Googleは2019年5月8日、新しいスマートフォン端末「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」を発表・販売受付を開始しました。

日本では2018年冬モデルとしてPixel 3をドコモ・ソフトバンク・SIMフリーモデルとして発売しており、Pixel 3aシリーズはその廉価版という位置づけです(2019年5月9日、ソフトバンクからも発売されることが発表されました、NTTドコモからは6月7日に発売となります)。

(左からPixel 2XL, 3a, 3)

歴代のPixelはそれぞれ最先端のCPUを搭載したハイエンドモデルであったのに対して、Pixel 3a/3a XLはSnapdragon 670を搭載したミドルスペックに抑えることで、販売価格はPixel3/XLの半額に近い 48,600円~(日本価格)にまで下げられています。

一方、発売当初はPixel 3は95,000円~と高価ではあったのですが、2019年5月時点では在庫処分価格により投げ売りが進み、Pixel 3も格安スマホ並にまで値下げされていますので(特にソフトバンクの値下げっぷりはヤバイです)、それぞれの機能・スペックを比較して通常モデルのPixel 3を買うか廉価仕様のPixel 3aシリーズを買うか検討してみることをおすすめします。

Pixel 3a/3a XLの主なスペック・仕様

項目 Pixel 3aスペック
(G020D)
Pixel 3a XLスペック
(G020H)
ディスプレイ 5.6インチ
フルHD+ OLED
(18.5:9)
6.0インチ
フルHD+ OLED
(18:9)
CPU SDM670 SDM670
RAM/ROM 4GB/64GB 4GB/64GB
価格
48,600円 60,000円
本体サイズ 151.3×70.1
×8.2 mm
147グラム
ポリカーボネート製
ユニボディ
160.1×76.1
×8.2 mm
167グラム
ポリカーボネート製
ユニボディ
電池 3000 mAh 3700 mAh
カメラ/サブカメラ 【アウトカメラ】
12.2メガピクセル
1.4μm, f/1.8【インカメラ】
8メガピクセル
1.12μm, f/2.0
【アウトカメラ】
12.2メガピクセル
1.4μm, f/1.8【インカメラ】
8メガピクセル
1.12μm, f/2.0
NFC Felica Felica
SIM シングルnano SIM シングルnano SIM

それぞれ2019年5月8日時点、日本向け公式サイトの情報を参照しています。Pixel 3/3 XLにはROM(ストレージ)128GBモデルもありましたが, Pixel3a/3a XLには64GBモデルしかないようです。

Pixel 3aシリーズは3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

Pixel 3a/3a XLはFelica対応

Pixel 3aおよびPixel 3a XLはFelica、いわゆるおさいふケータイ機能に対応します(Google Pay等に対応。利用可能なサービスは現時点では具体的な表記は無いようです)。

国内向けスマホとしておさいふケータイに対応したSIMフリースマートフォンは他社でもいくつか例があります(シャープのAQUOSシリーズ、OPPO R15 Pro, HTC U12+, Xperia XZ Premiumなど)が、日本でも格安スマホメーカーとしてシェアを獲得しているHuawei, ASUSなどのSIMフリースマートフォンではFelica非対応のモデルがほとんどです。

またオリジナルの海外版Pixel 3ではFelicaのおさいふケータイ機能(日本向けモデル・ドコモモデルではFelicaに対応/ NFC(FeliCa搭載)に非対応。NFC機能自体はありますので、使えるキャッシュレスサービス(モバイルSuicaも可)もあります)が無いことに不満を持っていたユーザーも少なからずいたはずなので、廉価モデルでもFelicaが使えることは嬉しい機能となりそうです。

Pixel 3aのメインカメラはPixel 3と同等

Pixel 3aシリーズには上位のPixel 3と同じ仕様のメインカメラが搭載され、暗い場所でもくっきりと明るい写真が撮れる魔法のような「夜景モード」が使えます。

Pixel 3の写真作例はこちら

Pixel 3シリーズはシングルレンズであり、他社のダブル・トリプル・クアッドレンズ搭載機種に比べて多機能とは言えないものの、Googleならではの画像処理技術で補正・加工されるため、夜景や超解像ズームなど、実用に十分な性能を持っています。

Pixel 3aが安い理由

オリジナルのPixel 3は95,000円~、Pixel 3 XLに至っては119,000円もする超高額スマートフォンであるのに対して、Pixel 3aシリーズはほぼ半額というお手軽な価格に設定されました。

Pixel 3aシリーズもカメラ機能やバッテリー性能、ディスプレイ仕様など、部分的にはPixel3シリーズを引き継ぐような高性能さを誇っているものの、やはりいくつかの点で”安いっぽい””妥協されている”仕様や機能があります。

Pixel 3aはスピーカーが下に移動している

Pixel 3シリーズでは「デュアル前方放射型ステレオスピーカー」とされるように、ディスプレイ面の上下にスピーカーが付いていましたが、Pixel 3aでは下のスピーカーがボディ下に移動しています。

 

スマホ本体のスピーカーで音楽やムービーを楽しむ場合には、フロント面にスピーカーがあるほうが自然に音が聞こえます。

インカメラがシングルに

Pixel 3シリーズではワイドなセルフィー(グループ自撮りモード)が出来るように8メガピクセルの広角/標準レンズのダブルカメラ仕様でしたが、Pixel 3aシリーズは通常の8メガカメラのみに変更されています。

セルフィをよく利用するユーザーはPixel 3のほうが便利かもしれません。

Pixel 3aは防水性無し(防滴のみ)

Pixel 3aおよびPixel 3a XLでは、Pixel 3シリーズで対応していた耐水性能「IPX8」( IEC 規格 60529 )から「IP52」へ下がり、防水防塵にか関わる性能が弱くなっています。

IP○2の水に対するテストは、「少雨に耐えられる」程度の耐水滴性能であるため、Pixel 3aシリーズは水没させると故障する恐れがあります。防水が必要な場合はPixel 3シリーズを選んだほうが良いでしょう。

Pixel 3aはSDM670のミドルハイスペック仕様

Pixel 3aシリーズのSoCはQualcomm Snapdragon 670となり、最新のハイエンドスペック向け SDM855ではありません。

Snapdragon 670搭載スマートフォンのAntutuベンチマークテストではおよそ16万点前後になり、Pixel 3シリーズ(SDM845)から比べても半分程度の処理速度となるでしょう。

Snapdragon 670の旧モデルにあたるSnapdragon 660は、例えばZenFone 4, AQUOS R Compact, arrows NX(F-01K)などに採用されており、ハイエンドでは無いながらコスパに優れた機種・価格と性能のバランスのよい機種が多く、処理性能を抑えたぶんだけ電池の持ちが良かったりするメリットもあります。

Antutuベンチマークで16万点程度というと3年前のハイスペック機種 Snapdragon 820クラスであるため、一般的なアプリ・ゲームは十分に楽しめるはずです。

より詳しくQualcomm Snapdragon 670チップ・Pixel 3a/Pixel 3a XLの処理性能・ゲーム性能について知りたい場合は下記ページも参照ください。

関連記事:4万円台になったPixel 3a搭載のSnapdragon670(SDM670)の実力は?Antutuベンチスコアやゲームの快適性

Pixel 3aはワイヤレス充電非対応

最近の多くのスマートフォンが対応しているワイヤレス充電(Qi充電、おくだけ充電)にはPixel 3aシリーズは非対応となります。

電池容量自体はPixel3より少し大きく、最大で30時間程度の利用が可能とされています。駆動時間はPixel3シリーズとほぼ同等のものが期待できそうです。

Pixel 3aはポリカーボネートのボディに

Pixel 3aシリーズの外観は旧モデルにそっくりのデザインとなっていますが、Pixel 3は背面もソフトタッチガラスであったのに対して、ポリカーボネート製ユニボディに変更されています。

傷つきにくい加工はされているそうですが、ガラス素材に比べて若干安っぽく感じられるかもしれません(ガラスの場合は割れやすい・重くなるというデメリットもあるため、ポリカーボネートのほうが便利だと感じる人もいるでしょう)。ただし、実際にPixel 3と見比べても大きく質感が変わるほどではなく、強いこだわりのある人以外は特に問題はないと思われます。

Pixel 3a/3a XLを買うメリットは?

以上のように、Pixel 3a/3a XLでは上位モデルのPixel3/3XLに比べていくつかの点で廉価仕様に変更されているものの、半額程度から買えるお手軽なモデルとして魅力的です。

・5.6インチ/6.0インチモデルとしては比較的コンパクトで軽量
・SIMフリーモデルとしておさいふケータイ(Felica)に対応している
・削除不能なプリインストールアプリが少ない
・Pixel 3と同等のメインカメラを搭載している
・有線のイヤホンが使える(3.5mmイヤホンジャック)
・実用には十分なSDM670/RAM 4GB・ROM64GBモデル
・3年間のシステムアップデート保証

また、発売記念として5月17日までにGoogle Storeから予約購入を行った場合にはGoogleストアで使える5000円分のプロモーションコードも貰えるため、コスパはさらに高い状態になります。

Pixel 3aの4.86万円という価格より安いスマホは日本国内にもいっぱいありますが、上記のようなGoogleスマホならではのメリットを重視するユーザーにはお買い得と言えるでしょう。

Pixel 3a/3a XLの高額キャッシュバック購入方法

2019年5月10日からソフトバンクの取扱店では早くもPixel3a, Pixel 3a XLの販売に対して高額キャッシュバックキャンペーンを展開しています。

還元を受けるためにはいくつかの条件がありますが、公式の値引き・キャンペーン割引とは別途最大で46,000円/台の現金が貰えます(2019年5月10日時点の施策→2019年6月時点では一括0円にキャッシュバックありにまで値下げ中)。

Pixel 3a/3a XLのMNPキャッシュバックについては下記の問い合わせ手順を利用する必要があります。

・ドコモやauからの乗り換え契約(MNP)であること、格安SIMもOK
(ワイモバイル、ソフトバンク系MVNOからの転入は対象外)

