Pocket
LINEで送る

2016年7月22日より、本邦初?となる4G+3GによるDual SIM,Dual Standbyが可能となるSIMフリースマートフォン「モトローラ・Moto G4 Plus」が発売されました。

Moto G4 Plusでは1枚のSIMカードをデータ通信専用(LTE)、もう1枚のSIMを音声通話専用(3G)といったように設定が可能で、それぞれ異なるプランを契約したスマホ回線を活用したい人に便利な一台です。

同じように使うことの出来るスマートフォンは海外モデルでは複数存在しますが、国内での利用は一般的に違法行為となり、ドコモやソフトバンク、格安SIMを利用することは不可です(詳しくは「 技適マークのないスマホはWi-Fi運用でも違法?海外SIMフリー端末の利用と電波法 」を参照)。その合法利用が可能になるのがMoto G4 Plusとなります。

Moto G4 Plusのスペックと値段

MotoG4 PlusはSIMフリーのスマートフォンです。ドコモ・ドコモ系MVNO,ソフトバンクのネットワークでの利用が可能(ほぼ確実に動くとは思いますが、すべてのSIMでの動作を保証するものではありません)な、5.5インチサイズの大型スマホとなります。

G4 Plus 仕様 備考
ディスプレイ 5.5インチ
フルHD
401ppiの高精細、
Gorilla Glass 3
OS Android 6.0.1 現在の最新OS
バッテリー 3000mAh 取り外し不可
CPU MSM8952
Snapdragon 617
Cortex-A53
1.5GHz+1.2GHz 8コア
RAM 3GB
ROM 32GB メモリーカード
最大128GBまで利用可
カメラ 16メガ/5メガ
ピクセル
f/2.0、レーザー
オートフォーカス
大きさ 152.9 × 76.5
× 7.87 mm
(縦×横×厚さ)
カメラ最厚9.87mm
重さ 157グラム
防水・防塵 撥水コーティング *防水ではありません
テレビ 無し
おさいふ機能 無し

2G:850MHz / 900MHz / 1.8GHz / 1.9GHz
3G:B1/B2/B5/B8/B19
4G:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28/TD-LTE B40

Moto G4 Plusは型番「XT1644」というモデルがアメリカ・インドなどで発売されていますが、国内モデルの対応ネットワークとは若干異なるようです。日本向けにカスタマイズされていますので、海外モデルと全く同じ挙動ではありません。

ちなみに海外ではRAM/ROMの組み合わせが「2GB/16GB」および「4GB/64GB」のモデルも存在します。日本では現状3GB/32GBのみの取扱となっています。

Moto G4 Plusの販売店、最安ショップ

Moto G4 Plusは国内の家電量販店およびMVNO業者が取り扱うことを発表しており、22日から一般販売が始まっています。国内販売価格は定価35,800円(税込み38,664円)を基準として、少しでも安く買えるショップを探してみました。

☆「ビックカメラ.com Moto G4 Plus 32GB「AP3753AE7J4」」/ 38,664円(ポイント1%還元)

ビックカメラでは税別価格に対して1%のポイント=358ptが付きます。アマゾンでも販売があります。

そのまま購入する場合、Amazonでもほぼ定価通りの価格設定です。しかし、アマゾンでは支払いにアマゾンギフト券が使えます。そのAmazonギフト券は金券ショップ・販売サイトを使うことで、割安に購入できます。ギフト券の価格は時価なので決まった価格はありませんが、例えば電子ギフト券売買サイトの大手「Giftissue ギフティッシュ」では、7%OFF~くらいで買えるはずです(管理人がギフティッシュで見たことのある最安値は9%OFF)。7%OFFでアマゾンギフト券を購入したとして、およそ36000円で買える計算となります。

ギフティッシュは無料で会員登録、利用が可能ですが、ギフト券を購入する時は事前にアカウントに入金(振り込み)が必要になります。何度も入金をしていると振込手数料分のコストが高くなってしまいますので、1回で多めの入金をしておくのが節約のコツです。

単品で買う場合、「割安Amazonギフト+Amazon利用」がおそらく現状最安値です。続いて、MVNOのキャンペーン(回線とのセット購入)を見ていきましょう。

☆「BIGLOBE 格安SIM」/ 本体価格未定・ウェブ限定3000円引きクーポン発行中

ビッグローブでは、7月26日までに上記サイトでアンケートに答えるとセット販売のSIMフリースマホの購入に使える3000円引きクーポンが貰えます。Moto G4 Plusの取り扱い開始日はまだ発表されていませんが、対象のクーポンは2016年7月27日~8月31日までの利用期間が設定されています。

7月21日時点では販売価格がわからないので最安値かどうか判りませんが、税込み価格が39000円以下ならば3千円割引クーポン利用で最安値級となります。

また、ビッグローブのSIMはライトプランS(6GB・月額1450円~)以上のプランを選ぶと最大3ヶ月基本料金が無料になるキャンペーンが行われており、これと3000円引きクーポンを合わせるとかなりのオトク感となります。

☆「DMM mobile

管理人も利用中のDMMモバイルでも販売が始まりました。価格は35800円(税別)、現時点での特典は特にありません。

以上、2016年7月21日時点で価格が発表されているMoto G4 Plusの取扱い店情報でした。現状では単品購入なら「Amazonギフト券を安く手に入れて節約」、回線セットなら「ビッグローブの割引クーポン+新規契約キャンペーンの適用」がオススメです。



 

2枚のSIMを使い分けられるSIMフリースマホ Moto G4 Plusがお得に買えるショップ
Pocket
LINEで送る