2022年9月16日より発売されるiPhone 14シリーズに、旧モデルのiPhone 13シリーズやiPhone 12シリーズ、それ以前のiPhone向けフィルム・保護ケース・アクセサリーが使えるのかどうか解説します(2022年9月16日時点、実機で検証済み)。

(合わないケースを買うとカメラやボタン位置がずれたりします)

2022年モデルのiPhoneは2つのディスプレイサイズ・4つのモデルラインナップ「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」が登場しました。

ディスプレイの大きさは「6.1インチ」および「6.7インチ」となり、旧モデルにも存在した画面サイズですが、2022年モデルはデザイン・サイズが一部変更されたため、古いiPhoneからiPhone14に機種変更するときにはフィルム・ケースの使いまわしが出来ないパターンがあります。

継続して利用できる製品、出来ない製品、「旧モデル用」として安売りされている製品がiPhone 14シリーズに使えるのかどうか、詳しく解説します。

iPhone 14シリーズと13/12シリーズのサイズの違い

最新のiPhone 14シリーズと型落ちモデルのiPhone 13シリーズでは、ディスプレイサイズが同じモデルの場合、パッと見の違いはほとんどわからないほどそっくりで、同じようなサイズです。

しかし、実際には微妙なサイズ変更・デザイン変更が行われました。

項目 2021年/2022年モデル
iPhone 13 Pro/14 Pro
2021年/2022年モデル
iPhone 13/ 14
縦幅 146.7 mm/147.5mm 146.7 mm/146.7mm
横幅 71.5 mm/71.5mm 71.5 mm/71.5mm
厚み 7.65 mm/7.85 mm
7.65 mm/7.8mm
重さ 203グラム/206グラム 173 グラム/172グラム

iPhone 14/14 Pro, iPhone 13/13 Proはすべて6.1インチモデルです。しかし、上記の通りiPhone 13 ProよりiPhone 14 Proのほうがほんの少し縦に長く、厚く、重くなっています。

iPhone 13と14の場合、厚みと重さがわずかに変わりました。

さらに旧モデルの6.1インチシリーズは以下の通りでした。

項目 2020年モデル
iPhone 12 Pro
2020年モデル
iPhone 12
2019年モデル
iPhone 11
2018年モデル
iPhone XR
縦幅 146.7 mm 146.7 mm 150.9 mm 150.9 mm
横幅 71.5 mm 71.5 mm 75.7 mm 75.7 mm
厚み 7.4 mm 7.4 mm 8.2 mm 8.2 mm
重さ 187グラム 162グラム 194グラム 194グラム

iPhone 14 Proに旧モデルのケースは使えない

2022年モデルのiPhone 14 Proでは、前述の通り旧モデルのiPhone 13 ProやiPhone 12 Proに比べてボディサイズが少し変わったこと・カメラユニットのサイズが変わったため、ケースの使い回しは基本的に出来ません

 

iPhone 13 Pro/iPhone 13にぴったり合わせてデザインされたケースでは、iPhone 14 Proに装着しようとするとキツイ(サイズが小さい)可能性が高いです。サイズに余裕を持って作られた製品なら装着出来る可能性はありますが、アップルの正規品(Magsafe対応ケースなど)では互換性が無いことが明らかになっています。

実際に同じメーカーのiPhone 14 ProとiPhone 13 Proのケースを買って比べてみました。

上記は「ESR iPhone 14 Pro クリアケース」という管理人お気に入りのメーカーのケースです。iPhone 13 Pro用に比べてサイドの音量ボタン・ミュートスイッチの位置が変わっているようにみえます。

クリアケースのボディ部分自体はややキツイながらハマらなくもないのですが、ボタン位置がずれてしまい正しく押せない・カメラ部分も少し縁が浮いてしまい、iPhone 13 Pro用のケースはiPhone 14 Proに利用できませんでした。

