Pocket
LINEで送る

ソフトバンクは2019年9月13日より、これまで提供してきたiPhone・スマートフォン・ケータイ・タブレット向けの料金プランを一新し、「2年縛りなし・解約金無し」の料金体系の新プランの提供を開始します。

2019年秋より、これまでスマホの契約といえば「スマホは2年定期契約・更新月以外に解約すると1万円ほどの違約金あり」という悪習慣が常識のレベルにまで浸透してしまっていましたが、これを総務省が「違約金は1000円以下にすること」という新しいガイドラインを施行することを受け、ソフトバンクでは思い切って定期契約・違約金自体を完全に廃止したプランを作ってきました。

なお、現行のプランは2019年9月13日の新プラン登場と同時に受付が廃止されます。既存のソフトバンクユーザーはそのまま旧プランを契約し続けるべきか、新プランに変更すべきか検討が必要となりますので、ここでは詳しく新料金プランの仕組みとサービス内容、そして旧プランからの変更時に注意すべき点・トラップなどを解説していきます。

新料金プランの構成は?

2019年9月13日から契約できるようになるソフトバンクの新料金プランは、「基本プラン」+「データ定額サービス」の2つを基本として、通話に関するオプション/各種の割引を追加することで料金プランが作られています。

従来プラン・他社プランのように「1つのプラン選択で全部がセットになっている」というシンプルな料金体系ではなくなっており、使い方に合わせてプランを選択する必要がありますが、一方で「2年契約」の有無による月額料金差額が無い、全く新しい料金体系です。

ソフトバンクの新料金プランの基本プランは、月額980円に統一されました。

新料金プランでは音声回線とデータ回線による区分はありますが、スマホ・ケータイ・タブレット・ルーター機種、すべての基本料金が980円になっています。従来は「スマホ用」「ケータイ用」と基本料金も分けられていましたが、新プランではスマホもケータイも基本プラン部分に関しては共通です。

基本プラン料金が980円以外の例外になるのは以下のパターンです。

「みまもりケータイ」「キッズフォン」「あんしんファミリーケータイ」は、「基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)」(月額490円、1回5分以内の国内通話無料)でご利用いただけます。通話料は、同一家族割引グループ内の国内通話は24時間無料、それ以外の国内通話は20円/30秒の従量課金です。

ソフトバンクの通話料金は、通常契約だと「30秒あたり20円」という、使った分だけ請求が来るシステムになっていますが、たくさん通話を使う人向けにかけ放題オプションも引き続き提供されます。

 

・定額オプション(月額1,500円):国内通話24時間かけ放題
・準定額オプション(月額500円):国内通話で1回5分以内はかけ放題

通話をたくさん使う場合には、基本プラン(音声)契約時に500円または1500円の料金を追加して、かけ放題オプションを選ぶことが出来ます(かけ放題オプションは加入必須ではありません)。

新料金プランでモバイルインターネットを使う場合には、「データ定額サービス」に加入する必要があります。

データ定額サービスには旧プランにもあった「ウルトラギガモンスター+」という名前が残っており、「月間50GB+一部使い放題」の大容量プランから、ケータイ用の小容量プランまで選ぶことが出来ます。

サービス名 使えるギガ容量 月額料金 契約可能な機種
データプラン50GB+ 50GB 6,500円 全機種
データプランミニ 0~50GB
(4段階で変化)
1GBまで3,000円
2GBまで5,000円
5GBまで6,500円
50GBまで7,500円
全機種
データプラン1GB
(スマホ)
1GB 1,500円 スマホ機種*
データプラン1GB
(ケータイ)
1GB 1,500円 ケータイ機種
データプラン 100MB 100MB 300円 ケータイ機種専用
データシェアプラス 0円 タブレット
ルーター機種

*データプラン1GB(スマホ)は、ケータイ機種を契約中のユーザーがスマホに機種変更・またはMNP契約時にのみ加入出来る専用プランです。すでにソフトバンクでスマホプランを使っているユーザーは加入不可。

ケータイ機種(基本プラン(音声))の場合は、上記のデータ定額サービスは加入しなくても(基本料金の980円だけで)契約することで”通話専用回線”として運用することも可能です。

スマートフォンやケータイ、モバイルルーターの回線を経由し、他のスマホやパソコン・タブレットなどをネットにつなぐ機能「テザリング」を使う場合は月額500円の料金が掛かります。

テザリングで使えるデータ容量は、利用するデータ定額サービスの内容に従います。

新料金プラン向けの割引

ソフトバンクの新料金プランを安く使うためにいくつかの割引を適用することが出来ます。

2019年9月時点で発表されている割引は、

・おうち割 光セット:「SoftBank Air」「ソフトバンク光」などとセットで月額1,000円引き
・1年おトク割最大1年間1,000円引き
・みんな家族割+1回線あたり最大2,000円引き

の3種類があります。この3つを併用することで、最大4,000円(1回線あたり)もスマホ代がやすくなります。

逆に言うと、このセット割引を使えないソフトバンクユーザーは料金が割高になるため、新料金プランに切り替えたいのなら、おうち割・1年おとく割・みんな家族割の条件をクリア出来る環境を整えてから契約すべきです。

割引額・割引対象のプランは、契約しているスマホ/ケータイのプランによって変わります(各割引は新料金プラン専用ではなく、2019年9月12日までの現行プラン用にも提供されています)

参照:ソフトバンク公式サイト:1年おトク割の割引対象・割引額・加入条件
参照:ソフトバンク公式サイト:みんな家族割+の割引対象・割引額・加入条件

2回線以上適用するならソフトバンク光/エアーにネット変更を

上記の通り、ソフトバンクのスマホ回線の料金を下げるためには旧プランでも新プランでも引き続き「自宅のネット回線とのセット割引」の適用が重要なポイントとなっています。

ソフトバンクのスマホとセット割引に使える回線の種類は、

・ソフトバンク光:通常の光回線ネットサービス
・ソフトバンクエアー :Softbankのワイヤレス電波を使った特殊なネットサービス
・ケーブルライン
・ひかりdeトークS(ケーブルライン)
・NURO光でんわ(ケーブルライン)
・Yahoo!BB 光シティ(特定エリアのみ提供)

などがあります。また、2019年時点ではADSL系サービスのネット回線も割引対象となっていましたが、ADSLのネットサービスは2020年3月以降順次提供が打ち切られ、利用できなくなります(もちろんADSL回線が解約されると、おうち割も解除されます)。

・ホワイトBB/Yahoo! BB バリュープラン/Yahoo! BB ADSL/SoftBank ブロードバンド ADSL(2020年から順次終了~2024年にサービス完全終了)

おうち割光セットによる割引額は、旧プランの場合は500円または1000円の2種類がありました。

新料金プランの場合は、

・ウルトラギガモンスタープラン(50GB+加入):月額1,000円値引き
・ミニモンスター(データプランミニ加入):月額1,000円値引き
・スマホデビュープラン/ケータイ1GBプラン:セット割対象外

このように、スマホデビュー用の1GBプラン以外は1,000円/(毎月・1回線あたり)の値引きになります。ケータイプランの場合はセット割引の影響を受けません。

ソフトバンク光の基本料金はマンションタイプ(集合住宅)の場合で月額3,800円~戸建てタイプの場合で月額5,200円~です。

ソフトバンク光の基本料金はごくごく平均的な光回線の価格・サービスですが、ソフトバンクのスマホ回線とセットにすることで節約効果が出ます。

例えばソフトバンクの新料金プラン(旧プランでも)でミニモンスター・ウルトラギガモンスターのスマホを2回線持っていれば、ソフトバンク光の基本料金は3,800円-おうち割1000円×2=実質1800円の負担で使えていることになります。

さらにソフトバンクスマホの利用家族が多い場合に、最大10回線までおうち割セット値引きを適用出来ます。もし4回線以上適用できるなら、家でほとんど光ネット回線を必要としていない場合にすら、料金を下げるためにわざわざ契約する価値があります。

もしソフトバンクのスマホを家族が複数人使っているのに、ソフトバンク光・ソフトバンクエアー以外の他社光回線を使っているのであれば、新料金プランにする前にネット回線を変更しておくべきです。

ソフトバンク光・ソフトバンクエアーを契約する場合にはキャッシュバックが貰えるキャンペーンもあります(2019年9月時点、オプション無しで最大35,000円CBあり)。

関連記事: [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ

新料金プランの月額料金イメージ

上記までに解説した、「基本プラン」・「データ定額サービス」、通話のオプションや割引サービスを組み合わせた料金イメージです。

スマホでたくさんネットを使う場合は、「ウルトラギガモンスター+」という呼称がされる、「データプラン50GB+」を含むプランを作ることで、割引前の通常価格7,480円 →  最安月額3,480円~にまで割引を効かせる事が可能です。

1人で50GBもの大容量データを使うことが出来るプランとして5千円を切ることが出来る料金は、かなりの安さといえます(通話料金・機種代金は含まず)。

ウルトラギガモンスターの「50GB」まで毎月使うことが無いことが分かっているユーザーは、1GB~50GBまで使用量に応じて4段階に料金が変わる「データプランミニ」を含む料金を選ぶことになります。

このプランではネットをあまり使わなければ月額1,980円~という低価格な維持が出来る一方で、1GBを超える・2GBを超える微妙な容量を使うとやや割高です(格安SIMサービスなら3GBのデータ付き音声プランで2,000円以下が当たり前(例えば「LINEモバイル」なら対象SNS使い放題付きで1690円~)なのに、ソフトバンク新料金ミニモンスターで3GB使ってしまうと5-6千円が掛かることになるため)。

スマホデビュー時、またはケータイ機種で1GBまで使うことが出来る初心者向け・ライトユーザー向けプランは月額980円から使うことが可能です。新料金プランには最低利用期間が無いため、1年だけ契約して使うことも可能なはずです。

基本プラン(音声) 980円
100MBまで 300円
合計 1,280円

前項の「1GBケータイプラン」よりも安くソフトバンクケータイを使いたい場合、データプラン100MBを選ぶことで月額1,280円から使うことが出来ます。データプラン100MBは「1年オトク割」の対象外であるため、1年目は1GBプラン+1GB専用割引を使って980円で使うことをオススメします。

ケータイ用のプラン 月額料金
基本プラン(ケータイ) 980円
24時間かけ放題付き
基本プラン(ケータイ)
2,480円
1回5分以内のかけ放題付き
基本プラン(ケータイ)
1,480円

ソフトバンクの新料金プランで携帯電話を使う場合、ネットに繋ぐ必要がない(Eメールも利用不可)には、最安980円の基本料金だけで使うことが可能です。最低利用期間がないため、短期間だけ通話さえ出来れば良い携帯電話を持ちたい場合にも有利です。

より詳しいソフトバンクの新料金プランの計算・最新割引条件などは公式サイトの表記を確認してください。

新料金プランに伴う旧プランの受付終了

2019年9月13日から始まるソフトバンクの2年契約無し・違約金無しの料金体系が登場すると同時に、旧プランの新規加入受付が終了します。

【スマホ/ケータイ向け】通話基本プラン通話定額基本料通話定額ライト基本料通話定額基本料(ケータイ)通話定額ライト基本料(ケータイ)
【タブレット向け】(iPad専用)ベーシックデータ定額プランfor 4G LTE(iPad専用)ベーシックデータ定額プランタブレット基本料(タブレット専用)ベーシックデータ定額プランfor 4G法人タブレット基本料/法人タブレットプラン
【モバイルWi-Fiルーター向け】Wi-Fiルータープラン(高速)Wi-Fiルータープラン4G/LTEデータし放題フラットN4Gデータし放題フラット+N4G/LTEデータフラットプランfor BB4G/LTEデータライトプランfor BB4Gデータフラットプラン+for BB4Gデータライトプラン+for BB法人データ通信プランフラット(4G)法人データ通信プランフラット(4G/LTE)法人データプランデータバリューパック(スーパー、ミドル、レギュラー)
【その他】みまもりケータイ専用プランみまもりケータイ2専用プランみまもりケータイ3専用プラン通話定額ライト基本料(みまもりケータイ/キッズフォン)あんしんファミリーケータイ専用プランスマートデバイスプランスマートデバイスシェア

すでに契約中の場合は終了対象のプランを2019年9月13日以降も利用を続けることが出来ます。また、現在利用中のユーザーが新プランに切り替える場合、契約期間に依らず解除料無料で新プランへ変更することが可能とされています。

すでに加入中のお客さまは、これまで通りご利用いただけます。新規申し込み受け付けを終了する料金プランから新料金プランへ変更する場合は、利用期間にかかわらず契約解除料はかかりません

この条件が適用される旧プランのユーザーは2019年9月13日以降に新プランへすぐに移行することも出来ますが、いくつか気をつけたほうがよい場合もあります。

ソフトバンク新プランへ変更する場合の注意点

以上、2019年9月からソフトバンクでは「2年縛りを廃止」するという、大きな料金体系の変更が実施されます。

新プランへ旧プランから変更することが出来ることも発表されましたが、既存ユーザーの場合は一部注意すべき点もあります。

それは、新料金プランでは「月月割」などの割引サービスが消えてしまうケースがあるためです。

例えば、管理人が契約しているソフトバンクのスマホ回線では、スマホ本体を一括0円で機種変更で購入した上に、月月割が3,000円以上付くプランを2018年から維持しています(現在このプラン・セールは実施されていません)。

この回線の場合には旧プランのまま使い続ければ月額1,000円以下でスマホを使うことが出来るのですが、新料金プランに変えてしまうとスマホデビュープランを使うことも出来ず、ミニモンスター(新料金プラン)にしてもネットセット割/家族割も使っていないため、月額料金が4,000円以上に跳ね上がってしまいます(利用できるサービス内容も変わります)。

月月割を適用することで安く維持できているソフトバンク回線は、月月割の適用期間が終了するまでは新料金プランに切り替えると損をする可能性があるため、注意して下さい。

また、ソフトバンクから「一括購入割引」を適用して端末を購入している場合、回線契約が”最低利用期間無し”になっても、端末購入補助に対する違約金まで無料になるわけではないため、規定期間未満で解約するとスマホ本体を安く買うための契約条件から外れてしまい、高額割引解除料金が請求されるパターンも生じえます。

ソフトバンクの既存ユーザーが新プランに切り替える場合には、現状のプランの割引適用状況・新プランの割引条件によるメリットが、旧プランから変更する場合に生じるかもしれないデメリットを上回るかどうか、よく検討してから手続きを行いましょう。

*上記は2019年9月6日発表時点の料金サービス情報に基づいています。料金やサービス内容が変更されることもあるため、最新情報は必ず各自で公式HPを参照してから契約するようにしてください。

ソフトバンクスマホの一括値引き・キャッシュバックは無くなるかも

旧料金プランから新料金プランに変更する場合に生じる可能性があるデメリットの他、旧プラン(定期契約)を前提にして提供されているスマホの一括0円・キャッシュバックキャンペーンが新料金プランでは対象外・2019年10月以降の割引規制によって無くなってしまう可能性も別の問題として存在します。これはソフトバンクだけの問題ではなく、携帯大手キャリア全体で共通です。

一部のソフトバンク代理店では新料金プランの発表後、iPhoneやAndroidスマホ・ケータイ機種の大特価セールの終了を予定しているショップが出てきています。

ソフトバンクの2019年9月の新プランから”契約の2年縛り”はなくなりますが、その反動としてスマホの本体代金を安く入手出来るチャンスが絶無になる可能性が非常に高いため、2年定期契約でも構わないという場合は新料金プランが始まる前にソフトバンクで契約して安く端末を入手するという戦略をオススメします。

もし最低利用期間のないソフトバンクの新料金プランでiPhoneやPixelが一括0円になってしまったら、契約→解約を繰り返して0円でスマホを貰い放題ということになってしまいますので・・・そんな裏技は絶対に出来ないように改悪・値上げがされるでしょう。

旧プランで適用できる最終セールの駆け込みによってショップが混雑する可能性もあるため、スマホの一括0円・高額キャッシュバック案件を狙う場合は早めに契約したほうが良さそうです。

iPhone7が一括1万円~ SB公式アウトレットセール

ソフトバンクでは旧モデルのアウトレット在庫(未使用のまま返品されたものや、ごく短期間利用された機種を検品した在庫)を台数限定で販売するスペシャルフェアを開催しています。

本セールは9月6日時点で終了予定は案内されていませんが、大幅な値引きが適用されている状態であるため、打ち切られる可能性があるかもしれません。

iPhone XやiPhone 7、型落ちしたXperia XZ2/XZ1など、通常販売が終了している旧モデルが格安で買えるチャンスであるため、新機種に拘らない人にはオススメです。

対象機種 販売価格
iPhone X 64GB 一括55,200円
iPhone 7 128GB 一括11,040円
iPhone 7 256GB 一括13,440円
Xperia XZ2
(機種変更OK)
一括19,200円
Xperia XZ1
(機種変更OK)
一括17,760円
Xperia XZs
(機種変更OK)
一括16,320円

(2019年9月8日時点、各8%税込。在庫状況はソフトバンクスペシャルフェア セールページ」/(9月12日終了予定)を参照下さい。本セールは店頭では実施されていません)

2019年9月12日で終了する現行のキャンペーン・値引き

上記で解説した通り、ソフトバンクの2年縛りなし・違約金無しの新料金プランでは「みんな家族割+」・「おうち割光セット」・「1年おトク割」の3種類が使えることは判明していますが、キャンペーン設定時に2年定期契約を前提としていた現行プランで利用できたさまざまなキャンペーンが一斉に打ち切られることも確定しました。

特定の機種、条件に当てはまるユーザーは新プランを待たずに現行プランのキャンペーンを使ったほうがお得なケースがあるため、終了前に申し込みをすべきかどうか早急な検討が必要です。

終了予定のキャンペーン 概要
 iPhone XR ハッピープライス iPhone XRを10,800円引きで買える
 はじめてタブレット割 携帯電話とタブレットセット利用時の値引き
 ガラケー通話し放題割 他社携帯からSBガラケーへ乗り換えると1000円値引き×3年
 USIM単体専用割 「通話基本プラン」+「2年契約なし」で3000円値引き×2年
 機種購入サポート 1年の利用を前提に対象機種を値引き
 ガラケータダで機種変更キャンペーン 60ヶ月以上ガラケー機種を使っていると機種代実質0円

(それぞれ2019年9月8日時点の情報に基づいています。最新情報・新キャンペーンはSB公式HPにてご確認ください)

2019年9月13日午後9時 iPhone11予約受付開始

ソフトバンクは2019年モデルの新しいApple端末「iPhone11シリーズ」の発売を11日に正式発表し、予約を公式のウェブサイトで先行して受け付けることをアナウンスしました。

発売に先立ち、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11」「Apple Watch Series 5(GPS+Cellular)」および第7世代の新しいiPadは、iPhone、Apple Watch、iPadの各取扱店およびソフトバンクオンラインショップで、9月13日午後9時から※予約を受け付けます。

午後9時まで営業していないショップでは翌日の営業時間開始時刻からの受付となり出遅れてしまう可能性がありますので、絶対に13日中に予約が出来るウェブ手続きが最も便利です。

例年は午後4時(16時)から新モデルの予約受付を解禁するのですが、2019年は午後9時からのスタートですので間違えないように気をつけて下さい。

ソフトバンク新料金は2020年版学割も対象に

ソフトバンクは2019年12月6日~2020年6月1日までの期間、新料金プランも対象となる「Softbank学割」を実施しています。

今年の学割は「1年間のギガ使い放題」+「基本料金980円が6ヶ月無料」が大きな目玉特典となっています。

2020年版のソフトバンク学割では、「ウルトラギガモンスター+」/「ミニモンスター」/「スマホデビュープラン」(ケータイからの買い替え、または新規)のそれぞれの契約種別によって対象となる特典が異なります。

たくさんスマホを使う大学生~高校生でも、たくさんネットを使わせたくない小中学生に設定するプランでも安く、お得な新料金プランを組むことが出来るようになりました。

詳しくは公式サイトのキャンペーン情報を参照ください。

ソフトバンク2019年9月新料金プラン(2年縛り無し)に変更しても損しない?料金の仕組みや安くするための条件解説
Pocket
LINEで送る