Pocket
LINEで送る

2019年春モデル以降のハイエンドモデルスマートフォン・フラッグシップモデルスマホに使われているCPU/SoC Qualcomm(クアルコム)のSnapdragon 855(SDM855)を搭載したスマートフォンを一挙比較・発売情報をまとめていきます。

Snapdragon 855シリーズでは次世代の高速通信規格「5G」に対応、AI性能・ゲーム・カメラなどの各種処理をより高速化した最先端スマホ向けのチップとなっています。

2019年春モデル以降、下記でも紹介する「レノボ Z5 Pro GT」ではSDM855モデルならばAntutuベンチマークテストにおいて36.8万点を叩き出す(参考値)、超高処理性能をもったスマホが多数登場する見込みです(SDM845搭載機は28-30万点程度、SDM835搭載機は20万点強が一般的なスコア)。

2017年のSDM835→2018年のSDM845に続く、超高性能のスマホ性能を体験したい人はSDM855搭載のスマホを手に入れれて、時代の最先端を感じられるはずです。

*以下、随時SDM855搭載モデル・採用モデルが発表されるごとに情報を追加していく予定です(国内夏モデル更新中です。docomo 5/16, au 5/13, SB 5/10~)。国内向けモデルだけでなく海外仕様のバージョンも含みます。販売地域・提供キャリアによって搭載するCPUが異なる可能性もありますので、機種名だけでなくスペックの仕様をよく確認した上で購入検討をしてください。

SONY Xperia 1(エクスペリア ワン)

画面サイズ 6.5インチ
21:9比
サイズ 167 × 72
× 8.2 mm
解像度 4K HDR
1644×3840
本体重量 178g
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 12メガ×3
広角+
標準+
ズームレンズ
RAM 6GB 防水/防塵 IP65/68
ROM 64GB 価格帯 95400円~
電池容量 3,200mAh SIM nano SIM

*データはUS向け。国内モデル発表後、データを更新します(更新済み)。

2019年2月、Xperiaの新シリーズ「Xperia 1(エクスペリアワン)」が発表されました(→2019年4月、日本国内でも正式リリースがされました)。

ディスプレイの比率が特徴的で、21:9という2018年モデルの流行デザインのスマホよりもさらに縦長化がされて、画面サイズはXperiaでも最大級の6.5インチにまで大きくなりました。カラーラインナップにもパープルが復活し、Xperia XZ2/XZ3シリーズから大きく進化した注目のモデルです。パープルはドコモ・au・ソフトバンクの3社とも販売します。

またソニー初のトリプルレンズカメラを採用し、それぞれ広角・標準・ズームに対応しました。4K HDRディスプレイにも対応していることから、ポジション的には従来のXperia XZ Premiumシリーズの後継とも言えそうです。

日本への投入も確定しており、初夏頃(5月~6月)の発売が予想されます。取扱いキャリアはドコモ・auそれぞれからXperia1が発売される可能性が高いでしょう。国内での正式発表時は4月末~5月中旬頃が予想されます。

国内キャリア向けモデルはROMが64GB/ワンセグ・フルセグ対応、おさいふケータイ対応などの機能が追加されています。

2019年5月10日にソフトバンク、5月13日にau、5月16日にドコモから夏モデルとしての投入が発表されました。それぞれ発売日時期は2019年6月中旬頃が予定されており、事前予約キャッシュバックキャンペーンも発表されています。

*国内の発売日はドコモ・au・ソフトバンク2019年6月14日の一斉販売開始で確定しました。

関連記事:2019年夏モデル ドコモXperia 1の取扱は?旧モデルを超越するスペック・価格・発売日情報

SHARP AQUOS R3(実機レビュー)

画面サイズ 6.2インチ
Pro IGZO
サイズ 156 × 74
× 8.9 mm
解像度 Quad HD+
1440×3120
本体重量 185グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 1220万
(静止画用)
+2010万
(動画専用)
RAM 6GB 防水/防塵 対応
ROM 128GB 価格帯 9~10万円
電池容量 3,200mAh SIM Single

*データはシャープ公式サイトより。スペック一覧には防水・防塵に関わる表記が5月8日時点では見当たりません(おそらく対応はしているはずです。AQUOSスマホで非防水の機種はほとんど無いため)→ソフトバンク・auモデルでは防水・防塵対応の記載が確認出来ました。

2019年5月8日、シャープは2019年夏モデルとなるAQUOS R3を発表しました。発売は今夏初旬が予定されています。

ディスプレイは上下に凹みがあるダブルノッチスタイルを採用、新しいPro IGZOディスプレイに変更され、従来機種よりも2倍の明るさ・120Hzの滑らかな表示・冷却効率/省エネも実現しているということです。

旧モデルAQUOS R2に続き、静止画用カメラの他に動画専用のカメラを搭載しており、どちらのレンズも大幅に明るさ・画質が向上したとしています。

静止画用はF1.7の明るいレンズに変更+ピクセルサイズが大きくなり、新画素エンジンPro Pix2による被写体ブレ補正が利用できます。

5月8日時点では取扱いキャリアは発表されていませんが、旧モデルはドコモ・au・ソフトバンク3社から発売されています。

2019年5月13日時点で、ソフトバンク・auがそれぞれ2019年5月下旬頃より発売することを発表しました。

2019年5月16日、ドコモもSH-04Lとして発売を発表、2019年6月1日より販売を開始します。

ドコモモデル SH-04Lの実機レビューはこちら → ☆「AQUOS R3 SH-04L実機レビュー 外でも見やすいプロIGZOと歴代最強スペックスマホ

Galaxy S10

画面サイズ 6.1インチ サイズ 149.9 × 70.4
× 7.8 mm
解像度 Quad HD+
AMOLED
1440×3040
本体重量 158グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 可変絞り対応
広角-ズーム
超広角レンズ
RAM 8GB 防水/防塵 対応
ROM 128GB 価格帯 9-10万円
電池容量 3,300mAh SIM Single

*仕様を日本向け(au SCV41)モデルに修正しました。

GalaxyシリーズにはExynosシリーズ(Galaxy S10では9820)をチップとして採用するエリアがあります。おそらく日本向けにはSDM855になると思われますが、海外モデルを輸入する場合はよく型番を確認してください。

過去のGalaxy Sシリーズから、インカメラをホール型に変更したフルディスプレイデザインを採用したGalaxy S10シリーズもSDM855搭載モデルがあります。

かつて+やNoteモデルだけに対応していたマルチレンズが、S10でもトリプルレンズを採用するなど、ディスプレイ・カメラ・処理性能ともに従来機種を超えるハイエンド仕様になっています。

海外では2019年3月より発売開始となっており、日本でも2019年夏モデル発表直後から発売が始まりそうです。

海外サイトでは早速輸入が出来るようになってきています。

☆「Etoren Galaxy S10シリーズの価格・在庫をみる

auは2019年5月23日より、Galaxy S10 SCV41を発売することを発表しました。国内モデルはSDM855、RAM8GB+ROM 128GBの仕様で確定しました。

ドコモは2019年6月1日より、Galaxy S10 SC-03Lとして発売開始することを発表しました。

Galaxy S10e

画面サイズ 5.8インチ サイズ 142.2 × 69.9
× 7.9 mm
解像度 1080×2280 本体重量 150グラム
CPU Snapdragon 855/
Exynos 9820
メインカメラ 可変絞り対応
デュアルレンズ
12メガ+16メガ
RAM 6/8GB 防水/防塵 対応
ROM 128/512GB 価格帯 9~10万円
電池容量 3,100mAh SIM Single/Dual

Galaxy S10eは、通常のS10や過去のNoteシリーズとは異なり、Edgeディスプレイではないフラットモデルとして登場しました。

Galaxy S10に比べてワンサイズ小さく廉価ではあるものの、ドコモから過去に発売されたGalaxy Feelのような低価格モデルではなく、SDM855を採用したハイエンドな派生モデルです。Etorenでは9万円程度から購入が可能となっています。

2019年5月17日時点では日本のキャリアでの取扱は発表されず、国内投入は無さそうです。

Galaxy S10+

画面サイズ 6.4インチ サイズ 157.6 × 74.1
× 7.8 mm
解像度 Quad HD+
AMOLED
1440×3040
本体重量 175グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 可変絞り対応
広角-ズーム
超広角レンズ
RAM 8GB 防水/防塵 対応
ROM 128GB 価格帯 10-12万円程度
電池容量 4,000mAh SIM Single/Dual

*スペックはauモデル SCV42の情報に更新済み。

Galaxy S10+はGalaxy S10よりさらに一回り大きく、インカメラがデュアルレンズになっています。インカメラは10メガのデュアルピクセルカメラセンサーと、8メガの深度センサー用です。メインカメラはDxOmarkでP20 Pro, Mate20 Proに並ぶ最高評価109点を記録しています(2019年3月時点のNo.1)。

Galaxy S10シリーズ3モデルの大きさはこのような差があります。従来モデル以上にベゼルレス化・画面占有率が高まっているため、6インチ前後というサイズから感じるよりもコンパクトなボディに仕上がっています。

海外モデルでは最大RAM 12GB/ ROM 1TBの超ハイスペック仕様のモデルもあり、価格は1699ドル(約18万円)に到達しています。

過去日本ではGalaxy Sのプラスシリーズはドコモとauからそれぞれ発売されていますが、短期間で販売終了になっているため、S10+の取扱も長くは続かないかもしれません。

auからSCV42としてGalaxy S10+の発売が決定、発売日は2019年5月23日が予定されています。海外ではROM 1TBモデルも存在しますが、au向けは128GBのみの投入が確定しました。

なお、auで発売日前にSCV41/SCV42を予約してから購入するともれなくワイヤレスイヤホン「「Galaxy Buds(SM-R170)」が貰える予約キャンペーンも5月14日から始まります。

NTTドコモでは2019年7月頃、2020年の東京オリンピック仕様の限定モデルを販売します。10,000台限定でウェブ販売されます。

☆「Galaxy S10 Olympic Games Edition SC-05L」/ウェブ限定販売・10,000台

Galaxy S10 5G

画面サイズ 6.7インチ サイズ 162.6 × 77.1
× 7.9 mm
解像度 Quad HD+
AMOLED
1440×3040
本体重量 198グラム
CPU Snapdragon 855/
Exynos 9820
メインカメラ 12+12+16M
+3D深度用
RAM 8GB 防水/防塵 対応
ROM 256/512GB 価格帯 13.4~15万円
電池容量 4,500mAh SIM Single/Dual

*データはUS(ベライゾン)バージョンより。CPUは発売されるエリアによってSDM855ではなくExynosを採用する可能性があります。

Galaxy S10 5Gはその名の通り新しい規格の通信「5G」に対応する最先端モデルとして、2019年春時点では韓国やアメリカでの投入が確定しています。日本では5Gサービスの商業化は2019年時点ではまだ”開始予定”であるため、5G用端末の一般投入がどの時期に始まるのか断定出来ません(夏モデルとして売り出すのか、次の秋冬まで投入見送りになるのか)。

ただ、このGalaxy S10 5Gは単なる”Galaxy S10の5G対応バージョン”ではなく、カメラのハードそのものが通常モデルとは異なります。

2019年5月時点でGalaxy S10 5GはHuawei P30 Proと並び、DxOmarkの最高評価112点を記録し、暫定カメラ性能トップタイに居ます。3D depth用のセンサーが前後にあり、ボケを表現することが可能とされています。

アメリカではVerizonが先行して発売を確定しており、価格は256GBモデルで1299ドル・512GBは1399ドルとされており、通常のGalaxy S10+に比べて300ドル以上高価な設定となります。

2019年夏モデルとしての国内投入は無さそうです(2019/05/16時点で取扱発表無し)。

☆「https://www.samsung.com/us/mobile/galaxy-s10-5g/

ZenFone6 ZS630KL

画面サイズ 6.4インチ サイズ 159.1 × 75.44
× 9.1 mm
解像度 1080×2340 本体重量 190グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ+
13メガ
RAM 6/8GB 防水/防塵
ROM 64/128/256GB 価格帯 未定
電池容量 5000mAh SIM DSDV対応

2019年5月16日、ASUSは2019年モデル ZenFone6 ZS630KLを正式発表しました(上記はUS向け)。

本モデルはフロントディスプレイ側にはカメラを搭載せず、フリップ式で背面レンズを跳ね上げるようにして前面へ移動させるという特殊な機構を採用しています(リアカメラモードとうフロントカメラモードでは利用できる機能が一部異なる)。

カラーバリエーションはミッドナイトブラックとトワイライトシルバーがあります。

カメラにはソニーのIMX586 48メガピクセルのイメージセンサーを用い、1/2.0″インチの大型センサーと0.8μmのピクセルサイズを持っています。セカンドカメラは超広角125度の画角に対応しています。

SIMスロットとSDカードのトレイは独立しており、DSDVとmicro SDカードの利用が同時にできます。

2019年5月17日時点において、アメリカの公式サイト上には防水仕様との記載は見当たりません。国内での発売もまだ未定です。

☆「https://www.asus.com/Phone/ZenFone-6-ZS630KL/Tech-Specs/

Black Shark 2(JPモデル)

画面サイズ 6.39インチ サイズ 163.6 × 77.0
× 9.6 mm
解像度 1080×2340 本体重量 205グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ+
12メガ
RAM 12GB 防水/防塵
ROM 256GB 価格帯 99,800円
電池容量 4000mAh SIM DSDV対応

Xiaomi出資のゲーミングスマホシリーズ Black Sharkの新型モデルが日本でも発表、2019年5月下旬(→発売日はやや遅れて、2019年6月7日決定しました)より発売されれることが確定しました。

価格は税別99,800円とハイエンドスマホの中でも高めの設定となりますが、最高峰のゲーミングスマホとして考えればむしろ割安かもしれません(ASUSのROG PhoneはSDM845, RAM8GB/ROM 512GBで定価12万円でした)。

Black Shark2はRAM 12GB/ROM 256GBという超ハイエンド仕様で、日本向けにカスタマイズされています。ゲームのプレイに最適化されたディスプレイや冷却システムなどはもちろん、日本で利用できるように技適も取得されています。

対応周波数:FDD LTE (B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B19,B20,B28)/TDD LTE (B34,B38,B39,B40,B41)

SIMスロットは2箇所あり、Dual SIM, Dual VoLTE Standbyが出来ます(docomo/Softbank対応)。

指紋認証はディスプレイ内蔵型であり、ゲーミングスマホとしての性能以外に部分も最先端の技術で作られたハイエンドモデルとなっています。

先行予約特典として、先着3000名にコントローラーとボディケース(1.5万円相当)が貰えるプレゼント企画も実施中です。

☆「ビックカメラ Black Shark2 本体icon」/ 2019年6月7日発売

Xiaomi Mi9

画面サイズ 6.39インチ サイズ 157.5 × 74.7
× 7.6 mm
解像度 1080×2340 本体重量 173グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ+
16メガ(広角)+
12メガ(ズーム)
RAM 6/8GB 防水/防塵
ROM 64/128GB 価格帯 6万円~
電池容量 3,300mAh SIM Dual

中国の格安ハイエンドモデルとしてシリーズが続いている Xiaomi Miシリーズ「9」も、SDM855搭載のフラッグシップモデルとなりました。

ディスプレイにはティアドロップ型の控えめなノッチに、ディスプレイ下指紋認証も搭載しています。

そしてメインカメラが48メガピクセルという超高解像度のセンサーを搭載しており、DxOmarkでのスコア107点と高い評価を得ています。

2019年3月6日時点で海外通販では6万円強から輸入が可能となっています。

☆「Sunsky – Xiaomi Mi9」/ 6GB+128GBモデル 62,748円~

なお、Xiaomi 9には廉価モデルの「Mi9 SE」というモデルもあり、そちらはSDM855ではなくSnapdragon 712を採用しています。

Xiaomi/Redmi K20 Pro

画面サイズ 6.39インチ サイズ 156.7 × 74.3
× 8.8 mm
解像度 1080×2340 本体重量 191グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ+
13メガ(広角)+
8メガ(ズーム)
RAM 6/8GB 防水/防塵
ROM 64/128/256GB 価格帯 4万円~
電池容量 4000mAh SIM Dual

Xiaomiの高コスパスマホシリーズの一つ、Redmi(红米) から、Mi9にも引けを取らない高性能・超コスパモデル K20 Proが発表されました。

Mi9と比べるとインカメラを水滴型ノッチからポップアップ式(2000万画素)に変更、バッテリー容量を4000mAhまで増量しています。

指紋認証はディスプレイ内蔵で、第7世代の指紋認証センサーによって旧世代のものより精度・認証速度がアップしているとのこと。

カメラに関しては広角・ズームともに若干画素数が下がっていますが、メインは48メガカメラのままです。これで、最安モデルは2,499元=およそ3.96万円という超破格設定です。

モデル別の価格は

6GB+64GB 2,499元
6GB+128GB 2599元
8GB+128GB 2,799元
8GB+256GB 2,999元

となっています(2019年5月末時点で、1元=15.9円くらい)。中国では2019年6月1-2日頃から発売・出荷されます。

なお、Proが付かない「K20」はSDM730を搭載しています。

☆「Aliexpress Xiaomi Redmi K20 Pro

Xiaomi Mi MiX3 5G

画面サイズ 6.39インチ サイズ 157.9 × 74.7
× 9.4 mm
解像度 1080×2340 本体重量 218g
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 12メガ
+12メガ
標準+ズーム
RAM 6GB 防水/防塵
ROM 64/128GB 価格帯 8万円~
電池容量* 3,800mAh SIM Dual

(参照:https://www.mi.com/global/mix-3-5g/

Mi MIX3の通常モデルはSDM845を搭載して2018年秋モデルとして発表されていますが、5Gに対応した新型モデルはSDM855を採用しています。

スペックはMIX3と同じ点も多いですが、RAMは6GBモデルのみがあるようです。

*バッテリー容量について、公式サイトには「3800mAh」と「3200mAh」の両方の表記があり、どちらが正しいのか不明瞭でした(通常モデルのMIX3は3200mAh)。公式HPのトップイメージ画像には3800mAhとされているため、3800mAhだと思われます。

☆「Sunsky Xiaomi Mi MIX3 5G 6GB+64GB」/ 87,734円(2019年3月6日)

OnePlus 7 Pro

画面サイズ 6.67インチ
19.5:9
サイズ 162.6 × 75.9
× 8.8 mm
解像度 1440×3120 本体重量 206グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ
+8メガ(ズーム)
+16メガ(超広角)
RAM 6/8/12GB 防水/防塵
ROM 128/256GB 価格帯 669ドル~
電池容量 4,000mAh SIM dual SIM

アメリカでは2019年5月17日より発売開始となったOne Plusの最新ハイエンドモデル「7 Pro」は、669ドルから買える大画面モデルになりました。

他のSDM855搭載スマホの中ではやや重量が大きい206グラムとなっていますが、4000mAhの大容量バッテリー&6.67インチというひときわ大きな画面が特徴です。