このようにわずかなズレですが、iPhone 14 ProとiPhone 13 Proのケースを入れ替えて使うと操作に支障が出る可能性があります。

iPhone 14 Proに旧型6.1インチ保護フィルムは使えない

iPhone 14 Proシリーズでは、ディスプレイの上部に「Dynamic Island」と呼ばれる、新しいインカメラ・センサー搭載パーツが配置されています。このデザインの変更があるため、従来の「ノッチ(凹)」デザイン用の保護フィルム・ガラスは使えません(デザインによらない製品の場合は貼り付けられる可能性はあります)。

上記はiPhone 14 ProのDynamic Islandです。ディスプレイを消している状態だと「i」型にパネルが切り抜かれており、これに合わせたフィルムが必要となります。iPhone 14 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxの関係も同様です。

このダイナミックアイランド部分を「全く覆わない」・「i型に穴が開いている」・「凹に大きく切り抜いている」・「すべて覆う」タイプの保護フィルムデザインが考えられます。「i型に穴が開いているフィルム」の場合、それはそれでダイナミックアイランドが不自然に目立ってしまいますので、オススメは「ダイナミックアイランドをガラスで覆うけれど、顔認証が出来るフィルム」を探すことです。

以下の商品は、実際にフィルムを貼ったままFace IDが動作することを確認しています。

☆「アマゾン- ESR iPhone 14 Pro用ガラスフィルム 3枚セット

インカメラ・センサーにフィルムが重なってしまうと動作不良を起こす可能性がありますので、iPhone 14 Proには専用のフィルム・ケースを購入することを推奨します。

☆「アマゾンでiPhone 14 Pro専用フィルムをみる

管理人が実際に購入して浸かっているiPhone 14 Pro用のガラスフィルム貼り付け・ケースの様子は下記記事で詳しく紹介しています。

iPhone 14はiPhone 13/Proとフィルム互換性あり

6.1インチのスタンダードモデル「iPhone 14」の場合、前述のiPhone 14 Proとは異なり、旧モデルのiPhone 13/13 Proと同じノッチデザインのディスプレイを継続したため、iPhone 14にはiPhone 13 Pro/13用の保護フィルムが利用可能です。

アップルが正式に販売する「OtterBox Amplifyガラスフィルム」の場合にも、iPhone 13用とiPhone 14用のフィルムが同一であることが明記されています。

☆「アマゾンでiPhone14/iPhone 13 Pro/iPhone 13用フィルムをみる

iPhone 14とiPhone 13のケース互換性

iPhone 14とiPhone 13は同じ6.1インチ、サイズも非常によく似通っていますが、アップルの公式ストアで販売されているiPhone 14用のケースは、iPhone 13/13 Proとの互換性に関する記載はありません

iPhone 14のケース・プロテクターを購入する場合は、基本的には専用のものを利用することをオススメします。

ただしケースのデザインによってiPhone 13とiPhone 14で使い回しが可能な製品もあります。

例えばソフトバンクが販売するクリアソフトケースはiPhone 13とiPhone 14に使えると明記されています。

iPhone 14とiPhone 13は厚みが少し違うだけですので、上記のようにシンプルで厚みに対して余裕のあるデザインであれば互換性が期待できます。

*ソフトバンクが販売するケースでも、個々の製品によって互換性が異なる可能性があります。必ず各商品ページ等で利用可能製品リスト・対応製品の記載を確認してください。

Apple WatchやAirPodsイヤホンなどの互換性

Appleでは2022年の新型としてApple Watch Series8/Apple Watch Ultra、AirPods Pro (第2世代)なども発表されました。

これらのiPhone関連機器で、ボディのサイズに依存しないアクセサリーは対応のiOSであれば利用可能であるため、古いiPhoneで使っていたイヤホンやアップルウォッチは基本的にそのままiPhone 14シリーズでも利用可能です。

iPhone 14用の各種アクセサリーは各携帯ショップでも買えますし、楽天モバイルの楽天市場店で買うとポイントが付いてお得です。

[実機検証]iPhone14にiPhone13シリーズやiPhone12のフィルム・ケースは使える?6.1インチ用アクセサリー互換性
Pocket
LINEで送る