SIMフリーのスマートフォン・タブレットや、旧モデルの国内スマートフォンを利用したい場合は、通信に利用できる周波数帯の対応によって通信速度・接続エリアが異なります。

各キャリアで利用しているバンドをLTE,3G,通話用・プラチナバンド対応などを一覧にまとめてみました(2020年9月更新)。

バンド数周波数楽天モバイル(MNO)SoftbankY!mobiledocomoau
band 12100 MHzW-CDMA
LTE(112.5M)
W-CDMA/
LTE(75M)
CDMA2000/
LTE(150M)
band 31800 MHzLTE(1.7GHz)LTE(1.7GHzとも)LTE(150M)
band 6800 MHzW-CDMA
(FOMAプラスエリア)
band 8900 MHzW-CDMA/
LTE(165M,プラチナバンド)
Band 91700 MHzW-CDMA
band 111500 MHzW-CDMALTE(75M)
band 18800 MHz*パートナーバンドCDMA2000/
LTE(75M,プラチナバンド)
band 19800 MHzW-CDMA(band6内包)/
LTE(75M)
band 211500 MHzLTE(112.5M)
band 26800 MHz*パートナーバンドLTE(75M)
band 28700 MHzLTELTELTELTE
band 412500 MHzLTE(4G,AXGP)WiMAX2+(220M)

2019年10月以降に開始予定の楽天モバイルのMNO(楽天自社回線)はBand 3が利用されます。詳しくは「2019年10月参入楽天モバイル自社回線で使えるスマホ・iPhoneはどれ?利用・対応周波数(Band)」を参照ください。楽天自社エリア外ではauのB18/26によるパートナーエリア回線で接続する事が可能です。

*バンドによっては地域的に利用されているもの、CA(キャリアアグリゲーション)用に転換されているバンドもあります。バンドの状況については「wikipedia-Long Term Evolution」が超詳しいので細かく勉強したい方は参照して下さい。

各キャリアの5G対応周波数帯・割当

KDDI・ソフトバンク・NTTドコモは2020年3月より、楽天モバイルは2020年9月より5G通信によるサービスを本格開始しました。

日本国内で利用される5G用の周波数帯は大きく分けて「sub6」または「ミリ波(mmWV/mmWaveなどとも記載)」の2種類があり、sub6にのみ対応の端末・ミリ波にも対応した端末が販売されています。

sub6/ミリ波両対応のarrows 5G

総務相の割当図は上記の通りです。これをバンド数で表記すると以下のようになります。

ドコモの5G周波数帯:n78(3.7GHz帯)/n79(4.5GHz帯)/n257(28GHz帯)
auの5G周波数帯:n77
(3.7GHz帯)/n78(3.7GHz帯)/n257(28GHz帯)
SBの5G周波数帯:n77(3.7GHz帯)/n257(28GHz帯)
楽天モバイルの5G周波数帯:n77(3.7GHz帯)/n257(28GHz帯)

なお、5G対応スマートフォンであっても、ソフトウェアに依存して利用できるバンドが異なることもあり、ソフトウェアアップデートによって特定のバンドが使えるようになるケースもあります(逆に言うとソフトウェア更新をしないと5Gにつながらない機種があるということです)。

 

Pocket
LINEで送る