Pocket
LINEで送る

2019年10月1日より、携帯通信回線を扱う多くのサービスで料金システムや定期契約時の解除料に関わる料金体系が変更されます。

10月から携帯料金が変わるのは国内三大キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクだけでなく、いわゆる「格安SIMサービス/格安スマサービス」などと呼ばれる、MVNOが運営する低価格な料金プランを提供しているサービスでも、かなり多くの事業者が影響を受け、プラン変更・割引やキャンペーンの変更を予定しています。

ここでは各社が発表したMVNOサービスの変更点の概要・公式の発表情報をチェックする方法などを一挙にまとめておきます。

格安スマホサービスにはそれぞれの事業者で個性があるように、2019年10月からの変更対応状況も各社異なりますので、今自分が使っているサービスの変更点、あるいは今後乗り換えを検討しているサービスの最新情報を確認してから契約検討をするようにしてください。

LINEモバイルの2019年10月変更点

・2019年10月1日以降の利用開始日になる音声プラン、短期解除料1,000円に変更
・各種有料オプションの初月無料(サービスによっては2ヶ月無料)を廃止し、初月から月額請求
(端末保障オプション・Wi-Fiオプション・LINE MUSICオプション・通話明細サービスなど)

*2019年9月30日以前に契約した回線については従来の規約が適用。

料金プランについての変更情報は特に無し(2019年9月30日時点)。

・9月30日で招待キャンペーン(11弾)終了予定
・最大スマホ半額キャンペーンは9月24日で終了済み

☆「LINEモバイルの公式サイトでお知らせ一覧をみる

OCNモバイルONEの2019年10月変更点

・利用開始月の起算日を”本人確認資料の確認が完了した月”へ変更
・解約違約金を1,000円に変更
・レンタル端末の提供を終了(モバイルルーター・USB接続機種)

・現在のスマホセール(衝撃のタックル価格セール)は9月30日午前11時で終了
・SIMカード追加手数料無料キャンペーンの終了

楽天モバイルの2019年10月変更点

最低利用期間無し・違約金無しの新料金プラン「スーパーホーダイ」提供開始
最低利用期間無し・違約金無しの新料金プラン「組み合わせプラン」提供開始
・2019年10月1日よりMNO/自社回線サービスの提供開始詳細はこちら
*2019年9月30日までに旧プランの楽天モバイル回線を契約した場合、プラン変更時には契約時の内容に応じた違約金発生あり。

IIJmioの2019年10月変更点

・2019年9月24日を以って「コミコミセット」(端末と回線オプションセット販売の特別プラン)販売を終了
・2019年10月1日以降申し込み分より、12ヶ月以内の音声SIMプラン解除調定金を1000円に変更

・9月30日で現在実施中のスマホセール(スマホ大放出キャンペーン)が終了
・9月30日で現在実施中のスマホセール(夏トク!キャンペーン)が終了
・9月30日で現在実施中のスマホセール(選べるe-GIFTプレゼント)が終了
・9月30日でOPPO Reno 10x zoom発売記念キャンペーンが終了

mineoの2019年10月変更点

・12ヶ月未満でMNP転出した場合に上乗せされる「MNP転出時契約解除料」(現在9,500円)を廃止
・2019年10月以降契約分回線では長期利用特典を廃止(エントリーコードや電子マネーギフト、王国コインなど)
・紹介アンバサダー制度の特典を全員付与から、抽選方式(最大7件まで)に変更

・9月30日で「敬老の日にスマホ新生活キャンペーン」が終了

*2020年3月頃を目処に、さらにキャンペーン・特典の変更予定あり

☆「mineo

BIGLOBEモバイルの2019年10月変更点

・2019年9月30日を以ってアシストパック(端末購入補助の割引)の提供終了
・音声通話サービスの最低利用期間(利用開始日が属する月の翌月を起算として12ヵ月)の解除料金を1,000円に変更
・利用開始日が属する月の翌々月末日までの短期MNP転出時の手数料6,000円→3,000円に変更
・2019年11月1日まで新規契約時の端末セット購入受付停止
・2019年12月2日までシェアSIM契約時の端末セット購入受付停止

nuro mobileの2019年10月変更点

nuroモバイルでは2019年9月30日時点において、消費税変更以外の料金変更のお知らせは出ていません。

現行の契約条件では音声プランには以下の解除料設定があります。

音声通話プランの場合、ご利用月数により解約金が発生します。
解約金:(12か月 – 利用開始月を0か月とした利用月数)× 1,000円

☆「nuro mobileの最新キャンペーン情報を公式サイトでみる

Linksmateの2019年10月変更点

リンクスメイトでは音声SIMプランにおいてもともと最低利用期間は設定されていないため、2019年9月30日時点で解除料の変更アナウンスなどは出ていません。

リンクスメイトの場合は回線解約時に「SIMカード削除事務手数料」として料金が掛かります。

SIMカード削除の場合は、 ・SIMカード削除事務手数料:3,000円/SIMカード1枚ごと が発生します。
※MNP転出される場合は、 ・MNP予約番号発行手数料:2,000円 が別途発生します。

J:COMモバイルの2019年10月変更点


J:COM mobileについて、2019年9月30日時点において最低利用期間や解約金変更に関するお知らせは出ていません。

現在の契約条件では以下の解約金が設定されています。

回線につき解約事務手数料2,000円(税抜)が必要です。
「音声通話+データ通信」ご契約の場合、サービス開始月の翌月から12カ月の最低利用期間があります。途中解約の場合は、解除料「700円(税抜)×残月数」(サービス開始月に解約の場合は8,400円(税抜))を一括してお支払いいただきます。
月途中で解約された場合においても、解約月の通話料が発生します。

 

NifMoの2019年10月変更点

・2019年10月1日より最低利用期間を廃止
・2019年10月1日より短期解除料を廃止

ニフモでは既存の音声SIMプラン契約者の場合も2019年10月1日以降、解除料金が廃止されます。

既にNifMoの音声プランをご利用中のお客様につきましても、2019年10月1日(火)をもって最低利用期間、契約解除料の制度は撤廃となります。

なお、2019年11月1日以降「NifMoあんしん保証プレミアム」および「NifMoあんしん保証」を利用した端末未返却違約金が一律3万円→実費へ変更される予定です。

Umobileの2019年10月変更点

*U-moibleについては2019年9月30日時点において、解除料に関わる変更のお知らせは出ていないようです

イオンモバイルの2019年10月変更点

イオンモバイルの変更点については2019年9月30日時点において、消費税増税に対する変更以外はアナウンスされていません。

 

イオンモバイルの場合は音声SIMプランでもそのまま解約する場合には「最低利用期間/違約金」の設定はなく、MNP転出させる場合のみ転出手数料として15,000円または3,000円が請求される仕組みです。

DMMモバイルの2019年10月変更点

*DMM mobileは2019年9月1日より楽天モバイル株式会社に運営が変更されており、すでに新規受付・端末販売を終了しています。

 

2019年9月30日時点でDMM mobileに関する10月以降の変更点は消費税変更以外のお知らせは出ていません。

b-mobileの2019年10月変更点


・2019年10月1日契約分より、音声SIMサービスの最低利用期間・違約金を廃止

10月1日(火)以降にMy b-mobileで解約およびMNP予約番号発行の申し込みをされた方が対象になります。

HISモバイルの2019年10月変更点

H.I.S.モバイルでは2019年6月17日より、新規契約分の音声SIMプランについてはすでに最低利用期間・違約金を廃止しています。2019年9月30日でも違約金ゼロキャンペーンは継続しており、終了予定は発表されていません。

ロケットモバイルの2019年10月変更点

2019年9月30日時点ではロケットモバイルのサービスに関する変更のお知らせは出ていないようです。

現行の契約条件では音声プランの場合1年以内に解約すると9,500円の解除料が発生します。

参照:https://rokemoba.com/

エキサイトモバイルの2019年10月変更点

エキサイトモバイルでは2019年9月30日時点、消費税変更に関する料金改定以外のお知らせは出ていません。

現行の契約条件ではSIMの開通月の翌月1日から12ヶ月間内の解約は「解除事務手数料9,500円」が発生します。

QTモバイルの2019年10月変更点

QTモバイルの変更については消費税率変更のアナウンス以外は2019年9月30日時点でされていません。

現行の契約条件では以下の音声SIM短期解除料発生が設定されています。

「データ+通話」の場合、利用開始月を含む12ヵ月間の最低利用期間があり、経過期間に応じた契約解除料をお支払いいただきます。<契約解除料>(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円。なお、他社へMNP転出の場合は、別途、MNP転出手数料(3,000円/電話番号)をお支払いいただきます。

参照:https://www.qtmobile.jp/

Fiimoの2019年10月変更点

2019年9月30日時点、Fiimoでは消費税変更に関わる料金変更以外のアナウンスは出ていません。

現行の契約条件では以下の違約金が設定されています。

データ通信タイプ、データ通信(SMS機能付き)タイプの場合は、1ヶ月です。音声&データ通信タイプの場合は、1年です。 最低利用期間内での契約解除の場合は、解約事務手数料として10,000円(税抜)をいただきます。

参照:https://www.fiimo.jp

DTI SIMの2019年10月変更点

2019年9月30日時点で、DTI SIMに関する消費税率変更以外の料金プラン変更のお知らせは出ていません。

現行の契約条件では以下の最低利用期間・違約金が設定されています。

データプラン、データSMSプランの場合は、解約手数料は発生いたしません。 音声プランの場合は最低利用期間が12カ月あり、最低利用期間内に解約または、データプラン、データSMSプランへプラン変更された場合には9,800円(税抜)の料金が発生します

キャンペーン_パターンB

*上記は2019年9月30日時点で当サイトが独自に調べた情報に基づきまとめた情報です。解約金や料金プランについて今後追加で変更がされる可能性もあるため、最新の情報・正しい情報を必ず各自で公式サイト上の表記をご確認ください。

 

2019年10月1日から格安SIMサービス(MVNO)の料金・違約金変更情報 総まとめ
Pocket
LINEで送る