Pocket
LINEで送る

2016年2月1日から始まったドコモの新キャンペーン「春のおとりかえ割」は既存ユーザーが機種変更をする際に適用出来る割引です。一方、25歳以下のユーザーのスマホ買い替えをサポートする「U25スマホ割」というキャンペーンについてちょっと気を付けたい適用条件がありますので、確認しておきましょう。

iPhoneとAndroid機種で併用可否が異なる

「U25スマホ割」はその名の通り25歳以下のユーザーが使える割引です。この割引は機種変更の場合にも有効です。しかし、U25スマホ割と機種変更用値引き「春のおとりかえ割」は重複出来る機種と出来無い機種があります。

ルールは簡単で、「iPhoneは重複不可・Androidスマートフォンは可能」となっています。

これだけならまだ簡単なのですが・・・ここからU25スマホ割の適用機種・割引価格がモデルごとに違いがある点が事を複雑にしています。

u25smatable*価格表は2016年2月6日時点の割引額です。

ここで機種変更の場合を見ると、2014年モデルのiPhone6 16GBモデルはそもそもU25スマホ割は対象外であるのに対し、64GBや128GBモデルは対象です。一方で「春のおとりかえ割」ではiPhone6s, 6s Plusのみが対象で、iPhone6/6 Plusは対象外となります。

さらに、iPhone6s/6s Plusで25歳以下のユーザーがおとりかえ割の条件を満たしつつ、U25スマホ割も適用出来る場合は「U25スマホ割が優先」されます。

さらにさらに、Android機種の場合は「U25スマホ割は新規・MNPは対象だが、機種変更は一部対象外」という機種が混じっています。

さらにさらにさらに、U25スマホ割が機種変更にも適用出来るAndroidは「春のおとりかえ割とU25スマホ割の重複が可能なのです。

以上のルールを表にまとめると、以下のようになるはずです。

機種変更機種 25歳以下 26歳以上
iPhone6 16GB 適用なし 適用なし
iPhone6 64GB以上,
iPhone6 Plus各種
おとりかえ割×
U25スマホ割○
適用なし
iPhone6s各種 おとりかえ割×
U25スマホ割○
おとりかえ割○
U25スマホ割×
iPhone6s Plus おとりかえ割×
U25スマホ割○
おとりかえ割○
U25スマホ割×
XperiaZ5 compact
SO-02H
おとりかえ割○
U25スマホ割○
おとりかえ割○
U25スマホ割×
AQUOS compact
SH-02H
おとりかえ割○
U25スマホ割×
おとりかえ割○
U25スマホ割×

どうでしょうか、○・×があるだけではなく、さらにそれぞれ機種ごとによって割引額まで異なります。これらの適用条件を考慮して、どの値引きキャンペーンが使えるのか・どの機種が割引を重複に掛けて安く買えるのかを考えてみてください。例えば、「SO-02Hは25歳以下だと両方割引が効いて安くなり、SH-02Hは26歳以上でもおとりかえ割の値引き額が大きく割安」といった観点でチェックしてみましょう。

☆「ドコモ 機種変更用キャンペーン一覧

 

ドコモ機種変用割引「春のおとりかえ割」と「U25スマホ割」の併用について
Pocket
LINEで送る

Tagged on:

9 thoughts on “ドコモ機種変用割引「春のおとりかえ割」と「U25スマホ割」の併用について

  • 2016年2月6日 at 3:47 PM
    Permalink

    『け、結局…どういうことだってばよ!?』

    …な感じでコメントしたいですが…公式が複雑すぎるせいですねぇ…(苦笑)

    しかも公式特設の学割ページを見ると、どう見ても「U25スマホ割」「おとりかえ割」は「25歳以下」と「26歳以上」で分かれてるように見えるんですよねぇ…
    https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/tokudane/?icid=CRP_TOP_mainPR_tokudane

    あとは…この「U25スマホ割」「おとりかえ割」の月サポ増額は「シェア15以上」(25歳以下はMパックでも可?)が必須なので…結局値上g(何者かに検閲削除

    とりあえず、3月ギリギリまで先延ばしですが、メイン回線に月サポを付けるにはどの機種変更が得なのか…エクセル作ってみますかね…

    昨年3月は、九州では公式のまとめて割とは別に「MNPと同時に?機変1台につき20000円引」があったのですが、今年はまあ無い前提でいた方がいいでしょうね…

    • 2016年2月7日 at 12:51 AM
      Permalink

      本当に複雑ですよね^^; 記事の中では「適用・併用出来るかどうか」という点に絞って書いたはずなのに、ごちゃごちゃしちゃってます。適用条件・割引額まで考慮してお得感を調べるにはエクセル必須ですね(苦笑)サイト上ではとてもではないですが全部のパターンを表記できないです(場合分けが多すぎて、全部書くとそれこそカオスなことに・・・)

      独自キャンペーンもどこまで生き残っているのかまだ不明瞭ですね。3月までにもう少し希望の持てる情報が欲しいところです^^;

  • 2016年2月10日 at 9:49 PM
    Permalink

    こんばんは
    やっぱり勘違いは起きるもので…

    とりあえず上コメの訂正から
    >「U25スマホ割」「おとりかえ割」の月サポ増額は「シェア15以上」

    シェア15以上は関係ないようですね><;;
    「ドコモの学割」(800円引きや6GB増量など)の方はデータパックの制限があるようですが。

    それから、よくよく考えると「現在Androidを使っている26歳以上のユーザー」には恩恵が何もないような…ないですよね?

    これで我が家族はこれらの割引を一切受けられないことが分かりました。これらの施策、哀しいかな…何か思ってる以上にお得さはないような気がします…。

  • 2016年2月11日 at 2:47 AM
    Permalink

    度々すみません…
    6s、6s+ or Xiスマホ、でまたまた違う?ようですね…

    今iPhone回線なら機種変更は6s、6s+もXiスマホもOK
    今Android回線なら機種変更は6s、6s+はダメ、XiスマホはOK…かな?

    もう直接ドコモに問合せしてみようまて思います…

    • 2016年2月11日 at 8:32 AM
      Permalink

      iPhone6s/6s+はお取り替え割の回線条件が付けられていますね~。

      複雑なので、契約前に一度確認したほうが良いですね^^;

  • 2016年2月14日 at 4:19 AM
    Permalink

    他社から解約金のけんわ補償有りますか?

    • 2016年2月14日 at 8:31 AM
      Permalink

      docomoには公式の違約金補償はありません。店舗で独自にキャンペーンをやっている可能性はありますので、購入したいショップで聞いてみてください。

  • 2016年3月16日 at 9:38 PM
    Permalink

    こんばんは

    お久しぶりです。
    結局、公式からの施策は追加されなさそうですね…
    (昨年のような九州でのみ機種変更2万円還元施策、など)

    とりあえずExcelで
    +(一括購入時の支払い額)-(ドナ値)-(1年or2年完走時の月サポ)
    で比較計算したものがやっと出来ました。
    意外とAndroid優勢な感じですね…iPhoneは購入時は高く、その分月サポで還ってくる感じなので。
    今後、最悪1年で止める場合(0円シェアグループが終わる、来年3月にまた機種変更、など)も、2年完走時の場合も、どちらもかなりいい感じでした。

    ただ、ドナ値が急落する可能性もあるのですが…今シーズンはそうでもないかな?
    先週、春のおとりかえ割がその場で端末値引きになってから、いくつかの機種は1万程急落したくらいでしょうか。

    何にせよ、来月4月からはキャリアがボロ儲けの時代が来ますので、今のうちにやれることはやっておきたいですね。

    • 2016年3月17日 at 9:54 PM
      Permalink

      今後のiPhoneの値動きが気になりますね~。SE登場で旧モデルを投売りしやすい状況にはなるものの、案件の盛り上がりは昨年の比ではありませんし・・・。3月末に追加値引きが出るかどうか、注目したいですね。

Comments are closed.