2019年8月9日より、型落ちとなる2018年冬モデル Galaxy Note9をauが大幅値下げの在庫処分大特価セールを開始しています。ドコモの販売価格に比べてなんとおよそ1/3の価格という、トンデモナイ値下げっぷりになっており、在庫があまり保たない可能性が高いため、機種変更時期になっているauユーザーは早めに手に入れておきましょう。

値引きが始まったのは2019年8月9日からです。セール終了予定日は不明ですが、Galaxy Noteシリーズでは2019年秋冬モデルとして10月頃に新機種が発売される可能性が極めて高いため、型落ちとなるNote9は在庫がなくなり次第購入不可になる見込みです。

関連記事:2019年秋モデル Galaxy Note10+/10 日本向けのスペックや発売日と価格

セールの対象契約種別は新規契約・乗り換え契約(MNP)だけでなく、通常の機種変更も値引きされます。au購入サポートを利用することで通常価格9万円→4万円への大幅値下げが適用されます。

Galaxy Note9を買うメリット

Galaxy Note9はベゼルの狭い縦長6.4インチの大画面スマホです。Super AMOLEDによる美しいディスプレイと内蔵されたSペンを使うことで、いつでも本物のペンで書くような滑らかな直筆メモを取ることが出来ます。

さらにSペンはBluetoothで接続することでスマホ画面から離れた場所でも動画の再生をコントロールしたり、カメラのリモコンとして使うことが出来るという便利な使用方法も可能となっています(旧モデルのNote8には出来なかった機能)。

処理能力面でもGalaxy Note9は2018年モデルの中ではトップランクであり、Qualcomm Snapdragon 845(SDM845)を搭載・RAM 6GB+ ROM 128GBという大容量ストレージを内蔵しています。

ワイヤレス充電(Qi)・おサイフケータイ・防水防塵機能にも対応しており、Galaxy Note10では無くなってしまった3.5mmイヤホンマイク端子もNote9ならばそのまま使うことが出来ますので、イヤホンはワイヤレスではなく有線派という人は、Note10よりもNote9です。

背面のカメラは1200万画素で、絞りがF1.5とF2.4を自動切り替え出来るデュアルアパーチャ機能付きの広角レンズ+光学ズームに相当する望遠レンズ付き。最新鋭のスマホに比べると超広角レンズに対応していないという点で若干劣りますが、画質も十分にキレイな水準です。

本機種は国内ではドコモとauが取り扱っており、発売時の定価は約12万円でした(ドコモでは今も11.8万円で販売中)。これが発売からまだ1年も経っていない状態で4万円まで値下がりするというのですから驚きです。

購入サポート利用の注意点

Galaxy Note9 SCV40の値引きには「au購入サポート」という一括割引を使う必要があり、これを適用しないとおよそ9万円の機種負担がそのまま掛かってしまいます。

9万円の定価で買うのなら新機種を待ったほうがマシですので・・・安くて十分にハイスペックなNote9を買う条件として、12ヶ月の継続利用規定期間があります。

12カ月以内に「新auピタットプラン」「auピタットプラン*」「auフラットプラン7プラス」「auフラットプラン20」「auフラットプラン25 Netflixパック」「auフラットプラン30*」「auデータMAXプラン」「データ定額1~30*」「LTEフラット※1」以外のプランへの変更、解約・一時休止、機種購入を伴う機種変更を行った場合、本割引による機種購入後の経過月数(購入月を1カ月目とする)に応じて下表に記載の解除料がかかります。

以上のルールだけは絶対に守る必要があります。ざっくりいうと「1年間はau回線を解約せず、同じスマホを使い続けること」という条件です。

これを破ってしまうと、最大4万円の割引解除金が発生してしまいます。

購入から1ヶ月目から継続期間によって徐々に解除料が下がっていくタイプで、1年(12ヶ月)がすぎることによって0円になり、次の機種変更が出来るようになります(更新月以外に他社転出・回線解約を行うと別途短期解除料が発生します)。

1年間普通に今のスマホプランのまま使い続ければ問題ありませんので、通常時にauでスマホの機種変更を1年以上~2・3年のペースで行ってきた方には特に問題ないでしょう(端末故障が理由で機種変更をする場合(端末の修理や交換ではなく、通常の機種変更契約手続きをしてしまった場合)にも解除料が発生するため、不安な方は保障オプション等への加入を推奨します)。

Galaxy Note10により型落ちこそしますが、Galaxy Note9の性能であればまだまだ1年・2年と使い続けてもパフォーマンスに不満を感じることは少ないはずです。

2019年秋冬モデルとして発売されるGalaxy Note10/Note10+に興味があるユーザーも少なくないかもしれませんが、先ず間違いなくNote10+は発売直後の価格は10万円を超えてくるため(海外ではおよそ12万円~)、その半額以下で買えるGalaxy Note9を今買っておき、また来年の「Galaxy Note11?」登場前に値下がっているであろうNote10へ取り替える、というタイミングが最も安く、お得な運用方法となるでしょう。

オンラインでは在庫切れ間近

頭金が無料で買えるauの公式オンライン在庫は、2019年8月9日時点ですでにGalaxy Note9 SCV40の在庫が少なくなっているようです。

もともと3色(オーシャンブルー/ミッドナイトブラック/ラベンダーパープル)あったSCV40の在庫は現在ブラックを残すのみ。もう追加生産はされていないと見られますので、在庫がなくなり次第販売終了となってしまう可能性が高いです。

また、併用できるオンライン限定のキャンペーンとして2019年9月29日までにSCV40を含む対象機種を購入すると、抽選で9,999円キャッシュバック(WALLETチャージ)を貰うことも出来ます。

2019年10月の増税前にスマホを少しでも安く買っておきたい・機種変更しておきたいのなら、値下げされているGalaxy Note9や、別企画で値引きのある「Xperia 1, iPhone XRのお盆時期セール」が今はお得です。

その他、詳しい料金プランと割引・併用可能なクーポン情報などは公式サイトを参照ください。

[機種変]auスマホ値下げ 型落ちGalaxy Note9 SCV40が一括4万円に SDM845+128GB+イヤホンジャックあり
Pocket
LINEで送る

Tagged on: