Pocket
LINEで送る

これはとんでもない安さです。

Black Shark 2はいわゆる「ゲーミングスマホ」として、SoCにSnapdragon 855を採用した高性能スマホです。内部に液冷システムを採用・大容量の4000mAh、カメラも48MPの高画質なものを搭載するなど、SIMフリースマートフォンの中でもかなり上位のスペックです。

そして最上位 RAM 12GBモデルになると定価10万円(発売当時)のハイエンドモデルとして、少々手が出しづらい価格帯となっていますが、RAM 6GB+ROM 128GBの廉価版はもともと約5万円という高スペック×高コスパスマホです。

国内で正規購入できるハイスペック&高コスパゲーミングスマホとして人気のBlack Shark 2・6GB+128GBモデルが公式販売サイトであるKAZUNA eshopにて、2019/11/10~11/17まで期間限定で値下げセールを実施しています。

値下げされるのは6GB+128GBモデルのフローズンシルバーモデルのみ→11月23日より、全カラー通常価格49,800円からさらに1万円引きの39,800円として販売されます。

販売サイトは正販売店であるKAZUNA eshopが39,800円(税込 43,780円、銀行振込時送料無料)、アマゾンではやや高く47,080円(税込、2019年11月10日時点)とされています。

☆「KAZUNA eshop Black Shark 2
☆「アマゾン Black Shark2(6GB+128GB JAPANモデル)フローズンシルバー

公式サイトで買う場合、クレカ支払いを選ぶと送料815円(税込)が別途掛かります。

Black Shark 2は発売からやや時間が経っているとはいえ、まだまだ最先端のスマホです。SIMフリースマートフォンとして3~4万円程度のモデルは珍しくありませんが、「SDM855」は2019年夏~冬モデルの各メーカーのトップスマホに搭載されているチップと同じものです。

画面サイズ 6.39インチ サイズ 163.6 × 75.0
× 9.6 mm
解像度 1080×2340 本体重量 205グラム
CPU Snapdragon 855 メインカメラ 48メガ+
12メガ
RAM 6GB 防水/防塵
ROM 128GB 価格帯 49,800円
(定価)
電池容量 4000mAh SIM DSDV対応

(詳細なスペック情報は公式HPの記載をご確認ください)

参考:2019年春夏冬~SDM855(Snapdragon855)搭載スマートフォン比較/スペック 最新モデル情報まとめ

例えば、Galaxy Note10+, Xperia1/Xperia 5, AQUOS zero 2も同じSoC。つまり、他社なら10万円前後のパフォーマンスを持つスマホと同じくらいのBlack Shark 2が39,800円だというのですから、衝撃的な安さです。

Black Shark2はSIMフリースマートフォンですので、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルやそれぞれの格安スマホ回線でも使えます(接続の動作確認は各社へお問い合わせください)。DSDV(Dual SIM, Dual VoLTE Standby)にも対応しています。

FDD LTE (B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B19,B20,B28) TDD LTE (B34,B38,B39,B40,B41) TD -SCDMA (B34,B39) WCDMA(B1,B2,B5,B6,B8)

ただし、auのネットワークに利用される主要バンドは含んでいないため、おそらくauおよびau系MVNOでの利用は厳しいかと思われます。

どの程度在庫があるのかは不明ですが、値下げ価格で「高コスパハイエンドゲーミングスマホ」から「超高コスパハイエンドゲーミングスマホ」になったBlack Shark 2が欲しい方は、早めに問い合わせをしたほうが良いかもしれません。

[11/23再開]SDM855搭載 BlackShark2が激安39,800円に値下げ 6GB+128GB版 公式サイトで期間限定販売
Pocket
LINEで送る

Tagged on: