日本のアマゾン(amazon.co.jp)ではなく、アメリカのアマゾン(amazon.com)で簡単に買い物をする最新の方法を紹介します。アメリカアマゾン個人輸入は、英語が読めなくても簡単に利用することが可能です。

アメリカのアマゾン(amazon.com)では「amazon global(あまぞんぐろーばる)」というサービスに対応した、100カ国以上に商品を送ることが出来る商品群があります。

「amazon.com」の商品をすべて日本に直送できるというわけではありませんが、日本では発売されていない多くのスマートフォンやタブレット、パソコン関連商品などを日本のアマゾン通販とほとんど変わらない感覚で購入(個人輸入)することが可能です。


(英語表記になっている以外、ほぼサイトデザインも同じです)

ただし、日本のアマゾン(amazon.co.jp)とアメリカのアマゾン(amazon.com)は別のサービスであるため、日本のアマゾンを使っている人も新たにアカウントを作り直す必要があります。

ただ、それも以下に解説するように、必要事項をちょこっとローマ字入力出来れば簡単に完了しますので、米アマゾンの個人輸入にチャレンジしたい人は試してみて下さい。

英語がほとんど読めなくても、今はインターネット翻訳も充実していますので調べながら簡単に個人輸入を楽しむことが出来ます。

アメリカのアマゾンを利用するために必要なもの

アマゾン輸入をするために必要なものは、たった3つです。

・メールアドレス
・送り先住所情報(日本の住所)
・クレジットカード(支払い方法)

ごくごく一般的な情報だけで、米アマゾンから個人輸入が出来ます。現地の住所や特別な登録・届け出などは必要ありません。

個人輸入ではなく業者レベルで輸入する・特殊な商品を輸入する場合には届け出が必要なケースがありうるかもしれません。法人としてアマゾン輸入を使う場合は法務局や経済産業省等にお問い合わせ下さい。例えば「電気用品輸入事業者」は、届け出が必要です(参照:関東経済産業局)。

初回の登録時(アカウントの作成)は、アメリカのサイトですのでもちろん英語での登録が必要となります。

手順1. アメリカのアマゾントップページへアクセスし、サイトの右上にある「Sign In」をタップする

手順2. 「Welcome」という画面にて「Create account」のチェック(○マーク)タップする

 

手順3. 名前(ここはニックネームでも可、アルファベットで入力)を「Name」に入力し、認証方法をメールアドレスに変更するため「Use your email instead」(代わりにメールアドレスを使う)のボタンをタップする

すると、電話番号入力欄がメールアドレス入力欄に変わります。

ここで「Name(名前)」・「Your email address(メールアドレス)」を記入し、「Create a password」に6文字以上のパスワードを入力してください。最後に黄色い「Create your Amazon account」(アマゾンアカウントを作成)ボタンを押します。

【パスワード使いまわし注意】アメリカのアマゾン輸入にチャレンジしてみようという方は、おそらく日本でもアマゾンのアカウントを持っているとおもいますが、日本とアメリカのアカウントでもパスワードの使いまわしは絶対にしないで下さい。”同じアマゾンだから大丈夫なはず/日・米アマゾンのセキュリティが弱い”という意味ではなく、万が一どこかで一方のアカウント/パスワードが流出してしまった場合に両方のアカウントを乗っ取られる可能性があるためです。メアド・パスワードを分散させることで、被害が起きてしまった場合のリスクを最小限に止める自己防衛をおこなってください。

手順4. すぐに入力したメールアドレスに「Verify your new Amazon account」(あなたの新しいアマゾンアカウントの認証)というタイトルでメールが届き、メール内に記載されたコード(6桁の数字)を「Enter code」(コードを入力)欄に記載して、黄色い「Verify」(検証)ボタンを押します。

正しく認証コードが確認されれば、アカウント作成は完了です。

続いて、配送先の住所と支払い方法の設定をしましょう。これだけで、ほぼ米アマゾンの利用準備は完了します。

配送先の住所を登録するには、スマホの場合はサイト左上にある「≡」のメニューを開き、「Account」ボタンを押します。パソコン表示の場合はサイト右上の「Account & Lists →Your Accont」から登録・変更がいつでも出来ます。

このあたりは、日本のアマゾンサイト(amazon.co.jp)とほとんど同じ作りですので、場所が解らない場合は日本版のアマゾンと見比べながら進めてみてください。

手順5. アカウント設定メニューの中から、「Your Addresses」を選びます。

手順6. 新しく住所を登録(Add a new address)、または受け取りボックスの住所追加(Add a new locker address)を選びます。通常は上の「new address」だけあればOKです。

手順7.  プルダウンメニューで日本「Japan(+81)」を選び、住所を英語(ローマ字)で入力します。

ここでは、

氏名:田中 太郎
郵便番号:100-0014
電話番号:090-1234-5678
住所:東京都千代田区永田町  山王パークタワー 2丁目-11-1 99階

を想定して解説します。

上から順番に、

「Full name」(姓名):「名」+「姓」の順番で、ローマ字入力します(漢字はNG)。頭文字は大文字、名と姓の間はスペースを入れます。

「Street and number P.O. box, c/o」(通り・私書箱・番地・区画名):「2丁目」や「11番地」を「2 chome」「11 banchi」などと書いても良いですが、通常は省略してハイフン(ー)でつなげるだけでOKです。

「Apartment,suite, unit, building, floor」(アパート・ビル名、階数など):すべて日本語の読みをローマ字で書いても、英語に直してもOKです。

「City」(都市):市は「City」・町なら「Town」でも良いですが、「町」は「Chou」でも「区」は「ku」でもOKです。配送業者が理解出来る書き方であれば、強引に英語にする必要はありません。

「State / Province / Region」(行政区・州・地方):都道府県を記入します。県は「prefecture」としても良いですが、「都/道/府/県」は省略しても届きます。例えば東京都の場合は普通「Tokyo」だけ書きます。

「ZIP Code」(郵便番号):そのまま日本の郵便番号を書きます。

「Phone number」(電話番号):日本の電話番号の場合、先頭に「+81」をつけて、「0」を外して記入します。通常アメリカのアマゾン・セラーから電話が掛かってくることはありませんが、日本の配送業者/税関からの連絡が来る可能性もありますので、通話可能な電話番号を使いましょう。

*最終的に国内で届けるのは日本国内の配送業者なので、ローマ字/英語の住所は日本語読みでも英語読みでも届きます。例えば「マンション」を「Mansion」と書いても「manshon」と書いても、普通の配達員なら判るはずです。

下段にある「Add delivery instructions」は任意入力ですが、通常欄に書ききれない住所情報や目印・ビルや施設に配送業者が入るための呼び出しナンバーなどを記載する欄があります。配送にこれらが必要な場合のみ記載してください(通常は空欄でOK)。

最後に「Add address」ボタンを押して、住所情報を保存します。保存された住所は、実際の商品購入時に選択するだけで、配送先へ指定出来るようになります。

手順8. 支払い方法(クレジットカード)を設定します。

スマホ表示の場合は先程と同じくサイト左上にある「≡」からメニューを開き、「Amazon Wallet」の中にある「Manage payment options」を、PC表示の場合も「Payment options」という項目から追加・変更が出来ます。

通常はクレジットカード(VISA, mastercard, american express, JCBなど、各種日本で発行したクレカでOK)を登録してください。「Amazon .com Store Card」/「Personal Chechking Accounts」は現地の住所が無いと作れないはずです。

「Add a card」というリンクボタンを押すと、入力欄が出てきます。

Name on card(カード記載の名前)には、クレジットカードに記載された名前(アルファベット表記)をそのまま入力、Card numberはハイフンなしでカード番号を記入します。

Expiration date(有効期限)は月/年の順番になっていますので、プルダウンメニューからカード記載の有効期限を選び、黄色い「Add your card」ボタンを押して追加します。

アメリカのアマゾンでお買い物をする際に、日本のアマゾンと同じくアマゾンギフト券「Gift Card」を使うことが出来ます。クレジットカードから都度支払いをするのが面倒・問題がある場合や、為替相場が有利なときにまとめてアマゾンギフト券を買っておいて節約することも可能です。

アメリカのアマゾンギフト券にはコードタイプ(eGift)、印刷タイプ、メールタイプがあります。自分自身のアカウントに直接追加する場合は「Reedem」(引き換え)という機能を使ってギフト券を買うことが可能です(支払い方法は前項までに登録したクレジットカードが使えます)。

ただし、アメリカのアマゾンギフト券↔日本のアマゾンギフト券を相互利用・交換することは出来ません。前述の通りアメリカと日本のアマゾンは別のサイトであり、それぞれ別々のアカウントが必要であるため、日本のアマゾンアカウントにあるアマゾンギフト券をアメリカのサイトでの支払いに使うことは出来ません。

キャンペーン等でアマゾンギフト券を一定金額以上購入すると増量する特典(2020年4月時点だと、初回100ドル以上の購入で10ドル分のボーナス特典)もありますので、購入前にうまくギフト券購入機能を活用しましょう。

☆「アメリカアマゾン(amazon.com) Gift Cards

以上で、アメリカのアマゾンサイトのアカウント作成(登録)・住所登録・支払い方法登録まで完了です。

上記は2020年1月時点(改訂:初稿2019年2月)の画面表示に基づき解説しました。表示項目や設定項目は変更されることもありますので、各自ヘルプを見ながら柔軟に対応して下さい。

参照:Amazon.com Help(ヘルプ/英語)

ここでちょっとアンケート
どんなものをアメリカのアマゾンで買ってみたくて当サイトにたどり着いたのか、ぜひ教えて下さい

あとは買い物を楽しむのみ

アカウント作成・住所登録・支払い方法登録が出来たら、あとは日本のアマゾンで買い物をする感覚と全く同じです。

商品を探す → カートに入れる → 支払い・配送方法を選ぶ(事前に登録したものを選ぶ or 新規追加をする)→ 確定する

これだけです。

ただし、日本に送ることが出来ない商品の場合はエラー・配送不可の表示が出ます。

登録したアカウントの配送先が日本になっていれば、商品ページ上に「This item does not ship to Japan」(この商品は日本へは送れません)や、「you choose AmazonGlobal Standard Shipping at checkout, or Get it Tue, Feb 26 – Fri, Mar 1…」(配送予定日)などと表示されます。

日本に送ることが出来る商品を探したい場合は「Amazon International shopping」のページに表示されたカテゴリーから探すと見つけやすいです(ページ直下の全商品が日本に送れるわけではないため、よく表示を確認してください)。

日本へ直送する場合は、表示された金額のほか、Shipping & handling(送料・手配料)とImport Fees Deposit(輸入手数料)が加算されます。実際に支払う総額は、カートに入れたあとに確認出来ます。

必要な送料・手数料は出品している業者によって異なることがあるため、よく金額を確かめてから「Place your order」(注文を確定)を押すようにしましょう。

米アマゾンを使った個人輸入はとても簡単ですが、輸入する商品によっては現地以外での利用保証が無い・国内メーカー拠点でのサポートは基本受けられません。日本での利用制限がある商品もあるかもしれませんので、自分でよく調べて、自己責任にてご利用下さい。

アメリカアマゾンから配送に掛かる時間・追跡は出来る?

海外通販を利用したことが無い人だと、なかなか「海外から荷物を受け取る」という事自体の経験が無いかもしれません。どんなふうに手続きをすれば受け取れるのか、あるいは追加料金や関税が発生したりトラベルが起きないか、荷物がいつ届くのか、初めての方だと想像もしづらいかもしれません。

しかし、アメリカのアマゾンインターナショナル配送(日本へ直送出来る商品の購入)を使う限りは、それほど心配は要りません

管理人も何度もスマホやガジェット、ホビー商品などをアメリカから輸入していますが、いまのところ大きなトラブルに遭ったことはありません(もちろん通販ですからトラブルがゼロとは言いません。日本のアマゾンや通販でも、トラブルが起きるときは起きるのですから。保証はもちろんアメリカのアマゾンにもあります)。

アメリカのアマゾン配送では、国内アマゾンを使うときのように「即日配送」は使えません。アメリカから1日で日本まで商品が届くわけがありませんので、お急ぎで購入したい場合は注意が必要です。

また、基本的に国際配送(International shipping)を使った場合に送料・手数料が完全に無料になることもありません(まれに送料・手数料が購入後に変更され、差額が返金されることもありますが「追加請求」はありません)

商品によって選べる配送方法が変わる可能性はありますが、基本的に

・AmazonGlobal Standard Shipping(一番安い、標準配送)
・AmazonGlobal Expedited Shipping(お急ぎ配送)
・AmazonGlobal Priority Shipping(一番高い、優先配送)

の3つがあります。一般的な倉庫に在庫がある商品の場合、通常配送を選ぶと1週間~10日前後で国内まで到着をすることが経験上多いです。配送予定日は上記写真のように購入手続き時に表示されますが、これよりも早く届くことも少なくありません

一方で、お値段が高いExpedited・Priority配送を指定しても、【アメリカの倉庫】→【アメリカの配送業者】への輸送が若干早まることはありますが、その後の出発国・到着国での通関・国内配送業者への引き渡し→配送までのタイミングはほとんど変わらないため、プライオリティを選んでも10日程度掛かることがあります。つまり、高い配送オプションをつけても通常配送とほとんど変わらないケースがありました。

優先配送を選ぶことで通常配送よりも遅れることは無いと思いますので、少しでも早く届く可能性を高めるために高い配送方法を選ぶのであれば問題ありませんが、日本国内通販のように「1・2日で必ず届く」ような配送はちょっとむずかしいです。

商品の追跡も可能です。これも商品・届け先によって異なりますが、小さな商品の場合は「i-parcel(アイパーセル)」というサービスで配送されることが多いです。

追跡方法も日本のアマゾンと同じく、出荷された時点でアマゾンの購入履歴ページに表示が行われ、追跡番号から今ドコに商品があるのかを知ることも通常は可能です(詳細が追跡できない方法で送られることもあるかもしれません)。

☆「https://tracking.i-parcel.com/」(i-parcelの場合、ここにトラッキングコードを入れると追跡できます)

APEXの追跡(ECMS)・日本での配送追跡

アメリカアマゾンで日本へ輸入する場合、「APEX」と表示される配送方法で荷物が送られてくることがあります。

Apexの正式なサービス名は「ECMS Express」という、グローバル配送サービスの一つです。読み方は「エイペックス」なのか「アペックス」なのか良く分かりませんが、とにかく「Shipped with Apex」の場合でも荷物の追跡が可能です。

Apexの追跡番号(Traking ID)は前項のi-parcelの場合と同じように、発送された後にアメリカのアマゾンの購入履歴に追跡状況が表示されます。

アマゾンのサイト上では国内の税関を通過し、国内の配送業者に引き渡されたところまでなら追跡出来ます。

日本の配送業者は提携状況によって変わる可能性がありますが、2020年1月時点で実際に個人輸入した場合はECMSから郵便局(ゆうパック)に引き渡され、国内到着の翌日に届きました。

国内に到着した後は、ECMS Global Traking(ECMS国際追跡)のサイトにて、郵便局の追跡番号を知ることが出来ます

☆「https://www.ecmsglobal.com/en/showtracking.html

上記のページに、アマゾンのサイトに表示されているTraking IDを入れると、状態が表示されます。

日本国内での追跡番号は、追跡状況の一番下に「Delivery ID」として表記されるはずです。ただし、反映されるまでタイムラグがまる1日以上掛かることがありました。

UPSで配送される場合の追跡方法

アメリカのアマゾンで個人輸入をすると、「UPS」というグローバル物流サービスで配送されることもあります。UPSの場合も出荷状況をウェブで追跡できます。

UPSの追跡はアマゾンの購入履歴に表示されている「Tracking ID」をUPSの追跡サイトに入力すれば、上記のように出荷状況・配送予定日を確認できます。

☆「https://www.ups.com/track?loc=ja_JP&requester=ST/

[2020年5月更新]:コロナ関連で出荷・輸出に制限?

2020年3月末時点において、アメリカのアマゾンから日本へ直送出来る商品が激減していることを確認しました。以前は普通に輸入できたアイテムも、日本へ出荷不可になっていることがあるためご注意ください。

原因はおそらくCOVID-19関連において、アメリカからの輸出に関して制限・出荷業務などに支障をきたしていることが考えられます。アメリカアマゾンに限らず貨物航空機などの減便などにより海外通販サイト全体が影響を受けているため、注文後の商品の出荷・受け取りまでの期間が長くなる可能性を考慮して、利用するかどうか検討してください。

[追加情報] 2020年5月上旬時点において、一部カテゴリーにおいて日本を含む海外への直輸出可能商品が戻ってきていることを確認しました。

ただし、5月時点ではまだまだ空輸・配送に関して通常状態に戻ったわけではなく、国際配送指定方法・配送に通常より長い日数が掛かる可能性がある旨も表示されています。

参照:About International Orders & Deliveries during COVID-19(Amazon.com-Help /Internatinal Shipping)

アメリカのプライムデーセールにも参加可能

アメリカ用(amazon.com)で使えるアカウントの作成が完了したのなら、日本から例年7月に開催される「Prime Day」セールにも参加出来ます。

「プライムデー」はアマゾンの有料会員(年会費/月額費)が参加(一般アカウントでも購入できる商品はあります)できるセールとなっており、日本のアマゾンでも毎年開催されていますので、どんなものかイメージは付きやすいと思います。

アメリカのプライムデーセールには、Primeメンバーの30日フリートライアル期間中でも参加が可能であるため、セール期間中(2019年は7月15日-7月16日)だけ初回お試し登録をすれば、セールに参加可能です。

☆「amazon Prime  Start 30-days Free Trial

アマゾンのアカウント作成時点でクレジットカード情報も登録していると思いますので、確認ボタンを押すだけでお試し会員になれます(セール終了後、不要になった場合は無料期間中に解約することを忘れないようにしてください)。日本と同じく、基本的にはフリートライアルは1アカウント1回限りです。

日本からアメリカのプライムメンバーになった場合、プライム会員専用の割引価格や先行セールに参加できるメリットがある一方、アメリカ在住でないと配送優遇(当日配送・指定日配送)・プライムビデオ・プライムミュージックなどは海外からのアクセス制限があるため、日本から視聴することは通常出来ません。アメリカのプライム会員費は日本のそれよりも高額であるため、日常的にプライムメンバー用のセール価格で買えることに意味を見いだせるユーザー(あるいは現地在住・拠点を持っているユーザー)以外は常時プライムメンバーである必要は低いはずです。

[おまけ]いくら節約出来る?管理人の米アマゾン買い物レポ

当ページをご覧のかたはきっと「こんなものをアメリカから輸入した」という明確な目的を持って輸入する方法をお調べになっている最中だと思います。

最後におまけとして、”アメリカから輸入したほうが安く買える/日本国内では手に入れられないもの”など、いろいろと日本のアマゾン・ショッピングサイトで買うよりもメリットがあるアイテムを、実際に管理人が輸入したことがあるアイテムのお買い物レポートを紹介します。

まず1つ目は、「カメラのレンズ」です。

日本はデジタルカメラの分野では多くの人気メーカーがあり、国内メーカー品が海外へ輸出されるケースも多いのですが、カメラレンズに関しては日本より海外から取り寄せたほうが安いケースがありました。

上記はソニーのデジタルカメラに使うことが出来る、超広角の単焦点レンズです。

このレンズはソニーの純正ではなく、いわゆる廉価な社外互換品です。日本でも4.4万円ほど(2020年1月時点)で販売しているショップがあるのですが、アメリカでは約250ドルで売っていました。輸入コストを含めてもアメリカから輸入したほうが1万円以上安く手に入れられました。

☆「Amazon.com Samyang SY14M-E 14mm F2.8 Ultra Wide Lens for Sony E-Mount

他には、管理人はスマートフォンを輸入することも良くあります。

上記はGoogleの「Pixel」というシリーズのスマートフォンです。この機種は2018年より日本でも「Pixel 3/3a/4」といったモデルが発売されましたが、それ以前のシリーズは日本未発売です。日本で売られていない機種をどうしても比較用に手に入れたかったため、「Amazon Renewed」(アマゾンの基準で”新品同様”であることを保証した)製品を安く輸入しました(アメリカで売られているスマホの多くは日本向けの製品ではないため、国内での電波利用には制限があるケースもあるため注意してください)。

他にも、パソコン用のスピーカーやマウス、小物のアクセサリーなど、「日本ではなかなか安く買えないもの」だったり、「日本でも売っているけれど輸入したほうが安価」なものを探し出し、アマゾン個人輸入を活用しています。

[2020年版]Amazon.com-アメリカのアマゾンから日本へ輸入購入する方法-アカウント登録手順
Pocket
LINEで送る

Tagged on: