Pocket
LINEで送る

インターネットのプロバイダーサービスとしても有名なビッグローブが提供する格安スマホサービス「BIGLOBEモバイル」は、2019年9月30日を以って一時的に新規SIM契約時にSIMフリースマートフォンのセット販売を終了させます。

2019年10月から始まるスマホ値引き規制の影響で、今後SIMフリースマホをお得に買うチャンスが激減することが予想されますので、大手通信会社の料金が高すぎて格安SIMサービスへの乗り換えを考えていた方は9月中の注文をオススメします。

今回の「アシストパック受付終了」によって、これまでのように新規(他社乗り換えも含む)に回線契約を行うユーザーへの値引き優遇が出来なくなることをうけ、販売体系の見直しをするための準備期間として、ビッグローブでは端末セットの販売自体を止めざるを得なくなってしまったようです。

BIGLOBEモバイルの新規申し込みと同時に端末購入予定のお客さま、シェアSIM申し込みと同時に端末購入予定のお客さまは、一時的に端末の購入ができなくなります。9月中の申し込みをお願いいたします。

新規契約時とスマホのセット販売の再開は2019年11月/シェアSIMとのセット販売は2019年12月が予定されており、それ以外の機種変更・追加購入・タイプ変更と同時の機種販売は2019年10月1日以降も提供されます。

アシストパック終了でBIGLOBEモバイルのスマホは高くなる?

2019年9月26日時点において、BIGLOBEモバイルでは人気のApple iPhone7やシャープのAQUOS sense2 SH-M08、ASUS ZenFone Max Pro(M2)などに対して”端末料金値引き特典”を用意しています。

この割引を使うことで、iPhone7 32GBモデルの場合であれば端末標準価格 2350円×24回=56,400円のところ、実質負担2,030円×24回=48,720円へと安くすることが出来ます。

この割引分が”アシストパック”とのセット割引分であり、初期費用・端末料金値引き・ポイント特典などをあわせて、BIGLOBEモバイルで新規契約+端末セット購入を行う大きな優遇となっていました。

(特典の割引額・対象は機種と申し込みプランによって異なる)

しかし、このような割引手法は今後改正電気事業法によって規制されるため、大きな割引を使って格安スマホを契約したいのであれば9月がラストチャンスとなるでしょう。

2019年9月時点では10月以降のBIGLOBE端末販売価格は明らかにされていませんが、アシストパックによって値引きされていた分を別のキャンペーンや特典として還元することもまた禁止・制限されることがありえるため、状況は厳しくなる見込みです。

実際、ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手でも「分離プラン」/「定期契約の違約金廃止/値下げ」によって、基本料金プラン自体は従来に比べて安くなる場合もありますが、端末代金の負担に関しては安くなっていない・割引が全く適用されず定価購入になるケースがあり、端末代金補助による(スマホ購入をしたいユーザーにとっての)悪影響も見られます。

BIGLOBEモバイルではSIMのみ契約での料金が安く

BIGLOBEモバイルの格安スマホ新規セット購入の割引が今後減らされる(あるいは全く無くなる)前に、アシストパックを使って契約をしておくのも良いですが、もしBIGLOBEモバイルで使えるスマートフォンをすでに持っている場合、SIMカードのみの契約でも割引があります。

2019年9月時点のキャンペーンでは、SIMカードのみの契約で半年間月額料金はたったの400円~。3GBのデータ容量プランを含んでこのお値段です。

最初の6ヶ月を過ぎると一部の特典値引きが終了してしまうため、7~18ヶ月目までの料金はアップしますがそれでも月額1,100円~と格安です。

BIGLOBEモバイルの3GB音声プランの初期費用~最初の1年間の割引の強さは他社の年間支払総額比較を見れば明らかです。


(2019年8月27日時点、BIGLOBE調べ。割引には各社条件があります)

BIGLOBEモバイルの公式サイト限定キャンペーンによる月額料金の割引の大きさ・割引期間の長さが、”割引の総額”として他社を突き放す結果になっています。

上記のBIGLOBEが作ったグラフでは現れていませんが、”端末セット購入の割引”まで考慮するならば「OCNモバイルONEのスマホセット割引」ではスマホ本体一括0円で買えるほどの超値引きをしているところもあります。しかし、回線側の値引きはBIGLOBEモバイルのほうが安くなっています(2019年9月時点の場合)。

BIGLOBEモバイルではau回線を使った「Aタイプ」、ドコモ回線を使った「Dタイプ」がありますので、ドコモ・auそれぞれで使っていたスマホをそのまま使う事ができる機種も豊富です(動作確認端末は公式サイトにリストがあります)。


BIGLOBEモバイルの料金プランではデータ容量が3GB~30GBの大容量まで用意されています。SIMカードのみ契約時の割引額が一律(6ヶ月間1200円引き、18ヶ月目まで500円引き)であるため、小容量プランほど割引率が高く、他社に比べてもお得感が強くなっています。

今後SIMカードのみの割引やキャンペーンも規制される可能性があるため、2019年10月以降の割引規制強化前に検討しておくことを推奨します。

(BIGLOBEの割引適用・特典適用にはさまざまな条件、最低利用期間や短期解約違約金などがあります。詳細は公式HPにて必ず各自で確認して申し込み検討を行って下さい)

値引き見直しで2019年10月よりBIGLOBEモバイルが新規SIMフリースマホセット販売を一時中止 契約は9月中に
Pocket
LINEで送る

Tagged on: