Pocket
LINEで送る

ついにソニーが本気を出してきました。これは売れそうです。

2019年2月、ソニーはバルセロナで開催されているイベント「MWC19 Barcelona」において、次期フラッグシップモデルスマートフォン Xperia 1(エクスペリア ワン)を正式に発表しました。

これまでにXperia シリーズで続いてきた「Z」と「X」が名称につかないことからも判るように、従来のフラッグシップモデルからも大きく進化・変化をしたモデルの投入です。

2019年2月25日時点ではまだ日本のキャリアでの具体的な発表はされていませんが、まず間違いなく国内でも2019年春モデル~夏モデルとして発売されることが予想されるため、新しいソニーのスマホへ買い替え検討していた人は現行モデルのXperia XZシリーズと”1”シリーズの比較・スペックチェックをしましょう。

Xperia 1は「21:9」の新ディスプレイ比率採用

製品画像を見て判るように、2019年モデルのXperia 1は、流行の縦長ディスプレイを採用しています。国内向けXperiaとしては2018年モデルのXperia XZ2シリーズ・Xperia XZ3でも縦長化をしていましたが、Xperiaワンでは新しく「21:9」というアスペクト比率になりました。

(2018年モデル Xperia XZ3 SO-01Lの実機レビューはこちら)

Xperia 1のディスプレイは世界初となる4K有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)を搭載さいており、4Kディスプレイを使ってきたXperiaの最上位シリーズ「Premium」の後継機種とも言える仕様です。

ディスプレイのサイズは約6.5インチとなり、こちらも過去のXperiaスマホでは最大級(Xperia Z Ultraは約6.4インチ)。それでいて横幅は72mmになっているため、持ち易さも確保したということです。

ドルビーアトモスに対応し、ソニーのテレビ・エンターテイメント技術で培われた映像体験をXperia 1でも楽しめるようにしています。

Xperia初 トリプルカメラ採用

Xperia1は背面に縦のトリプルレンズカメラを搭載しました。こちらもXperiaスマホでは初めての仕様です。

カメラレンズはそれぞれ焦点距離26mm(F1.6)/52mm(F2.4)/16mm(F2.4)(35mm換算)となっており、標準・ズーム・広角の役割があります。

2倍の光学ズーム相当・超広角撮影が可能というカメラの特長は他社のスマホであれば同じくトリプルカメラを採用したMate20 Proなどが導入していますが、これまでメインレンズはずっとシングルでやってきたソニースマホとしては大きな変化です。

比較として、2018年夏モデルのXperia XZ2 Premium(SO-04K,SOV38)にもレンズは2つありましたが、1つはモノクロセンサー用でしたので「Xperiaでズーム/広角撮影」というだけでも画期的です。

CPUはスナドラ855

Xperia1に搭載されるチップは最新のQualcomm Snapdragon 855となり、ハイエンドモデル仕様です。

2018年モデルのXperia XZ2およびXZ3はスナドラ845,さらに1世代前のXZ1シリーズはスナドラ835を使っていましたので、Xperia1は処理能力もさらに伸びていそうです。

また、4×4 MIMOに対応し、安定した通信も出来るようになったとしています。

Xperia 1は本体重量も結構軽い

約6.5インチに大画面化したXperia 1は、外観のサイズは旧モデルのXperia XZ2 や XZ2 Premiumに比べて大きくなったように見えますが、本体重量は約180グラム・厚さ8.2mmの薄型軽量デザインを採用しています。フレームの周囲には丸みがあるデザインですが、Xperia XZ2シリーズに代表されるような「ランチパック」などと揶揄される背面がラウンド形状になった2018年モデルとはデザインも変わりました。

背面を丸くすることで持ちやすさを向上させるというメリットはありましたが、過去のフラットなXperiaシリーズのデザインが好みだったというユーザーも多そうですので、これは受けそうです。

Xperia 1にはパープルも復活

Xperia1のカラーラインナップはブラック・ホワイト・グレー・パープルの4色展開となります。日本・各キャリアでのカラー取扱には差が出る可能性がありますが、過去のXperia Zなどに採用されていた鮮やかなパープルが復活です。

Xperia 1のスペック表

 

ディスプレイ 4K 有機EL
21:9比
約6.5インチ
CPU/RAM/ROM Snapdragon 855
RAM 6GB
ROM (不明)
サイズ 縦167mm
横72mm
厚さ8.2mm
バッテリー 3330mAh
生体認証 本体右側面に
指紋認証
防水性能 IP65/68
メインカメラ 12メガ×3眼
f/1.6 26mm標準
f/2.4 16mm 広角
f/2.4 52mm望遠
サブカメラ 8メガピクセル
3D Creator対応
カラー ブラック
ホワイト
パープル
グレー
SIMカード nano SIM

(Single/Dual)

*2019年2月25日時点、グローバル向けのデータを参照しています。国内モデルとは異なる可能性がありますので了承下さい。ROM(ストレージ)は現時点で公式HPに記載がありませんでした。

Xperia 1のドコモ発売日・価格は?

グローバル向けにおいて2019年2月25日に発表されたXperia 1およびミッドレンジモデル Xperia 10(えくすえりあ てん)・Xperia  10 Plus(えくすぺりあてんぷらす)は、一部の国では本日より発売されているモデルもあります。

日本でのXperia 1の取扱は確定しており、2019年初夏以降に導入することがリリースされています。

ソニーのフラッグシップモデルは国内においてドコモ・au・ソフトバンクが3社揃ってずっと取扱をしていますので、ドコモでは間違いなく発売されるはずです。

具体的な発売時期未定ですが、過去の事例からいくとドコモモデル SO-02L(仮型番)の場合は2019年5月24日~5月31日頃が予想されます。

・2018年夏モデル Xperia XZ2 SO-03K は2018年5月31日発売
・2017年夏モデル Xperia XZs SO-03Jは2017年5月26日発売
・2016年夏モデル Xperia X Performance SO-04H は2016年6月24日

2016年モデルは6月下旬でしたが、ここ2年の夏モデルは5月の最終週に発売されています。

ドコモ向けモデルのXperia 1の価格は、割引前価格で10万円~11万円程度が予想されます。これは現行モデルの最上位機種 Xperia XZ3 SO-01LおよびXperia XZ2 Premium SO-04Kと同程度~ハイスペックされたことでさらに多少高くなることも考えられます。その場合は12万円台になっても不思議はありません。

少なくともXperia XZ3 SO-01Lと同程度かそれ以上になることが予想されますので、機種変更負担額としては5万円台~となりそうです。

2019年2月末時点のドコモ向けXperiaシリーズの機種変更価格をXperia 1の販売価格予想/比較用に列挙しておきます。

モデル 定価 機種変更価格*
Xperia 1 (SO-02L?) 10-11万円程度を予想 5~6万円程度を予想
Xperia XZ3 SO-01L 98,496円 実質51,840円
Xperia XZ2 premium SO-04K 112,752円 実質41,472円
Xperia XZ2 SO-03K 94,608円 実質22,032円
Xperia XZ2 Compact SO-05K 79,056円 実質10,368円
Xperia XZ1 SO-01K 86,184円 一括10,368円
Xperia XZ1 Compact SO-02K 77,760円 一括648円

(*2019年2月末時点、各種割引と「ドコモ公式ウェブ機種変更手続き」特典利用時)

より詳しい情報はソニーおよびドコモの正式発表をお待ち下さい。

(参照:sonymobile ニュースリリース)

2019年夏モデル ドコモXperia 1の取扱は?旧モデルを超越するスペック・価格・発売日情報
Pocket
LINEで送る

Tagged on: