Pocket
LINEで送る

現在使っている古いiPhone・スマートフォンを下取りに出すことで、機種購入時の値引き・料金割引・ポイント還元をするシステムが携帯電話各社にあります。その中で今回はドコモの公式ウェブサイトが実施している「郵送買取」について実際の申込方法・下取りのためのチェックポイント・下取り完了までの流れを解説していきます。

一度でもドコモの買取を使ったことのある人には簡単なことかもですが、他社の下取りとはルールが違う・店頭申し込みの場合とは還元までの手順が違うところがありますので、初めてウェブでスマホ購入とともに下取りも申し込みをしてみようと考えている方は参考にしてみてください。

かつてドコモの下取りを郵送で行うと、店頭での下取りより1,200円相当分のポイントが減額されていましたが(例えば店頭で22,000円→20,800dポイントのように)、2018年時点では店舗下取りと等価値のポイントが貰えるようになり、手軽さとおトク度から郵送を選ぶ人が増えています。

先に公式サイトで詳細を確認したい人はこちら「ドコモの下取りプログラム」/ 2019年6月1日~、一部下取り可能基準が変更されます。水没・動作不良のジャンク品も下取り可能な場合が増えます

私の解説など読まなくてもこちらの公式サイトの十分な詳細解説がされています。細かいことは公式サイトを見れば判るはずですが、大雑把にユーザーとして必要な行動と実際に掛かる日数などの事例について知りたい人は、続けて読んでください。

下取りの申込方法

ドコモのオンラインショップでは、新規・機種変更・MNP時の機種購入注文時に、下取りの申し込みチェック欄があります。注文時の手順については「ドコモの簡単オンライン注文手順解説」の記事を参照してください。

上記のページで言えば「ステップ12」の段階で、下のような「下取り お申込みのご案内」という欄があるはずです。ここでチェックを入れて購入手続きをすすめるだけで、下取りプログラムの申し込みは完了です。

ドコモの契約・機種購入が正しく完了すれば、あとは待っているだけで下取りキットが送られてきます

申し込みから下取りキットの受け取り

オンラインショップでの注文が終わると、機種変更の場合は最短2日・新規・MNPの場合は通常5日~10日程度で回線が開通・新機種が自宅に届きます。この時、購入したスマホと下取りキットは一緒には送られてきません。通常は下取りキットは後から届きます。2017年2月時点では、機種の注文日(オンライン手続き)から5日目にスマホが届き、下取りキットの本人限定受取郵便通知は10日目にポストに届いていました(日数は審査状況・配送事情により前後することがあります)。

下取りキットの受取方法は以下のようにやや特殊な流れとなります。

  1.  機種購入から10日程度あとに、「本人限定受取郵便」の通知が郵便局から届く(ポストに投函)
  2. 本人限定受取に指定された方法で「下取りキットを受け取る」(取り扱いの郵便局に連絡して配送、または直接取りに行く
  3. 下取りキットに同封された書類に必要情報を書き込む(用紙1枚)
  4. 下取りキットを返送する(ポストに投函、または郵便局窓口に持ち込む)

ユーザーがやるべきことはここまでとなります。本人限定受取郵便(特例型)では、オンライン注文時に指定した住所が確認できる本人確認書類の提示が求められます。受け取り方法は以下の郵便局のホームページを参照ください。

☆「https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/honnin/

サービスの名の通り、基本的には本人しか受け取ることができませんので、申込時の情報には十分注意してください。運転免許証の住所と受け取り住所が違っていたりすると受け取れません(保管期間を超えて受け取りが出来ない場合、下取りプログラムはキャンセルとなります。その場合はドコモショップ窓口での下取りに切り替えましょう → 2017年6月より、他社端末の後日下取りは不可となりましたので、新規・MNP時にキャンセルしてしまうと後から下取りができなくなる可能性があります)。

下取りキットの使い方

郵便局から受け取った封筒の中には、レターパック(これに書類とスマホを入れて送り返す)のほか、梱包材・下取りプログラムの申込書・下取りプログラムの解説用紙が入っています。

上記の「お申し込み手順」の通りに進めていけばOKです。


携帯電話機・ポイント交換申込書」の記入項目は太枠の4箇所(職業・生年月日、下取り機種名、製造番号、署名)のみです。レターパックの「ご依頼主」の欄にも住所・氏名・電話番号の記入を行います。すべての記入が終わったらスマホと一緒にレターパックの中に交換申請書を入れて封をします。

下取りキットの利用期限

ドコモのオンラインから注文した場合の下取りキット(下取りプログラム自体)には有効期間があります。それは、「下取り申し込み日を含む翌月末まで」です(詳しくは公式の下取りプログラムの条件をご覧ください)。

オンラインショップで申し込みをした場合には「機種の注文日」ではなく、別途契約審査を通過して「下取りプログラムの申し込みを受け付けた日」となります。上記の交換申請書の右上に日付が印字されているので確認しておきましょう。

下取りキットの返送が終わったあとは待っているだけで良いのですが、ポイント付与時期についても一応の決まりがあるので、頭の片隅においておきましょう。

<不備なし>
携帯電話機・ポイント交換申込書と下取り申込み機種が「NTTドコモ下取り窓口」に到着し、検品終了翌日に一括でdポイントを進呈いたします。ポイント進呈額の詳細はspモードやiモード、インターネットなどのWebサイトでご利用料金などをご確認いただける「ご利用料金の確認」サイトや、請求書のお知らせ欄にてご案内いたします。
<不備あり>
お申込み者様の住所に返送させていただきます。3か月間、お受け取りが確認できない場合、廃棄させていただきます。

通常、下取りキットがドコモ窓口に到着からポイントが付与されるまで7日~10日程度です(検品の状況・混雑時期だともう少し掛かることもあるようです)。査定が完了すると、メッセージRで連絡が来ます。

付与されるポイントは通常のdポイントです。ドコモの関連サービスや提携店、ドコモオンラインショップでのアクセサリー・機種購入などにも使えますので、下取りプログラムを上手く活用して節約をしましょう。

*下取りプログラムの条件・下取り査定額は基本的に毎月見直しがされています。申し込み前には必ず公式サイトで最新の下取りポイント付与額をチェックしてから利用しましょう→「ドコモの下取りプログラムについて詳しくみる

dポイントを大量に貯めたい人は、「dカード GOLD」を作ると各種キャンペーン・ドコモの携帯料金支払いで他のクレカを使うより高い倍率(ドコモのサービスでは最大10%付与)でポイントがガンガン貰えます。

ポイント
・郵送下取りは完全無料
・下取り額は定期的に更新される
・下取りキットはポストへの投函もOK
・郵送下取りでも、店頭下取りと同じ額のポイントが貰える
・貰えるポイントは通常dポイント
来店不要 ドコモオンラインショップ 郵送下取りの流れ・申し込み手順を解説
Pocket
LINEで送る