Pocket
LINEで送る

これまで国内ではドコモが専売していた大画面モデルのXpeiraスマホが、まさかの格安SIMサービスで取り扱われることが発表されました。

Xperia XZ Premium(以降、XZPと略します)を扱うのは、ソニーモバイルコミュニケーションズが運営する「nuroモバイル(ニューロ・モバイル)」です。nuroで扱われるXZPは、仕様上はドコモモデルSO-04Jとほぼ同一ながら、ドコモの白ロム・整備品中古を売るわけではなく、正規の国内SIMフリーモデルとしての取扱となります。台数は13,000台限定・専用オプションを用意した”プレミアム”な販売となります。

さきに公式サイトでみたい方はこちら→「nuro mobile

nuro版Xperia XZ Premiumの特徴と価格


nuroで発売されるXperia XZ Premiumの機能・仕様は、ドコモモデル SO-04Jと全く同一です。おサイフケータイ・テレビ機能(ワンセグ/フルセグ)に対応し、ドコモモデルのSIMロック解除済みの状態相当と考えて良さそうです。

ドコモモデルとの違いは、背面にドコモのロゴが無いこと・ドコモのプリインストールアプリが入っていないこと、そして、nuroモバイルでXperia XZ Premiumを購入すると専用のプラン・キャンペーンが使える点となります。

主なスペックは以下の通りです(SO-04Jの仕様比較表)。

機種名Xperia XZ P
SO-04J
Xperia XZs
SO-03J
Xperia XC
SO-02J
Xperia Z5P
SO-03H
Xperia Z4
SO-04G
発売日2017.06.162017.05.262016.11.022016.11.202015.06.10
画面サイズ5.5インチ5.2インチ4.6インチ5.5インチ5.2インチ
解像度2160×38401080×1920720×12802160×38401080×1920
実利用可能時間105時間95時間95時間77時間67.8時間
重量191g161g135g181g144g
縦幅156mm146mm129mm154mm146mm
横幅77mm72mm65mm76mm72mm
厚さ7.9mm8.1mm
(8.7mm)
9.5mm7.8mm6.9mm
電池容量3230mAh2900mAh2700mAh3430mAh2930mAh
CPUMSM8998
スナドラ835
MSM8996
スナドラ820
MSM8956
スナドラ650
MSM8994
スナドラ810
MSM8994
スナドラ810
RAM4GB4GB3GB3GB3GB
ROM64GB32GB32GB32GB32GB
メインカメラ1920万画素1920万画素2300万画素2300万画素2070万画素
サブカメラ1320万画素1320万画素510万画素510万画素510万画素
防水/防塵○/○○/○○/○○/○○/○
指紋認証×
LTE速度788Mbps500Mbps262.5Mbps262.5Mbps262.5Mbps
[2017.06.12更新] Z5P= Z5 Premium, XZP= XZ Premium, XC=X compactです。

*実利用可能時間はドコモが想定した利用時間です。nuroモバイルもドコモのネットワークを使う・接続仕様であるため、ほぼ同じ電池の持ちとなるはずです(連続待受時間は全く同じデータがソニーのサイトに記載あり)。

nuro mobileでの本体販売価格は一括99,800円(税別)または36回払い(初回 5,819円 / 2回目以降 2,685円)となり、ドコモ版より若干割高になります。

→2018年10月時点で、67,800円にまで値下げされています(下記のXperia XZ Premium専用プランは引き続き提供されています)。

ドコモモデルなら機種変更で実質3.9万円・乗りかえ(MNP)なら1.5万円で買えます。

☆「NTTドコモXperia XZ Premium SO-04Jの価格・スペックをみる」(NTTドコモでの取扱は2018年10月時点で終わっています)

XZP専用プラン

仕様としてはドコモモデルと変わらないので、SO-04Jの白ロムを購入して使っても実用上はほぼ変わりがないながら、nuro mobileで本体購入時に専用オプションとして、「Xperia限定プレミアム帯域オプション」が月額2,000円(税別)で使える点が最も重要です。

nuro mobileの通信品質はドコモ回線を使うため繋がるエリアはドコモ本家回線と同じながら、やはり格安SIMなので通常はお昼・夕方などの混雑時間帯に速度低下が発生します。しかし、XZPの利用者だけが利用できるプレミアム帯域を確保することで、いつでも快適な速度を維持するというオプションになります。

似たようなシステムは格安スマホサービス「mineo」でも月額800円の追加オプションとして用意されていますが、利用者枠が極限られており、現在は追加加入が出来ない状態です(2017年11月末)。

さらに、同オプションではメールやSNSサービスなどへデータをアップロードする際に掛かるデータ通信量はカウントに含まれず、いくらでも転送が可能となります(アップロードには高速通信量を消費しませんが、下り通信量が上限を超えて制限が掛かった状態だと、アップロードにも制限が掛かる)。

XZPでは960fpsのスーパースローモーション撮影など特殊な効果撮影も出来るため、保存した面白いデータをたくさん共有できる非常に珍しいサービスとなりました。

XZ Premiumを実際に使ってスローモーション撮影をしたレビューは以下の記事に掲載しています。

関連記事:2017年XperiaXZ1シリーズ新機能 960fpsスローモーション撮影の難点・惜しいところをレビュー

Xpeira XZ Premiumを購入して音声つきプランに加入すると、1年目は月額1,105円、2~3年目は105円の割引が適用されます。

また、「プレミアム帯域オプション(月額2,000円)」と通話オプションの「nuroモバイルでんわ10分かけ放題(月額800円)」に加入すると、さらに月額値引きがアップします。

リーズナブルプランで機種代込み料金月額2,980円~ベーシックプランで月額3,980円~からXperia XZ Premiumの音声つき回線が利用可能となります。

データ通信のオプションは2GB以降、1GB刻みで10GBまで選べます(2GB 700円以降・+1GBにつき200円ずつ増額)。どのデータ容量を選んでも割引は同額となります。

ベーシックプランで運用した場合、1年、2年、3年時点での利用料金総額は、以下のようになります。

利用期間 支払料金 備考
1年目分 3,980円×12=
総額47,760円
+事務手数料(3000円)
が別途掛かります
2年目分 5,980円×12=
総額71,760円
音声/オプション割引が
1年目より減額
3年目分 6,780円×12=
総額81,360円
本体分割代金完済

以上、3年分の合計費用はおよそ200,880円(税別・ユニバーサル料金別)となりました。Xperia XZ Premiumは最新ハイエンドモデルであるため割引を考慮しても格安とは言い難いですが、10万円相当の本体価格を含み、3年間20万円で使えると考えればそれなりです。

ここで、ドコモで5分間のかけ放題+2GBデータプランに加入してSO-04Jを購入する場合の料金とも比較してみましょう。

価格 機種変更時
SO-04J
本体代金
月サポ適用で
1,647円(×24回)
基本料金 カケホーダイ・ライト
1,700円
ネット料金 spモード:300円
パケット料金 2GB:3,500円
月額合計 7,587円~(税込)

ドコモモデルの場合は他にも様々な割引を併用したり、家族でのデータシェアオプション・家族間無料通話なども使えるため一概にnuro mobileの専用プランの方が安くなるとも言えませんが、1人だけで使う場合は料金を最大半額以下~まで大きく節約できる可能性があるでしょう。

Xperia XZ Premiumのnuroモバイル取扱を記念して、以下の特典が用意されています(2018年3月末まで)。

・新規セット契約時、ソニーストア買い物券1000円分
・Xperia J1 Compactの買取時 ストア買い物券支払い額を3,000円アップ

nuroモバイル版のXperia XZ PremiumにはAPNが設定済みで届けられるため、購入・加入後すぐに使い始めることが出来ます。

nuroモバイルでの取扱カラーは「ディープシーブラック」のみとなります。ドコモではこの他にルミナスクローム・ロッソもあります。

docomoモデル・ロッソ(Rosso)の実機レビューは以下のページで取り扱っていますので、使い勝手としては全く同じため、nuro mobileモデルの購入の参考にもどうぞ。

☆「Xperia XZ Premium SO-04Jは発熱するか 連続操作で表面温度とパフォーマンスの変化を調べてみる

SIMフリー版Xperia XZ Premiumが格安SIMで国内発売 nuroモバイルでいくら安くなるか?
Pocket
LINEで送る

Tagged on: