Pocket
LINEで送る

これまで長く続いた携帯電話・スマートフォンの販売時における「端末購入をすると料金を安くします」という形態が2019年に終焉を迎える可能性が出てきています。

これは総務省が推し進める「分離プラン」によるもので、端末の購入代金・機種代金の割引と料金プランの値引きが複雑化してしまい、利用者とって分かりづらく、一部では過剰な還元・不公平感が強まっていることを受けて、携帯販売におけるガイドラインに「分離プランの導入義務化」が盛り込まれる方針が進められているためです。

分離プランが進められることでどのような影響が現場の携帯電話販売に出てくるかは未知数なところもありますが、

・最新の高額なスマートフォンが高いまま販売される
・端末値引きが抑止されることで、逆に「機種代金」+「料金プラン」の維持費は高くなる
・買い控えが進み、携帯電話メーカーが伸び悩む
・低価格な海外メーカーの進出が本格化する

などの懸念事項が考えられます。

一方では端末-料金プランの分離が進むことで、携帯各社の基本料金プランの基準額は安くなるというメリットも生じることが予想されます。料金プランが安くなることで「月々の通信費」が下がれば、機種代金のために多少の負担が増えても、スマートフォン・携帯端末を購入することも楽になります。

そして、最近では「2年以上同じスマートフォンを使い続けても良い」・「SIMフリー/SIMロック解除済みのスマホを自分で買う」というユーザーも多く、必ずしも携帯電話番号契約=機種購入のタイミングでは無くなっているケースもあります。

したがって「安くなったプランを契約する手段を知っている」+「安い端末を自分で入手できる/あるいはすでに持っているスマホを使い続ける」のであれば、スマホ料金の節約が捗る時代がやってくる可能性があります。

そしてその一端は、すでにワイモバイルでも現れて来ています。

Yahoo!モバイルってなに?Yahoo!モバイルとは、ソフトバンクおよびワイモバイルの携帯電話・スマートフォンをウェブ上で販売している公式ショップの名前です。Yahoo!モバイルという通信会社・別の回線(ネットワーク網)があるわけではなく、契約自体はソフトバンクと行うことになります。料金プランやサービス内容は完全にソフトバンク/ワイモバイルのものと同じです。しかしながら本家のソフトバンクショップ・ワイモバイルショップとは異なる、Yahoo!モバイル限定のキャンペーン・値引き価格がある(以下で解説するキャンペーンも、Yahoo!モバイル限定の上乗せ特典を含みます)ため、通常ストアより安くワイモバイルのスマホを買いたいのならYahoo!モバイルのストアも要チェックです。→【Yahoo!モバイル公式サイトはこちら

乗り換え限定 SIMのみ契約で「5万円以上」お得

2019年2月、ワイモバイルの公式申込みウェブストア・Yahoo!モバイル(ヤフーモバイル)では、他社から乗り換え(MNP)の契約時、以下の複数の特典をまとめて受け取ることが出来るようになっています。

・SIM単体契約特別割引:端末を買わなくても24ヶ月連続で料金値下げ【最大14,400円トク】
・データ増量無料キャンペーン:データ容量が増えるオプションが25ヶ月分無料【12,500円トク】
・ワンキュッパ割:12ヶ月1,000円値引き【12,000円トク】
[Yahoo!モバイル限定] MNP時、特別割引 最大10,000円(税込み)を利用料金から値引き

以上の4つの特典で、最大5万円以上の節約効果が得られます(8%税込み計算時)。

それではそれぞれのキャンペーンの内容・適用条件や料金プランについて詳しくチェックしていきます。

ワンキュッパ割(最大12ヶ月×1000円引き)の節約効果

まずは通常のワイモバイルショップでも適用できる一般的な割引「ワンキュッパ割」です。ワイモバイルでは最も安いスマートフォン向けの基本プラン「スマホプランS」において、基本料金は通常月額2,980円が設定されています。そこに「ワンキュッパ割」(1,000円引き)を適用することで1(ワン)9(キュッ)8(パ)0という語呂合わせの料金を実現しています。

「ワンキュッパ割引」はご契約翌月より12ヵ月間基本使用料から最大1,080円(税抜1,000円)が割引されます。

ワンキュッパ割はスマホプランS/M/Lのすべてのプランで、一律の値引きシステムです。

スマホプランS 2,980円 → 月額1,980円へ値引き
スマホプランM 3,980円 → 月額2,980円へ値引き
スマホプランL 5,980円 → 月額4,980円へ値引き

ワイモバイルの料金プランは上記の1,980円~4,980円の中に、通話プラン(国内通話かけ放題/1回10分位内)とパケット料金(データ容量)が含まれています。

ワンキュッパ割は新規契約/乗り換え(MNP)契約時に、上記の(スマホプランS/M/L)料金プランのいずれかに加入すると適用されます(一部ワイモバイルの旧プランから契約変更時にも適用されます)。

SIM単体契約特別割で最大600円×2年お得

一般的にスマホ購入時には、購入した機種に応じて「月額割引」として月々の料金から値引きを受ける事ができる特典があります。ソフトバンクでいうところの「月月割」、auなら「毎月割」、ドコモなら「月々サポート」のようなものです。

ワイモバイルでは類似の「月々の料金から24ヶ月の値引き」を、SIMカード単体契約時にも適用することが出来るようになっています。

「SIM単体契約特別割引」は、ご契約翌月から最大24ヵ月間、基本使用料、オプションサービスの月額料や利用料、通話無料サービス対象外部分の通話料、パケット定額サービス対象外部分のパケット通信料、手数料から割引されます

割引額は契約するプランによって変わります。

契約プラン 通常月額料金 SIM単体契約特別割
スマホプランS 2,980円 400円×最大24回
スマホプランM 3,980円 600円×最大24回
スマホプランL 5,980円 600円×最大24回

(税別、新規/のりかえ契約時に適用されます)

通常の料金も割安なワイモバイル料金から、さらにスマホプランSならば最大9,600円、スマホプランM/Lであれば最大14,400円分の節約が可能です。本割引はワンキュッパ割と併用が可能です。

データ増量オプションが2年間無料

ワイモバイルでは2018年9月1日より、従来と同じスマホ料金でたくさんのデータ通信が出来るようにプランが改定されました。

データ容量アップ期間(最大25ヶ月)は、それぞれ3GB、9GB、21GBのデータ通信容量が、ワイモバイルの基本料金には含まれています。この増量オプションは、通常月額500円に提供されています。

Sプランの場合は通常追加 500円で+1GB
Mプランの場合は通常追加500円で+3GB
Lプランの場合は通常追加500円で+7GB

このようなオプション内容が、契約から最大25ヶ月間無料で受けられます。よって25ヶ月分で最大12500円の節約効果があります(申込時にオプション追加申請が必要です。増量オプションを付けなくても値引きにはなりませんので、忘れず付けておきましょう)。

乗り換え限定1万円割引

この割引が、Yahoo!モバイル限定実施の値引きキャンペーンとなります。通常のワイモバイル申し込みサイトでは実施されていない、お得な申込みが可能です。

ご契約の当月以降の請求額から最大10,000円(税込)を割引きます。割引額が割引対象料金を超えた場合、超過分は翌請求月に繰り越します。(割引対象料金は、基本使用料、通話料/通信料、オプションサービスの定額料/月額使用料、手数料。回線契約を解約した場合、利用料金の未払いが確認された場合は割引を終了します。)※「光おトク割」にご加入中の場合、本特典の割引が先に適用となるため、光おトク割の割引額が減る場合があります

他社からの乗り換え(MNP)でSIMカードのみの契約を行った場合に限り、税込み基準で10,000円分の料金が値引きされます(新しく電話番号を取得する純新規契約およびSBからの乗り換えは本特典対象外となります)。1ヶ月の基本料金が1万円未満の場合は、割引分は翌月へ繰越して、無駄なく適用されます。

このMNP限定1万円還元は、スマホプランS/M/Lのいずれのプランでも一律です。

この割引は前項までに登場した「ワンキュッパ割」/「SIM単体契約特別割」だけでなく、家族割・おうち割光セットなどとも併用が可能です。これらをすべて駆使すると、契約から数カ月は0円維持すら可能とします(割引対象外の料金は発生します)。

SIMカードのみ契約の料金イメージ

以上に登場した料金をシミュレーションすると、以下のような超特価回線が出来上がります。

 

最も安いスマホプランSでも、10分間以内のかけ放題・3GBのデータ通信容量を含み、家族割(500円/月額値引き)適用時なら月額1,080円~(8%税込み時1,166円、ワンキュッパ割適用時)のみで、スマホ利用が可能となります。

ここから、さらに乗り換え限定の合計1万円(税込み基準)の割引が適用されますので、多くのユーザーは実際の請求額はしばらく0円になるはずです(上記に含まない通話料金やオプションサービス利用の金額によって、請求は変動します)。

ワンキュッパ割が切れる2年目以降、各種値引きが終わってしまう3年目以降は維持費が上ってしまいますので、その時はさらに「ワイモバイル→ソフトバンクへの番号移行プログラム割引」などの検討もオススメします。

Yahoo!モバイルの特典を受けるには?

Yahoo!モバイル限定で適用される「特別割引 10,000円」の値引きを使いたい人は申し込みサイトに「Yahoo!モバイル」のロゴがある、専用サイト/ページからの申込みを経由する必要があります。

通常のワイモバイルサイト(https://online-store.ymobile.jp)からSIMカードのみの契約を申し込みしても、この限定特典は適用されませんので十分に注意してください。

限定1万円引き適用ページ:「Yahoo!モバイル 音声USIMカード(限定特典の利用申し込みページはこちら)

特典が適用されるページには、以下のような表示も出ます。

「このページからのお申込み限定」、特別割引10,000円、という表記があることを確認してから手続きをしてください。

対象外のページには「適用になるキャンペーン」欄に、特別割引1万円の表記が無いはずです。ここを見逃さないように注意してください。

端末セット販売もYahoo!モバイル特価あり

Yahoo!モバイルではワイモバイル端末販売でも特別価格・キャンペーンを実施しています。音声SIMカードのみの契約時とは適用できるキャンペーンや特典は変わりますが、小型で人気のiPhone SEおよびスタンダードサイズのiPhone 6sが一括500円(税別)~で買えます。

しかも、このセット割引の購入時には、対象機種に限り5の付く日限定 最大15,555Tポイント特典(2019年4月以降はPaypayボーナスに変更予定)もあります。ほしい機種があるのなら、SIMカードのみの契約よりおトクなこともあります。

参考記事:ワイモバイルの契約でTポイントが最大1万5555円分もらえる Yahooモバイルの限定キャンペーン

ワイモバイルで使える端末を持っていない・新しいスマホも欲しいという方はセット販売のセールもチェックしてから、SIMカードのみ契約と端末セットのどちらで申し込むべきか比較検討してみてください。

[スポンサード]

*本ページのキャンペーン・プラン内容は2019年2月24日時点の情報も基づき記載しています。価格・適用条件等は変更されることもありますので、各自最新情報を公式ページで確認してから申し込みを行って下さい。

[特典総額最大5万円超え]Yahoo!モバイルならSIMのみ契約でも月額1080円~+1万円値引きでスマホ代節約
Pocket
LINEで送る