UQモバイルから発表された2019年夏モデルの超高コスパ・万能系スマホ Galaxy A30がついにリリースされました。

このGalaxy A30は、毎月何台ものスマホを取っ替え引っ替しながら買いまくる管理人からみても今夏モデルの中でトップクラスの”多機能&低価格”を実現した、値段と機能のバランスがダントツな一台になっています。

UQモバイルからGalaxyシリーズを発売するのはA30が初となるため、メーカーがかなり力を入れて開発・価格設定も頑張っています。

これまでのUQモバイル向けスマホの魅力が霞むほどのスペックと機能がありますので、これからUQモバイルで契約するときにスマホ購入を迷ったら、とりあえずGalaxy A30にしておけばOKです。

Galaxy A30は価格が安い

UQモバイルで販売されているGalaxy A30は、ドコモやauで販売されている2019年夏モデル上位機種のGalaxy S10/S10+に比べて半額以下のお値段に設定されています。

もちろんGalaxy A30が上位のS10/S10+と同等の性能を持っている・同じ機能があるというわけでないものの、高いお金を出して最新鋭のスマホを買わなくても、最近の格安スマホの高性能化は急速に進んでいるため、数年前の高性能モデルより今の低価格モデルのほうが優れている・使いやすいことすらあります。

お金に余裕があるのなら5万円~10万円くらいのより高い最新モデルを買って使うのも自由ですが、この増税時代・年金も当てにならないこれからの節約には、スマホ代の負担は大きく影響してきます。

10万円のスマホを買えば、2年間使ったとして月々の負担額はおよそ4000円強になります。しかし、UQモバイルならGalaxy A30は、月々1080円の負担で買えます。

Galaxy A30の本体代金は、わずか29,300円(税別)。24分割にする場合は初回のみ1700円・その後1200円になります。

UQモバイルのSIMプランとセットで契約した場合は月々の割引が200円適用され、月々1000円になるという仕組みです(一括で払っても分割にしても、総額負担は変わりません)。

☆「UQ mobile公式サイト:スマホ料金の仕組みを詳しくみる

Galaxy A30は多機能対応

ただ安いだけなスマホは他のメーカーにもいくらでもあります。Galaxy A30を買うべき理由は、以下の多機能性があるためです。

Galaxy A30は、格安スマホとしては珍しいおサイフケータイ対応です。これまでキャリアのガラケー・スマホでおサイフケータイを日常的に使っていたユーザーも、UQモバイルに乗り換えてもそのまま移行が出来ます。あるいは最近流行りの「キャッシュレス」を最大活用し、お得なショッピングを始めたい人にもGalaxy A30は向いています。

6.4インチの大画面モデルで、写真や動画も大きく綺麗に表示できます。

電池容量も格上モデル Galaxy S10(3300mAh)よりおよそ3割も大きな容量(3900mAh)を搭載していますので、「スマホは電池の持ちが悪い」という心配も少ないです。

Galaxy A30は性能もそこそこ高め

Galaxy A30は3万円前後のスマホにしては性能も高めです。

Galaxy A30のCPUはExynos 7904を搭載しています。このCPUはハイスペックモデル用ではありませんが、Antutuベンチマークテストスコアは10万点前後です。この数値は他社の3-4万円程度のスマホに使われているQualcomm Snapdragon 450(SDM450)より2-3割程度性能が高いと言えます。

他のミッドレンジモデルと比べると、ソニーが今夏発売した 4.5万円の格安モデル Xperia Ace(SO-02L)よりベンチ結果は高いです。一方、ドコモが発売した2018年冬モデル Galaxy Feel2 (SC-02L, Exynos 7885)より若干低い結果です。

メモリーも4GB、ストレージも64GBあります。2-3年前の低価格モデルと言えばRAMは2-3GB、データ容量は16GBや32GBが主流でしたので、Galaxy A30に買い換えれば全体的な動きがよくなるでしょう。

ただし、Galaxy A30の処理能力ではアニメーションを多用するゲーム・超高速処理が求められるゲームの動作はやや動きが鈍くなる可能性があります。

各ゲームがスムーズに動くかどうかはメーカーに問い合わせて確認する必要がありますが、Antutuベンチマークのアニメーションテストは、ハイエンドモデルに比べると明らかなカクつきが見られます。このあたりは3万円の格安モデルであると割り切りが必要です。

Antutuベンチマークテストの結果がゲームの全ての快適性を決めるわけではありませんが、およその目安として15万点以上(ベンチアプリのバージョンがver 7の場合)程度から3Dアニメーションが滑らかになります。ゲームをガンガン遊びたい場合はExynos 7904ではちょっとパワー不足を感じてしまうかもしれませんので、UQモバイルに乗りかえる前にauで上位のGalaxyスマホを買って、SIMカードを差し替えて使うほうが良いでしょう。

auで購入する場合の2019年6月時点のオススメ機種は、6月18日に大幅値下げされたGalaxy Note9です。

関連記事:[8.64万円引き]au 6月18日GalaxyNote9 SCV40値下げ&購入サポートで一括4.3万円

UQモバイルでGalaxy A30を使う方法

UQモバイルの格安プランでGalaxy A30を使いたい場合、SIMカードとセットで買う(新規契約)または機種変更することが出来ます。

UQモバイルのプランとGalaxy A30の本体代金は以下のようになります(おしゃべりプラン/ぴったりプランの新規受付終了済み)。

月々の負担額は、データ通信・通話サービスの基本料金コミで月々1922円から(新規契約の場合)使うことが出来ます。今のスマホ代金と比べて、UQモバイルのほうが安くなる・Galaxy A30を安く使いたい方はUQモバイルのキャンペーンを活用し、スマホ代の節約を極めましょう。

☆「UQ mobile SIMカード契約でキャッシュバックを貰う方法

*UQモバイルの料金プラン情報・キャンペーン情報は記事執筆時点のものです。受付が終了しているプラン・キャンペーンが存在する可能性があるため、公式HPで正しい最新情報をご確認ください。

UQモバイルで3万円 Galaxy A30のAntutuベンチスコアとゲーム性能は?
Pocket
LINEで送る