2016年モデル最初のApple iPhone, 登場です。

新型iPhoneの名称は噂どおり「iPhone SE」となりました。中身は2016年モデルのiPhone6sと同等で、見た目はiPhone5sにそっくりながら、そのCPUパワー・カメラ性能も上がっています。日本も一時発売国に含まれており、国内でもSIMフリーモデルとキャリアモデルが発売されることが確定しました。

iPhone SEの予約開始時間・日程

3月24日予約開始、3月31日発売開始確定です。例年だと、国内の予約は該当日の16時01分にスタートしています。

日本時間での予約は2016年3月24日16時01分可能性が高そうです(各キャリアの公式情報が確定し次第、更新します)。

 日本の予約開始時刻は、2016年3月24日16時01分】 確定です。(キャリア版9.7インチiPad Proはまだ未定です。Wi-Fi, SIMフリーモデルはアップルストアで24日予約・31日発売確定)

iPhoneSEの予約ページ

アップルストアで購入する場合は予約が必須です。店頭販売は2015年モデルより廃止されましたので、購入したい方は必ず予約をしましょう。自宅配送のほか、全国のアップルストアで受け取りが可能です。SIMフリーモデルの日本アップル価格も確定しました。

iPhoneから予約する場合は、「Apple Store アプリ – iTunes」(iOS8以上のiPhone,iPadが必要です)のアプリ上から手続きすると、PCサイトより早く予約が出来ました(2015年iPhone6s/6s Plus発売時)

アプリでは以下のような画面から、購入手続きが進められます。Apple IDにヒモ付けられた情報で購入することになるので、事前に正しい情報を入力しておきましょう

IMG_0427

ドコモのiPhoneも、同じく16時01分よりウェブ受付が始まります。店舗受け取りと自宅配送では在庫管理ルートが異なるため、受け取り指定をする店舗によっては非常に入荷が遅いことがあります。大都市の旗艦店ならばそれなりの入荷数が予想されますが、それ以外は自宅配送・機種変更(およびMNP)が最速と言われています。

*去年は事前予約をするとdポイントが貰えるキャンペーンをやっていましたので、店舗に直接予約するよりもオンラインの方が金銭的にもオトクです。

ソフトバンクも同様です。3キャリアの内では入荷が早め(在庫があまる)のモデルが出やすく、3キャリアの中では比較的入手が容易です。

ソフトバンクの場合は、一部オンラインでは機種変更の申し込みが出来ないプラン・定期契約の種類・法人契約回線などがあるため注意が必要。手続き不可のプランに加入中の場合には後に予約がキャンセルされてしまうトラブルも多発しました。予約不可な回線については予約画面の注意事項に書かれていますので、事前によく確認しておきましょう。

auの公式オンラインショップは少し入荷が遅い印象があります。auの場合は量販店への入荷が早く、特に大都市圏のヨドバシカメラの入荷数が昨年は優遇されていたようです。店舗配送にする場合はドコモと同じく、大都市の旗艦店(au SHINJUKU, NAGOYA, OSAKA,FUKUOKA)がオススメです。

*auでは2016年3月24日~6月頃まで、オンラインでは機種変更用の店舗受け取り受付が不可となります!auユーザーが買い換えたい場合は新規で契約しなおすか、量販店などでの直接予約をオススメします。

いずれのショップでiPhoneSEを予約する場合でも、手続きはインターネットを介して行います(店頭での予約より、ウェブの方が確実に早いです)。しかし、毎年予約開始直後はウェブサイトの表示が重くなり、目的のページにアクセスしづらくなります。

長い時間を空ければ、もちろんそのうち空いて予約が出来るようになりますが、それでは発売日入手に間に合わない可能性も。

このサーバー落ち対策として、「スマートフォンとパソコンサイトの両方(+Apple Storeの場合はアプリ版)」で同時にアクセスを試しましょう。これまでのiPhone予約争奪戦だと、特にパソコンからの予約が困難になりやすく、スマートフォンからならあっさりと予約できた、ということがありました。

発売日にiPhoneSEを手に入れたいのならどちらか一方でウェブページが開けなくても諦めず、何度もトライしましょう。

ついに登場! iPhoneSE最速予約のためのハウツー・発売日購入をするための方法
Pocket
LINEで送る

Tagged on: