Pocket
LINEで送る

どんなに大切に使っていても、不意にスマートフォンを落として画面が割れる・外装が剥がれたり・欠けたり、歪んでしまってがっかりした経験がある人も多いと思いますが、スマートフォンの修理には高いお金が掛かるため、そのまま購入後2年契約の買い替え時期まで乗り切ろう・・・という人もいらっしゃるようで。

iPhoneを比較的安く修理してくれるショップもありますが、もっともっと安くしたい!という方は、自分で直す方法が間違いなく最安値です。

故障の度合い・箇所によって難易度は大きく変わりますが、腕に覚えのある方は「自分でiPhone修理」にチャレンジしてみるのも、工作感覚で楽しめるかもしれません。

*iPhone6の修理は、他のiPhoneシリーズに比べて難易度が高いと知り合いの修理業者に聞きました。プロでさえ修理中に基板をヤッてしまい、修理どころか再起不能になってしまうこともあったそうなので、覚悟の無い方は大人しくApple Store(およびAppleの正規受付ショップ)に持って行って修理してもらいましょう。自身で分解したことがわかると、公式での修理保証対象外になることもあるので、すべて自己責任でやることになります。

特に「iPhone専用」というわけではないのですが、スマートフォンの修理用に必要な工具をまずは揃える必要があります。スマホは精密ドライバーだけでは分解できませんので、持っていない方は工具付きのパーツ販売を利用するか、修理用工具セットをまず手に入れましょう。

4shosi

必要なのは、画像のように星形の特殊形状(写真は4sの本体ネジ)ドライバーや精密ドライバー、ディスプレイを剥がすための吸盤、塗料を剥がすための樹脂製ヘラなどです。ほとんどの修理用セットにはこれらがひとまとめになっていると思います。特に星形のドライバーは普通の精密ドライバーセットには入っていないことも多いので、まずはそこからです。

iPhone6 液晶パネル フロントパネル アイフォン6 スクリーン タッチパネル 修理パーツ 検品証明あり 純正品 (iPhone6, 白)

画面が割れてしまった場合には「表面のガラスだけ」を取り替える方法と、ガラス下のタッチパネル部分まで丸ごと交換する方法の2種類があります。値段だけならガラスパネルのみが安いのですが、iPhone6のガラスはしっかりと接着剤でくっつているので、上手く剥がすには熟練の技が必要です・・・

ガラスパネルだけの交換方法は、↓こちらの動画が参考になります。管理人は、この動画をみてガラス修理を諦めました(笑)

フロントパネルのガラスの下には、タッチパネル機能を実装するためのデジタイザーが組み込まれています。こちらを交換する場合には、本格的にiPhoneを分解してパーツを外して交換することになりますが、先ほどの動画のようなガラスパネルを剥がす作業がなくなるので、取り扱い難易度は下ります。ただし、パーツの外し方を間違えると中身が壊れて取り返しが付かないことにもなりますので、決して簡単に出来ると油断しないで下さいね。

iPhone6/6Plusのホームボタンには指紋認証機能(Touch ID)が搭載されています。このTouch IDは、純正以外のパーツで修理すると、使えなくなることがほとんどです。指紋認証を修理後も使いたい場合は、純正のボタンを移植して下さい。もしホームボタンが破損・欠損している場合は指紋認証を諦めるか、Apple storeに持ち込むしかありません。Touch ID機能が復活できるパーツは私の確認した範囲では無さそうです。iPhone修理屋に問い合わせてみましたが、やはり別パーツではTouch IDは使えなくなるとのことでした(Touch IDが修理後もつかえる、という修理業者はパーツを交換しているのではなく、オリジナルのパーツを移植しているだけです)。

物理ボタンとしての機能だけならサードパーティ製でも交換利用できるとのことです。

落としたときに背面、横枠などが激しく傷ついたり、変形・欠落した場合にはバックパネルパーツが必要になります。これもバラ売りされていますので、「フロントはシルバー、背面はゴールド」などの特殊カラーも作れちゃいます(笑)

Skiliwah iPhone 6 4.7"修理交換用 前カメラフレックスケーブル レシーバーケーブル インターラプターケーブル 3in1 修理パールカメラが正常に動作しなくなった場合、カメラのレンズ・センサーパーツだけでの交換も可能です。カメラモジュールにはフロント用とバック用(メイン)用がありますので、必要に応じて手に入れてください。カメラ部分が故障していない場合は、そのまま元のパーツを残すのが良いです。

iPhoneシリーズのバッテリーは、昔の携帯やスマホのように簡単にカバーを開けて手軽に交換できるものではありませんが、分解するならば取り替えること自体は出来ます。Appleでは不具合の出たバッテリーの無償交換を行ってくれることもありますが、1年の保証を超えた使用頻度の高さによるヘタりでは、一律9400円の修理代金が掛かります。

iPhoneは全世界で発売されているため、修理用パーツは海外でも売られています。というより、日本で買えるパーツのほとんどは、海外製の輸入品です。もし海外から個人輸入するノウハウがあるなら、海外から買い付けたほうが安上がりです。

ただし、国内の通販でも同じですが、信頼できるサプライヤーからの商品でない場合、不良品が混じっていたり、商品の発送やトラブル対応が良くなかったりすることも多々あります。そこまでのリスクを取ってでも安く買いたいという方は、ebayでの輸入にチャレンジしてみましょう。

eBayは世界最大のオークションサイトです。あらゆる国から商品が出品されており、iPhone用のパーツもいっぱいあります。オークションのため安く、品質の良いアイテムを手に入れられるかどうかは個人の技量と運次第ですが、チャレンジしてみる価値があります。価格だけなら国内のショップの半額以下で買える商品もいくらでも見つかります。

☆「eBay iPhone6 Repair Parts

中国の業者向け修理パーツ販売サイトで輸入すれば支払いにPaypalが利用できるサイトも多数あります。こちらでもiPhone向けの様々なリペアパーツを日本へ輸入することが出来るため、eBayでの個人間取引よりも大手と取引したい場合・大量に輸入したい場合は利用可能です。個人向けに1個~数百・数千個単位でのパーツ販売を行っています。

最後にもう一度。iPhoneの修理はすべて自己責任で、自信のある方だけチャレンジするようにして下さい。成功すれば数千円で直る故障でも、状態を悪化させてしまうと数万円の損になってしまうかもしれません。リスクを恐れる方にはオススメしません。管理人は興味があって上記のようにいろいろ調べはしましたが、チキンなので今のところ自己修理には手を出していません(´∀`;)

iPhone6用修理パーツ集 壊れたiPhoneを安く直したい人向け
Pocket
LINEで送る

Tagged on: