Pocket
LINEで送る

ソフトバンクの提供するインターネットサービス・Softbank Air(ソフトバンクエアー)の申し込み・利用を実際にやってみた手順をまとめておきます。

各段階で申し込みに必要な手順・利用方法を画像付きで解説します。ソフトバンクエアーの申し込み・利用方法はそれほど難しいことはありませんでしたが、事前の解説では良くわからなかったこと・実体験での申し込みスケジュールが知りたいという方・これから申し込み前に手順・各手続きで必要なもの・情報を把握しておきたい方は参考にしてみてください。

ネット申し込み手順

Softbank Airの申し込みは量販店やソフトバンクショップの取扱い店でも申し込みが出来ますが、私は下記公式ウェブサイトから申し込みを行いました。情報の入力はほんの数分で終わります(ネット申し込み時点では、支払情報・本人確認などは必要ありません)。

申し込みページはこちら→SoftBank Air」/ 2017年11月30日までの申し込みで「はじめよう Softbank Air割」+ ターミナル分割購入で1.5万円現金キャッシュバック+YahooBB基本プラン加入で5000円相当Tポイントがもれなく貰える特典あり

では、上記のサイトでの申し込み方法を一つずつ解説します。

【ネットで申し込むメリット】:携帯ショップや代理店では不必要な有料オプションに気づかない間に加入させられてしまったというトラブルを良く聞きますが、ネット経由なら各自で事前にしっかりとオプションの有無を確認できます(もちろん必須である基本プラン以外はすべて加入は任意)。自分のペースでじっくりと時間をかけて料金体系・契約内容をチェックできる上に、一切SBのセールスと対面することなく契約・利用開始が可能です。

*画像をクリックすると大きくなります。

申し込みページを開き、サイト内にある「かんたんお申し込みへ」というボタンをクリックします(いくつかの申し込みリンクがありますが、どれでも同じページに繋がっています)ボタンの色や形式はキャンペーン時期で変わったりします。

(参考:過去のデザイン)

sba申し込み

受信端末(Airターミナル)を購入するか、レンタルをするかを選びます(キャンペーンの適用条件になっていることがあります。詳しい料金や特典についてはこの後表示されるページがあるので確認して下さい)。
分割購入時:(端末代1500円/月額 – 1500円/月月割)×36ヶ月=実質0円負担(3年以上利用の場合)
レンタル時:毎月490円 (完済なし、利用した月数に応じてずっと負担。今はウェブ申し込み不可)

続いて「ソフトバンクの携帯回線を持っているかどうか」を選択・YahooBBの基本サービス(プレミアム/スタンダード)を選び、申し込みタイプを決めてから「この内容で申込む」をクリックします。

表示される「SoftBank Air 重要事項詳細」に目を通し、下にある「同意して次へ」をクリックします(この重要説明事項は後で郵送もされてきます)sba2*この確認ページは2017年5月時点では次の「ステップ3」の契約者入力ページに統合されています

重要事項を確認したら、申し込みに必要な情報を各種入力していきます。利用する住所によって電波の受信・契約が出来るかどうかが決まりますので、間違えないように気をつけて下さい
a1

ステップ3において、日中の連絡先として携帯電話番号を入力しておくと、登録申し込みの連絡がSMS(ショートメッセージ)で届きます。SMSでの連絡からソフトバンクエアーの料金支払い設定ページにリンクすることが出来るので、出来れば携帯電話を入力しておくと楽です。

*料金支払い設定にはSSLで保護されたページでの入力になりますので、古いガラケーだとログインできない可能性があります。その場合はパソコンやスマートフォンから掲載されたリンクURLにジャンプしてやると、登録が出来ます。SMSを使わない場合、コンビニ支払い票が発行されて費用が324円発生してしまいます。

住所などを入力したページの下にある、契約オプションを選びます。「Yahoo! BB基本サービス」は任意加入ですが、キャンペーンのポイント獲得条件にプレミアムが必須であることがあります(適用条件は必ず最新情報で確認してください).入力が終わったら、一番下の「お申し込み内容の確認」をクリックします
a2

表示された内容を確認し、申し込みを確定します
a3

ステップ5で確定を押すと、「お手続きは終了です」という以下のページが表示されます。これでネットでの最初の入力はおしまいです。今後のスケジュールが書かれていますので、よく読んでおきましょう
a4

最終ステップで申し込みの完了を確認後には「すぐに自動メールは届きません」。ここで普通なら自動配送メールが来そうなものですが、Softbank Airの場合は翌日以降に登録住所を確認してから、初めて申し込みメールが届くようになっているみたいです。

登録したメールにすぐに連絡が来なくても、焦って連絡する必要はありません。繁盛期(3-4月頃)は審査に時間が掛かる可能性もありますが、5日待って連絡が来なかった場合はソフトバンクに問い合わせて見る必要があるでしょう。

*各手順は2016年2月に実施に申し込みをした時のものです。細かい手順は変更される可能性があるため、各ステップでご自身でも良く内容をチェックしながら進めて下さい。

上記のウェブ登録が終わったあとは、ソフトバンクからSMSでメールが届きます。管理人の場合では、申し込み日を含めて3日目に届きました。

メッセージの内容は、以下の様なものです。

「ソフトバンクより http:/r.softbank.jp/xxxxxx (重要)【ご利用開始のご案内】必ず契約内容をご確認下さい」

書かれているのはこれだけで、このリンク先をクリックしてSoftbank Airの契約にあたり付与されるYahoo IDやパスワードを確認し、支払い方法の決定を行います。

ログイン時に「ステップ3」で入力した電話番号(SMSメールが送られてきた番号)・登録した住所の郵便番号・生年月日を利用します。ログインが成功すると、以下のページが表示されます。

sbal1まずは一番上のIDの初期設定を行い、必要に応じてパスワードを変更しておきましょう。

sbal2上記のぺージを下にスクロールしていくと、「初期登録」というボタンがあるので、そこから設定をスタートします。

sbal3手順は上記の画像にも書いてありますが、

1. 【初期登録】をクリックし、Yahoo IDにログインする
2. 登録情報を確認する
3. クレジットカード情報を登録する

*銀行口座からの引き落としも出来ますが、Yahooウォレット+クレジットカードの手続きが最も簡単です。例えば「楽天ゴールドカード」はネットから簡単に作れるので、クレカを持っていない方にはオススメです。

sbal4

Yahooウォレットにクレジットカード登録が完了すれば、あとはエアーターミナルの到着を待っていよいよ利用開始です。

ソフトバンクエアーを登録すると、必ず新しく1つのYahoo IDを与えられます。もし他のYahoo IDを所有している場合はIDを統合することも可能です。私はスタンダードコースでSoftbank Airを契約し、普段は別のIDでプレミアム会員になっているため統合するメリットは無かったので放置していますが、これまでに使っていたメールアドレス・IDで管理したい場合は変更しておきましょう。

ID引き継ぎ統合の手続きは「Ybb 会員特典引き継ぎ」から出来ます(Yahoo BBで発行されたID同士は統合出来ません)。

エアータミナルの受け取り

管理人の実体験では、申し込みから5日目に登録したパソコンメール宛に「【SoftBank Air】機器発送のお知らせ」という連絡が届きました。発送状況は前項目で電話番号・郵便番号・生年月日でログイン出来た会員サイトでも確認が可能です。

発送地域は複数あるのかもしれませんが、私の場合は千葉県柏市にあるSoftbank配送センターというところから送られており、申し込みから6日目で受け取ることが出来ました(時間帯は指定なし・配送日指定がされていた)。

エアーターミナルを受け取ったら、すぐにでも使いはじめることが出来ます。接続方法はとっても簡単なので、迷うことはないでしょう。

まずはダンボールを開封し、中に入っているソフトバンクエアーの梱包を解きます。中身は「接続マニュアル用紙」「エアーターミナル本体」「ACアダプター」「有線接続用ケーブル(ワイヤレスでつなぐ場合は不要)」の4点のみです。

sbairp4

本体の下を確認して、SIMカードが入っていることをチェックしてください(Air(Dual)と書かれたカードが初めから挿し込まれています)。チェックが終わったら蓋を締めて電源コードをつなぎます。
sbairp2

ACアダプターをつなぐと、まずは下から5つの緑色のランプが全て点きます(上の3個・青のランプはこの時点では光りません)。
sbs2

緑色のランプを確認した後、正面の「LEVEL」と書かれた丸いボタンを押します(押し続ける必要はないです)。すると、受信感度が良ければ青色のランプが3つ、感度が弱いと0~2個が光ります。

DSC_0143

電源を入れた時点でエアーターミナルからWi-Fi接続用のネットワークが出されており、あとは繋ぎたい端末でSSIDを探します。初期パスワードは本体背面および裏面に[暗号キー (PSK-AES)]と書かれた数字列です。パスワード認証が終われば、すぐネットに繋がります。
sbairp6

ステップ4では手動設定方法(SSID利用)を行いましたが、WPS対応機器の場合は背面にある「WPSボタン」を押すことで連携も可能です(接続機器がWPSに対応している場合に限ります)。またはパソコンにつなぐ場合は同梱されていたLANケーブルを直接挿しても繋がります。

機種ごとの詳しい接続方法は以下のページに記載がありますので必要に応じて参照して下さい。

http://ybb.softbank.jp/support/connect/air/#a2_2

 

ソフトバンクエアーターミナル2では、2つの電波帯を使ったWi-Fi接続が出来ます。2.4GHz帯と5GHz帯があり、それぞれ別のSSID(SSIDの末尾が-2G,-5Gとなっているのですぐに判るはず)が設定されています。繋ぎたい方のSSIDをスマホやパソコンで選択してパスワードを入力してください(初期パスワードはどちらのSSIDにも共通です)。

2.4GHzと5GHzではリンク速度・安定性に違いがありますが、通常は5GHz帯を選んで下さい。一般的に「2.4GHz帯は遠くまで届くが、混線しやすい」「5GHz帯は近距離では安定するが、部屋から離れると電波が届きにくくなる」と言われています。また、古い機種だと5GHzの接続に対応していない場合があるため、その時は2.4GHzを使います(2.4GHzにはほとんどの機種が対応しているはずです)。

すでに前項目まででソフトバンクエアーが使い始められているはずですが、必要に応じてパスワードを変更したり、セキュリティ方式を変更したり、接続できるパソコンを限定したりすることも可能です。やらなくても使えますが、安全性を高めたり、特殊な使い方をしたい場合は設定を変更しましょう。

sbair6

ターミナル機器の詳細設定方法は「http://ybb.softbank.jp/support/connect/air/connect/router.html」を参照して下さい。

最後に、こんな人はソフトバンクエアーを検討するべきだというパターンを紹介してまとめを締めくくりたいと思います。

・ソフトバンクのスマホ・ケータイを使っている → スマート値引き(おうちセット割)が利用可能
・申し込みが完全にウェブのみで完結 → 電話・口頭でのやり取りが嫌いな人に
・インターネット回線工事が不要 → 回線工事費用が一切掛からず、工事指定日に家に待機する必要がない
・戸建て用の高い光回線・ADSLしか使えない → 受信エリアならSoftbankは建物に依らず契約出来る
・2年以内に引越し予定がある → 引越し先へも契約を切らずに、持っていくことが出来る

この他のメリットやサービス詳細は下記公式ページで確認して下さい。

☆「SoftBank Air

[実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ
Pocket
LINEで送る

Tagged on: