屋外でスマートフォンの音楽を楽しむ時に街中の喧騒や電車の走行音が気になるため、つい最近管理人はBoseのノイズキャンセリングイヤホンを購入してみたのですが、もっと手軽に・静かに音楽を楽しむ方法がないかと調べてみたところ、世の中には「遮音イヤーピース」なるものがあることを知り、試してみることにしました。

イヤーピースとは、イヤホンを装着するときに耳にはめ込む、一般的にはゴム・シリコン素材で出来た先端部分のパーツでのことです。他に”イヤホンチップ”などと呼ばれることもあるようです。

これが非常に快適なので、屋外でスマホやプレイヤーを使って音楽を聴くのなら、是非一度は試してみることをオススメします。

今回購入したのは、「Comply(コンプライ)」というメーカーの遮音・防音イヤーピースです。コンプライのイヤーピースにはいくつかの種類があり、今回は「アジアンフィット」という、アジア系人の耳の形にフィットしやすいという丸型の物を選びました。

他にも円柱形に近いもの・ワイヤレスイヤホンに対応したもの(各社の専用形状に取り付けられる)・スポーツ向けの汗ガード付きイヤーピースもありますので、好みと用途に合わせて選ぶことができます。

素材はポリウレタンフォームで作られており、弾力性があります。上記の写真は右が標準状態・左が指で押しつぶした状態です。耳に装着する前に指で軽くつぶし、耳の中でじわじわと膨張(もとに戻る)ことで耳の穴のサイズにフィットします。

コンプライのイヤーピースは、一般的なイヤホンであれば大抵の製品のパーツと互換性がありますが、モデルによってノズルの長さ・直径サイズに対応した製品を選ぶ必要があります。

イヤーピースとイヤホンの対応リストは「http://www.comply.jp/pdf/compatibility.pdf」に非常に多くのメーカー・製品のリストがありますので、使いたいイヤホンと対応モデルを探してから注文してください。特にノズルタイプの直径サイズが合わないとすぐに外れて無くしやすくなります。

アジアンフィットの付け心地は、個人的な感想では長時間つけていても耳が痛くなることもなく、とても快適に利用できています。

遮音性能については、ノイズキャンセリング製品のように「音を消す」のではなく、耳栓をしているような防音性です。周囲の音が完全に聞こえなくなるほどの遮音効果はないものの、通常のシリコン製イヤホンチップよりは断然周囲の音をカットしてくれます。

防音する音域は低周波から高周波数まで、幅広く抑えるという感じです。高機能な耳栓ほどの密閉性はないため、対面した人と通常声量で会話は可能です。一方で、飛行機離陸時の轟音レベルになると、遮音イヤーピース越しでも騒音を感じます。こうした連続的な騒音に対してはノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホンのほうが効果的だと感じました。

音質に関しては取り付けるイヤホンの性能をほとんどそのまま反映します。多少イヤーピースに音が吸収されたり、篭ったような音に聞こえる可能性もありますが、個人的には標準のシリコン製イヤーチップとさほど変わりなく、音楽再生や動画閲覧を快適に楽しむことが出来ています。

コンプライの防音イヤーピースは、言うなれば「耳栓に音楽を聞ける穴を開けた製品」のようなものですので、装着者の耳の形状にぴったりと合わないと、防音性能が弱くなってしまいます。また、ポリウレタンフォームの性質上、長期間利用していると次第に素材が劣化し、弾力性・遮音性が低くなりますので、消耗品だと考える必要もあります。

しかしながら、一般的なイヤホンのチップと交換するだけでお手軽に遮音性能を高めることが出来ますので、ノイズキャンセリングイヤホンを買うには価格が高い・少しでも周囲の音を減らせれば良いという場合にはコンプライの遮音イヤホンチップを一度試してみることをオススメします。

☆「アマゾン Comply製品一覧

電車でスマホ音楽を聴くなら必携!コンプライ 防音イヤホンピースを付けるだけで騒音をカット
Pocket
LINEで送る