新型iPhoneが2019年9月10日に発表されることが確定、9月20日前後には購入できるようになることが予想されるこのタイミングで、UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンの特典が増額されました。

2019年モデルのiPhone 11(仮)は、従来のiPhone XS/XS Max/XRを引き継いだ超高性能モデルとなる見込みであるため、iPhone11シリーズの本体代金は軽く10万円を超えるモデルばかりになることは避けられそうにありません。

関連記事:2019年新型iPhone11(Pro)スペシャルイベント(確定情報追加)/発表日・発売日と価格 発売日遅延や在庫品薄予想

新しいiPhoneは使ってみたいけれど、本体代金だけでなくスマホの月額料金負担も2019年秋からの増税の影響を受けて値上がりします。

そんな家計を圧迫してしまう残念なニュースが増えてしまう時期に、UQモバイルではあえてキャッシュバックを増額・スマホ代金を格安にすることが出来る料金プランの提供を続けています。

家族で使えば3人”スマホ代総額”が5千円以下に

2019年から数年前、日本のスマホ料金が平均的に6~7千円程度と世界的に見ても割高であるという状況を鑑みて、国が「月額5千円以下で使えるプランを作れ」との方針を出し、一斉にドコモ・au・ソフトバンクの各社が「基本料金が5千円弱」になるプランを出したことがありました。


(SB 1GBデータ定額パックの”4900円”内訳)

かつての「スマホ代5千円」という基準は、1人あたりの代金かつ、スマホ本体代金を含まない・データ通信容量が1GB以下と、ごく限られたユーザー以外にはメリットが無いプランでした。現在はもうソフトバンクには「たった1GBで4900円」という割高なプランは存在せず、各キャリアでも「5,000円以下」で運用することが出来るまともなプランも増えていますけれど。

数年前に比べてキャリアのスマホ基本料金も安くなった印象はありますが、UQモバイルに乗り換えれば家族3人(3回線)のスマホ料金を合計で5千円以下(1年目,基本料金の合計額)~にすることも出来ます。

さすがに新型のiPhoneの本体代金を含み3人分で5,000円以下は絶対に不可能(本体3台だけで30万円くらいはするでしょうから)ですが、値下げされたiPhone 6s, iPhone 7であれば本体代金の負担も安く済ますことが出来ます。UQ mobileで使えるiPhoneを持っていない場合は、端末セットもお得です。

関連記事(2019年8月値下げ情報):iPhone11登場前にUQモバイルがiPhone7値下げ 機種負担は月々わずか500円~

家族で使うと安くなるUQモバイル料金の仕組み

UQモバイルはいわゆる「格安スマホ」サービス。UQモバイルはauの回線を借りた格安サービスであり、基本料金が3大キャリアに比べて安いのはもう当たり前の常識です。

UQコミュニケーションズ(UQモバイルの運営元)が提供している料金シミュレーションによれば、3人分のスマホを大手回線からUQモバイルの乗り換えることで、2年間で44万円以上の料金節約になるとしています。

この基本料金部分の差額44万円があれば、2019年モデルの最新iPhone11を3台買うことも出来るでしょう。

UQモバイルでこんなに料金が安くなる仕組みは、「家族割」によって2回線目以降の基本料金が下がり、毎月の節約効果が積み重なっていくためです。

UQモバイルで一番安いプラン(音声SIM用)は、3GBのデータ容量付きで通常月額1,980円(1年目)からとなっていますが、2台め・3台めの料金は1,480円/月・台~に下がります(最大9回線まで割引可能)。

キャッシュバック増額でお得度アップ(終了)

UQモバイルでは新規・乗り換え契約時にキャッシュバックがもらえるキャンペーンがあります。

2019年9月1日時点ではまだアップルによる2019年モデルの正式はされていないため、新しいiPhoneのUQモバイル回線での動作確認は取られていませんが、既存のiPhone5s以降のLTE対応 SIMフリーモデルはすべてUQモバイルで使えることが確認されています(→2019年9月、iPhone11シリーズ・iOS13での動作確認が公開されました)。

格安スマホサービスでは低評価・悪い口コミがある業者も少なくなく「価格相応・安かろう悪かろうだった」ということもありますが、UQモバイルは満足度NO.1の格安SIM(J.D. パワー2018-2019年格安スマートフォンサービス顧客満足度調査)。

動画閲覧やアプリダウンロードの快適性に繋がるインターネット通信の実行速度も業界ナンバーワンです。

せっかく最新のiPhoneを買っても高速処理性能を持っていても、回線自体が遅いのではスマホの体感満足度は下がってしまいますので、iPhone11を安く使いたいのであればUQモバイルの現金キャッシュバックかワイモバイルのSIMだけ契約キャンペーン(2019年9月時点で最大2万円相当還元)の活用が最強です。

*上記キャンペーンは記事記載時点のものです。キャッシュバックの受け取りには条件があります。特典内容・適用条件が変更されることもあるため、必ずUQモバイルのサイトにて情報を確認してください。

[3人スマホ代が総額5千円以下]iPhone11はUQモバイルへ乗り換えで安く キャッシュバックと家族割で強力節約効果
Pocket
LINEで送る