Pocket
LINEで送る

KDDIは2020年2月28日より、発売されてまだ1ヶ月足らずの最新機種を含むスマートフォン価格を値下げしました。

今回の値下げ対象には2020年1月31日発売のAQUOS zero 2(SHV47)や、2019年冬モデルの人気機種 ソニー Xperia 5など、Snapdragon 855(SDM855)を搭載したハイエンドモデルが対象に入っています。

2020年2月末時点では、ソニーもシャープも「SDM865搭載 5Gスマートフォン」を発表しており、おそらくこの春~夏モデルの登場によって型落ちすることになるSDM855機種の在庫処分的な価格変更であると予想されます。

2020年の5Gスマホでは通信速度が4Gの10倍~100倍速くなるとも言われていますが、価格が現行のモデルよりも大幅に高くなることが予想されますので、「4Gの速度で十分」という方は、お買い得になった2019年夏~2020年冬春モデルのハイスペック機種への機種変更がおすすめです。

2020年2月28日~値下げ機種

対象機種 2月27日までの旧価格 値下げ後価格
【SDM855搭載】
Xperia 5 SOV41
90,720円 81,400円
Xperia 8 SOV42 49,680円 44,645円
【SDM855搭載】
Galaxy Note10+ SCV45
118,800円 109,505円
【SDM855搭載】
Galaxy S10 SCV41
90,720円 88,165円
Galaxy A30 SCV43 32,400円 28,180円
【SDM855搭載】
AQUOS zero 2 SHV47
97,200円 82,100円
AQUOS sense3 plusサウンド 46,080円 39,660円
BASIO3 50,400円 33,000円

(各税込み、2020年2月28日時点。公式サイト「auオンラインショップ」の価格。)

特に値下げ幅が大きいのは、AQUOS zero 2 SHV47です。

本機種は他社でも発売されており、値下げ前の価格はauが最も高い設定だったところから一転、3キャリア最安になっています。

また、auでは2020年2月より新しく「かえトクプログラム」への申込みが可能になっており、設定された残高分を除く分割支払をすることにより、月々の負担を安くスマホを利用できるようになっています。

関連記事:auかえトクプログラムに加入するメリットやデメリットは?残価設定型の意味と詳細解説

かえトクプログラム以外にも値下げされたスマートフォンの購入時には各種割引やキャンペーンを併用することが可能(割引は条件によります)なため、現行モデルの在庫があるうちに買い替えておくことをおすすめします。

[2月28日~]auがSDM855搭載ハイエンド機種を最大1.5万円一斉値下げ Xperia5やAQUOS zero2も対象
Pocket
LINEで送る

Tagged on: