NTTドコモが2021年3月26日から新サービス「ahamo (アハモ)」の提供開始を行うのに合わせて、ドコモの公式オンラインサイトにて「ahamo↔docomoプラン」の変更で2重に料金が掛かる例が示されています。

ドコモの新プラン「アハモ」は、単なるドコモの”新しいプランの一つ”ではなく、ドコモの従来プラン(ギガプラン)からアハモに変更する場合は、ドコモのこれまでの料金プラン・サービスとは一部利用可能なサービス内容が変更されるため、特殊な処理が行われます。

サービス開始に合わせてドコモプランからアハモに変更を考えているユーザーも多いと思いますが、ユーザーに不利益なトラップに気付かず変更してしまわないように、細心の注意を払いましょう。

「そんなのよくわからない!調べるのが面倒くさい!」という方は、アハモを契約すべきではありません。そのままドコモの契約を続けるか、大手キャリアへの乗り換えにとどめておきましょう。

ドコモからアハモへのプラン変更適用時期

アハモプランの申し込みは2021年3月26日から始まります。月の途中からすぐにアハモへプラン変更してもよいのかどうか・何時切り替わるのか、気になっている方も多いでしょう。

これに対する答えは明確で、月の途中でも月末でも、ドコモプランからアハモに変更すると、すぐに(即日)新プランに切り替わります

月の途中でアハモに契約変更した場合、初回に限りドコモ・アハモプランのどちらか高い料金のみ請求が発生します。

例:ドコモで月額5,000円のギガプランから変更した場合 → ドコモプラン5,000円のみ請求
例:ドコモで月額2,000円のギガプランから変更した場合 → アハモプラン2,970円のみ請求

*通話料金・オプションなどの利用状況により、ドコモ/アハモどちらの請求になるか変動することが考えられます。

通常は一方のみの利用料金が請求されることになりますので、それほど心配は要りません。ただし、ドコモの大容量プラン→アハモに変更しても、すぐに料金が安くなるわけではないので気をつけてください。

ドコモ+アハモの二重課金が発生する場合

前項で「ドコモからアハモに即日変更され、料金が高いプランのみが請求される」としましたが、これはアハモサービススタートに伴う特例の場合です。

ドコモのギガプランなど⇔ahamo間で3回目以降の変更の場合、変更月は変更前・後それぞれの料金プランの月額料金がかかります

上記の通り、ドコモ・アハモのプラン変更を繰り返すと、3回目以降の変更に関しては月の途中でプラン変更をするとドコモ・アハモ両方の料金が二重課金となります(ドコモ公式の回答)。

この”3回目以降”の意味は、累計のプラン変更回数です。つまり、ドコモユーザーであれば1度はアハモに変更→ドコモに戻すというプラン変更を行っても二重課金にはなりません。しかし、さらにアハモに戻す(3回めの変更)をやってしまうと、月の途中・月跨ぎに関わらず、両方の料金が盗られてしまいます。

例:ドコモ契約者→アハモ→ドコモ→アハモ変更で二重課金
例:アハモ新規契約→ドコモ→アハモ までなら一方のみ課金

アハモプランの噂を聞いて「ドコモより安くなりそうだからアハモに変えよう」と安易に考えて一度アハモに切り替え、やはり満足できずにドコモに戻ることはOKです。しかし、そこから後日「オンライン申し込みも覚えたし、料金が安くなるならアハモにしよう」と思っても、今度は3回目(ドコモ→アハモ→ドコモ→アハモへ移動)の累計変更になってしまうため、プラン変更時にドコモ・アハモ両方の月額料金が掛かってしまうトラップを忘れないようにしましょう。

アハモの料金が日割りになる場合・ならない場合

新料金プラン・アハモの基本料金が日割りになる条件・日割りにならない条件について、いくつかのパターンがありますので合わせて解説しておきましょう。

まず、ドコモのスマホ/ケータイプランから変更した場合には、前述のとおり「アハモかドコモの高い月額料金のみが適用」されますので、日割にはなりません。例えば月額1320円のケータイプランを月末まで利用→月末日にアハモに変更してしまうと、たった1日しかアハモのサービスを使っていなくてもまる1ヶ月分アハモの料金が掛かってしまいます。

新規(乗り換え含む)にアハモを月の途中に契約した場合には、アハモ基本料金は日割りとなります(契約月に解約した場合は日割りにならず、利用日数に関わらず1ヶ月分が満額請求)。

一方で、月の途中に解約した場合には解約日に関わらず1ヶ月分の料金が掛かり、日割りにはなりません。よって、アハモプランを解約するのなら月末が良いでしょう。

機種変更(スマホ購入)はアハモ変更前が推奨

アハモでは、サービス開始と同時に「ahamo向けの特別な3つの製品」として、型落ちのiPhone 11・Galaxy S20 5G・Xperia 1 IIの取り扱いを開始します。

一方で、それ以外のiPhone 12や格安の4Gスマートフォンなどは、アハモプランに変更してしまうとドコモの公式オンラインサイトで買えなくなります(2021年6月頃まで)。

これはドコモプラン(ギガプラン)とアハモプランのシステムの違いによるもので、システム改修がされるまでの期間に新型のiPhoneやスマホがドコモから発売されても、オンライン手続きによる機種変更が出来ないためです。

これに対して、ドコモは以下のようにアナウンスしています。

ドコモオンラインショップ取り扱い機種の購入を希望されるお客さまは、ahamo契約をする前に購入いただけますようお願いいたします。購入した商品がお手元に届きましたら、2021年3月26日(金曜)のahamo提供開始後に、別途ahamoへプラン変更手続きをお願いいたします(プラン変更手続きをされない場合、現在ご契約中の料金プランのままとなりますのでご注意ください)

ドコモオンラインショップで機種変更後にアハモへプラン変更するには、

1. ドコモオンラインショップで「ギガプラン」(「5Gギガライト」(5G対応機種を買う場合)または「ギガライト2」(4G対応機種を買う場合))の契約を選択して、欲しいスマホを買う

2. 最短2日程度で届いた商品の開通(利用開始)手続きを行う(詳しい方法は機種・契約種別によって異なります。詳しくは「ドコモオンライン購入-商品到着後の設定・開通(機種別)」を参照)

3. オンライン手続き(ウェブ)で、アハモプランへ変更する

以上のステップで、アハモに変更する前にiPhone 12や格安スマホをゲット出来ます(アハモ変更前ならドコモのオンライン割引も適用可能です)。

ただし、前述の通り、この「ドコモプランに一度変更してからドコモオンラインで機種購入→アハモに戻す」という手順でも、累計3回目以降のプラン変更はドコモ・アハモ料金が二重課金になってしまいます。

例えば、

ドコモユーザーがアハモに機種購入をせず変更、直後にスマホが壊れたためにドコモに戻してオンライン割引で新型iPhoneを買う→アハモに戻す:💀 二重課金対象

という具合になってしまいます。スマホが壊れた場合以外でも、2021年春モデルがそろそろ発表・発売される頃合いであり、春に機種変更を考えている方もいるでしょうから、このケース(アハモに変更後、ドコモで機種購入をするためにドコモに戻し、またアハモへ行く)は十分発生しうるトラップです。

”アハモに変えた途端スマホが壊れると思わなかった”と言い訳をしても、残念ながらシステムの仕様上どうしようもありません。ドコモオンライン取り扱い機種を買いたいのなら、二重課金覚悟で3回目の契約変更をするか、いっそ他社に移動する・SIMフリー・中古スマホなどを別途入手するしかないでしょう。

以上の理由から、そろそろ機種変更の時期かな?というドコモユーザーがアハモにプラン変更を検討する場合には、事前の機種購入が推奨されます。

ドコモでは2021年3月より、オンライン限定の端末購入割引も実施されており、比較的新しい4G格安スマホが一括1.2万円~から機種変更出来ます。

アハモユーザーにおすすめ機種変更スマホ

アハモで使える4Gスマートフォンとして最もオススメ出来る最強の一台は「AQUOS sense4」です。ドコモユーザーなら一括2.6万円で機種変更出来ます(アハモユーザーは割引対象外)。

☆「[3/5~]ドコモ格安スマホAQUOS sense4機種変更値下げ 一括2.6万円に

アハモに変更する前に、予備機としてアハモ対応スマホを買っておきましょう。

[追記]ドコモユーザーはアハモ変更時にエラー発生の不具合あり

NTTドコモは2021年3月26日よりアハモプランへの変更を受付開始しますが、現時点で既存ドコモユーザーがアハモプランに変更する際、申込画面に不具合があることが確認されています。

 

アハモプランに変更する際、「この内容で手続きを完了する」ボタンを押すと、エラーメッセージが表示される場合があります。

この不具合の発生条件は以下のとおりです。

①「ギガプラン」等から「ahamo」への料金プラン変更をした場合
※料金プラン変更のみの場合に発生(機種購入を伴う場合は発生いたしません)
②契約回線におけるモバイル通信でお手続きを実施した場合
※Wi-Fi接続および固定回線を利用したPCでの手続き時は発生いたしません

このエラーが表示されても手続自体は完了しますが、2021年4月上旬頃まで表示不具合が解消されない見込みのため、急ぎでない場合はアハモへの変更は4月以降を推奨します。

[要注意]ドコモからアハモ/ahamoからドコモへのプラン変更 いつから適用?二重課金が発生する罠もあり
Pocket
LINEで送る

Tagged on: