auのiPhone 12シリーズで最も安く買える小型モデル 「iPhone 12 mini」を安く買う・料金を安くするための各種情報を解説します。

Apple iPhone 12 miniは2020年11月時点で5G通信に対応した最も安いiPhoneです。しかし搭載チップはiPhone 12 Proと同じA14による超ハイパフォーマンスを利用できる、最高峰の処理性能を持っています。

auでは各種割引・購入サポートシステムを使うことで実質2.6万円でiPhone 12 miniを利用できるため、「最初の5G対応iPhone」として最適です。

ただ、auでiPhone・5Gモデルを安く使うためにはかなり複雑な料金プラン・割引条件を熟知しておかなければならないため、予約・購入前にしっかりと料金・割引の仕組みを理解しておきましょう。

iPhone 12 miniの実質負担額

auのiPhone 12 miniの公式ショップ価格、契約種別ごとの実質負担額を一覧化してみます。

iPhone 12 mini
乗り換えの場合
64GBモデル 128GBモデル 256GBモデル
本体定価 90,065円 95,240円 109,305円
月々の支払額* 月額1,138円 月額1,254円 月額1,589円
機種代負担額* 実質26,185円 実質28,600円 実質36,305円

*割引適用・かえトクプログラムの利用時、各税込み。初回の分割支払額は異なります。

auのiPhone 12 miniのオンライン割引は、乗り換え・新規契約が対象です(2020年11月6日時点)。

iPhone 12 mini
新規契約の場合
64GBモデル 128GBモデル 256GBモデル
本体定価 90,065円 95,240円 109,305円
月々の支払額* 月額1,616円 月額1,721円 月額2,056円
機種代負担額* 実質37,185円 実質39,600円 実質47,305円
iPhone 12 mini
機種変更の場合
64GBモデル 128GBモデル 256GBモデル
本体定価 90,065円 95,240円 109,305円
月々の支払額* 月額2,095円 月額2,200円 月額2,535円
機種代負担額* 実質48,185円 実質50,600円 実質58,305円

機種変更で購入する場合、公式ショップの割引「au Online Shopお得割」は使えません。機種変更では「5G秋トクキャンペーン」が利用可能です。

auのiPhone 12 miniは、「かえトクプログラム」による購入補助が利用できます。

かえトクを使うと48分割した価格のうち、64GB 41880円分/128GB 44640円分/256GB 51000円分の残債を免除可能です。免除するためにはiPhone12miniを2年後に返却する必要がありますが、2年後の買取相場・下取り相場よりも免除額のほうが高くなる可能性がある設定になっているため、加入したほうがお得です(プログラムを利用せずに、自分で売却・下取りすることも可能です)。

詳しくはau公式サイトのiPhone料金案内を参照ください。

au iPhone12 miniは月額2178円~で契約可能

iPhone 12 mini機種代金の負担分については上記の通り、最安で2.6万円~機種変更の場合は4.8万円程度となりますが、iPhone 12 miniで5G通信を使うためには、多くのユーザーがプラン変更(契約変更)が必要となるはずです。

auの5Gプランは「4Gプラン」とは区別されており、購入手続き時(本申込み)に新プランを選ぶことになりますが、4G向けプランとは一部料金システムが変わっています。

2020年11月時点で選べるiPhone 12 mini向けのプランは以下の5種類です。

各プランの概要をざっくりと抜き出すと、以下のように記載されます。

【ピタットプラン 5G】
・データ容量は使った分だけお支払い

【データMAX 5G】
・データ使い放題
・テザリングなどのデータ容量合計30GB
・月のデータ利用量合計2GB以下の場合1,628円割引

【データMAX 5G ALL STARパック】
・データ使い放題
・テザリングなどのデータ容量合計80GB
・月のデータ利用量合計2GB以下の場合1,628円割引
・4つのエンターテインメントサービスを含む
[Netflix(ベーシックプラン)/Apple Music/YouTube Premium/TELASA]

【データMAX 5G テレビパック】
・データ使い放題
・テザリングなどのデータ容量合計70GB
・月のデータ利用量合計2GB以下の場合1,628円割引
・3つのエンターテインメントサービスを含む
[TELASA/Paravi/FODプレミアム]

【データMAX 5G Netflixパック】
・データ使い放題
・テザリングなどのデータ容量合計60GB
・月のデータ利用量合計2GB以下の場合1,628円割引
・2つのエンターテインメントサービスを含む
[Netflix(ベーシックプラン)/TELASA]

大きく分けると「ピタットプラン 5G」と「データMAX 5G」の2種類であり、スマホをあまり使わないユーザーは「ピタット」、それ以外のたくさん使うユーザーはデータMAX系+オプション系サービスのセットプランから選ぶという仕組みです。

ここで、最も安い「auピタットプラン 5G」を月額2178円~で利用するための条件を見てみましょう。

auの5G料金向け割引には、

・auスマートバリュー:ネット回線とのセット割引
・定期契約割引:2年契約による月額割引
・家族割引:auユーザーが2人・3人以上で割引

この3つが料金割引に関わってきます。

なお、この5G料金・割引は購入機種に依存せず、iPhone 12 miniでもその他のiPhone 12シリーズでもすべて一律です。

各割引を使う・使わない場合の料金シミュレーションは公式サイトにて確認出来ます。

iPhone 12 miniの在庫・人気動向(予想/結果)

iPhone 12 miniは5.4インチの新デザイン・サイズになるため、発売日直後は品薄になることが予想されます。

先行して発売されたiPhone 12の場合には、色・容量によって入荷に掛かる時間に偏りが発生しており、iPhone 12 miniでも似た傾向になる可能性があります。

”iPhone 12 miniをすぐに買えるかどうか”はアップルの製造状況によるため、発売日前の時点では予想することしか出来ませんが、iPhone 12の場合は以下のモデルは入荷数が少ない・在庫なしになっているケースが多いことが判っています。

・グリーンの64GB/128GB/256GBモデル
・ホワイト・レッドの256GBモデル

iPhone 12の場合は極端にグリーンの生産数が少ないと見られ、各携帯販売店・ショップにも入荷が少ないと聞いています。一方で、その他のモデルであればどの容量・色でもそれなりに在庫がありました。

新色となるブルーがやや人気が高い状況となっていますが、在庫自体もそれなりに多く、「人気の色だから買えない」という状況にはなっていません。

容量別では128GBモデルが一番人気になる見込みです。一方で、256GBモデルは生産数自体が少ないため、初会在庫を逃してしまうと次回の入荷まで待たなければならないと納期が長めになることが予想されます。

2020年11月13日時点、auの公式ウェブサイトではiPhone 12 miniが大量に入荷したようで、予約なしで買えるモデルが出ています。

2020年11月13日朝時点において、公式のオンラインサイトの販売状況でドコモ・ソフトバンクではiPhone 12 miniはすべて欠品しているのに対して、auオンラインだけは在庫を持っています。64GB/128GBモデルなど容量・色が選べるパターンもありますので、iPhone 12 miniを買うならauだと早く手に入れられます。

*ただし、前述で予想したとおり、一部の組み合わせでは在庫が無い状態となっています。最新の在庫状況は公式サイトで閲覧出来ます。

auでの納期が遅いモデルを予約してしまった場合はSIMフリーモデルを買うという方法もあります。今年はビックカメラでのSIMフリーiPhoneの入荷が多くなっていますので、合わせてチェックすることをオススメします。

☆「ビックカメラ SIMフリー iPhone12mini 在庫状況確認ページicon

 

au iPhone12mini最安料金プラン-値引き適用で実質2.6万円~ 安く買える条件・入荷動向
Pocket
LINEで送る

Tagged on: