Pocket
LINEで送る

国内ではドコモとauより発売中のGalaxy Note8(SC-01K., SCV37)に利用できる純正のカバー「CLEAR VIEW STANDING COVER」っぽいアクセサリーが海外の通販サイトにて格安で売られていたので、試しに輸入してみました。

本来、このフリップタイプのカバーケースは定価6千円程度で売られており、ケースとしては高級な製品です。純正のクリアビュー・スタンディングカバーを使うと、

・開閉を感知してディスプレイが点灯する
・カバー装着時専用のAlways on Display表示で、カバーを閉じたまま確認出来る
・横置きのスタンドとして使える

といった機能があります。NFCによってケースの装着を検出するなど、単なるフリップカバーではない高機能なアイテムになっています。

このケースはドコモのオンラインショップでも販売されているのですが、11月~12月時点ではずっと売り切れが続いており、購入することが出来ません。

☆「ドコモ Galaxy Note8 CLEAR VIEW COVER」/ 5,940円(税込)

一方で、今回輸入したケースは、2017年11月の注文時価格で7.8ドル(およそ800円)とされており、純正ケースに比べておよそ85%引きという驚きの低価格で売っていました。

これで同じ機能・クオリティだったらすごいな・・・と淡い期待をして注文後に待つこと3週間、無事届きました(送料無料のスタンダード配送を選びました)。

今回輸入に使ったのは海外のガジェット輸入サイトとして有名な「GearBest(ギアベスト)」です。スマホ関連の商品が多く、怪しげな製品が多くて(笑)、見ているだけでも面白いサイト。私もよく使います。

そして、今回購入したNote 8用のケースは以下の商品です。

☆「Gearbest Case Cover for Samsung Galaxy Note 8 with Stand Plating Mirror Flip Auto Sleep Wake Up Full Body Solid Color Hard PC

商品説明には「Auto Sleep Wake Up…(スリープの自動起動)」云々と書いてありますが・・・コレはウソです。そんな機能はこのケースにはありませんでした。

しかし、その点を除けば価格相応で、使えないこともありませんので紹介を続けましょう、

製品は以下のような袋に入って届きました。

多少外観は汚れていますが、プチプチが中に配置されており十分な梱包状態です。

製造は中国で、「For Note 8」の文字が。どこにも「Samsung」や「Galaxy」の文字は入っていません(笑)


表面にはNote 8でAlways on  Displayを動作させたときのような透明の保護シートが貼り付けられています。このシートがすでに結構傷だらけですが・・・中身は無事だったので良しとしましょう。

純正カバーと同じように、フリップ部分は半透明で艶のあるポリカーボネート系素材のようです。

ケースを開くと内側に黒い●があります。これも純正ケースと全く同じデザイン。

ケースの重さは実測で67グラムでした。純正カバーも67.15グラム(メーカーHPの値)となっているので、重さも全く同じです。

ではさっそくドコモモデル Galaxy Note8 SC-01Kを取り付けてみます。

ホルダー部分にはぴったりとはまりました。ゆるくもキツすぎることもなく、問題無さそうです。

帯・ベルトでの固定が無いのでフリップ部分はただ乗っているだけの状態ですが、変な浮き・歪みもなく良い感じです。

スタンド状態も安定しています。スマホを固定する面とケースは磁石でくっつくようになっているので、普段はフリップ部分だけが開きやすくなっており、使い勝手も良さそうです。

本体の左側は柔らかい素材で覆われており、ケースを装着したままボリュームキー・Bixbyボタンが押せるようになっています。このデザインも純正カバーと全く同じ。

上記の写真は純正ケースです。どう考えても、今回の輸入品は純正品をそっくりコピーして作られていますね。

ケースを付けた状態でワイヤレス充電の動作もOKでした。

しかし、ここからが問題。

本来のクリアビューカバーでは、フリップ部分を閉じたままでもAlways on Displayによって時計や通知状態を確認出来るという、Galaxyシリーズならではの機能を活かす作りになっているのですが、このイミテーションアクセサリーでは、ややフリップ部分の透明度が低いように思います。

暗い環境でならくっきり見えますが、薄明かり程度の環境では文字の透過具合がイマイチで、読みづらいです。純正品はもっとくっきり見えたはず。

また、NFCの設定をオンにしてもこのビューケースをSC-01Kでは認識することが出来ず、スマートカバー機能(フリップを開くと画面の点灯・閉じるとスリープへ移行)が全く使えません

これでは「VIEW COVER」とは言えないでしょう。これはただの半透明っぽいデザインのフリップケースです。

ただ、この「透明具合がイマイチ&スリープオン・オフが使えない」という点を除けば、ケースの質感・手触り・保護性能は悪くないです。むしろ、たった800円であることを考えれば、スタンド機能付き保護ケースとしては十分合格点です。

管理にはAlways on Displayは電池の消耗が気になるので使っておらず、フリップの透明度はどうでも良かったのですけれども、スリープのオン・オフが使えないのは残念でした。

以上、Galaxy Note8用CLEAR VIEW STANDING COVERのそっくりアイテムレビューでした。純正と同じ機能が必要ならば、やっぱり純正品を買うことをオススメします。

関連記事:ドコモ大画面スマホGalaxy note 8 SC-01Kレビュー 使い勝手を徹底評価

 

Galaxy Note8用 CLEAR VIEW STANDING COVER 8分の1の値段で買えるソックリカバーを輸入してみた
Pocket
LINEで送る

Tagged on: