Pocket
LINEで送る

2017年11月上旬発売予定のドコモスマートフォン機種 Xperia XZ1 SO-01Kは、2015年モデルのXperia Z4 SO-03G, Z5 SO-01Hから2年の買い替え周期モデルになります。

Xperiaの5インチモデルは半年に一度のペースで次々にマイナーモデルチェンジを繰り返し続けていますが、2017年冬モデルの「XZ1」は過去モデルで最高のハイエンドCPU Snapdragon 835を搭載・積層型メモリーセンサーを採用したカメラ・3D Creator機能の追加などなど、2年以上前のモデルから比べると大幅に機能性・性能がアップしています。

3Dスキャン機能はXperiaシリーズのユニークな特長になりました。自宅で簡単に3Dデータを取り込み、スマホ上でグリグリ動かしたり、3Dプリンターへ転送して出力することも可能です。

古いXperiaシリーズを使い続けていてそろそろ機種変更どきかな?と考えている人は、どんなところが進化したのか、幾らくらいの負担で買い換えられるのかを分析・計算してみましたので参考にどうぞ。

先に公式サイトでスペック・価格を見たい人はこちら→「NTTドコモ Xperia XZ1 SO-01Kをみる」/発売日:11月10日

XZ1 vs.旧機種スペック比較

機種名Xperia XZ2
SO-03K
Xperia XZ1
SO-01K
Xperia XZs
SO-03J
Xperia XZ
SO-01J
Xperia XP
SO-04H
Xperia Z5
SO-01H
XperiaZ4
SO-03G
Xperia Z3
SO-01G
発売日2018年5月31日2017年11月10日2017年5月26日2016年11月2日2016年6月24日2015年10月29日2015年6月10日2014年10月23日
画面サイズ5.7インチ5.2インチ5.2インチ5.2インチ5.0インチ5.2インチ5.2インチ5.2インチ
解像度1080×21601080×19201080×19201080×19201080×19201080×19201080×19201080×1920
重量198g156g161g161g165g154g144g154g
縦幅153mm148mm146mm146mm144mm146mm146mm147mm
横幅72mm73mm72mm72mm71mm72mm72mm73mm
厚さ11.1mm7.4mm8.1mm8.1mm8.6mm7.3mm6.9mm7.4mm
電池容量3060mAh2700mAh2900mAh2900mAh2570mAh2900mAh2930mAh3100mAh
実利用可能時間125時間110時間95時間95時間80時間77.4時間67.8時間81時間
CPUSDM845MSM8998
スナドラ835
MSM8996
スナドラ820
MSM8996
スナドラ820
MSM8996
スナドラ820
MSM8994
スナドラ810
MSM8994
スナドラ810
スナドラ801
RAM4GB4GB4GB3GB3GB3GB3GB3GB
ROM64GB64GB32GB32GB32GB32GB32GB32GB
メインカメラ1920万画素1920万画素1920万画素2300万画素2300万画素2300万画素2070万画素2070万画素
サブカメラ500万画素1320万画素1320万画素1320万画素1320万画素510万画素510万画素220万画素
防水/防塵○/○○/○○/○○/○○/○○/○○/○○/○
指紋認証××
[2018.05.28更新] すべてドコモ公式サイトのデータを参照しています。より細かいスペック・データは公式サイトをチェックしてください。

Xperia Z3の発売から数えて3年間が経過したことになり、5.2インチサイズのモデルは上記の6代分入れ替わっています。ディスプレイの大きさ・解像度こそ全く変化がありませんが、Z3/Z4には無かった指紋認証などもZ5以降に追加されました。

これまでずっと32GBストレージ容量もSO-01Kで初めて64GBになりました。Xperiaスマホはmicro SDカードで外付けデータ容量を増やせますが、本体に直接写真やアプリのデータを保存できるようになります。昔よりもカメラ写真・アプリの容量も大きくなっているので、がっつりとスマホを使いたい人にとっては32GBでは物足りないところもあったはずです。

夏モデルのXperia XZsでは、他のライバル機種ですでに採用されたスナドラ835ではなく、2016年冬モデルのまま同じスナドラ820を使っていましたが、ついに5.2インチモデルにもハイエンドなSoCが搭載されることになりました。

XZ1では1~3世代前のスナドラ820搭載機 X Performance, XZ, XZsに比べて2割ほど処理能力がアップしています。2年前のZ4/Z5に搭載されたスナドラ810から比べるとおよそ2倍、Z3からなら3倍くらい速くなっているはずです。

Ver6.2 Xperia
SO-02J
Xperia XZ
Premium SO-04J
Xperia XZ1
SO-01K
トータルスコア 76878 172631 173721
3D トータル 16020 71663 70455
3D Garden 5023 28763 27821
3D Marooned 10997 42900 42634
UX トータル 28493 52773 56911
Data Secure 6296 7551 7962
Process 4251 7712 8557
Strategy Games 7790 11689 12613
Image Process 6463 20170 21947
I/O Performance 3693 5651 5832
CPU トータル 24298 37517 38123
Mathematics 7916 9926 10208
Common Use 6123 12068 11894
Multi-Core 10259 15523 16021
RAM 8067 10678 8232

日常的な操作(メールを読む・写真を見る)だけならば古い機種でもそこまで違いを感じることはありませんが、どうせ買い換えるのならば最新・最高性能が欲しい!というのならXZsではなくXZ1にしましょう。

Xperia XZ1 は過去のモデルよりも小さな2700mAhを搭載しているそうですが、ドコモがテストしている実利用可能時間は過去の5.2インチシリーズでは最長の約110時間となりました。

Xperia Zシリーズのスマホはバッテリー交換をユーザーがすることはできず、修理交換する場合にも8,000円~1万円くらいの料金が掛かりますので、電池が弱ってきたと感じているのならバッテリー交換をするよりも新機種に買い換えてしまったほうが良いでしょう(自己責任で自分で電池交換を楽しみたいのなら「スマホを安く直したい人向け Xperia Z3(SO-01G,SOL26等)用修理パーツ集」のような情報を参考に、パネルや電池を交換することも出来ます)。

また、Xperia XZから充電接続がmicroUSB→ Type-Cに変わり、表裏の無い端子で充電・キャップレス防水になっており利便性もアップしています。

Xperia XZ1には2017年夏モデルと同じ 19メガピクセルのメモリ積層型センサーのカメラが搭載されています。従来より画素数を下げて明るさを確保・毎秒960コマの超スローモーション動画が撮れるなど、1年以上前のモデルから性能がアップしています。

4.6インチのコンパクト版 Xperia XZ1 Compact SO-02Kのカメラも同等です。

参照:ドコモコンパクトハイエンド Xperia XZ1 Compact SO-02Kは買いか?XC SO-02Jユーザー視点からチェック

2017年冬モデルのカメラとしては、次の3Dスキャン機能の方が目玉になるでしょう。

2017年冬モデルのXperia XZ1, XZ1 Compactから追加された新機能「3D Creator」では、およそ30秒~60秒ほどのスキャン時間で対象物を簡単に3Dデータ化することが出来るようになります(XZ Premiumもアップデートにより対応するという情報があります)。

これまでの3Dスキャンといえば専用のカメラ機器を使うスタジオで撮影が必要でしたが、スマホ単体でお手軽に利用することが出来るというのは革新的です。人物を撮ったり、動物を撮影したり、いろんな使い道がありそうです。

下の画像が、実際に3Dクリエイターアプリを使ってスキャンした猫(置物)の画像です。

スキャンしたデータは色の微調整、トリミングなども可能です。

スキャンしたデータを使ってアバター機能のように動かしたり、3Dプリンターを自分で持っていなくても、内蔵されたアプリから直接「DMM.make 3Dプリントサービス」でデータをフィギュア化・注文出来るようになるそうです(アプリ更新は2017年11月以降予定)。

フィギュア作成の料金は写真のような首から上の5センチサイズくらいで3000円~、10センチ程度の全身像で1万円~くらいとのこと。

DMM.make 3Dプリント
3Dプリントした人物のフィギュアをチェックしましたが、表面はかなり滑らかで綺麗なものでした(選べる素材は石膏で、色も付きます。作成可能なサイズは縦200mm×横380mm×奥行250mmまで)。

・充電中に再起動することがある → 「47.1.B.5.5」で修正
・「静止画歪み補正」設定機能を「47.1.B.5.5」から追加
・2018年3月8日、快適に使えるように修正(内容不明) 「47.1.B.9.2」

この他、セキュリティ更新・細かい修正が含まれることがあります。

Xperia XZ1 SO-01K機種変更価格

2018年6月1日~ 月サポがさらに増額されました。

SO-01K 機種変更時
(6/1~)
本体価格 月額3,591円×24回
総額 86,184円
月々サポート 最大-2,754円×24回
総額-66,096円
実質価格 月額837円
総額20,088円

2017年12月16日~ 月サポが増額されました。

SO-01K 機種変更時
(12/16~)
本体価格 月額3,591円×24回
総額 86,184円
月々サポート 最大-2,295円×24回
総額-55,080円
実質価格 月額1,296円
総額31,104円

2018年3月31日まで使える、5,400円機種変更クーポンでさらに安く買えるようになりました。詳しくは「当サイト限定ドコモクーポン配布ページ」を参照ください。

2017年11月発売時点の価格は以下の通りです。

SO-01K 機種変更時
(発売当時)
本体価格 月額3,591円×24回
総額 86,184円
月々サポート 最大-2079円×24回
総額-49896円
実質価格 月額1,512円
総額36,288円

月々サポート以外にも各種割引を機種変更時に使うことが出来ます。

発売は11月ですので変更になる可能性もありますが、旧モデルのXperiaを下取りに出すと以下のよな割引(郵送下取りではポイント付与)還元が受けられます。

下取り機種 下取り額
Xperia XZ SO-01J 22,000円
Xperia X Copmact SO-02J 22,000円
Xperia Z5 SO-01H 19,000円
Xperia Z5 Compact SO-02H 19,000円
Xpeira Z5 Premium SO-03H 22,000円
Xpeira A4 SO-04G 11,000円
Xperia Z4 SO-03G 15,000円
Xperia Z3 SO-01G 12,000円
Xperia Z3 Compact SO-02G 10,000円

(*2018/3/1~の価格に更新しました)

家族まとめて割(複数台購入で5,184円還元)も利用可能です。最新の情報は「ドコモ 実施中のキャンペーン一覧」を参照ください。事前予約購入をしてから購入すると、通常の10倍の確率で10,000dポイントが当たるキャンペーンもあります(予約期間は終了しましたが、まだ1万ポイントあたるチャンスは継続しています)。

2年前のZ4/Z5を下取りに出すだけで実質負担は1.4万円で新機種に取り替えることが可能です。さらに公式オンラインサイトで「dカード /dカードGOLD」を使って一括決済すれば2%相当=1,722dポイントが付きます。

SO-01Kの価格・適用できるキャンペーンは詳細ページに反映されるはずです。

☆「ドコモ Xperia XZ1 SO-01Kを見る

ドコモのオンラインショップでXiプランのまま機種変更すれば契約の待ち時間ゼロ事務手数料は無料(店頭では2,160円)、頭金も無料(店頭では3~8千円)になりお得です。

☆「ドコモオンラインショップで機種変更をするメリットとお得度・便利度を比較

 

docomo冬モデル Xperia XZ1 SO-01K 2年前のXperia Z5からの進化点・機種変更コスト計算
Pocket
LINEで送る

Tagged on: