Pocket
LINEで送る

2020年3月、スマホ業界では2020年春以降より本格的に一般向けサービスが始まる「5G対応スマートフォン」が各社より発表されています。

5Gの高速通信に期待が高まる一方で、5G対応スマホの多くは10万円を超える端末本体代金が必要になることも分かっています。


(格安スマホが人気のファーウェイ5G新機種は約14万円~)

「将来的には5Gスマホを買いたいけれど、5G新機種が安くなるまでしばらくは今持っている4Gスマホを使い続けたい」かつ「2年契約/料金割引が終了するので携帯会社・プラン変更をして料金を下げたい」という場合には、末購入を伴わなくてもキャッシュバックや割引・特典が適用されるキャンペーンの活用がオススメです。

SIMのみ契約の場合は利用するスマートフォン・iPhoneなどの端末を自分自身で用意する必要はありますが、ドコモ系・ソフトバンク系・au系の携帯電話回線を利用した各種サービスがキャンペーンを実施していますので、今使っているiPhone・端末をそのまま利用できるサービスが見つかるはずです(機種によってはSIMロック解除手続きが必要なことがあります)。

[au系/UQ mobile] SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック

回線の通信速度・安定性はトップクラスのauサブブランドであるUQモバイルでは、MNP/新規契約ユーザー向けにキャッシュバックを配っています。

UQモバイルではiPhoneの販売も行っていますが、取り扱われているのは4年前のiPhone 7までしかありません(2020年3月時点)ので、すでにそれより新しいiPhoneを持っている・性能が高い新しいiPhoneを別途中古やSIMフリーで購入して、UQモバイルではキャッシュバックだけをゲットして使い始める事が出来ます。

・キャンペーン実施期間:2020年3月13日~終了日未定
・キャッシュバック最大金額:新規 3,000円/MNP 10,000円
・CB対象料金プラン:最安月額980円~(各種割引適用時)
・還元方法:現金振り込み(契約から4ヶ月目)

UQモバイルはau系回線を使った格安スマホサービスであり、auで販売されている各種スマホ・iPhoneが利用できます(比較的新しい機種であればSIMロック解除手続きも不要なモデルがあります)。各機種の動作確認・利用可否は公式サイトを参照ください。

[ワイモバイル代理店] 最大1.4万円相当還元

UQモバイルと安定性において双璧をなす格安スマホサービス、ワイモバイル(ソフトバンク)の公式ウェブ代理店「Yahooモバイル」では、PayPay特典の高額還元を実施しています(ワイモバイルは直営サイト/代理店で還元方法が異なります。還元キャンペーンはそれぞれ後述します)。

ワイモバイルの場合はやや特殊で、申込みをする日付によって還元額が変動する点に注意してください。

・キャンペーン実施期間:常設(条件は随時変動)
・還元最大金額:新規 10,700円相当/MNP 14,000円相当
・CB対象料金プラン:最安月額1480円~(各種割引適用時)
・還元方法:PayPayボーナスによる付与

上記の還元には「どこでももらえる特典」という、契約申し込み前に手続きが必要な特殊特典を含みます。ヤフー携帯のPayPay還元の詳しい仕組みについては下記ページを参照ください(料金プランによって還元が変わります)。

続きを読む ▶  ワイモバイル契約でPayPay特典3,000円分「どこでももらえる特典」スタート-特典の貰い方と対象条件

[ワイモバイル代理店] 最大5千円キャッシュバック+追加特典

続いて、ワイモバイルの代理店「ヤングモバイル」では、契約するプランによって最大11,000円相当の還元が貰えます(申し込み期間によっては実施していないこともあります)。

【2020.1.24確認時点】
・新規または乗り換え(ソフトバンク系列からのMNPはCB減額)
・スマホ、iPhoneとのセット契約であること(機種はどれでもOK。SIMカードのみはau/docomoからのMNPのみ)
・スマホベーシックプランRで申し込み(開通後の変更は自由)
→ 条件を満たすと/「SIMのみMNP契約 5,000円キャッシュバック+3000円相当PayPay特典」
「SIMのみ新規契約orSB系からMNP 3000円相当PayPay特典」

*上記に加えて、「キャッシュバックの交渉」をすることにより商品券が3,000円程度貰えることがあります(2020年確認時点)。追加特典が貰えるかどうかは交渉力次第・タイミング次第となりますので、下記フォームより「他社と比較して悩んでいる」などのキーワードを使って巧く誘導してみてください(直接的に「追加特典で商品券が貰えると聞いた」と書いてもOKです)。

なお、ヤングモバイル/ヤフーモバイルともに回線自体・サービス自体はワイモバイルそのものであるため、ワイモバイルが実施する学割やネットセット割引などのキャンペーンもすべて併用可能です。

[ワイモバイル公式]最大9千円相当還元

前項で紹介した「ヤフーモバイル」/「ヤングモバイル」の代理店ではない、ワイモバイルの直営サイトの場合は「還元特典」自体はやや見劣りしますが、公式サイト特典として事務手数料が完全無料になるというメリットがあります。還元額+手数料(通常3千円)を考慮すると、公式のほうがお得なケースがあります。

・キャンペーン実施期間:2020年3月31日まで
・還元最大金額:新規6,000円相当/MNP 9,000円*相当(どこでも貰える特典含む)
・CB対象料金プラン:最安月額1480円~(各種割引適用時)
・還元方法:PayPayボーナスによる付与

*「PayPayキャンペーン(2020年3月5日開始)」と「春のオンラインストア大感謝セール(3月31日終了予定)」、そして「どこでも貰える特典」をフル活用した場合。

ワイモバイルの直サイト/代理店サイトでは新規・MNPの種別・料金プランによって還元額が異なります。申込みをしたい種別とプランに合わせてどこから契約するとお得か比較してください(それぞれスマホセットでも割引があります)。

[カウントフリー付き]ビッグローブモバイル 月額400円~

ドコモ・au回線を利用した格安スマホサービス「BIGLOBEモバイル」では、2020年3月31日までの期間、3GBのデータプラン付き音声SIMが月額400円+Youtubeも見放題対象のカウントフリーオプションサービスが半年無料で使えるという、低維持費向けのキャンペーンを実施しています(現金キャッシュバックはありません)。

・キャンペーン実施期間:2020年3月31日まで
・月額割引:800円×6ヶ月(3GBプランなら月額400円で利用可)
・エンタメフリーオプション:6ヶ月無料(通常月額480円)

・対象料金プラン:最安月額400円~(音声プランのみ、3GBプラン以上)
・スマホセット:最大18,000円相当ポイント還元で実質負担1円~あり

ビッグローブモバイルではSIMのみ契約によるキャッシュバックこそありませんが、大手携帯会社では月額3~4千円程度の3Gデータプラン付き・音声通話SIMが6ヶ月間たったの400円で使えます。ビッグローブの音声SIMは最低利用期間が1年に設定されていますが、短期違約金は1000円と安いため、もし回線に満足できない・割引期間だけ使いたいという場合にも十分お得です。

また、「エンタメフリー・オプション」ではYoutube・Abema TV、Amazon Musicなどの動画配信・音楽配信サービスを利用してもギガが全く減らない、カウントフリーサービスも半年間タダで使えます。

Youtubeがカウントフリー対象になる格安サービスはかなり珍しいため、これだけを目的に回線を作る価値があるでしょう(利用するサービスによっては一部通信量が消費される・カウントフリー対象外になる利用があります)。

BIGLOBEモバイルの申し込み手順はウェブでカンタンに行えます。詳細は下記ページで解説しています。

続きを読む ▶ [図説]ビッグローブモバイル(格安SIM)の申込み手順・開通までの手続きとSIM到着に掛かる時間

[LINEモバイル]最大 5000円相当還元

2020年3月31日までの期間、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線を扱うMVNO「LINEモバイル」では、LINE Pay残高またはLINEポイントがもらえるSIMのみ契約キャンペーンを実施しています。

・キャンペーン実施期間:2020年3月31日まで
・還元特典:データSIM(SMS)1000円相当/音声SIM 5,000円相当

・月額割引: 月額基本利用料 最大2ヶ月0円 キャンペーンあり
・対象料金プラン:音声通話SIMの場合月額1480円~

LINE Pay残高・ポイント還元キャンペーンを使うには申込画面で専用コードを入力する必要があります。

・LINE Payコース: PB054
・LINEポイントコース :LN054

コード入力を忘れると特典が貰えませんので、申込画面にて必ず入力をしてください。

[2020年3月]SIMのみ契約でキャッシュバック・特典や割引がある お得なスマホ契約方法
Pocket
LINEで送る