・契約時に「データ定額ウルトラギガモンスター+」へ加入すること(翌々月10日以降変更OK)

・回線契約を1年以上維持すること(2年定期契約)

・基本パック(初月無料/通常月額540円)とあんしん保証パックプラスへ加入(初月日割り/通常月額702円 )すること(それぞれ翌日以降解約OK)

・以下の問い合わせフォームから割引キャンペーンの問い合わせを行うこと

以下の一文をコピペしてご利用ください。

Google Pixel 3a/3a XL の乗り換え一括0円・キャッシュバックキャンペーン(キャンペーンコード:9507)を見ました。在庫状況と契約条件を案内してください。

(キャンペーンコード有効期限:2019/06/17まで予定)

Pixel 3は在庫処分状態に

発売直後は非常に高価に感じられたPixel 3も、今回のPixel 3a/3a XLの発売にあわせて、ソフトバンクでは大幅な公式価格値下げが実施されました。

機種変更価格 Pixel 3
(64GB)
Pixel 3 XL
(64GB)
発売当時の本体定価 98,400円 119,520円
値引き ▲41280円値引き ▲51840円値引き
2019年6月の
実質負担額
一括57,120円
半額サポート利用で
28,560円負担
一括67,680円
半額サポート利用で
33,840円負担

(2019年6月15日時点、各税込)

2019年6月時点において、なんとソフトバンクではPixel 3とPixel 3aを全く同じ機種変更価格まで値下げしてしまいました。128GB、大画面のXLもこの価格ならかなりお買い得です。

☆「ソフトバンク Google Pixelの値下げ情報をみる」(Pixel 3/3XL再入荷中)

Pixel 3の発売当時の機種変更負担額は半額サポートを使っても5万円前後となり、今回のPixel 3aの価格と比べると確かに買いづらい価格でしたが、割引増強されたPixel 3と廉価仕様となったPixel 3aのどちらが「買い」であると言えるかは人それぞれでしょう。

2019年9月5日~ドコモのPixel3/3XL在庫処分特価へ

NTTドコモは9月5日より、Google Pixel 3およびPixel 3 XLの販売価格を改定し、なんとPixel 3aよりも安い値段で機種変更出来るようにしてしまいました。

信じられないほどの値下げですが、在庫処分のタイミングとなるため、在庫はすぐに無くなる見込みです。Pixel 3aの購入を検討していた方は、どうしてもPixel 3aでないといけない理由が無い限り、在庫があるうちにPixel 3またはPixel 3 XLをドコモから購入すべきです。Pixel 3が売り切れてしまったら、Pixel 3aの購入を検討すればOKです。

関連記事:[9/5~]ドコモのスマホが超絶値下げ Pixel 3/Pixel 3 XLが一括19800円へ値下げ

Pixel 3の白ロム価格相場

Pixel 3のGoogleストア価格は2019年5月時点でも95,000円という高値のままとなっていますが、ドコモ・ソフトバンク版のPixel 3本体のみ(白ロム・中古品)であれば、もっと安く購入することが可能です。

Pixel 3の白ロムはメルカリでもたくさん在庫が出品されており、新品状態でも5万円台~6万円程度で入手できます(価格はキャリア・SIMロック解除状態によって多少前後します)。

Pixel 3aの通常価格に比べて+1万円程度でPixel 3が買える現状です。Pixel 3aの新機能・特徴にメリットを感じるユーザー・Pixel 3にも割安感がありますので、それぞれの違いと価格相場を考慮して選択してみてください。

ソフトバンク Pixel 3a/3a XLの価格

ソフトバンクは2019年5月10日よりPixel3a, Pixel 3a XLの予約受け受けを開始、5月17日より発売開始することを発表しました。

ソフトバンクでの販売価格はそれぞれ以下の通りです。

機種本体価格 24分割時 48分割時
Pixel 3a
(57,120円)
2,380円/月 1,190円/月
Pixel 3a XL
(67,680円)
2,820円/月 1,410円/月

*2019年5月9日時点、税込。

本体価格以外の月額料金・割引キャンペーン等はSB公式サイトを参照ください。ソフトバンクの公式ショップで機種変更注文をして、自宅配送を指定すると10000円分の商品券が貰えるキャンペーンも始まっています(2019年6月5日17時~終了日未定)。

Pixel 3aとPixel 3が全くの同額で販売されている現在、この商品券分だけが負担・お得さの差となっていますので、1万円の商品券を取るか、Pixel 3の高性能を取るか、よく考えましょう。

ドコモのPixel3a 価格

ドコモのPixel 3a販売価格は税別43,200円です(Pixel 3a XLの取扱はありません)。2019年6月時点、Pixel 3a購入に使える購入補助割引はありません。別途Pixelシリーズの購入特典として先着3000名にGoogleオリジナルトラベルボックスがプレゼントされます(オンラインショップ限定)。

ウェブからの注文方法は下記ページを参照下さい。

Pixel3のほぼ半額 廉価Pixel3a/3a XLはおさいふケータイ対応 安い理由はコレ スペック比較
Pocket
LINEで送る

Tagged on: