Pocket
LINEで送る

これはある意味で神アップデート。この機能を使わない人にとってはどうでもいい変更かもしれませんが、普段「ガラケー+ルーター+PC(およびWi-Fi用タブレットなど)」というスタイルで運用しているビジネスマンあたりには受けそうです。

今回アップデートが配信されたドコモ向け AQUOSケータイ SH-01Jは、ソフトバンクでも「AQUOSケータイ2」として、類似の携帯電話が発売されていました(さらにSIMフリーモデルのSH-N01もMVNOから発売中です)。しかしの2機種には使える機能にわずかに差があり、ソフトバンク版では使えるテザリングがドコモ版アクオスケータイでは使えない、という弱点がありました。

[ご注意:2017年3月30日21時時点において、テザリング対応を含むアップデートが正常に出来ない不具合が発生しているそうです。これを受けてアップデート提供が中断されています→4月12日より再開されました。最新情報はドコモの公式サイトを参照下さい:「AQUOS ケータイ SH-01J」機能バージョンアップ一時中断のお知らせ]

スマホがあればそれでいい、ケータイでテザリングを使わないという人には不要な機能かもしれませんが、

・折りたたみ式のテンキー付き
・防水機能あり
・おサイフケータイ機能あり
・テザリング可能
・LTE通信可能
・家族のスマホとデータシェアすればかけ放題付きでも維持費も安め

SH-01Jはこれだけたくさんの特徴を満たす、使い方次第では面白い機種となりました。

先にSH-01Jの公式説明・価格情報を見たい人はこちら→「ドコモ アクオスケータイ SH-01Jをみる

一方ではソフトバンクモデル(およびワイモバイル)ではおサイフケータイが使えません(これは2017年3月時点でも使えません。おそらくコストカット目的で外したのでしょう)。SH-01Jでは初めからおサイフケータイは使えていますので、バージョンアップによりドコモ版のAQUOSケータイ SH-01Jのほうが便利になったと言ってよさそうです。

テザリングに対応するのは「最新ビルド番号:01.01.01」からとなりますので、購入時に旧バージョンのシステムだった場合にはアップデートをしてから利用してください。最新ビルドではテザリングの他にも不具合の修正・改善がされているそうです。

SH-01JをLTE接続モバイルルーター代わりに

SH-01Jは従来のFOMAケータイとは違い、下り最大112.5MbpsのLTE通信(Xi)に対応しています。最新の500MbpsまでのCA(キャリアアグリゲーション)には対応していないものの、一般的なモバイル用途としては十分な速度であるはずです。

SH-01Jでテザリングが出来るようになったということは、「スマホは要らないけどパソコンでネットをしたい」というビジネスユースには一定の需要があると思われます。SH-01Jはユーザーで電池交換が可能ですので、予備バッテリーを持っていれば長時間の外回りでも安心です。ちなみに電池容量は1800mAhとなり、旧世代のコンパクト型のモバイルルーターと同程度といったところです。

管理人もSH-01Jを購入して、実際にテザリングを使ってみました。設定の切り替えはスマートフォン機種に比べると手間があります(スマホなら通知バーやクイックメニューでワンタッチで切り替え出来る機種もある)が、一度設定してしまえば何度も切り替え操作が必要でもないため、十分便利に使えます。

SH-01Jでは殆どネットを使わない人向けの専用プランで低価格維持をすることも可能ですが、スマホ用と同じ大きめのデータプラン・シェアオプションに加入することも可能です。

関連記事:ドコモ新ガラケー AQUOSケータイSH-01J 機種変更時の維持費シミュレーション

家族はスマートフォンを使っている(あるいは別回線でスマホも持っている)のなら、FOMAガラケーからXiケータイに変えることで「ガラケー+モバイルルーター+パソコン」という使い方から、「ガラホ+パソコン」へとスマートな使い方が出来るようになります。シェアオプションに加入すればSH-01Jの維持費は月額2,000円以下での運用も可能です。

*料金変動型の「ケータイパック」でPCテザリングをさせるとあっいう間に上限額(4200円、ずっとドコモ割適用で最大3900円)に達してしまいますので、テザリング機能を使う場合は大容量パック・シェアオプションでの運用を推奨します。

SH-01Jの販売価格

2017年3月30日→2017年9月1日~時点(値下げ情報を追加)の価格は以下の通りです。

内訳 新規/MNP 機種変更
本体定価 33,696円
月々サポート合計 -33,696円 -14,256円→33,696円
実質価格 0円 0円

*一括割り引きを受けるためには「ドコモ 端末購入サポート」の適用条件があります。購入後一定期間内に適用条件外へプラン変更・回線の解約等をすると割引解除料という違約金が発生しますので、よく条件は確認して下さい。

【2017年4月より、SH-01Jは端末購入サポートの対象外となり、月額割り引きの「月々サポート」に戻りました】

ドコモでは旧モデルのガラケー(iモードケータイ)の販売が終了しています。今後もスマホは買いたくないけれどPCやタブレットを外でインターネット接続させたいという場合には、テザリングにも対応した新型ケータイ SH-01Jへの買い替えて「ケータイ+パソコン」スタイルで運用することも検討して見る価値があるでしょう。

☆「数量限定 冊子同梱アクオスケータイ SH-01Jを注文する

ドコモガラホ SH-01J機能アップデート テザリング対応でビジネスマン向きに 新規一括0円~
Pocket
LINEで送る

Tagged on: