Pocket
LINEで送る

auから2019年時点でも機種変更可能なストレートタイプのガラケー「INFOBAR xv」が緊急値下げされています。auの3Gガラケーが2022年3月を以って完全に使えなくなる前に機種変しておきたいauガラケー長期利用者は、このチャンスを逃さないようにしましょう。

INFOBAR xv(KYX31)は2018年11月29日に発売された最新のストレートタイプ・物理的なテンキーボタン付きとなっており、初代INFOBARから15年を記念した復刻デザインのガラケーです。

この機種は基本的な通話・メール・ウェブ閲覧などの携帯電話としての機能だけでなく、LINE/+メッセージなどのスマホと同じような機能も使えるものの、アプリのダウンロードやインストールは基本的出来ない(Google Playに非対応)なので、スマホを使うのが怖いというガラケーユーザー向けの商品と言えます。

緊急2万円の値下げ

INFOBAR xvは発売当初、再デザインにコストが掛かったのか本体価格は51,840円に設定されており、下手なスマホよりも高いという残念なモデルという印象でした。

現代のガラケーユーザーの多くは「スマホが使えないからガラケーを使う」のではなく、「ガラケーの機能だけで十分だから、その分安く使いたい」という願いをINFOBAR xvでは叶えられなかったため、あまり売れ行きが良かったとは言いがたかったのかもしれません。

しかし、2019年6月28日に実施された約2万円の値下げによって、本体定価は3万円にまで大幅値引きされています。

定期契約・指定のパケットプランに加入して毎月割を適用すれば、月額450円から(総額16,200円)の機種負担で引き続きauがガラケーを使い続けることが可能になりました。

auの3Gケータイを契約・利用中のユーザーは今のままではあと3年足らずで回線が自動解約されてしまいますので、継続利用したい場合は早めに交換手続きが必要となります。

☆「au公式オンラインサイトでINFOBAR xvの価格・ケータイ料金をみる

au最新ガラケーの料金シミュレーターの使い方

auの3Gガラケーを現在利用しているユーザーの場合、INFOBAR xvを含むすべての最新ケータイへ機種変する場合、必ず料金プランの変更が生じます(3Gケータイ用のプランもすべて2022年で打ち切られます。詳細は「3Gガラケーはいつ使えなくなる?ドコモ・ソフトバンク・エーユー キャリア別終了時期」を参照)。

INFOBAR vxの利用料金は契約するプランによってさまざまに変動しますので、かけ放題のオプション・パケット料金(重量型から定額プランまで)を選んで契約できます。

au 4Gケータイ料金プランは、auの公式サイトで使い方を答えることで簡単にシミュレート出来ます。シミュレーションに掛かる時間は1分程度です。

携帯料金を算出するための質問内容は、

・月々の利用データ容量(Wi-Fi以外)
・月々の通話利用の時間・頻度
・2年契約の有無
・ネットセット割引の有無(auスマートバリュー)

これだけです。

auの新型ケータイに必要な負担の目安はすぐに表示されます。

2019年6月時点のシミュレーターにはINFOBAR xvの本体代金は含まれていませんので、この料金+月額450円~(36分割時)が機種変更後の実際の負担となります。

もっとたくさんネットを使う場合・通話かけ放題オプションを付けたシミュレーション・申込みも公式サイトで受け付けています。

3G停波後も使えるauストレートガラケー値下げ INFOBAR xvが機種変更3万円に
Pocket
LINEで送る

Tagged on: