Pocket
LINEで送る

2020年4月に登場した廉価版のiPhone SE(第2世代)のカメラ性能を旧モデルのiPhone~上位モデルのiPhone 11 Pro・他社メーカーの最高峰カメラ機能を持ったスマホと撮り比べた結果を報告します。

最新モデルのiPhone SE2は、従来モデルのiPhone 8/7/6s/6などと同じ4.7インチのボディサイズに戻りました。

iPhone SE2は「手に入れやすい」をモットーに、価格を抑えるために現行モデルのiPhone 11シリーズ・iPhone Xシリーズとは異なり、カメラレンズも1個に戻っており、iPhone SE2は流行りの「デジカメ並・一眼レフカメラ並にキレイに写真が撮れるスマホ」というようなポジションの端末ではありません

iPhone SE2の本体価格は約4.9万円~であり、他社の10万円前後~あるいは10万円をゆうに超えるような超ハイスペックモデルとはターゲットが異なる端末であることは誰でも把握していると思いますが、実際にiPhone SE2を買って使ってみて「これだけはiPhone11や他社スマホのほうが圧倒的に上かも」と感じたのは、夜景モード・ナイトモードを使った場合の暗所撮影に関わる画質の差です。

(iPhone 11 ProのDeep Fusion技術で撮影した夜景)

最新のiPhoneを使うとまるで三脚を利用して固定した高級カメラクラスの夜景を、手持ち撮影で誰でもカンタンに撮影できる驚異の技術が搭載されています(参考:iPhone11カメラがiOS13.2アップデートで凄いことに「Deep Fusion」で暗闇写真で劇的画質向上)。

”スマホのカメラ画質には特にこだわらない”という方も、最新の高性能スマホ機種とiPhone SE2の違い、そして旧モデルからどのくらいiPhone SE2のカメラがよくなっているのか・満足できるレベルに到達しているかどうかの比較参考になるよう、暗い条件での撮影テストをしてみた結果をチェックしてみてください。

iPhoneSE2で「こたつの中の猫」を撮影

iPhone SE2と他機種のカメラ性能の違いがはっきりと分かる撮影サンプルとして、こたつ布団で覆われた暗い空間に猫の実寸大フィギュアを配置し、全く同じ環境でさまざまなiPhone・スマートフォンを用意して撮影比較を実施しました。

以下、写真をタップすると拡大出来ます。

まずは6年前のiPhone 5sで撮影した写真です。

(iPhone 5sで撮影)

こたつの中に居る猫は手と顔の中心部が白くなっています。猫が丸まっていることはiPhone 5sの写真でも十分見て取れる画質になっていますが、拡大してみるとノイズが大きく、薄暗い画となりました。

iPhone 5sは2013年に発売された大ヒット作。iPhone 5sは旧世代のiPhone SEと同じサイズのモデルであり、このサイズ感を気に入っていたというユーザーも多いと思います。しかし発売当時の赤ちゃんが小学生になるほどの時間が経過してしまいましたので、スマートフォンとしての性能は現行の機種とは大きく隔たりがあります。

iPhone 5sのメインカメラの画素数は800万画素、F値は2.2という仕様でした。

続いて一気に時代を進めて、2016年発売の初代 iPhone SEで撮影しました。

(iPhone SE(初代)で撮影)

初代のiPhone SEは外観こそiPhone 5sと同じでしたが、カメラは2015年モデルのiPhone 6sシリーズと同じ1,200万画素にアップしています。

しかし、画素数は上がっていても型落ちのiPhone SEでは暗所撮影に強いとは言い難く、iPhone 5sのカメラと大差ないくらいにノイズが目立ってしまう写真になりました。

次は初代のiPhone SEと同じ年に発売された、iPhone 7です。

(iPhone 7で撮影した写真)

2016年秋モデルのiPhone 7では、iPhoneシリーズで初めて耐水性能に対応・おサイフケータイ対応、ホームボタンが物理式から感圧式に変更された、革新的モデルでした。そしてカメラ性能も大きく進化したモデルです。

iPhone 7のカメラも画素数は現行モデルと同じ1,200万画素ですが、F値がiPhone SE/6sの2.2より小さな1.8になり、いわゆる「明るいレンズ」が採用されています。この変更により上記の写真の通りiPhone 5s/初代iPhone SEよりも明るくクッキリとした写真が撮れます。

関連記事:iPhone7で夜景撮影にチャレンジ キレイに撮るためのコツ

ではいよいよ、2020年モデル iPhone SE2の登場です。

(iPhone SE2で撮影した写真)

2020年モデルのiPhone SE2に搭載されたカメラは1,200万画素・F値1.8とされており、画素数とF値はiPhone 7/iPhone 8と全く同じです。そのため、今回の撮影テスト条件ではiPhone 7とiPhone SE2の写真はほとんど同じような水準になっています。

ただし、iPhone SE2とiPhone 7のカメラは全く同じ機能のままというわけではなく、ポートレートモード・HDRなどの画像処理・モードにいくつか違いがあります。

iPhone SE2ではソフトウェアの処理によりボケを再現する技術が搭載されています。今回の撮影ではその威力は発揮されていませんが、撮影シーンによってはiPhone SE2のほうが印象的な写真を撮ることが出来ます。

初代のiPhone SEと2020年モデルの写真を拡大してみると、明らかに新型のほうが明るい写真になっていることが判ります。古いiPhone SEではほとんど潰れてしまっていた猫の毛並みも、iPhone SE2なら少し見分ける事ができるようになっています。

次は最新のiPhone 11 Proで撮影したものです。

(iPhone 11 Pro・夜景モードで撮影した写真)

もうひと目で分かると思いますが、iPhone 11 Proの夜景モードを使うとまるでフラッシュを使ったかのように明るい写真に仕上がります。

iPhone 7までの機種では潰れてしまっていた、猫の毛並みの様子までiPhone 11シリーズの夜景モードならくっきり・はっきりと捉えることが可能です。

ここで、iPhone SE2とiPhone 11 Proの写真を拡大して比較してみてみましょう。

iPhone SE2でもある程度までならば猫の毛並み具合も判りますが、iPhone 11 Proのほうが圧倒的にノイズが少なく、微細な様子まで暗所で撮影を可能にしています。これが夜景モード・Deep Fusionの実力です。

もちろんiPhone SE2でもフラッシュライトを使ったり、照明を用意して撮影すれば明るくきれいに撮影することも出来ますが、寝ている動物や子供を起こしてしまうことになりかねないため、暗い環境でライトを使えないシーンでiPhone 11シリーズのようにきれいな写真を撮ることは困難でしょう。

今回はトリプルレンズのiPhone 11 Proを使用しており、iPhone SE2に比べて値段も2倍以上(iPhone SE2は4.9万円~、iPhone 11 Proは12万円~)です。

夜景モード・Deep FusionはダブルレンズのiPhone 11でも利用可能となっていますので、夜景モード・暗い場所での撮影に興味が出てきた方は、iPhone 11シリーズのお値段もチェックしてみると良いでしょう。

Galaxy S20でも撮影してみた

iPhoneでは2019年モデルのiPhone 11シリーズから初対応した夜景モードですが、Androidスマートフォンでも似たようなことが出来る機種は多数あります。

今回は最新5Gスマホの一つ、Galaxy S20 5Gの夜景モードを試してみました。

(Galaxy S20 5Gで撮影したもの)

Galaxy S20のカメラはトリプルレンズであり、iPhone 11 Proと同じ1,200万画素・F1.8のカメラ仕様になっています(数字が同じだけで、カメラユニットはアップル製品とは異なるはずです)。

Galaxy S20にも夜景モードがあり、iPhone SE2とは比べ物にならないほどきれいな夜景撮影が可能になっています。iPhone 11の夜景モードと比べてどちらがキレイかという判断は難しいところ(今回の条件ではどちらも十分キレイに撮れて、明確な差がない)です。色合いはGalaxyのほうが青白っぽくなる傾向がありました。

続きを読む ▶[ドコモ5Gスマホ]Galaxy S20 SC-51Aレビュー&評価 5G通信以外の進歩や強み、機種変更するメリット

以上、iPhone SE2とその他機種で暗い場所での写真画質比較でした。

iPhone SE2は価格が安く、ディスプレイも比較的小さく扱いやすい、eSIM対応でデュアルSIM利用も可能という特徴があり、旧モデル・他機種に比べても魅力は多くあります。

カメラの画質についてもiPhone 6sやiPhone 7シリーズなどに比べれば進歩している部分もありますので、古いiPhoneから機種変更するのなら問題ないでしょう。

一方で、2019~2020年モデルのハイエンド機種のiPhone・Androidスマートフォンにカメラ性能ではどうしても見劣りします。

iPhone SE2の購入検討をする場合には、上記のような”iPhone SE2が他機種より安い理由”もあることを理解した上で買いと感じられるかどうか判断してみてください。

[実機レビュー]夜景モード・Deep Fusion無しのiPhone SE2(第2世代)で本当に良い?iPhone11と暗所撮影比較
Pocket
LINEで送る

Tagged on: