Pocket
LINEで送る

ドコモでは全国各地のショップでも携帯電話やスマートフォンを購入することもできますが、通信販売全盛期の今、公式のオンラインサイトでも安売り合戦が繰り広げられるようになりました。限定の値引き・セール・キャンペーンも数多く利用できるようになっていますので、これまで店頭でしか契約を考えていなかった人向けに改めてオンライショップを使う利点を店頭の場合と比較して紹介してみましょう。

調べる

一度でもオンラインショップを使ったことのある人なら知っていることばかりだと思いますが、オンラインショップも日々サービスの進化を続けているので、既存ユーザーの方でも意外と知らない事実もあるかもしれません。

オンラインショップで得られるメリットは数多くありますので、「利便性」と「お得さ」の2つの観点からチェックしてみましょう。

docomoマンガ 細かい説明を読む時間がない人にはこちら→ドコモ 公式[マンガ]たった15分でスマホ買えちゃうってホント!?編を読む

-出不精な人には最も大きな利点かもしれません

待つネコ

オンラインショップでは注文・本人確認・商品の受け取り・利用開始まで、すべての手続きをウェブ手続きだけで完結させられ、簡単に携帯契約が可能です。受け取り方法次第では店舗に出向いて購入する手順もありますが(その3で詳しく解説します)、ショップ店員と対面でやりとりする必要性がありません。

すべてが自分のぺースで進められますので気楽に、納得するまでじっくり・ゆっくりと機種の買い替え検討ができるというメリットがあります。

ショップの店頭では店員に話しかけられて興味のない機種まで解説されてしまって時間を無駄にしたり、カウンターで契約内容を確認する場合にもプレッシャーを感じて、焦ってよく確認が出来なかったという経験がある人にはオンライン経由でストレスフリーに契約が可能になります。

-携帯の買い替えだけで休日を1日潰してしまう時代は終わりました

店頭の購入は、当たり前ながら「営業時間中」しか手続きできません。仕事が忙しくてショップに行く時間がなかなか取れない・ショップカウンターで何時間も開通手続きを待つのが億劫という場合にオンラインショップが有利になります。

真夜中でも朝早くでも、いつでも注文を出しておけば手続きは進んでいきますので、ショップに行く時間が無い・時間がもったいないと考える人に大きなポイントになるはずです。

ショップでは混雑時には何時間も待たされることもありグッタリしてしまうことすらあります。オンラインショップでの注文なら、手続きが進む間も好きなことをして日々を過ごせます。機種変更の場合には最短2日で自宅に到着する、時間を有効活用したい人に用意されたサービスです。

*オンラインショップでもメンテナンス時間中(定期メンテ:毎週火曜 午後10時30分から翌午前7時まで、および臨時メンテ)には注文ができません。基本的に夜遅い時間に行われますので、そこだけは避けて注文しましょう。

-宅配便を待つ時間すら惜しい人に

d受け取り

これは他のオンラインショップに比べても、ドコモが最も力を入れている点なのだそうです。

自宅で商品を受け取るのが一番楽ですが、一人暮らし・仕事の時間の都合でなかなか宅配便の荷物を受け取ることができない日が続く場合には、「コンビニ」(機種変更のみ)・「ドコモショップ」・「自宅」から受け取り場所を指定することができます。コンビニで携帯を受け取れるのはドコモだけです(2016年4月時点)。

☆「ドコモ 商品の受け取り方法について

特に「コンビニ受け取り」は全国25,000店もの提携店舗(2015年10月時点、ローソン・ファミリマート・サンクス)で受け取ることができるため、自宅・仕事場、場合によって出張先などで受け取ることすら可能です。コンビニ受け取りについては2016年4月にもサービスが拡張されていますので、詳しくは下記関連記事をご覧ください。

最速で最新機種を手に入れる方法は「公式購入」が一番

iPhoneに限りませんが、ドコモオンラインショップでは新商品を「発売日に配送」することが可能になっています。「発売日に発送」ではなく、発売日に入手が出来るのです。これは昔はドコモのウェブショップでは出来なかったことなのですが、2014年頃からサービスが強化されています。

例年新型のiPhoneは木曜・金曜といった平日に発売されることが多く、なかなか発売初日にiPhoneを契約・受け取りに行くことができない人も多いはず。それこそ「便利な点その3」で紹介したように、iPhoneの発売日にはバカみたいに混雑するショップもあります。人気機種でも事前予約をして一足先に購入手続きを完了させることができる(通常発売日の2日前から始まります)のはオンラインショップだけです。

2016年3月31日発売のiPhone SEは3月29日午前10時から購入手続きが始まっています。

最先端の機能を搭載したiPhone, Galaxy , Xperiaなどの人気機種は品薄にもなりやすいので、誰よりも早く機能を試したい人もオンラインで予約するメリットがあります。

在庫切れで無駄足を踏む時間を省けます

ウェブショップでは基本的にドコモで取り扱われているすべての機種が購入可能です。そして、そのすべての機種の在庫状況がウェブから確認できます。

sc-05g-1在庫の表示は「在庫なし」「在庫わずか」「在庫少」「在庫あり」の4種類で表示されます。「在庫なし」の場合は入荷予定がある場合のみ予約することが可能となります。人気機種は売り切れ・入荷・売り切れを繰り返すこともありますが、オンラインなら「店頭に行ってみたら在庫が無かった」・「店舗に在庫確認のために何件も電話しなければならなかった」という無駄を排除できます。

続いて、料金・金銭面で直接的にメリットがあるポイントを紹介します。

d事務手数料

携帯購入に伴う事務手数料は、店頭では人件費が掛かるため通常は必ず設定されています。

契約種別 通常価格 オンラインショップ
新規・MNP 3000円 3000円
機種変更 Xi→Xi 2000円 無料
FOMA→FOMA 2000円 無料
FOMA→Xi
Xi→FOMA
3000円 2000円

事務手数料は一般ショップでは自由に変更することが出来ないものですが、ドコモ直営のオンラインショップだけの特別価格で機種変更が出来るようになっています。

-店頭より5000円~10000円くらい安く買えることもあります

ドコモの店頭(ドコモショップ・ドコモ取扱店)では、契約時に「頭金」と呼ばれる事務手数料とも、本体価格とも、通信料金とも違う謎の代金が発生します(実際には謎でもなんでもなく、「代理店の仲介手数料」のようなものですけれど)。

頭金は各店舗が自由に決めることが出来るため、多くのショップでは5000円程度の費用が掛かります。まれに「頭金無料」としているショップでも、無料にする条件として高い料金プラン・有料コンテンツへの強制加入、オプション品の抱き合わせ販売などでいろいろと問題になることすらあります。

ドコモのオンラインショップはドコモ直営のため、この「頭金」はありません。本体代金が同じなら、お得な点その1の「送料無料」と合わせて、ウェブ経由でドコモから直接購入できる安心感と割安感のメリットは大きなものです。

d送料ドコモのウェブショップでは、2500円以上の商品はすべて送料無料です。キャンペーン時には、金額にかかわらず無料なことすらあります。以前は「5400円以上で無料」とハードルが高かったのですが、全国のお客さんにより一層便利に・安く買えるようにサービスを改善したとのことです。

多くの携帯・スマホは高価な商品なので、ほとんどの商品は送料無料だと思ってよいでしょう。実質価格が0円でも、本体価格が2500円以上なら無料になります。分割支払いでも、もちろん無料

やすい

街中の安売り店ではポップを出して「携帯安売り」をやっているところもありますが、実はドコモの公式ショップでも実質0円・一括0円の機種が数多く用意されています。

発売されて数か月程度の新しい機種でも0円クラスで買えるスマートフォンも豊富にありますので、負担をほとんど増やさず機種を取り換えたい人は以下の記事などを参考に安くなったお買い得機種を狙いましょう。

関連記事:ドコモの長期ユーザー 月サポが終わったら機種変すべき「実質0円以下」のスマホ

キャンペーンはその時期によって入れ替わりますが、ドコモのオンラインショップ限定で実施されるキャンペーンがあります。

mechatoku2

2016年4月11日~2016年5月8日には「ドコモ 春のめちゃトク祭り」、7月31日までは「5万ポイントが当たるキャンペーン」などが開催されており、巨額のdポイントキャッシュバックがあります。このキャンペーンはドコモの公式割引と一緒に使えます。

2017年6月より、ドコモの公式ウェブサイト経由でiPhoneやスマートフォン、タブレット、関連アクセサリーなどを購入する際に「dカード」または「dカードGOLD」を利用して決済すると、通常100円につき1dポイント(1円相当)が貰えるところ、2倍の100円に付き2ポイントに増額されました(ポイント還元率はキャンペーン等で変動することもあります)。

dカードの特約店になっているのはウェブショップのみであり、一般のドコモショップ店頭ではdカードを使っても特別な割引・還元はありません。高価なスマートフォンを一括購入する場合は店頭で買うより500円~1000円分くらいポイントをたくさん貰える事になりますので、dカードを持っていないのなら加入特典も多数ありますのでスマホ購入前に作っておきましょう。

☆「dカード GOLD

ここからは、店舗購入よりも便利かつ・お得に使えるポイントを紹介します。

先述の「頭金」のところでも触れましたが、店頭での販売では「データパック15GBプラン限定(月額12500円)での契約販売」や、さまざまな月額有料コンテンツへの加入が強制されることがあります。店頭では売り上げを確保するためにあの手この手で高い料金プランの契約を迫ってくるショップもあるでしょう。

しかし、ドコモの公式サイトではそのような押し売りはありません。

自分にあった料金プランを選び、節約につなげることが可能です。料金プランのことが全く解らないという人でも、機種変更を機会に料金を見直すことで今までムダに高い料金を支払っていなかったか、チェックしてみるのも良いですね。

上記の料金プランの選択の続きですが、ドコモのオンラインサイトではすべての機種の代金が明確に記載されています。

性能の高い機種を選べば幾ら、少し古いモデルを選べばいくら安くなる、というのが一目瞭然で比較出来るため、予算に合わせた機種選びが可能になります。

以下の価格一覧表ページはすべての機種の代金を並べ替えで比較できるので、とても便利です。

購入後の不安も、丁寧な解説で簡単に機種変更

ここまで色々とメリットを挙げてきましたが、オンラインの場合は店頭購入とは異なり、初期設定は自分自身で行う必要があります(どうしても自分で出来るか不安で自信がない場合、店頭に出かける手間は増えますが「オンライン契約→ショップ店頭受け取り」を指定することで、店頭でサポートを受けられます(受け取り時は事前来店予約を推奨)→ドコモショップでの契約時間を最短にする方法 初期設定サポートも受けられるオンラインショップ注文。)。

設定の仕方がわからないから店舗の方が高くても安心・・・というのなら店舗で機種変更をしてもよいのですが、実際の設定方法はそれほど難しいものではありません。

オンライン注文をすると、詳しい設定ガイドも付いてきます。わからないところはこの「まるわかりBOOK」を参考にしましょう。

電話番号を入れ替える方法(SIMカードの差し替え)、利用開始手続き、アクティベーション方法(Apple製品のみ)、電話帳・アドレス帳の移行方法なども解説されています。

以下のページに契約種別・機種ごとの利用方法が記載されていますので、購入前にどんなふうに使い始めれば良いのか不安な方は、先にチェックしておきましょう。

☆「ドコモ 購入後の利用方法・設定方法の流れ

iPhone, iPad, タブレットやスマートフォン、ガラケーの使い方まで、すべてが解説されています。

以上、まだまだ細かいメリット・魅力を挙げていくことも出来ますが、私の解説はここまでにしておきます。私の説明ではわからなかった点も公式サイトの説明を読めば誰でも簡単に買えるように丁寧に解説がありますので、あとは下記公式サイトを参考にオンラインショップを有効活用してみて下さい。

[初心者向け]ドコモオンラインショップで機種変更をするメリットとお得度・便利度を比較
Pocket
LINEで送る

Tagged on: