Pocket
LINEで送る

2016年秋からサービスが始まった、ドコモの携帯回線を利用した格安スマホサービス「LINEモバイル」の事務手数料を通常の半額以下に減らすことが出来る、エントリーパッケージの取り扱いが始まりました。

linemo2

LINEモバイルでは月額500円~で利用できる格安プランが魅力的なのですが、これまでは契約時に事務手数料が3000円も掛かってしまっていました。しかし、今後は「エントリーパッケージを事前に購入してから申し込む」という一手間を掛けることによって、11月21日時点では2000円以上安く済ませることが可能となっています。

*LINEモバイルの利用にはクレジットカードによる支払い登録が必須です。クレカ支払いが出来ない場合はパッケージだけ買ってもスマホ利用が出来ませんので注意してください。18歳未満の契約は出来ず、20歳未満の場合は親権者の同意が必要となりますので、申し込み条件は公式サイトにて良く確認して下さい。

エントリーパッケージはアマゾンの以下のページで販売されており、【音声付きプラン用】と【データSIM(SMSあり)】が分かれて販売されていますので、申し込みたいパッケージをまずは購入してください。パッケージの発送は11月22日から始まります。

【音声通話が必要な人】

【データ通信(SMS付き)だけでOKな人】

上記のパッケージにはスマートフォンに差し込む「SIMカード」は付属していません。カードはパッケージを購入後、LINEモバイルの公式サイトで申し込みをしてから配送されます。

linemo4
エントリーパッケージパッケージの中には申し込み時に使う「エントリーコード(16桁)」が記載されています。このコードをウェブサイトで入力することで、通常3000円掛かる事務手数料が無料化される(事前のパッケージ代金のみ支払う)という仕組みです。

LINEモバイルの申し込みサイト:LINEモバイル

上記のサイトを開き、表示される事項を良く読み「上記事項に同意のうえ申し込み」をクリックします。

linepackage
ここで「コードを使用して申し込み」の欄をクリックすると4桁×4箇所=16桁のコードを入力する画面が現れますので、購入したエントリーパッケージに記載のコードを間違えないように入力してください。

このあとの申し込み手順・利用手順は通常申し込みと同じです。詳しい流れは以下のページに続きます。

☆「格安スマホ LINEモバイルの申し込み方法・審査日数・使い方まとめ

2016年11月時点では通信速度が他社格安SIMに比べて非常に安定しており、かつキャンペーンで「データ容量3GB×3ヶ月増量(2016年12月末まで)」もされています。カウントフリープランを選べばLINE・Twitterをデータ容量を消費せず使いたい放題になる他に類を見ないサービスを体験したい方はエントリーパッケージを購入してからLINEモバイルを始めましょう。


格安SIM LINEモバイルの事務手数料を節約可能 エントリーパッケージの使い方・申込方法
Pocket
LINEで送る

Tagged on: