楽天モバイルが国内他社携帯会社の「20GB2980円プラン」に対抗すべく新料金プランを2021年1月29日午後に予定されていますが、リーク情報が出ています(→2021年1月29日、正式に発表されました)。

楽天は2021年1月29日午後2時30分より、ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「SoftBannk on LINE」に対抗する新料金プラン・サービスの発表を事前に告知していました。

これに関して、2021年1月29日0時にて、NHKニュースサイトが以下のように楽天モバイル新プランの概要を報道しています。

ことし4月から、データ使用量が3ギガバイトを超え20ギガバイトまでの場合は1980円に引き下げ、1ギガバイトを超え3ギガバイトまでは980円に、ゼロから1ギガバイトまでは無料とする方向

現行の楽天モバイル料金プラン「Rakuten UN-LIMIT (V)」では、月額料金は3,278円で固定された1プランのみを提供しています。

UN-LIMITプランでは、楽天モバイルの自社回線エリア内では使い放題・パートナーエリア(au回線)での利用は月間5GBまでという通信上限があり、使った通信量に依存せず、一律料金は3278円です(先着300万名まで1年間基本料金無料)。

2021年4月開始
新料金プラン
UN-LIMIT VI
現行の
UN-LIMIT (V)プラン
0GB-1GBまで
無料
4G/5G使い放題
(パートナーエリア
5GB/月)通信量に依らず
3,278円/月
(1年無料あり)
1GB-3GBまで
1,078円/月
3GB-20GBまで
2,178円/月
20GB以上
(自社回線エリア
上限無制限)
3,278円/月

(2021年1月29日時点の確定情報。)

ここから、2021年4月から提供される見込みの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI(6)」では、20GB未満の利用時に負担額が軽減されるようになります。これは、他社が”新ブランドプラン”として提供する「20GB2980円プラン」のほぼ横並び新サービスとは大きく異なります。

新料金プランでも5G通信の利用に追加料金は不要で、現行プランの「UN-LIMIT (V)」から「UN-LIMIT (VI)」へサービス内容が代わり、楽天モバイルは引き続き1プランの提供のみを行います。

20GB超過時も速度が低下することはなく、50GBでも100GBでも使えるとしています(楽天自社回線エリアの場合)。

なお、1GB未満で無料のステップ料金は1人1回線限りとなります(同一名義で2回線目の場合、0~3GBまで980円)。

通話サービスに関しては現行と同様、「Rakuten Link」アプリを利用した場合にはかけ放題で無料となります。

関連記事:[朗報]ついに楽天モバイル(MNO)UN-LIMIT 無料通話がiPhoneで!App Storeに楽天Linkアプリ登場

さらに、楽天モバイルは2021年夏以降、キャリアメールの提供も開始する予定を発表しました。これは他携帯会社が新ブランドプランでキャリアメール廃止をしたことに唯一対抗するサービス提供となります。

3GB以下の利用で月額980円という料金も、いわゆる格安スマホサービス・格安SIMサービス(MVNO)並の低料金となり、大手携帯キャリアの新ブランドプランだけでなく、MNVOサービスのユーザーをも取り込めるプランになりました

楽天モバイルでは2020年のサービス開始直後より、先着300万名まで基本料金を1年間無料とする大盤振る舞いのキャンペーンを実施していますが、サービス開始直後に申し込んだユーザーの無料特典が切れるタイミングで、既存ユーザーにもより安い料金で維持できる選択肢が出来ることになります。

Rakuten UN-LIMITプランは楽天の自社回線エリア内で安定して使うことが出来れば通信の使い放題も魅力的ながら、2021年1月時点ではまだまだパートナーエリアでの接続しか出来ない地域も多く、「無料だからこそ妥協できるサービス」だと感じているユーザーも多いはずです。

このまま楽天モバイルの基本料金無料キャンペーンが終わってしまった場合には他キャリアの「安定したサービス・品質の20GB2980円」プランに多くのユーザーが流れることが予想されました。しかしながら、楽天モバイルの2021年新料金プランは、無料体験が終わったらMNPしようと考えていたユーザーの心を引き止める、強力な武器になりそうです。

逆に、「1GBまで無料プラン」の提供開始をするとなると、現在実施中の300万名まで1年間基本料金キャンペーンは、そのまま延長・枠の増量をせず終了する可能性もありそうです。

楽天モバイルは正規サービスとして開始された2020年4月8日以降、2020年6月30日に100万回線、12月30日時点ですでに200万回線を突破しています。この調子で契約者数を増やしていけば新料金プランが始まる2021年4月頃には1年無料利用枠は埋まってしまうようなタイミングです。

2021年1月時点で220万回線を超えているため、発表会でも「早く申し込んで」と発言されており、300万名到達で終了する可能性は極めて高くなりました。

2021年4月新料金プラン開始前に申し込んだ場合でも、自動で新料金プランに変わりますので、楽天モバイルの無料回線に興味がある場合はすぐに申し込むことを推奨します。

☆「楽天モバイル 新料金プランライブ配信ページはこちら

より詳細なサービスは、楽天モバイルの公式発表をご確認ください。オンラインでも29日14時30分より、誰でも発表会の視聴が出来ます。

☆「楽天モバイル公式サイトで最新情報をみる

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012838351000.html

[更新]楽天モバイル新料金プランがリーク 1GBまで無料 20GBまでの多段階プラン導入か 1月29日発表予定
Pocket
LINEで送る