Pocket
LINEで送る

ASUSが2015年8月8日より発売するSIMフリースマートフォン「ZenFone2 Laser」は、日本国内のMVNO(格安SIM)で繋がりやすいスマホになりそうです。

「Zenfone2」にはたくさんのモデルがあり、国内でも色違いを除いて3モデルがASUSのゼンフォンショップやMVNO,家電量販店で販売中です。

これまで日本で販売されていたモデルはZenfone2 「ZE551ML」という型番で、ディスプレイは5.5インチのモデルでした。しかし、新型のLaser ZE500KLは5インチにサイズダウンされています。

通常のZenfone2 ZE551MLおよび旧モデルのZenfone5と合わせて、スペックを比較してみましょう。

機種 Zenfone2 Zenfone5
型番 ZE551ML Laser
ZE500KL
 A500KL
価格  38,664円  30,024円  販売終了
 CPU Atom Z3560
1.8GHz 4コア
スナドラ410
1.2GHz 4コア
スナドラ400
1.2GHz 4コア
 RAM 2GB  2GB 2GB
 ROM 32GB 16GB  16GB
画面 Full HD
5.5インチ
HD
5.0インチ
HD
5.0インチ
電池 3000mAh 2400mAh 2110mAh
 重さ 170グラム  145グラム  145グラム
 縦  152.5mm  143.7mm  148.2mm
 横  77.2mm  71.5mm  72.8mm
厚さ 3.9-10.9mm 3.5-10.5mm 10.34mm
Band 1 3 6 8 9 18 19 28
Zenfone5
Zenfone2
Zenfone2 Laser

各キャリアのLTEの対応表はこちら→キャリアの3G・LTE通信周波数帯(Band)一覧まとめ

さすが国内版向けだけあって、多くのバンドに対応しています。auでは通話は無理ポですが、データ通信は一部できるはずです。上記の表以外にも対応しているバンドがあるので、公式ページで詳しいスペック確認をして下さい、

デザインはオリジナルZenfone2にそっくりですが、背面のカメラレンズ周りのセンサー配置が変更されています。カラーはブラック・レッド・ホワイトの3種類から選べます。ゴールド・グレーはありません。

背面はラウンド形状で弧形になっており、手にフィットして持ちやすくなっています。最も薄い隅はたったの3.5mmなので、ZE551MLより薄いですね。

Zenfone2 Laserはサイズ・スペックを抑えて価格を安く、しかし日本の通信網事情にバッチリ対応した格安スマホとして定番になりそうな一台です。5.5インチモデルのZenfone2も国内スマホに比べれば安かったのですが、価格帯が4~6万円だったために気軽に買えるレベルとは言いづらいところがありました。ゼンフォンレーザーは、ZE551MLの大きさと価格に躊躇したユーザーをターゲットに出来そうです。

お値段を安く、豊富な対応バンドで快適なネット利用がしたい方には良さそうです。

対応バンドが豊富!ASUSのZenfone2 Laserは格安SIM向けの最適機種になりそう
Pocket
LINEで送る

Tagged on: