NTTドコモでは2019年6月から料金プランの仕組みが大きく変わり、これまでの月額基本料金と機種代金負担のシステムが変更されています。これに伴い、旧プランをそのまま維持したほうがやすいドコモユーザーと,新プランに切り替えたほうが安くなるユーザーに分かれることになりました。

一方で、現在ドコモの古いFOMAガラケー(iモード用)専用の料金プランを使い続けている場合、2019年6月以降に機種変更する場合はスマホに変える場合でも、ガラケータイプ(Xiケータイ)を買う場合にも必ず新料金プランを契約する必要があります。

2019年時点でドコモはFOMA・iモード専用の通常ケータイは生産・開発・販売を終えており、FOMAガラケーをドコモ公式サイトでは購入することが出来ません。そしてFOMAプラン・FOMAサービス自体が遠からず終了する見込みです。

関連記事:ドコモFOMAガラケーの完全終了は2020年代半ばに 3G停波に伴い旧型ガラケー利用不可に

”ドコモガラケーが使えなくなる”という情報を耳にして今使っているガラケーをどうしようか考えているユーザー向けに、FOMAガラケーから2019年ドコモ新料金プランにてガラケーを引き続き使う場合と、スマホデビューする場合の最安機種・最安プランを比較しています。

新料金プランでドコモケータイを使う場合の料金

2019年6月24日時点において、ドコモ公式サイトで販売が継続しているケータイ機種は折りたたみ携帯が3種(1種はらくらくホンタイプ)+カード携帯1種、合計4種類があります。

この4機種は、すべて同じ料金で購入できます。本体代金・料金プランともに完全に同一となりますので、目的と好みに合わせて自由に選んで下さい。

各機種すべて実際に管理人は使用経験がありますので、実際の使い勝手・評価を見たい方は下記ページも合わせて参照下さい。

シャープ製
2019年モデル
SH-02L
実機レビューはこちら

パナソニック製
2016年モデル
P-01J
実機レビューはこちら

京セラ製
2018年モデル
KY-01L
実機レビューはこちら

富士通製
2016年モデル
らくらくホンF-02J
実機レビューはこちら

ドコモの上記4モデル共通の基本料金・機種代金は以下のようになります。

料金内訳 月々の負担(税別)
機種代金 1,200円×24回
(総額28,800円)
基本料金 ケータイプラン
1,200円/月
ネット使用料 0円
(基本料金に含む)
パケット料金 100MB:0円
(基本料金に含む)
合計維持費 2年まで:2,400円/月
3年目以降:1,200円/月

(2019年6月24日時点。2年定期契約時、税・ユニバーサル料金別。機種代金は一括、12分割、36分割も選べます)

上記が最安の基本料金です。ドコモのケータイ向け2019年新料金プランでは、「基本料金月額1200円」のプラン1つしか存在しません。もちろんここからさまざまなオプションをつけることで料金は変動することもありますが、最低限携帯電話が使えるために必要なプランは「ケータイプラン」という基本プランのみでOKです。

ドコモケータイでの通常国内通話料金は20円/30秒(税別、家族間通話は無料)です。5分間のかけ放題をつける場合は+700円、24時間かけ放題をつけるには+1700円を上記のシミュレーションに加算すればOKです。2019年6月時点では機種変更でも新規でも割引に差はありません。機種変更の事務手数料はウェブで申し込みをすれば無料になります。

新料金プランでスマホデビューをする場合

2019年6月時点で販売が継続している、最も安いドコモスマートフォン(iPhoneも含む)は2018年冬モデルとして発売されたシャープの格安スマホ AQUOS sense2 SH-01Lです。

このAQUOS sense2、実はドコモではガラケーと全く同じ機種変更本体価格 28,800円(税別)に設定されています。

古いガラケーからスマホデビューする場合とケータイ機種へ買い換える場合では、選べる料金プラン・割引にもちろん違いがあります。

スマホの場合は「家族と一緒に使う」+「ネット回線をドコモ光にする」の2つの条件を使えるかどうかが安くスマホを持てるか、ガラケープランより高くなってしまうかを分けますので、ここでは割引を最大限に使える場合と、割引を使えない場合(1人だけで利用、ネットセット割引なども一切使わない)の2パターンの料金を紹介します。

割引をたくさん使える場合の条件:FOMAからの機種変更+定期契約あり+通話オプションなし+ドコモ利用の家族3人以上+ギガライト+ドコモ光スマホセット割+端末代24分割

料金内訳 月額負担(税別)
基本料金 ギガライト
~7GB:5,980円/月
~5GB:4,980円/月
~3GB:3,980円/月
~1GB:2,980円/月
通話オプション 無し
(従量制)
家族割引 みんなドコモ割
▲1,000円引き/月
ネット割引 ドコモ光セット割
~7GB:▲1,000円引き/月
~5GB:▲1,000円引き/月
~3GB:▲500円引き/月
~1GB:割引対象外
はじめてスマホ割
FOMAからXiプランへ変更なら
▲1,000円引き/月 ×12回
ギガホ割 対象外
機種代金負担 AQUOS sense2 24分割
1,200円/月×24回
月々の支払い総額
(機種負担込み)
データ量に応じて、1年間
~7GB:4,180円
~5GB:3
,180円
~3GB:2,680円
~1GB:2,180円
(2年目~+1000円)

ドコモの「はじめてスマホ割」を使うと、1年間は最安月額基本料金980円(+SH-01L本体代1200円負担)でスマホを持つことが出来ます。

上記以外の料金シミュレーションは下記公式HPにて家族の人数やネット割引などを変更して計算することが出来ます。

続いて、ドコモのスマホ専用割引をほとんど使えない長期ガラケー利用者がスマホデビューをする場合のスマホ維持費です。

割引をあまり使えない場合の条件:FOMAからの機種変更+定期契約あり+通話オプションなし+ドコモ利用の家族1人のみ+ギガライト+ドコモ光スマホセット割無し+端末代24分割

料金内訳 月額負担(税別)
基本料金 ギガライト
~7GB:5,980円/月
~5GB:4,980円/月
~3GB:3,980円/月
~1GB:2,980円/月
通話オプション 無し
(従量制)
家族割引 みんなドコモ割
対象外
ネット割引 ドコモ光セット割
対象外
はじめてスマホ割
FOMAからXiプランへ変更なら
▲1,000円引き/月 ×12回
ギガホ割 対象外
機種代金負担 AQUOS sense2 24分割
1,200円/月×24回
月々の支払い総額
(機種負担込み)
データ量に応じて、1年間
~7GB:6,180円
~5GB:5
,180円
~3GB:4,180円
~1GB:3,180円
(2年目~+1000円)

ドコモの光回線・家族での利用(複数回線利用)が無いと、上記のように割引を使った場合に比べて月々1,000~2,000円負担が高くなり、ドコモケータイへの買い替えよりも月々780円~3,780円高くなります(2年目からはさらに1000円分の割引がなくなります)。

つまり、ドコモの新料金ケータイプランは1人利用でも大きく負担は増えたり減ったりしないのに対して、スマホデビューをする場合は「家族がドコモを使っているか」・「自宅でドコモ光を使っているかどうか」で、月々の負担が高くなったり安くなったりします。

これまでドコモのFOMAガラケー・iモードガラケーを長く使い続けたユーザーは、これから機種変更をするのであれば「一人で安く使いたいのなら新型ケータイへ新プラン「ケータイプラン」を使って契約する(基本料金月額1200)」、または「家族と一緒にスマホを使う/ネットをドコモ光に変える」というどちらかを選択するのが携帯代金節約の第一歩になります。

ドコモのFOMAサービス終了、3G停波までに切り替えないと回線が停止(強制解約)されてしまいますので、そろそろ新しい携帯に買い換えるか、スマホデビューの手続きを開始・検討しておきましょう。

☆「ドコモ公式サイトで事務手数料無料のケータイ交換手続きを行う

ドコモ新料金プラン 一人利用ではガラケー or スマホデビューのどちらが安い?最安値比較
Pocket
LINEで送る