Pocket
LINEで送る

格安SIMサービスでは毎月一定のデータ通信量(パケット)を利用できるプランが主流です。さらに多くのサービスでは1ヶ月で使いきらなかったパケット量は翌月に繰り越すサービスがありますが、その繰越分は翌月までの有効期間が設定されていることが多いはずです。

翌月への繰越分すら使いきらない場合は、普通はそのデータ残量は消滅してしまいます。しかし、ケイ・オプティコムの「mineo」の場合は別の使いみちがあります。それが「パケットギフト」と「フリータンク」です。

まず先にフリータンクについて解説します。

mineoが誇るユニークなシステム「フリータンク」は2015年12月にスタートしたばかりのサービスです。

フリータンクこれはmineo本体のサービスではなく、公式のファンサイト「マイネ王」との連携サービスです。利用には契約中のmineo回線(aプランでもdプランでもOKです)とeo IDでの連携、マイネ王でのIDが必要です。

このフリータンクには契約中の回線のパケット残量を毎月最大10000MBまで預け入れる事が出来、フリータンクに入っている容量は登録したメンバー全員で共有することが可能です。預け入れをしなくても引き出すことは出来ますが、引き出せるのは1ヶ月に2回・合計1000MBまでという制限があります。また、引き出したパケットは即日ではなく、翌日に反映されますので計画的に使う必要があります。

余って使わないパケットを預けておき、必要なときにみんなで引き出して使えるという画期的サービスです。12月31日時点で3700GBという驚きの容量が預けられており、引き出すペースを大幅に上回っています。

☆「マイネ王-フリータンクの使い方

mineoのパケットギフトでは、mineoのマイページから通信量残量を「パケットギフトコード」として発行し、それを利用したユーザーにパケットを受け渡すことが出来るサービスです。

パケットギフト

発行したパケットコードには有効期間がついており、コードを他のユーザーが利用しなければ失効しますが、送り主のパケット残量も減りません。パケットの受け取りは上記のマイページに教えてもらったギフトコードを入力するだけです。

ギフトコードを発行すると以下の様な英数字のコードが発行されます。

パケットギフトコード:ONBC6671
パケットギフトコード:UNRN6960
パケットギフトコード:JZBS0011

上記は2015年12月31日まで有効なパケットギフトコードです。先着3名で読者の皆様にプレゼントしますので、是非使って下さい(お一人様1コードでお願いします)。パケット容量は3つのコードでそれぞれ違いますので、受け取ってからのお楽しみです(´∀`)

mineoの回線は速度も比較的安定しており、余ったパケットもこのように有効活用できるのでライトユーザーからヘビーユーザーまでお得に使えるはずです。

☆「mineo

[プレゼント]mineoで余ったパケットの使いみち「パケットギフト」「フリータンク」に保存可能
Pocket
LINEで送る

Tagged on: