2019年10月よりいよいよ開始される楽天の自社回線を利用した携帯通信サービス(MNO)について、2019年9月6日に衝撃的なキャンペーンが発表されました。

これまで「2019年10月にサービスを開始する」としていた楽天の携帯キャリアサービスですが、開始まで一ヶ月と迫った2019年9月まで料金プランや具体的なサービス内容について正式な発表がなかったため、一体どんな料金になるのか気になってきた人も多いと思います。

9月6日に発表された楽天自社回線のサービスは、なんとサービス開始直後の楽天自社回線のスマホ料金プランは「無料」で提供されることが判りました。

無料になる内容は、国内/国際通話・国内/国際ローミングデータ通信・SMSも完全に使い放題で、最大半年(2020年3月末まで)無料で提供すると発表しています。

ちょっと信じられないほど魅力的なサービス開始記念キャンペーンですが・・・

残念ながら、誰でもすぐに楽天自社回線のサービスを契約・無料利用出来るものではないことも確定しました。

しばらくは楽天自社回線は「無料サポーター」限定のサービスに

ニュースなどでも大きく報道されているように、楽天による携帯キャリアサービスのスタートについては、総務省が指摘を行うほどにサービス開始のための準備が遅れており、いわゆる三大キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクのように2019年10月時点では正規サービスとして提供が間に合わなかったようです。

今回は「無料サポートプログラム」としてごく限られたユーザーだけがタダで楽天自社回線を使えるようになることは決まりましたが、9月6日の発表では正式な料金プランがまだ決まってすらいないという進捗の遅延も露呈しました。

携帯通信サービスは今や一般生活に必要不可欠な「インフラ」であり、中途半端な品質・サポートで提供を開始してしまうと混乱を引き起こしてしまうことも予想されますので、まずは無料モニターを募り、安全・安定して利用できることを確認しながら順次楽天自社回線への移行受付を拡大するスケジュールが組まれています。

「無料サポートプログラム」の応募条件も2019年9月6日に告知がありました。

楽天モバイルの自社回線が利用できるエリアが限られているのか、東京・大阪・名古屋の都心部と神戸市に在住しているユーザーだけが応募可能となっています。

また、無料サポーターの要件として、品質テスト・アンケートへの協力および楽天自社回線で使える製品で利用をすることが必須となります。

2019年9月時点でiPhoneは楽天自社回線では利用動作確認が行われていないため、iPhoneユーザーは無料サポートプログラムの対象外になる可能性があります。

関連記事:2019年10月参入楽天モバイル自社回線で使えるスマホ・iPhoneはどれ?利用・対応周波数(Band)

楽天自社回線の無料体験をしたいユーザーは、2019年10月1日から始まるプログラムへの応募を行い、申込多数の場合は抽選によって選ばれ、最大半年ほどの体験を行うことになります。

2019年10月1日(火)午前0時00分から10月7日(月)午前9時59分までの間、「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申込ページより、申し込みを受け付けます。

初回の無料サポートプログラムの提供人数は5,000人とされており、現在の楽天モバイル(MVNO)および買収したDMMモバイルのサービス利用者の0.5%以下の人数しか受け入れられないことも解っています。

無料サポートプログラムはユーザー自身が応募しなければ契約することは出来ませんので、MNVOとしての楽天モバイル利用者全員が無料サポートプログラムに応募することは無いにしても、かなりの高倍率になることが予想されます。

楽天自社回線で使える新スマホも発表

2019年9月までに、MVNOとしての楽天モバイルが販売しているいくつかのSIMフリースマートフォンについて「楽天自社回線」へ対応した端末が確認されていました。そして9月6日、新たに楽天のキャリア用端末として一挙に10台ものスマホを提供するスケジュールを公開しました。

ラインナップとしては、楽天専用の新機種を含み、すでに他社向けに発売されているハイエンドスマートフォンのGalaxy S10、ドコモ向けにのみこれまで提供されてきたコンパクトなXperiaスマホ「Xperia Ace」をSIMフリーモデルとして投入することも確定しました。

(ドコモ版 Xperia Aceの実機レビューはこちら)

また、楽天のロゴ「R」の文字が入ったオリジナル小型スマホ「Rakuten Mini」も発表し、端末のラインナップについては既存3大キャリアよりもバラエティ豊かな品揃えになりそうです。

”2019年10月になったら楽天自社回線に乗り換えよう”と予定していた人にとっては、無料サポートプログラムに当選するのは狭き門になってしまい、サービスの品質についても「モニター」レベルでの利用を覚悟する必要はありますが、現在の「3社横並び」になりがちだった国内携帯キャリアに変革を起こすきっかけになってくれるのならば、今後のサービス提供の拡大・安定化に期待しておきましょう。

楽天自社回線サービス2019年10月開始スマホプランは「半年無料」の激安スタート ただし初期利用は狭き門に
Pocket
LINEで送る