OnePlus 7 Proはノッチなし・ホール無しのフルスクリーンデザインであり、カメラはポップアップ式が採用されています。

防水性能について公式には記述がありませんが、このポップアップレンズに関しては日常の防塵加工がされています。ポップアップ機構には30万回の耐久性があり、落下を検知すると自動で収納するスマートドロッププロテクション機能もあります。

指紋認証はディスプレイ面下に内蔵、顔認証も対応しています。

ストレージとRAMの組み合わせは

・RAM 6GB/ROM 128GB:669ドル
・RAM 8GB/ROM 256GB:699ドル
・RAM 12GB/ROM 256GB:749ドル

の3種類があります(いずれもアメリカでの販売価格)。

☆「https://www.oneplus.com/7pro#/

LG V50 ThinQ 5G

画面サイズ 6.4インチ サイズ 159.2 × 76.1
× 8.3 mm
解像度 1440×3120 本体重量 183グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 12メガ
+12メガ
+16メガ
RAM 6GB 防水/防塵
ROM 128GB 価格帯
電池容量 4,000mAh SIM Single/Dual

アメリカ向けにV50は5Gに対応するフラッグシップモデルとして発表されました(https://www.lg.com/us/mobile-phones/v50-thinq-5g)。5Gをカバーするかどうかは国・キャリアによるため日本向けとしても5Gに対応するかどうかは不明です。

V50では12メガの望遠レンズ+16メガの超広角+12メガの標準トリプルレンズカメラと、フロントにも5メガワイドレンズ+8メガ標準レンズを搭載した「5カメラスマホ」として「5G」と掛けた仕様になっています。

日本向けにLGのスマートフォンとしてはV30+まではドコモ・auで発売されたものの、V35とV40が提供されなかったため、V50が日本向けに発売されるかどうかは不明です。

LG G8 ThinQ

画面サイズ 6.1インチ サイズ 151.9 × 71.8
× 8.4 mm
解像度 1440×3120 本体重量 167グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 12メガ
+12メガ
+16メガ
(2カメラモデル
もあり)
RAM 6GB 防水/防塵
ROM 64GB 価格帯
電池容量 3,500mAh SIM Single/Dual

LGのスタンダードハイスペックモデルのGシリーズの2019年4月モデルもSDM855を採用します。

V50よりワンサイズ小さいG8のカメラはV50と同じくトリプルレンズのモデルと上記写真のように2カメラモデルが存在し、販売国によって異なるようです。

また、このG8の特長は「タッチレスコマンド」として、フロントカメラにて手の静脈(Hand Vein)を認証・操作に使うことができるそうです。

具体的には通話応答/通話終了、アラームのスヌーズ・ストップ、セルフィーのシャッター・スクリーンキャプチャー、メディア再生コントロールやお気に入りアプリを開いたりすることも、「タッチレス」で実現するということです。

さらにディスプレイの画面自体がスピーカー代わりになる「Crystal Sound OLED Speaker」を採用しています。これはテレビディスプレイにも応用されたことがあるらしい技術であり、V50に比べてG8が単なる廉価モデルというわけではなく、機能面でも面白そうな端末になっています。

☆「https://www.lg.com/us/mobile-phones/g8-thinq

2019年3月時点では日本への投入があるのかどうかは不明です。

Lenovo Z5 Pro GT

画面サイズ 6.39インチ サイズ 155.12 × 73.04
× 9.3 mm
解像度 1080×2340 本体重量 210グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 16+24メガ
RAM 6/8GB 防水/防塵
ROM 128/256GB 価格帯 4.5万円~
電池容量 3,350mAh SIM Dual

*Z5 ProにはSDM710モデルも存在します。

Z5 Pro GTは2018年にもいくつか存在した「スライド式」でインカメラを隠す機構を持ったスマートフォンです。ノッチを無くすことで画面占有率は95.06%という「全画面スマホ」を実現しています。

レノボは日本向けにSIMフリースマートフォンを何台か発売したこともありますが、近年では目立った動きがないため、Z5 Pro投入の可能性は低いかもしれません。

☆「https://activity.lenovo.com.cn/activity/moto/introduce/lenovoz5pro/html/gt/index.html

中国向けの価格は最上位のSDM855 8GB+256GBモデルで3398元=およそ5.7万円ほど、6GB+128GBモデルなら2698元=4.5万円とされているため、かなり安いようです。

Lenovo Z6 Pro

画面サイズ 6.39インチ サイズ 157.5 × 74.6
× 8.7 mm
解像度 1080×2340 本体重量 185グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ
+16メガ
+8メガ
+2メガ(TOF)
RAM 6/8/12GB 防水/防塵
ROM 128/256/512GB 価格帯 4.8万円~
電池容量 4000mAh SIM Dual

2019年4月に発表、中国では4月29日から発売予定のレノボの最新モデルZ6 Proは、HuaweiのP30 Proにも似たワイド+ズーム+TOF用レンズを搭載したクアッドカメラモデルです。価格は2899元からと、P30 Proの半額以下。

指紋認証センサーはディスプレイ面下に内蔵されています。

ギアベストでは早速予約受付が始まっています。

☆「Gearbest Lenovo Z6 Pro 6GB/128GB」459.85ドル(2019年4月24日時点)

OPPO Reno 10x zoom

画面サイズ 6.6インチ サイズ 162.0 × 77.2
× 9.3 mm
解像度 1080×2340 本体重量 215グラム
CPU Snapdragon 855
(SM8150)
メインカメラ 48メガ
+8メガ
+13メガ
RAM 6/8GB 防水/防塵
ROM 128/256GB 価格帯 10万円~
電池容量 4065mAh SIM Dual

*海外向けモデルのデータを参照しています。

最近では日本でもハイエンドモデルを投入しているOPPOの最新ハイエンドモデル OPPO Reno 10x zoomも、SDM855を採用した最高性能モデルとなっています(通常モデルはSDM710搭載)。

広角16mmから160mm相当までの10倍ズームとDual OISにより、高画質で安定したズームカメラ機能が売りとなっています。

1/2.0″の大きなセンサー+f/1.7の明るいレンズと、マルチフレーム+AI機能によるウルトラナイトモード2.0に対応し、ズームだけでなく暗い場所での撮影機能もアップしています。

また、インカメラは過去のFind Xとも異なるコンパクトな昇降機能により、内部に収納されています。

この”ピボット式”の機構によってスムーズかつ最小限に利用が出来るということです。

2019年4月下旬時点ではまだ日本の公式サイトには発売予定は掲載されていないものの、過去の流れから行くと日本でも発売が濃厚です。

Nubia Red Magic 3

画面サイズ 6.65インチ サイズ 171.7 × 78.5
× 9.65 mm
解像度 1080×2340 本体重量 215グラム
CPU Snapdragon 855
(SM8150)
メインカメラ 48メガ
RAM 6/8/12GB 防水/防塵
ROM 64/128/256GB 価格帯 5万円~
電池容量 5000mAh SIM Dual

*「https://www.nubia.com/redmagicthree」より

Nubiaのゲーミングスマホシリーズ「Redmagic(紅魔)」の最新モデルもSDM855搭載の超ハイスペックモデルです。

ゲームを快適にプレイするために冷却機構を備え、多層放熱構造・ファンによる空冷が可能とされています。本体重量はかなり重めの215グラムとなりますが、電池容量も5000mAhm PD充電に対応しています。

カメラのレンズは1つですが、ソニーのIMX586センサーを採用、4800万画素という超高画質な写真も撮影可能です。さらに8Kビデオ撮影まで可能としています。

中国での販売価格は最も安いRAM 6GB/ROM 64GBモデルの場合は2899元=約4.8万円程度からとされており、コスパにも優れたゲーミングモデルとなるようです。

ZTEは日本でもいくつかのスマートフォンを投入していますが、nubiaのスマホは過去に正規販売したことがないため、日本への正規投入の可能性は低いかもしれません。

Meizu 16S (魅族)

画面サイズ 6.2インチ サイズ 151.9 × 73.4
× 7.60 mm
解像度 1080×2232 本体重量 165グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ
+20メガ
RAM 6/8GB 防水/防塵
ROM 128/256GB 価格帯 5.3万円~
電池容量 3600mAh SIM Dual

*「https://www.meizu.com/16s/spec/」より

Meizuから2019年5月5日発売予定のフラッグシップモデル16SにもSDM855が採用されました。

ディスプレイ面内指紋認証を採用しつつ、ノッチ無しの6.2インチサイズのわりには軽量・コンパクトな本体です。驚愕デザインの有機ELパネルによる画面占有率は94.53%とされています。

メインカメラは4800万画素、1.6μmの大きなピクセルサイズのセンサーを搭載・流行jのAIによるシーン判定も対応しています。

現地での価格は3198元~(5.3万円)とXiaomiやLenovoの最上位モデルより若干高いものの、5万円です。8GB+128GBモデルは3498元・8GB+256GBモデルは3998元。

日本ではMeizuシリーズは公式販売されたことがないため、16Sの国内販売の可能性は低そうです。

Vivo IQOO

画面サイズ 6.41インチ サイズ 157.69 × 75.2
× 8.51 mm
解像度 1080×2340 本体重量 196グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 12MP
+12MP
+2MP
RAM 6/8/12GB 防水/防塵
ROM 128/256GB 価格帯 5.8万円~
電池容量 4000mAh SIM Dual

IQOOスーパーパワフル熱冷却システムにより効率的な排熱を実現するゲーミングスマホとしてもアピールしているVivoのハイエンドモデルも5万円台から買える超ハイエンドモデルとなっています。

☆「Banggood vivo iqoo」/2019年5月20日時点 529.99ドル~
追加予定:
Samsung Galaxy Fold:発売延期
ZTE Axon 10 Pro
One Plus 7(Pro)

安くなった型落ちハイエンドモデルもお得

2019年3月時点において、上記の通り続々とSDM855搭載の次世代スマホが登場する中で、旧モデルのSDM845搭載モデル・SDM835搭載モデルのスマートフォンの値下げが進んでいます。

例えばドコモモデルのSDM845搭載コンパクトスマホ Xperia XZ2 Compact SO-05Kなどは、すでに機種変更で一括1万円にまで大幅値下げが実施されました。

関連記事:SDM845搭載 XperiaXZ2 Compact SO-05K値下げ 下取りで機種変更一括0円以下も 3月の端末購入サポートセール

さらに1世代古いSDM835搭載のXperia XZ1 Compact SO-02Kに至ってはたったの648円です。

時代の最先端を体感したのであればSDM855搭載機種の発売を楽しみに待つというのも良いですが、5G対応のスマートフォンは販売価格が非常に効果になるとも言われています。必要以上にパフォーマンスだけが高いスマホよりも、どんなゲームやアプリもさくさく動くと言っても良いレベルに到達していたSDM835.SDM845搭載モデルの値下げされた機種と比較検討してみる価値がありそうです。

*本ページでは日本向けモデル発表以前の情報を含んでいます。情報・データの正確性が低い箇所・実際の発売時までにスペック・数値データが変更される可能性もあるため、各自最新情報は各公式HPにてご確認ください。

2019年春夏~SDM855(Snapdragon855)搭載スマートフォン比較/スペック 最新モデル情報まとめ
Pocket
LINEで送る

Tagged on:                 

2 thoughts on “2019年春夏~SDM855(Snapdragon855)搭載スマートフォン比較/スペック 最新モデル情報まとめ

  • 2019年4月8日 at 11:05 PM
    Permalink

    Xiaomi Mi 9は防水非対応です

    • 2019年4月9日 at 12:29 AM
      Permalink

      ご指摘ありがとうございます!おっしゃるとおりMi9はWater resistの記載はないですね。誤記載しておりました。すぐに修正しておきます。

Comments are closed.