Pocket
LINEで送る

2018年夏モデルスマホ AQUOS R2のドコモモデル SH-03Kで発生している不具合情報です。

発売日からAQUOS R2の機能をいろいろと試してきたところ、1点だけ不具合っぽいものを発見しました。

すべてのAQUOS R2で発生しているのか、ドコモモデルだけで発生しているのか、あるいは一部のロットだけで発生しているのかは不明ですが、個体の初期不良ではないエラーとして、特定の条件で撮影した写真の左下に、謎の斑点・ドットが毎回映ることに気が付きました。

実際の不具合が生じている写真が以下の画像です。

・・・え、どこに?と思われるかもしれません。それくらい気づきにくい、微妙なトラブルとも言えますが何度でも再現できるため、たまたまレンズに光が反射して斑点ができたということではありません。

写真の左下をよ~く見ると、1~2ピクセルくらいのサイズで、赤~ピンク色,または水色~青色の斑点が毎回映り込んでいるのです。

上記写真の左下部分を拡大したものが以下の画像です。このサイズにすれば確認できると思います。

この謎のドットなのですが、AQUOS R2で撮影したすべての写真に映るわけではないようです。

管理人が確認したところでは、写真サイズ設定を15M(5480×2740)にした場合にのみ発生し、その他の写真サイズやインカメラ、動画カメラでは発生していません。

AQUOS R2のカメラの一番の特徴である、動画撮影中に同時に撮影される静止画でもこの斑点は生じませんでした。

15Mの写真に対して非常に小さなサイズの斑点であり、AQUOS R2のディスプレイは四隅がカーブしているため、撮影した写真を端末上で全体表示している場合は、フレームに隠れて見えません。しかし、大きく拡大して左下隅を表示させると、15M設定の静止画を撮ると何回でも映り込むことを確認しています。

非常に小さなドットであり、発生位置も画面隅・ディスプレイから隠れるような位置に生じるため、気にしなければ気になるようなノイズではありません。システム処理的な不具合なのか、物理的な設計ミスによるノイズなのかも、現時点(2018年6月17日)では不明です。

AQUOS R2 SH-03Kには6月14日時点で「ビルド番号:01.00.03」のソフトウェアアップデートが配信されていますが、その更新には小カメラの斑点に対する修正は入っていないようです。14日の修正では、

まれにカメラが正常に動作しない場合があります

とされています。auモデル SHV42の場合には、同じく13日に配信されたソフトウェアアップデートにて、

カメラで静止画撮影して直ぐにホームボタンでホームに戻ると、写真が保存されない場合がある

という修正がされています。

今後この不具合が修正されるかどうかの情報は現時点では見つかりませんでしたが、気になる場合は15M以外の画像サイズを選んで撮影するか、トリミングで一番下だけカットするようにするしかなさそうです。

個体を修理して直る・交換すれば直るというものではない事象のため、すでに購入された方はサポート情報に注意しつつ、修正を待ちましょう。

参照:AQUOS R2 SH-03K サポート情報

AQUOS R2(SH-03K)不具合情報 カメラの写真左下にピンクや青のドットが発生
Pocket
LINEで送る

Tagged on: