Pocket
LINEで送る

ドコモやソフトバンク、auの大手携帯ショップではもう滅多に在庫を見なくなったものの、2018年12月よりサブブランド ワイモバイルおよびUQ mobileが取扱を始めたApple  iPhone 7が、2019年2月に値下げされて更に安くなっています。

最新モデルのiPhone Xシリーズに比べて小さく、安く、格安プランで使えるiPhone 7が買えるようになるかと期待されていましたが、発売開始時点では定価7.3万円~と微妙な価格設定になっていました。

2018年モデルの最上位機種 iPhone XS Max 512GBモデルが18万円であることを考えるとiPhone 7のほうが買いやすくはありますが、ユーザーの求めていた「安いiPhone」には合っていなかったようで・・・

売れ行きがまずかったのか、ワイモバイルは2019年2月1日より販売価格・割引方式を変更し、iPhone 7を一括2.6万円で買えるように大幅値引きを開始しています。

ワイモバイルiPhone 7の最新価格(2019年2月1日~)

2019年2月1日時点におけるワイモバイル iPhone 7 32GBおよび128GBモデルの販売価格・割引は以下の通りです。

iPhone 7 プラン 本体定価 値引き後価格
32GB S/M/L 73,116円 一括26,784円
128GB S/M/L 86,076円 一括42,984円

機種変更の場合は一括割引は適用出来ません。機種変更向け価格は異なりますので、「ワイモバイル iPhone7価格」を参照下さい。

2019年1月までの販売では最も安いSプラン契約時には割引額が減ってしまうという残念な仕様になっていました。これをワイモバイルは見直し、2019年2月からの一括値引きではSプランでもMプランでも同じ負担額で買えるようになっています。

ワイモバイルのスマホプランは、Sプランでも毎月3GB(データ増量オプション(25ヶ月無料)利用時)・1回10分かけ放題込みで月額1,980円~です(さらに「ソフトバンク光・ソフトバンクエアー」のセット割引で値引きもOK。2019年2月時点で3.5万円現金キャッシュバック案件あります)。どのプランでもiPhone 7の一括値引きを利用できますので、利用用途に合わせて選んでください。

ワイモバイルiPhone 7の利用料金イメージ(最安プラン)

項目 月額負担(税別)
iPhone 7本体代金 32GB:初月のみ24,800円
128GB:初月のみ39,800円
基本料金 【スマホプランS】
2,980円
データプラン 毎月3GB
0円
(基本料金に含む,
データ増量25ヶ月無料)
通話プラン 10分かけ放題
0円
(基本料金に含む)
ワンキュッパ割 ▲1,000円値引き
(最大12ヶ月)
家族割引 ▲500円値引き
月々の支払い総額 1年目:1,480円~
2年目:2,480円~

(新規契約、乗り換え時。2019年2月5日時点)

すでにワイモバイルを使っている家族が居る・家族みんなでワイモバイルへ乗り換えればiPhone 7を購入時負担も3万円程度(本体一括支払い時)、月額400円から激安維持する事が出来ます。

なお、一括値引きを利用して契約したのちに即解約・回線休止・対象外プラン変更などを行うと最大40,000円の低減型解除料が発生しますので、2年間はワイモバイルを使い続けることが前提です。

☆「ワイモバイル iPhone 7 価格・キャンペーン情報をみる

値段重視ならiPhone 6s 一括540円+15,555円分還元

値下げされて買いやすくなったiPhone 7のお値段に納得できるのなら、機種としての性能はiPhone 7のほうがかなり良いのですが、「iPhoneでもやっぱり安いほうがいい」というのなら、今の人気は実質マイナス1.5万円負担で買えるiPhone 6sです。

2019年2月時点で継続実施されているキャンペーンとして、ヤフーIDに紐付けたクーポンを発行してからワイモバイルの対象機種をオンライン購入で買うと、10,000円分のTポイント+5の付く日限定で5,555Tポイントが貰えます。

この15,555円キャンペーンはiPhone 7には使えず、iPhone 6s/iPhone SEには使えるため、一括2.6万円に値下げされたiPhone7に比べてiPhone 6sなら4万円もさらに安くなるのです。

購入モデル 端末価格 限定Tポイント還元
iPhone7 32GB 26,784円 対象外
iPhone 6s 32GB 540円 通常特典 10,000円分
【5の付く日+5555円分】
iPhone SE 32GB 540円 通常特典 10,000円分
【5の付く日+5555円分】

(新規・乗り換え時、税込み. 2019年2月5日時点のセール価格。Sプラン加入時は通常特典は5,000Tポイントとなります)

端末価格だけで2.6万円の差、Tポイント還元キャンペーンでトータル4万円の差を考えると・・・やはり人気はiPhone 6s, iPhone SEを選ぶ方が多いようです。

ワイモバイルなら希少なiPhone SE 128GBの在庫もあります(2019年2月5日時点)ので、安いiPhoneを手に入れたいのならオンライン手続きで早めに注文することをオススメします。

なお、Tポイント15555円分キャンペーンにはエントリーが必要・Yahooモバイル限定のキャンペーンとなり、終了日は未定です。必ず公式サイトで応募してから買わないと損ですので、よく注意事項を読んで格安iPhoneをゲットしてください。

☆「ワイモバイルでTポイントプレゼントキャンペーン詳細・対象機種」/エントリーはここから(終了日未定)

ワイモバイルiPhone7値下げ Sプランでも買いやすい一括2.6万円へ でも人気は一括540円のiPhone SE?
Pocket
LINEで送る

Tagged on: