Pocket
LINEで送る

2019年9月10日に発表されるApple iPhone 11 Pro(5.8インチモデル)において、旧モデルのiPhone XS/iPhone X(5.8インチモデル)のスマートフォンケースや保護フィルム・ガラスフィルムが使えるかどうか、実際に2019年モデルiPhone向けとされるアクセサリーを購入・iPhone11 Proに装着して確認してみました。

2019年モデルの新型iPhoneでは背面のカメラレンズデザインが変わるため、基本的に背面を覆うケースの互換性はない(使い回しは出来ない)ことは皆さんの予想通りです。

iPhone 11シリーズとiPhone Xシリーズのデザインにどのような違いがある影響でアクセサリーを交換する事が出来ないのか、実機に装着して確認してみましたので、詳しく解説していきます。

2019年iPhoneはスピーカー・ボタンも変更

2019年モデルの新型iPhone (iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone 11 Pro Max)では、事前のリーク情報でも随分前から判明していたように、本体の左上に四角形のカメラユニットが搭載されます。

従来モデルのiPhone XS/XS Max/Xでは、2つのカメラレンズが縦長に配置されていたため、背面のカメラ部位に合わせて穴の空いたケースは、iPhone X/XS用のアイテムは5.8インチのiPhone 11 Proには使えない見込みです(互換性はケースのデザインにより異なる。もともとカメラ位置に穴が空いていない・フリーサイズ用のケースならば使える可能性はあります)。

例えば、今回購入したSpigenのiPhone 11 Pro(2019, 5.8″)用ケースの場合、iPhone X(2017)に装着すると、そのデザインの違いが判ります。

iPhone X/XSシリーズのカメラレンズ部分はiPhone 11 Proに比べて小さいため、大きなスキマが出来てしまうことを諦めれば、5.8インチでほぼボディサイズは変わらないためケース自体を嵌めることはできます

ただし、よくチェックしてみると、ところどころの製品デザインの変更があります。

まずは本体下を見てみましょう。

iPhone Xの本体下部にはLightning接続端子とスピーカーが配置されていましたが、iPhone 11 Pro用のケースでは左側(ディスプレイ面を上にした場合)のスピーカー用の穴が、右側に比べて小さくなっています。つまり、iPhone 11 Proでは本体下のスピーカーが左右対称ではないデザインなりました。

iPhone 11 Pro用のケースを旧モデルに付けるとスピーカーを部分的に塞いでしまいます。もしiPhone 11 ProのスピーカーがiPhone Xシリーズと全く同じなのであれば、このSpigenのケースは完全に不良品でしょう(メーカーは事前にサンプル提供を受けてアクセサリーを作っているはずなので、普通はそんなことにはならないでしょう)。

さらに、本体左側のボタン位置も変更されていることが見て取れます。

SpigenのiPhone 11 Pro用ケースをiPhone Xに付けると、マナースイッチが穴の中央よりも明らかに上にズレてしまいました。つまり、iPhone 11 Proのマナースイッチは従来機種よりも若干下に配置が変わっているようですね。新型ではボタンが下に移動しているデザインを想定してケースが作られているのです。

音量ボタン・電源ボタンも、iPhone Xに装着した状態で押すことは出来ますが、ボタン中央位置がズレています。

もともとカメラレンズのパーツ・大きさが変更されていますので、あえてiPhone 11 Pro用のケースを買ってiPhone X/XSに装着したいと考えるユーザーは居ないと思いますし、iPhone Xシリーズ用のケースではiPhone11 Proのカメラレンズを塞いでしまいますので、iPhone 11 Pro・2019年モデルのケースは必ず専用のものであることを確認してから購入してください。

ガラスフィルムは2017-18-19年モデル互換性あり

続いて、iPhone 11 Pro(5.8インチ)用とされるガラスフィルムも購入して、iPhone Xに貼り付けてみました。

今回購入したのは2枚セットで499円(購入時点)と格安だった、同じくSpigen製のフィルムです。iPhone X/iPhone XS/iPhone 11 Proのディスプレイサイズはすべて5.8インチとされていますので、画面用のアクセサリーについては互換性があることが予想されました。

早速貼ってみます。この製品には5.8インチ用のガイドパーツが入っており、iPhone Xでもぴったりとはまりました。

こちらが装着後の様子です。

このフィルムはケースと干渉しないように、iPhoneのガラスパネルの周囲を覆うことは出来ない仕様です。

インカメラ部分もガラスフィルムで覆うことは出来ませんが、iPhone 11 Pro用のフィルムもiPhone Xにぴったりと貼り付き、気泡・浮きもなく簡単に貼り付けることが出来ました

iPhone11 ProとiPhone Xのフロント部分を見比べても、どちらがどっちか判りません。

2019年モデルのiPhoneはそれぞれ、2018年モデルとおなじ6.5インチ・6.1インチ・5.8インチモデルが登場する見込みです。ガラスフィルムについてはそれぞれ旧モデルのパネルサイズと同じものを選べば使える可能性が高いでしょう(spigenの箱にも、iPhone X/XS/iPhone11 Pro 2019年モデル用との記載があった)。

今回購入したSpigenのケースは飛び出したiPhone 11 Proのトリプルレンズ部分よりもほんの少し厚みがあり、しっかりカバーしてくれるのでオススメです。☆「【Spigen】 iPhone 11 Pro ケース 5.8インチ 対応 TPU 傷防止 レンズ保護 超薄型 超軽量 Qi充電 ワイヤレス充電 クリア リキッド・クリスタル

(すべてのメーカーの製品がiPhone 11 Pro/iPhone X/XSシリーズのアクセサリーで互換性がある・無いことを保証するものではありませんので、利用の可否は購入前に販売メーカー各社へお問い合わせください)

→ 実際にiPhone11シリーズが発表され、デザインが明らかになりました。やはり上記の通り、iPhone XS以前のシリーズとiPhone 11 Proはデザインが変わりました。

iPhone XRとiPhone 11(6.1インチ)もサイズが同じであるため保護フィルムについては互換性があります。カメラレンズのデザインが変わったので、背面を覆うケースは互換性が無いことが判りました。

iPhone11 Pro(2019)にiPhoneX/XSのケースや保護フィルムは使える?実際に買って互換性確認してみた-スピーカー・ボタン位置変更に
Pocket
LINEで送る