Pocket
LINEで送る

docomoの2015年冬モデル唯一のFOMA用ガラケー P-01Hの価格が決定しましたので、維持費シミュレートをやっておきましょう。

P-01Hの価格は、新規・機種変更・MNPすべて同じになりましたので、どのパターンでも同じです。スマホ機種ではMNP転入が有利な料金で使えるような優遇措置が見られますが、P-01Hの場合は機種変更でも同じです。

P-01Hの価格

P-01Hは旧モデルであるP-01Gと全く同じ31,104円(ドコモオンラインショップの場合)です。しかし、月サポがP-01Gよりも少し弱く、実質負担は+3240円値上って19,440円となりました。

P-01H契約種別 新規 機種変更 MNP
一括価格 31,104円 31,104円 31,104円
月々サポート 486円/月 486円/月 486円/月
実質価格 19,440円 19,440円 19,440円

FOMA契約の場合は月々サポートに指定プランはありません(データパックやシェアオプションを使う「基本プラン」で契約する場合は条件が付きます)ので、どの料金プランを契約しても月サポが付きます。

既存回線で本体代金を分割購入にして機種変更した場合は1,296円-486円=810円が現在の料金に上乗せされると考えてよいでしょう(現状で本体分割支払い・月サポが終了している場合)。

本体分割(24回支払い) 1,296円
タイプシンプル バリュー 802円
i-mode 324円
月々サポート -486円
*パケホーダイ・シンプル 0円~4200円
月額支払い 1936円~

*「タイプシンプルバリュー」を契約する場合には、月額0円から使える「パケホーダイ・シンプル」か「パケ・ホーダイ ダブル2」または「パケ・ホーダイ フラット」のいずれかに加入が必須です。あまりネットを使わないならシンプルプランで良いですが、たくさん使う月があるかも、という人はフラットの方が良いかもしれません。

上記のプランが多分一番安く維持できる方法です。シンプルバリュープランは無料通話も含まれておらず、ウェブ接続料金も使い過ぎると一気に高くなりますので、必要に応じて無料通話・データプランが料金に含まれるプランを考えてみてください。もともと携帯電話を使っていた方が機種変更で使う場合は、今までと同じ使い方でOKなら、変更の必要はないでしょう。

機種変更の場合は、月サポの他に機種変更用の「下取りプログラム」が適用できます。この場合は従来ドコモで使っていた携帯電話やスマートフォンを下取り可能です。携帯電話機種の下取り額は旧機種のP-01Gで3800ポイントなどです。

☆「NTTドコモ 下取りプログラム

一時期「携帯電話(ガラケー)はもう無くなる」みたいなニュースが流れていた時期もありましたが、まだまだガラケーは市場に必要なアイテムのようですね。P-01Hは最新モデルではありますが、従来のガラケーと使い方も機能もほぼ変わりませんので、安心して機種変更が出来そうですね。

もうオンラインショップでは購入が可能です。11月30日まではオンライショップ限定で10万円分の商品券があたる「ワクワクキャンペーン」もやっています。2700円以上の商品のため送料も無料なので、携帯を早く取り替えたい方は注文しておきましょう。機種変更の場合は早ければ最短2日で自宅に届きます。

☆「ドコモオンラインショップ P-01H詳細ページ

ドコモのガラケー機種変更 P-01Hの価格・維持費計算
Pocket
LINEで送る

Tagged on: