Pocket
LINEで送る

楽天モバイルの自社回線サービス(MNO)・UN-LIMITプランで使えるスマートフォンを調べることが出来る機能「楽天モバイル公式スマートフォンチェック」の使い方を解説します。

楽天モバイルのMNOサービスは、従来のドコモ・au・ソフトバンクで使っていたスマホだけではなく、SIMフリーとして発売されているiPhone、Androidを含めて「楽天モバイルが販売した正規の対応スマホ」以外はすべて動作保証外となっています。

一方で、事実として実際には楽天モバイルが販売している機種以外でも、「動作保証外ではあるけれど楽天モバイルで通話や通信が出来るスマホ・iPhone」が存在します。

当サイトでも楽天モバイルのMNOサービス用SIMカードを使い、2020年4月に新発売された iPhone SE2(第2世代)にて、一部動作することを確認しました。

参考記事:[実機レポート]iPhone SE2(第2世代,2020)楽天モバイルMNO回線で使ってみた・通話/データ通信利用可能な設定方法

楽天モバイルのMNOに「公式で対応する機種」を使うことが最も安全ではありますが、今持っている別のスマホでとりあえず使ってみたい・2台めのサブ回線・副回線として運用するので動作保証外でも構わないというユーザーは、以下の手順で「どの機能が使える/使えないのか」をチェック出来ます。

①:「楽天モバイル公式スマートフォンチェック」のページへアクセスする(スマートフォン・PCからでもOK)。

②:使いたいスマホのメーカーを選ぶ

③:どこで買ったかを選ぶ(キャリアでの購入 or SIMフリー)

④:機種名を選ぶ

*楽天モバイルで動作確認が行った機種・動作確認中のモデルのみ表示されます。2020年4月下旬時点では、まだ確認された機種はごく一部のみです。

動作チェック中の場合、「このスマホは動作確認中です」と表示されます。

動作確認済みの場合、どの機能が使えるか、詳細な情報が判ります

例えば、iPhone 11 SIMフリーモデルの場合、データ通信・通話・SMS(楽天回線)での利用が可能なことが明らかになっていますが、それ以外の機能が動作しないことが判明しています。チェック時のOSバージョンなども記載されています。

なお、動作チェッカーにおいて「一部の機能が使える」とされているiPhoneやスマートフォンでも「楽天モバイルが公式に動作を保証するもの」ではありませんので勘違いしないようにしてください。あくまで楽天モバイルの販売する機種のみが、動作保証・正規サービスの提供保証範囲内です。

2020年4月24日に確認した範囲では、iPhone SE2(第2世代、2020年)も, 楽天モバイルのチェック結果データのiPhone 11と同じ挙動を示しています。

VoLTE,APNの設定を行えばiPhone SE2でも通信・通話・SMSが出来たのですが、APNの自動設定・楽天エリア外でのSMS受信が出来ないようでした。

楽天モバイルの公式チェッカーが登場したことで「iPhoneで楽天モバイルMNO回線で安心して使える」ようになるというわけではありませんが、すでに持っているスマホで一時的にでも使ってみたい・スマホ故障時に入れ替えて使えるのなら便利だ、というケースはあるはずです。

続きを読む:楽天モバイル(MNO/自社回線)のAPN設定方法 ユーザー名/パスワードなどの設定項目-繋がらない場合の対処法

[ちょっと朗報]楽天モバイルMNO 自社回線でiPhoneの一部機能は使えると公式発表 対応チェック機能を追加
Pocket
LINEで送る

Tagged on: