1や過去のXperia Zにあった濃いパープルとは異なり、淡いラベンダーのようなカラーです。淵の部分はメタルカラーになっており、おしゃれなデザインです。

Xperia Aceのカメラ性能

Xperia Ace SO-02Lに搭載されたカメラはシングルレンズであり、正直に言って最新のXperia1や他社のスマホカメラに特化した超ハイエンドモデルには機能面でも品質面でも敵いません。しかし、カメラに特別にこだわりをもつユーザーでなければ、それなりに満足できる程度の仕様に進化しています。

カメラレンズは他社製品のように飛び出しておらず、フラットなデザインです(レンズリングは若干浮き出ている)。

メインカメラは1200万画素センサーとなっており、画素数は少なめですがF値1.8と明るいレンズに変更され、古いXperiaスマホより暗い環境での撮影に強くなっています(Xperia XZ2 Compactは1920万画素 F/2.0でした)。

また、インカメラはXperia XZ1 Compactにも採用されていた約120度の超広角レンズカメラを再採用しており、ワイドな自撮りができるようになっています。インカメラでも美肌モードやボケを表現できるモードがあり、セルフィーを楽しみたいユーザーには良さそうです。

Xperia Aceの価格・維持費

NTTドコモ Xperia Ace SO-02Lは2019年6月1日から開始される新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に加入して新規・MNP契約にて購入することが出来ます。機種変更の場合は旧プランを維持したまま契約することも出来ます。

SO-02L機種変価格 Xperia Ace
SO-02L価格
本体価格 45,000円
24分割:1,875円/月
36分割:1,250円/月
月々サポート 対象外
端末購入サポート 対象外
スマホおかえしプログラム 対象外

新料金プランで契約した場合、以下のような料金負担で利用することが可能です。

条件:定期契約あり+通話オプションなし+ドコモ利用の家族3人以上+ギガライト+ドコモ光スマホセット割+端末代24分割

料金内訳 月額負担(税別)
基本料金 ギガライト
~7GB:5,980円/月
~5GB:4,980円/月
~3GB:3,980円/月
~1GB:2,980円/月
通話オプション 無し
(従量制)
家族割引 みんなドコモ割
▲1,000円引き/月
ネット割引 ドコモ光セット割
~7GB:▲1,000円引き/月
~5GB:▲1,000円引き/月
~3GB:▲500円引き/月
~1GB:割引対象外
ギガホ割 対象外
機種代金負担 Xperia Ace 24分割
1,875円/月×24回
月々の支払い総額
(機種負担込み)
データ量に応じて、2年間
~7GB:5,855円
~5GB:4,855円
~3GB:4,355円
~1GB:3,855円

上記以外の料金シミュレーションは下記公式HPにて家族の人数やネット割引などを変更して計算することが出来ます。

Xperia Ace SO-02Lをお得に買う方法

Xperia Ace SO-02Lでは従来の月々サポートや端末購入サポートがつかない代わりに、定価自体が4.5万円と安めに設定されています。

2019年5月31日で終了してしまう割引・キャンペーンはXperia Aceの機種変更には使えませんが、ドコモの公式オンライン手続き限定で実施されている機種変更手数料無料化は継続される見込みです。

→2019年6月時点で、やはり頭金と事務手数料完全無料化は継続されました。

Xperia Aceを分割頭金無し・事務手数料無料で機種変更したい場合はウェブ手続きを活用してください。

2019年6月1日発売 4.5万円のドコモスマホXperia Ace SO-02Lスペックや価格・質感レビュー/Compact機種と比較
Pocket
LINEで送る

Tagged on: