Pocket
LINEで送る

現在はドコモとauの通信網を借り受けて格安SIMサービスを提供している「楽天モバイル」は2019年10月より自社のネットワークを使った「MNO(移動体通信事業者)」となります。ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバイル)に続く新しい通信会社としてサービスの競争・発展が期待されるところですが、将来始まる楽天モバイルの自社回線を使ってみようという場合には、楽天モバイルの通信回線で利用できる端末(スマホ・タブレット・ルーターなど)を把握しておく必要があります。

MVNOとしての楽天モバイルの格安スマホサービスは、ドコモ回線またはau回線のサービスに分かれており、基本的にドコモ回線ならドコモのスマホ、au回線ならauのスマホが使えますが、新しい楽天モバイル(自社回線)サービスでも同じスマホが使えるとは限りません

楽天モバイル(自社回線)が使う周波数帯(Band)

一般的に携帯会社が利用するネットワークと、そのネットワークが使えるスマホを判定する場合には”利用周波数帯”を見比べることになります。周波数は”○○○○MHz(あるいはGHz)”といった周波数による表記と、その周波数帯を含む”Band(バンド)”として表記されます。

例えば、Apple iPhoneのなら、公式ホームページのスペックデータにリストが出ています。

FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66) TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46) CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)

この端末が対応しているバンド(周波数帯)と、キャリアが提供しているバンドが一致していれば利用が可能です(キャリアは複数のバンドを利用しており、対応バンドの種類・数によって通信速度・接続安定性が変わることもあります。また、機種によってはソフトウェア的な問題でバンドが一致していても利用制限が掛けられているケースがあります)。

楽天モバイルの自社回線では、一般的にBand3と表示される1.7GHz帯(1825-1845MHz)を使うことが総務省によって認可されています。

この楽天モバイル(自社回線)で使える予定のBand3はiPhoneや多くのスマホで対応周波数には含まれていますが、すべてのBand3のスマートフォンで使える周波数帯というわけではないとされています

楽天モバイル自社回線で使えるスマホ(端末)

2019年4月時点において、楽天モバイルではMVNOとしてたくさんのSIMフリースマホのセット販売を行っており、その中で2019年10月以降提供の自社回線で使える機種を明示するようになっています。

例えば、2019年4月時点の表示ではHuawei Mate20 Proはドコモ回線で使える(2019年3月頃から配信されているソフトウェアアップデートを適用するとau回線でも使えます)と表示されています。一方、OPPO R17 Proの場合は楽天自社回線・ドコモ回線・au回線すべてで使えるという表示がされます。

ここでそれぞれの端末の対応バンド(LTE)を比べてみると、

Huawei Mate20 Pro
FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32 TDD LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41 (2545 ~ 2655 M) キャリアアグリゲーション対応、au VoLTE対応

OPPO R17 Pro
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32 TD-LTE: Bands 34/38/39/40/41

このように、どちらもFDD-LTEのBand3には対応しているはずですが、公式サイトで利用可能とされているのはR17 Proだけのようです。

2019年4月3日時点(8月5日までの情報追加)で楽天自社回線に対応する、l楽天モバイルの販売機種は以下の通りです。

SHARP:
AQUOS zero SH-M10
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS sense2 SH-M08
AQUOS sense plus SH-M07
AQUOS R compact SH-M06
AQUOS sense lite SH-M05

HUAWEI:HUAWEI nova lite 3(ビルド番号のカッコ内「C635」から始まるモデル)
P30 lite(2019年8月追加)

OPPO:
Reno 10x zoom(2019年7月追加)
AX7
R17 Pro
Find X

ルータ:NEC Aterm MR05LN

上記のリストにない機種は”非対応”と書かれています(上記機種で同じ型番なら楽天モバイル以外から購入したモデルでもソフトウェアアップデートにより、自社回線での利用対応することが可能)。楽天のMVNO→MNOへサービスを変更した際に、楽天モバイルで購入した機種が自社回線で非対応だったとしても対応機種への交換・返品はできないため、将来楽天モバイルのMVNO回線→MNO回線で使いたいと考えているユーザーは、対応リストにある機種を選ぶことをオススメします。

楽天自社回線でiPhoneは使えるのか?

楽天モバイルのMVNO回線ではau・ドコモそれぞれが発売しているiPhoneを使うことが出来ます。楽天の自社回線でもiPhoneが使えると便利なのですが・・。2019年4月23日時点では iPhoneの取扱・利用可否ともに未定となっています。

対応バンド的にはiPhoneにもBand 3を含むモデルがあるため、SIMフリー・SIMロック解除済みのiPhoneであれば利用できる可能性はありますが、ソフトウェア(iOS)・APNのプロファイルの問題等で接続ができない可能性もゼロではないため、iPhoneで楽天自社回線を使う予定のユーザーは注意してください。

これは古いiPhoneでも、最新のiPhoneシリーズでも変わりません。

iPhoneの場合は単に利用するモデルの対応周波数と提供される回線の周波数が一致していれば良いというわけではなく、APNプロファイルというものがないと通信出来ない仕様になっています(MVNOの場合。キャリアの場合はSIMカードを入れるだけで自動認識される組み合わせもある)。楽天の自社回線を利用する際に、このプロファイルが提供されるのかどうかが重要になるため、公式で”未定”とされているうちは、やはり未定としか言いようがなさそうです。

なお、実際の楽天自社回線の運用が始まった段階で各端末の利用可否が変わる(動作確認が出来た機種が増える)可能性がありますので、必ずしも2019年4月時点の対応表記がすべてというわけではなさそうです(サポートによれば動作確認が出来た端末から順次リストに追加されるとのこと)。

上記のリストにある機種はいずれもSIMフリースマートフォンとして発売された機種です。楽天が自社回線によるネットワークサービスを提供開始する段階では、自社販売専用スマホやより多くの動作確認リストが公開される見込みですので、楽天のMNO回線・料金サービスが気になっている方は公式の続報を待ちましょう。より詳しい情報は公式サイトの最新情報を参照ください。

2019年7月時点では、楽天モバイルのサイトでは販売されている端末の中から「自社回線で使えるもの」だけを表示する機能も追加されています。

[激安]2台目のスマホが1円! プラス割

2019年6月13日より、楽天モバイルですでに回線を持っているユーザー、またはその家族が2回線目として楽天モバイルの回線を追加する場合に、OPPO AX7(通常価格3.2万円前後)のスマホが1円で買える「プラス割」キャンペーンを実施しています。

OPPO AX7も楽天の自社回線(MNO)での利用が可能な端末として動作確認が行われている機種です。楽天モバイルへ家族みんなで乗り換えをするのなら、2人(2回線以上)での乗り換えがオススメです。

☆「楽天モバイル公式サイトでプラス割について見る

[期間限定]楽天スーパーセールで半額スマホ登場

楽天モバイルの親会社は言わずとしれた「楽天市場」を運営する楽天です。楽天モバイルは格安SIMサービスとしての回線契約はもちろん、「半額でスマホが買える」チャンスがこれまでに何度もありました。回線そのものより、むしろスマホのセール自体に人気があったと言っても過言ではないかもしれません。

楽天のスマホ安売りはいつでもやっているわけではありませんが、2019年9月時点では4日~9月11日までの期間、最大スマホが半額以下で買えるスーパーセールを実施中です。

現在のキャンペーンは楽天モバイル(MVNO)のドコモ回線とセットで契約することで、SIMフリースマホ各種が格安で買えます。

台数限定、タイムセールでは1万円以下で買える低価格モデルから、 ハイエンドモデルのOPPO Find Xなどが半額になります。

9月実施のセールの中で楽天モバイル自社回線(MNO)でも使える予定の端末は、

・OPPO Reno 10x Zoom 83,274円
・OPPO Find X 48,800円

の2種類です(各税別、契約事務手数料込み)。楽天のセールは随時開催されていますので、お得に買える期間を狙いましょう、

☆「楽天モバイル楽天市場店 スーパーセール

楽天がDMMモバイルを買収-2019年9月より運営変更

2019年7月9日、楽天はDMMが運営する格安SIMサービス「DMMモバイル」を買収、2019年9月1日(予定)より運営業者の変更を行うことを楽天・DMM両者が正式発表しました。

DMMモバイルはかつて「業界最安値プラン」を他社に対抗して値下げし続ける攻勢を掛けていた時期もありますが、2019年時点ではあまり目立った動きはなく、ここ数年で大きく利用者を伸ばすことは出来ず2019年6月30日時点において24万回線の契約者を持つサービスとなっていました。

なお、運営が変わる2019年9月以降も「DMMモバイル」というサービス・プランは継続されるとしています。ただし現在利用特典として付与されているDMMポイントが楽天スーパーポイントへ変更されることも発表されました。

現時点(2019年7月9日午後)ではDMMモバイルユーザーに対する楽天モバイル/楽天自社回線への移行案内などはされていません。しかしながらDMMモバイルの事業買収は楽天自社回線拡大への布石であると予想されますので、何らかの移行優遇などがあるかもしれません。

設備準備に問題あり?楽天自社回線提供遅延の恐れ

2019年8月、総務省は楽天に対して自社回線の提供に必要な通信設備の設置状況が計画より遅れていることに対して行政指導を行っている旨を公表しました。

これに対して楽天は自社回線サービスの提供開始について、一度にすべてのユーザーを案内するのではなく、サービス開始直後(2019年10月以降)は一部のエリア・限定されたユーザーのみをMNOへ切り替え提供を始める可能性が出てきています。

2019年8月末時点ではどの程度の進捗状況なのか公開されていないため、楽天自社回線をあと1ヶ月で開始出来る程度には進んでいるのか、それともサービスインに完全に間に合わないほど遅延しているのかも不明となっており、サービス開始後の接続に不安が生じる状況となっています。

今後楽天自社回線の提供が設備準備付属の状況で強行された場合に利用者にとって不便な状況が発生しうる可能性があるため、楽天モバイルから自社回線への切替案内が来た場合にも、慎重に提供エリア・回線品質を確認してから申し込みをすることを推奨します。

2019年10月参入楽天モバイル自社回線で使えるスマホ・iPhoneはどれ?利用・対応周波数(Band)
Pocket
LINEで送る